タグ:貝類 ( 97 ) タグの人気記事

669 中海産 ~赤貝をいただく~

*この記事は2017年12月20日のものです。

c0211532_23032328.jpg



今日はサルボウの写真を撮った。

この貝は山陰地方の冬にはなくてはならない、ふるさとの味。
サルボウ、ここでは赤貝と呼ばれているが、これをたっぷりと鍋に入れて甘辛く煮付ける。
一度食べだすとこれが止まらない。
お皿一杯に盛られた赤貝も、一瞬でなくなってしまうほど。

島根県と鳥取県にまたがる汽水湖、中海にはかつて沢山のサルボウが生息しており、この様な食文化が生まれたのだが、残念なことに赤貝漁師は一人もいなくなってしまった。赤貝そのものがいなくなってしまったからだ。(絶滅ではなく、漁業が成立するほどの資源量がなくなってしまった。)
それでも冬にこの貝を食べる文化は残っていて、有明海や岡山県産のものが代用されている。

そしてここ数年、島根県で赤貝の養殖が試験的に行われ、わずかではあるが食用として出回るようになっている。

という貴重な中海産のサルボウをいただいたので、写真を撮って料理してみよう。

c0211532_23032386.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis

c0211532_23032246.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis 殻長33.4mm


c0211532_23032284.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis 殻長34.1mm


c0211532_23032264.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis 殻長28.4mm


c0211532_23032255.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis 殻長30.3mm


c0211532_23032326.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis 殻長25.8mm


よく殻を開けている個体を見かけるが、決して鮮度が落ちている訳ではない。
刺激を与えると元気よく殻を閉じる。

c0211532_23032376.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis


そして赤貝という名前(ちなみにサルボウはアカガイとは別種)の由来である、赤い身と赤い血液の写真を撮影してみた。
ヘラで殻をこじ開けて軟体部を傷つけると、真っ赤な血が!!!
脊椎動物の血液の赤い成分ヘモグロビンとは別のエリスロクルオリンという物質による色なのだが、酸素を運搬するために鉄が含まれており、酸化鉄由来の赤い血液を持っている。

c0211532_23032302.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis


こういう観察の仕方だと、ちょっと食欲も失せてしまいそうだが、気持ちを切り替えて調理をしてみた。
料理酒、砂糖、しょうゆ、みりんで甘辛く煮付ける。

c0211532_23032328.jpg
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis


個人の感覚なので、あまり参考にならないが、中海産はより赤貝特有のクセが強い気がする。
恐らく食べつけた人はこのクセがたまらないと思う。
初めての人はちょっと戸惑うかな。
身の食感はプリプリ!
岡山県などの県外から来ているものと、水揚げしてすぐのものの差なので単に鮮度の差によるものなのかもしれないが、自分は美味いと思う!

やはり食べだしたら止まらず、一瞬でなくなってしまった。


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
□ サルボウ (Half-crenate Ark) Scapharca kagoshimensis


□・・・養殖個体



[PR]

by takuyamorihisa | 2018-01-15 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

655 三重県産 ~桑名のハマグリをいただく~

今日は家で写真を撮った。

日本産のハマグリ類はハマグリ (Common Orient Clam)とチョウセンハマグリ (Hard Clam)の2種。しかしその資源は現在激減し、幻といってもいいほどになってしまった。日本人が普段食べているハマグリ類はほとんどが外国産だろう。
そんな貴重な国産のハマグリ、しかも桑名のハマグリをいただいた!嬉しいっ!

ハマグリはその旨み、身の軟らかさ、多少の粘液、殻の光沢、どれも素晴らしく、個人的に二枚貝で一番美味しいと思う。

c0211532_22522808.jpg
■ ハマグリ (Common Orient Clam) Meretrix lusoria


線があるもの、真っ黒なもの、白っぽいものなど、ハマグリは色々な模様のバリエーションがある。

c0211532_22532105.jpg
■ ハマグリ (Common Orient Clam) Meretrix lusoria 殻長5.1cm


c0211532_22532281.jpg
■ ハマグリ (Common Orient Clam) Meretrix lusoria 殻長4.5cm


c0211532_22532272.jpg
■ ハマグリ (Common Orient Clam) Meretrix lusoria 殻長4.3cm


c0211532_22532211.jpg
■ ハマグリ (Common Orient Clam) Meretrix lusoria 殻長4.5cm


c0211532_22532215.jpg
■ ハマグリ (Common Orient Clam) Meretrix lusoria 殻長4.2cm


昔何かのテレビで見たように、アルミホイルでくるんでから焼いてみた。
焼きたてのハマグリを口に入れる。
濃厚な貝の旨みが口の中に広がる・・・

うまいっ!!!
やっぱりハマグリは格別~!!!

美味すぎて料理の写真を撮るのを忘れてしまった・・・


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ ハマグリ (Common Orient Clam) Meretrix lusoria



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-10-10 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

630 島根県隠岐産 ~サザエをいただいた~

今日は家で写真を撮った。

ピンポーン。
日曜の朝、玄関のインターフォンが鳴った。
なんだろうとドアを開けると会社の同僚の姿が。

急にどうしたと聞くと、隠岐の実家からサザエ(Turbo sazae)が届いたのでお裾分けとのこと。
嬉しい!わざわざ家を調べて持ってきてくれた!!!

隠岐の新鮮なサザエが食べられるとウキウキでカメラを用意した。

c0211532_14510859.jpg
■ サザエ (Turbo sazae) Turbo sazae


棘がいっぱいの立派なサザエ。
サザエは生息する地域・環境によって棘が成長したりしなかったりする不思議な種だ。

c0211532_14511520.jpg
■ サザエ (Turbo sazae) Turbo sazae 殻長8.2cm


c0211532_11143942.jpg
■ サザエ (Turbo sazae) Turbo sazae 殻長8.0cm


今年2017年、生物好きには驚きのニュースが流れてきた。なんとサザエが新種として記載されたとのこと。
あまりにも身近にある貝が、まだ学名のつけられていない未記載種であったのだ。
サザエの学名は Turbo sazae Fukuda, 2017 となる。
Turboというのは属の名前で、sazaeというのが種小名。サザエがそのまま使用されている。Fukudaというのは命名者である岡山大学の福田宏准教授。2017というのは記載された年だ。

*内容が複雑になるので詳しくは下記リンクを参照してください。

刺身も美味しいが、やっぱり壺焼きが好き。
という訳でサザエの壺焼きを。

c0211532_15004132.jpg
■ サザエ (Turbo sazae) Turbo sazae

う~ん美味い!最高じゃ!

同僚には今度お返しをしなきゃ。



<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ サザエ (Turbo sazae) Turbo sazae



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-09-03 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

593 広州市 ~絶品の貝~

今日は広州市で食事をした。

香港からまた再び国境を越えて広東省へ。
仕事場からすぐ近くの安くて美味しいレストランで昼食をとる。

ここの味付けは本当に美味しくて、日本人の舌にもぴったりだと思う。
広東料理は本当に好きだ。

昨晩ここで食べた貝の炒めものが美味しすぎて、またリクエストしてみた。

c0211532_16212013.jpg
■ イヨスダレ (Undulate Venus) Paphia undulata


横に長い貝殻で、殻の表面には三角形の模様が入っている。
水管が長いのも特徴的。殻が黒くなっているところを見ると、泥の中にいたのだろう。

この貝はイヨスダレ (Undulate Venus)という貝で、東南アジアではとてもポピュラーな貝。
足が太く、食感がとてもいい。味も旨みがぎっしりで最高。
広東料理のように力強い味付けで、強力な火力でさっと炒めるような料理には非常に相性がいいと思う。
アサリ (Japanese Littleneck)も大好きな貝だが、どっちが好きかと聞かれるとコチラの方が好きだと答える。
いくらでも食べられる。

ボスをはじめ仕事仲間がみんな笑っていた。ひもじい子供のようにむさぼりついていたらしい・・・

レストランの入口にあった貝を撮影しておいた。
この貝は生命力が強くて、生かしたまま置いておけるため、レストラン側も取り扱いやすい食材のようだ。

c0211532_16212528.jpg
■ イヨスダレ (Undulate Venus) Paphia undulata


ああ、また食べたいなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ イヨスダレ (Undulate Venus) Paphia undulata



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-06-11 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

590 Haifeng ~トゲノコギリガザミを食らう~

c0211532_22482619.jpg

今日はHaifeng(海豊県)で食事をした。

出張で広東省に来ている。
午前中は香港からこちらへ来るときに、高速道路のトンネル内でタイヤがバーストしてしまうという、九死に一生を得るようなトラブルに見舞われた。いや一死に九生くらいかな。それでも自分の人生で10本の指に入る冷や汗事件だった。

そんなトラブルを経て、無事今日の仕事も終わり、チームみんなでディナー。
初めてのレストランだが、とっても美味しいこの地方の料理を味わえて最高。
広東料理は日本人には食べやすいというか、ドンピシャな味付けだ。

恐らくシジミの醤油漬け。食べると半生で、チーズのような食感。
貝にあたると怖いという先入観から、思いっきり楽しめない。恐らく食べ慣れると病み付きになると思う。

c0211532_22482596.jpg
■ シジミ属の1種 (Corbicula) Corbicula sp.

そして一番美味しかったのがこちら。
トゲノコギリガザミの蒸し。
このカニは中国、東南アジアで養殖されており、水がなくてもしばらくは活かしておける。レストランではポピュラーな食材のひとつだ。

c0211532_22482619.jpg
■ トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab) Scylla paramamosain

ちょっと味があるので、スープをかけながら蒸したのかもしれない。
これがまた極上の味であった。

メインはやはり大きな鉗脚(ハサミ)。

c0211532_22482646.jpg
■ トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab) Scylla paramamosain

ノコギリガザミ属は鉗脚の腕節の棘をみることで見分ける事ができる。
*詳しくは眼遊を参照してください。

c0211532_22482516.jpg
■ トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab) Scylla paramamosain

今のところ、このカニが最も美味いカニだと思う。
美味しいものを食べて元気が出てきたぞ~!!!


<撮影種一覧> 2種
<貝類>
■ シジミ属の1種 (Corbicula) Corbicula sp.
<甲殻類>


[PR]

by takuyamorihisa | 2017-06-08 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

587 愛宕山公園 ~2種類のカタツムリ~

c0211532_23090346.jpg

今日は愛宕山公園に行ってきた。

天気もよく、今日は撮影日和。
今日の撮影場所は平田町にある愛宕山公園。この公園はとても小さな動物園があり、トロントに住んでいたときに通っていたハイパークを思い出させてくれる素敵な公園だ。

最近楽しくなってきた昆虫を撮影しようと、マクロレンズをセットして公園を歩く。

早速石垣にキセルガイの仲間をみつけた。
実はこんな姿でもカタツムリの仲間になる。

c0211532_23090429.jpg
■ ナミギセル (Phaedusa japonica) Phaedusa japonica


殻口の形からナミギセル (Phaedusa japonica)だと判明した。
軟体部が全く見えないが、雨が降って周りが湿るまで殻の奥で耐えているのだと思われる。

c0211532_23090346.jpg
■ ナミギセル (Phaedusa japonica) Phaedusa japonica


子供の頃はとにかく虫を捕まえて遊んでいた昆虫少年だったのだが、大人になってみるとなかなか虫をみつける事ができない。
やはり背が高くなると、その分地面から目が離れるので子供の頃のようにはいかないようだ。

たまに虫をみつけるも、すぐに飛んでいってしまって撮影が出来ない。

やっと動かない被写体をみつけたぞと思ったらカタツムリ。
セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa)だと思われる。

c0211532_23090400.jpg
■ セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa) Euhadra subnimbosa


c0211532_23090419.jpg
■ セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa) Euhadra subnimbosa


その後も特にコレといった被写体に巡り合えず、最後にソメイヨシノ (Yoshino Cherry)についていた地衣類を撮影。

c0211532_23090392.jpg
■ ウメノキゴケ科の1種 (Parmeliaceae) Parmeliaceae sp.

今日は昆虫の写真は撮れなかったものの、ナミギセルを初めて撮影することが出来たので嬉しい!


<撮影種一覧> 3種
<菌類>
■ ウメノキゴケ科の1種 (Parmeliaceae) Parmeliaceae sp.
<貝類>
■ ナミギセル (Phaedusa japonica) Phaedusa japonica
■ セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa) Euhadra subnimbosa



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-27 21:00 | 島根県 | Comments(0)

581 島根県産 ~スルメイカを買って~

今日は家で写真を撮った。

最近アニサキスが話題のようだ。
アニサキスとは海に住む回虫の仲間で、色々な生物の身体に寄生しながら一生を送っている。
最初はオキアミに寄生し、そのオキアミを食べた魚やイカに寄生、そして最終的にその魚やイカを食べたクジラやイルカに寄生し、卵を産んで一生を終えるという、綱渡りのようなライフサイクルを持っている。

アニサキスに寄生されている魚やイカを生で食べ、生きたアニサキスが胃の中に入ると、それが胃や小腸の壁に穴をあけてしまうので激痛となるらしい。

そんな恐ろしいアニサキスは、見ようと思えば簡単に見る事ができる。有名なのがサバの仲間、イカにもいるが、イカの中でも多いと言われているのがスルメイカ (Japanese Flying Squid)だ。

そのアニサキスを撮影するため、本日購入したのがスルメイカ (Japanese Flying Squid)だ。

c0211532_23325852.jpg
■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


c0211532_23325897.jpg
■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


スルメイカの眼。
アオリイカ (Bigfin Reef Squid)などとは全然違う眼つき。
白目が少なくて、まるでダイオウイカ (Giant Squid)のようだ。
スルメイカの眼は透明な膜がなく直接眼がむき出しになっているので開眼と呼ばれる。

c0211532_23325864.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


体表。
赤く丸いものは色素胞で、それぞれの大きさが変わる事によって体色や模様を変化させることができる。

c0211532_23325975.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


足の付け根にあるのが口。
口の周りから足が生えているなんて、我々哺乳類からしたらびっくりするような身体の構造だ!
くちばし状の口で獲物をかじりとって食べる。その時に吸盤のある足がしっかりと獲物をホールドするのでとても便利そうだ。

c0211532_23325914.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


写真撮影をしたあとは、捌いてアニサキスを探す。
しかし残念なことに(普通なら幸運なことにだが)、アニサキスは見つからず、そのままイカ大根にした。

c0211532_23325764.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


今日はそれだけではなかった。
島根県の隠岐の島産、養殖イワガキ (Iwagaki)。

c0211532_23325833.jpg
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona


こちらは電子レンジでチンするだけの簡単シンプル料理。
これがまた最高に美味い!!!

c0211532_23325927.jpg
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona


子供の頃は牡蠣が上手いとは思わなかったが、大人になるとこの旨さがよく分かるようになる。
島根県は嬉しい事に、割と手軽にイワガキが手に入る。

食用の牡蠣にはマガキとイワガキの2種類があるが、この2つ、味は全然違う。
恐らく目をつぶって食べても、どちらか言い当てる事が出来ると思う。

さてどちらが美味しいのか。
それはこのブログに書いてある記事を読んでいくと分かるかもしれない!


<撮影種一覧> 2種
<貝類・頭足類>
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona




[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-13 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

566 Tung Chung Bay ~鳥のエキスパートと回る香港の干潟~

c0211532_18311594.jpg

今日はTung Chung Bay(東涌湾)に行ってきた。

今、出張で香港へ来ているのだが、1通のメールが届いた。
それは葛西臨海公園鳥類園の方からで、今度香港へ行くときに東涌湾へ行ってみたいのでアクセス方法を教えて欲しいという内容だった。
こういうお問い合わせをいただくとブログを書いていて良かったなぁと思う。

いつおいでですか?と質問すると、なんと自分が休みをとって東涌湾へ行く日に来られるという。
なんという偶然!これは運命でしょう。神様にしくまれたとしか言いようがない!

早朝に九龍で合流し、東涌湾へ。ちょうど干潮だというのも運が良すぎ!
東涌川。


c0211532_18513531.jpg

あれ?

c0211532_18513588.jpg

なんじゃこりゃ?
糸状の緑藻が腐ってその下は嫌気状態に・・・

c0211532_18513674.jpg

東涌川河口が死んでる・・・
いつもはこの場所でたくさんのドロアワモチ類が元気に活動して、たくさんのシオマネキ類がおいでおいでしてくれているのだが・・・

c0211532_18513582.jpg


c0211532_19013924.jpg
■ フナ属の1種 (Crucian Carp) Carassius sp.

ドロアワモチ類はいた!
Onchidium hongkongense (オンキディウム・ホンコンゲンセ)。
日本産のドロアワモチの学名は上記の学名があてはめられているが、香港産のものと同種かどうかは精査が必要なため、ドロアワモチの和名は使用していない。

c0211532_19042409.jpg
■ Onchidium hongkongense (オンキディウム・ホンコンゲンセ) Onchidium hongkongense
メナシストさん にみていただいた。

何が起こってしまったのだろう。
この場所を紹介してくれたビリー博士に半べそでメールすると、冬はだいたいそんなもんだよと教えていただき、ちょっとホッとする。
それにしてもいきなりこんな光景を見るとびっくりしてしまう。

c0211532_18513646.jpg

気をとりなおして目の前の自然を楽しむ。
今回は葛西臨海公園鳥類園の職員さん方、つまり本物の鳥エキスパートと一緒に香港の自然を回れるのだ!なんてラッキー!

早速教えてもらったのがアオショウビン (White-throated Kingfisher)。
豆みたいにしか見えていないのに、すぐにIDまで。

c0211532_19134648.jpg
■ アオショウビン (White-throated Kingfisher) Halcyon smyrnensis

しばらくするとその後ろの流木にカワセミ (Common Kingfisher)が。
この2種って縄張りが重なってもOKなのかなぁ。

c0211532_19135228.jpg
■ カワセミ (Common Kingfisher) Alcedo atthis

続いてタカサゴモズ (Long-tailed Shrike)。
豆写真でも初撮影種はとても嬉しい!

c0211532_19140115.jpg
■ タカサゴモズ (Long-tailed Shrike) Lanius schach


ダイサギ (Great Egret)。

c0211532_19262597.jpg
■ ダイサギ (Great Egret) Ardea alba


カササギの仲間のBlue Magpie (サンジャク)。
カササギは英語でMagpieといい、この仲間はカナダでも何度かみかけた。Magpieでマグピーと発音するのだとばかり思っていたが、マグパイと発音すると教えていただいた。7年間ずっと勘違い。恥ずかし・・・

c0211532_19262593.jpg
■ Blue Magpie (サンジャク) Urocissa erythrorhyncha


鳥のエキスパート in 香港のマングローブ林。
マングローブから高層マンションが見えるところが香港らしくておもしろい。

c0211532_19311588.jpg

このマングローブを構成している種のひとつオヒルギ (Black Mangrove)。
まるでタコウインナーの様な花が特徴的。その下に果実が成長している。

c0211532_20025761.jpg
■ オヒルギ (Black Mangrove) Bruguiera gymnorhiza


c0211532_20025895.jpg
■ オヒルギ (Black Mangrove) Bruguiera gymnorhiza


この果実は海水には浮き、淡水には沈むという絶妙な比重を持っている。
これがどういう意味かというと、木から落ちた果実は海水に運ばれ、彼らの好む汽水域にくると芽の出る方を上にして着底する。
鳥に果実を食べてもらって生息域を広げる植物もいれば、この様に果実を海へ流して生息域を広げる植物も。
植物だって命をつないでいくため大変な競争の中を生き抜いている。

c0211532_20100587.jpg
■ オヒルギ (Black Mangrove) Bruguiera gymnorhiza


沖縄でよくみられるアダン (Pandanus odoratissimus)。

c0211532_20190540.jpg
■ アダン (Pandanus odoratissimus) Pandanus odoratissimus


今回びっくりしたのがあれだけたくさんいた甲殻類はほとんどいなかったということ。
シオマネキ類は4種みれるのだが、見つけられたのはハクセンシオマネキ (Milky Fiddler Crab)のみ。
OさんはNorthern Calling Fiddler Crab (ホンコンシオマネキ)をみつけて写真を撮られていたが・・・

c0211532_19340659.jpg
■ ハクセンシオマネキ (Milky Fiddler Crab) Uca lactea


石の間にいたMetopograpsus quadridentatus (メトポグラプサス・クアドリデンタトゥス)。
鉗脚が紫色をしている。
この種は目が合うとすぐに石の隙間に逃げ込んでしまうので、なかなか捕まえるが難しい。今回は気温が低いおかげで楽に捕獲できた。

c0211532_19361451.jpg
■ Metopograpsus quadridentatus (メトポグラプサス・クアドリデンタトゥス) Metopograpsus quadridentatus
メナシストさん にみていただいた。

c0211532_19393517.jpg
■ Metopograpsus quadridentatus (メトポグラプサス・クアドリデンタトゥス) Metopograpsus quadridentatus 甲幅25mm
メナシストさん にみていただいた。


パープルの鉗脚。

c0211532_19393690.jpg
■ Metopograpsus quadridentatus (メトポグラプサス・クアドリデンタトゥス) Metopograpsus quadridentatus 甲幅25mm
メナシストさん にみていただいた。


若い個体。

c0211532_19393696.jpg
■ Metopograpsus quadridentatus (メトポグラプサス・クアドリデンタトゥス) Metopograpsus quadridentatus 甲幅13mm
メナシストさんにみていただいた。

日本では沖縄島や西表島などからの記録があるマルミトラノオガニ (Heteropanope glabra)。

c0211532_19421561.jpg
■ マルミトラノオガニ (Heteropanope glabra) Heteropanope glabra 甲幅12mm
メナシストさん にみていただいた。

個人的に日本産のものと随分雰囲気の違うタカノケフサイソガニ (Brush-clawed Shore Crab)。
雄の鉗脚には毛が生えていて、同属のケフサイソガニ (Hemigrapsus penicillatus)よりも量が多い。


c0211532_19451784.jpg
■ タカノケフサイソガニ (Brush-clawed Shore Crab) Hemigrapsus takanoi 甲幅14mm
メナシストさん にみていただいた。


c0211532_19451754.jpg
■ タカノケフサイソガニ (Brush-clawed Shore Crab) Hemigrapsus takanoi 甲幅16mm
メナシストさん にみていただいた。


抱卵個体。

c0211532_19451856.jpg
■ タカノケフサイソガニ (Brush-clawed Shore Crab) Hemigrapsus takanoi 甲幅10mm
メナシストさん にみていただいた。


c0211532_19451761.jpg

■ タカノケフサイソガニ (Brush-clawed Shore Crab) Hemigrapsus takanoi 甲幅10mm
メナシストさん にみていただいた。


続いて貝類。

カンギク (Lunella coronatus coronatus)


c0211532_19511887.jpg
■ カンギク (Lunella coronatus coronatus) Lunella coronatus coronatus 殻長15mm


アマオブネガイの仲間。

c0211532_19513191.jpg
殻長15mm


c0211532_19513122.jpg
殻長15mm


タマキビ属かな。

c0211532_19513035.jpg
殻長10mm


c0211532_19513017.jpg
殻長10mm

ヤエヤマヘナタリに似ているがどうだろう・・・

c0211532_19513071.jpg
殻長15mm


フトヘナタリ???

c0211532_19512966.jpg
殻長15mm


c0211532_19512965.jpg
殻長13mm


カリガネエガイ???
日本産ならカリガネエガイで良いと思うが、海外となると安易に決めつけることができない・・・

c0211532_19513094.jpg
殻長37mm


自分の勝手な提案でマングローブ林を突っ切る。
この後トレイルへ戻る道が分からず、みなさんにはご心配をおかけしました・・・旅の思い出としてお許しください。

案内するつもりがNさんに案内されている写真。


c0211532_18311594.jpg


脱皮に失敗して死んだトゲノコギリガザミ (Green Mud Crab)。

c0211532_20232523.jpg
■ トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab) Scylla paramamosain


大きなトゲノコギリガザミ (Green Mud Crab)の巣穴。

c0211532_20232565.jpg

マングローブからステージを変え、再びバーディング。
Red-whiskered Bulbul (コウラウン)は香港ならいたるところで見る事ができる。

c0211532_20255200.jpg
■ Red-whiskered Bulbul (コウラウン) Pycnonotus jocosus


c0211532_20255381.jpg
■ Red-whiskered Bulbul (コウラウン) Pycnonotus jocosus


東涌川で餌を探しているシロハラクイナ (White-Breasted Waterhen)。

c0211532_20270825.jpg
■ シロハラクイナ (White-Breasted Waterhen) Amaurornis phoenicurus


餌探しに夢中のアカガシラサギ (Chinese Pond Heron)。

c0211532_20270755.jpg
■ アカガシラサギ (Chinese Pond Heron) Ardeola bacchus


White-rumped Munia (コシジロキンパラ)。

c0211532_20270796.jpg
■ White-rumped Munia (コシジロキンパラ) Lonchura striata


最も覚えやすい学名を持つ生き物のひとつ、カササギ (Eurasian Magpie)。
学名はPica pica。ほら、もう覚えたでしょ?

c0211532_20270879.jpg
■ カササギ (Eurasian Magpie) Pica pica


Crested Myna (ハッカチョウ)
クチバシの上にみえるのは冠羽。英名のMynaというのはハッカチョウの仲間を指す単語のようだ。


c0211532_20270632.jpg

■ Crested Myna (ハッカチョウ) Acridotheres cristatellus


何度か通った場所なのに、これだけの野鳥がいたなんて、今までどこを見てたんだバカ!といいたくなるほどの大発見。
自分の知っている場所がまた新しい色を持って生まれ変わった感じ。

今回は本当にご一緒できて嬉しかったです!
葛西臨海公園鳥類園のみなさん、遠いところわざわざ来ていただいてありがとうございました!(まるで香港に住んでいるかのような言い方)



<撮影種一覧> 21種
<植物>
■ オヒルギ (Black Mangrove) Bruguiera gymnorhiza
■ アダン (Pandanus odoratissimus) Pandanus odoratissimus
<貝類>
■ カンギク (Lunella coronatus coronatus) Lunella coronatus coronatus
■ Onchidium hongkongense (オンキディウム・ホンコンゲンセ) Onchidium hongkongense
<甲殻類>
■ マルミトラノオガニ (Heteropanope glabra) Heteropanope glabra
<魚類>
■ フナ属の1種 (Crucian Carp) Carassius sp.
<鳥類>
■ アカガシラサギ (Chinese Pond Heron) Ardeola bacchus
■ シロハラクイナ (White-Breasted Waterhen) Amaurornis phoenicurus
■ アオショウビン (White-throated Kingfisher) Halcyon smyrnensis
■ タカサゴモズ (Long-tailed Shrike) Lanius schach
■ カササギ (Eurasian Magpie) Pica pica
■ Blue Magpie (サンジャク) Urocissa erythrorhyncha
■ Crested Myna (ハッカチョウ) Acridotheres cristatellus
■ White-rumped Munia (コシジロキンパラ) Lonchura striata


[PR]

by takuyamorihisa | 2017-02-20 21:00 | 香港 | Comments(0)

563 琵琶湖産 ~セタシジミをいただく~

今日は家で写真を撮った。

先日出張で滋賀県の草津市へ行くことがあった。
草津市と言えば、琵琶湖。琵琶湖と言えば、セタシジミ!
セタシジミ (Corbicula sandai)は琵琶湖の固有種で、世界でもここ琵琶湖周辺にしか生息していない。そんな希少な二枚貝、是非食べてみたいということで購入を試みてみた。
がしかし、あいにく仕事が終わったのが遅すぎて魚屋さんの営業時間は終わっていたため、後日インターネットで注文してみたのだ。

これが琵琶湖固有種のセタシジミ。

c0211532_20462916.jpg
■ セタシジミ (Corbicula sandai) Corbicula sandai


食用シジミと言えば、ヤマトシジミ (Corbicula japonica)が有名だが、それにくらべると縦に長いバチ型をしているのが特徴。

典型的なセタシジミ。

c0211532_20464603.jpg
■ セタシジミ (Corbicula sandai) Corbicula sandai 殻長2.6cm

c0211532_20464641.jpg

■ セタシジミ (Corbicula sandai) Corbicula sandai 殻長2.8cm

色が薄いもの。

c0211532_20464665.jpg
■ セタシジミ (Corbicula sandai) Corbicula sandai 殻長2.8cm

大きくて立派だったので味噌汁と酒蒸しでいただいた。
ネギがしなっているのは冷凍を使ったため・・・苦笑

c0211532_20464776.jpg
■ セタシジミ (Corbicula sandai) Corbicula sandai 殻長2.8cm


c0211532_20464705.jpg
■ セタシジミ (Corbicula sandai) Corbicula sandai 殻長2.8cm


やはり淡水産なので味は薄い。
癖がなく上品な味といったところか。ヤマトシジミのつもりで料理したので、恐らく現地の人はもっと美味しい味付けで食べているに違いない。やっぱりいつか現地の味噌汁をいただきたいものだ。

最後におまけで、紛れ込んでいたヒル綱の1種 (Leech)を撮影。

c0211532_20464551.jpg
■ヒル綱の1種 (Leech) Hirudinea sp.



<撮影種一覧> 2種
<環形動物>
■ヒル綱の1種 (Leech) Hirudinea sp.
<貝類>
■ セタシジミ (Corbicula sandai) Corbicula sandai



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-01-26 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

561 島根県産 ~どろえびと赤ばいを堪能する~


c0211532_11102386.jpg


今日は家で写真を撮った。

キーモンさんと鳥撮りを終え、向かうは松江市内の鮮魚店。
ここはいつも鮮度抜群の素晴らしい魚介類を取り揃えている名店だ。

今日もいろいろと美味しそうなものがあるぞ~!

まずは山陰地方で「あかばい」と呼ばれるエゾボラモドキ (Neptunea intersculpta)をいただく。

c0211532_11192653.jpg
■ エゾボラモドキ (Neptunea intersculpta) Neptunea intersculpta 殻長14.5cm


c0211532_10241120.jpg
■ エゾボラモドキ (Neptunea intersculpta) Neptunea intersculpta 殻長14.5cm


あ!殻にカニビル (Kanibiru)の卵が付いている!!!
これはズワイガニ (Snow Crab)こと「まつばがに」の甲についていることが多いのだが、エゾボラモドキにも産卵するようだ。

c0211532_10241191.jpg
■ エゾボラモドキ (Neptunea intersculpta) Neptunea intersculpta 殻長14.5cm


山陰では「しろばい」ことエッチュウバイ (Buccinum striatissimum)も人気だが、しろばいに比べると本種は身が硬く、刺身で美味しいそう。

ちなみに調理する際には唾液腺に注意。ここに中毒を引き起こす物質が含まれているのでしっかりと取り除かないといけない!

c0211532_10241155.jpg
■ エゾボラモドキ (Neptunea intersculpta) Neptunea intersculpta


刺身はコリコリで甘くて最高!!!
いくらでも食べられそう。

c0211532_10241226.jpg
■ エゾボラモドキ (Neptunea intersculpta) Neptunea intersculpta


あかばいと一緒に購入したのは「どろえび」。
これは山陰の名物のひとつで、クロザコエビという標準和名のエビ。
ねっとりして甘くて最高の味。鳥取の方では「もさえび」とも呼ばれている。


c0211532_11102386.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar


c0211532_11313112.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar 体長14.0cm


c0211532_11313118.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar 体長14.0cm


卵は鮮やかな緑色。

c0211532_11313124.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar 体長14.0cm


c0211532_11313270.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar 体長14.0cm


殻をむいて、卵をのせて、醤油でペロっ。
あま~い!

本種は死ぬとすぐに傷んで黒くなってしまうので、なかなか産地以外で食べられることが少ないと思う。

c0211532_11313262.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar


頭は味噌汁にするといい出汁がでる。

c0211532_11313045.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar

次は何を買おうかな。
とっても楽しみ!


<撮影種一覧> 2種
<貝類>
<甲殻類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-01-19 21:10 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)