人気ブログランキング | 話題のタグを見る

009 Toronto Islands ~初上陸~

今日はToronto Islands(トロントアイランド)に行ってきた。

Toronto Islands(トロントアイランド)からの景色は素晴らしいようなので、ハハを連れて行ってあげた。
もちろんカメラも一緒に。
ハハの7日間の滞在も今日で5日目だ。残念ながら昨日までは全て悪天候。
天気予報をみると今日はよさそうだ。なんとか帰るまでもってほしいところ。

フェリー乗り場から$6.50のチケット(往復)を購入し、乗船。
009 Toronto Islands ~初上陸~_c0211532_7403963.jpg

そしてフェリーから見るTorontoはとてもきれいだった。
009 Toronto Islands ~初上陸~_c0211532_7421218.jpg

帰りのフェリーの時間を確認し、南へ歩く。
芝が手入れしてあり、とてもピースフルな公園だ。
さっそくCanada Goose (カナダガン)の群れに出会う。
ハハは写真に夢中。
今でこそ何とも思わないCanada Goose (カナダガン)だが、こちらへ来た当初は興奮して写真を撮っていたっけなとハハを見ながら4ヶ月前を思い出した。
写真はある群れが最初からいた群れを追い払っているところ。
鳥の言葉は分からなくても、ここまでの勢いをみせられたらケンカだと分かる。
009 Toronto Islands ~初上陸~_c0211532_7482179.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

足輪をしている。モニタリングされているのだろうか。

水辺を歩いていて、おもしろいものをみつけた。
009 Toronto Islands ~初上陸~_c0211532_7582167.jpg

木の根元に金網が巻いてある。
High Parkでも木に同じものが巻いてあったが、今までなんのために巻かれているのか分からなかった。
しかしこの木を見て答えが分かった。
009 Toronto Islands ~初上陸~_c0211532_812712.jpg
ビーバーだ。
North American Beaver (アメリカビーバー)。
この金網はビーバーに木を倒されないようにするためのものなのだ。(予想)
それにしてもこの破壊力はすごい!
かじっただけでここまで削ることができるなんて!
早く本物に会ってみたい。

1時間半の滞在だったので珍しい動物を見ることはできなかった。

昼寝中のEasteren Gray Squirrel (トウブハイイロリス)とTurkey Vulture (ヒメコンドル)の写真を撮影し、Toronto Islands(トロントアイランド)をあとにした。
009 Toronto Islands ~初上陸~_c0211532_864341.jpg
■ Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis

009 Toronto Islands ~初上陸~_c0211532_88621.jpg
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura

素晴らしい景色にかわいい動物達。ハハは大満足だった。

ありがとう天気!


<撮影種一覧> 4種
<哺乳類>
Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis
■ イエネコ (Domestic Cat) Felis silvestris catus
<鳥類>
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura

# by takuyamorihisa | 2009-10-05 22:29 | Canada

008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~

今日はNiagara Falls(ナイアガラの滝)に行ってきた。

日本から遊びに来たハハを連れて観光だ。
ナイアガラの滝といえば、世界一大きい滝。カナダへ来るまで、この滝は船で川を登っていき、数時間かけてやっとたどり着くことができる秘境にあるのかと思っていた。

実際はトロントから車で2時間で行ける。

しかも滝は街の中にある。(人が集まるから街になったのだろうが)
そして、この滝を作っている川、Niagara Riverはアメリカとカナダの国境になっている。

ナイアガラの滝はでかいでかいと聞かされていても、初めて見るとその大きさにびっくりする。
ヨメと一度見ていたのにも関わらず、その大きさに再び驚いてしまった。
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_1853317.jpg

まずは観光船だ。これに乗らないと話にならない。
船は2階建てになっており、ほとんどの人は2階へに行こうとする。
しかし私は行かない。私は知っている。カッパの意味がないくらいの水しぶきがかかるのだ。

そして滝下。
やっぱりでっかい!
大陸は一品がでっかい!
ハハも大興奮。
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_1282348.jpg
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_1272562.jpg

カメラがずぶ濡れになってしまった。

そして、予定していた国境越え。
前もってハハのESTAを登録しておいた。
Rainbow Brigeを歩いて渡る。橋の真ん中が境界線だ。
ハハは初めての体験に感動し、写真を撮っていた。

そしてアメリカの入国審査。
前回は難なくさくっと通れたのだが、今日は何やら様子がおかしい。
審 「入国に$6払わなくちゃいけないよ。」
私 「知ってますよ。2人で$12ですね。」
審 「うん、だけどカナダドルじゃ払えないよ。US$だよ。」
私 「知ってます。Visaで払います。」
審 「それが・・・今日は機械が壊れててVisa使えないんだ。現金持ってない?」
私 「ええええええ!ここで両替できませんか?どこか両替できるところある?」
審 「残念だけど、カナダに戻って両替してくるしかないね・・・」

オーマイゴッド

なんじゃそりゃ!

日本じゃありえんと2人で文句を言いながら、カナダ側へ引き返す。
今度はカナダの入国審査だ。
アメリカに入れずとんぼ返りしたのにバカらしいが、仕方がない。
しかし今度は審査官がたったの1人!
長い列ができていて、カナダに戻るまで30分もかかってしまった。

両替してもう一度行こうとはどちらの口からもでてこなかった・・・

このタイムロスのおかげで行こうと思っていた他のアトラクションの営業時間が全て終了。
10枚のチケットは紙切れになった・・・

そして夜のライトアップを見るために時間つぶし。

Nature Photographerの辞書に退屈という文字はない。
今度は上から滝を撮影し、見かけた鳥は必ず撮る。
寒いので大変だったが、有意義な時間であった。
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_12431751.jpg

滝をバックに飛ぶRing-billed Gull (クロワカモメ)。
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_1246318.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

大人になりかけのHouse Sparrow (イエスズメ)のオス。
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_12483070.jpg
■ House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

寝床に帰るのか、暗くなり始めた空をV字飛行するCanada Goose (カナダガン)
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_12522555.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

そして念願のライトアップ。
予想以上の美しさに2人とも大感激。
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~_c0211532_125554100.jpg

船、国境越え、ライトアップといい思い出ができた。

ありがとうNiagara Falls!


<撮影種一覧> 17種
<植物>
□ コナラ属の交雑種 (Oak hybrid) Quercus sp.
□ Provence Rose (ロサ・ケンティフォリア) Rosa × centifolia
□ American Winterberry (和名なし) Ilex verticillata
□ Castor Oil Plant (トウゴマ) Ricinus communis
□ Horse-chestnut (セイヨウトチノキ) Aesculus hippocastanum
□ Autumn Crocus (イヌサフラン) Colchicum autumnale
<魚類>
□ キンギョ (Goldfish) Carassius auratus auratus
■ コイ科の1種 (Cyprinidae) Cyprinidae sp.
<哺乳類>
□ ウマ (Horse) Equus caballus
<鳥類>
■ Pied-billed Grebe (オビハシカイツブリ) Podilymbus podiceps
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata
■ Common Grackle (オオクロムクドリモドキ) Quiscalus quiscula
House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus
□・・・飼育個体、栽培個体

# by takuyamorihisa | 2009-10-03 22:48 | Canada

007 High Park ~青いハンター~

今日はHigh Park(ハイパーク)に行ってきた。

朝向かったTomy Thompson Park に入れなかったので、このままでは悔しいと、急遽High Parkに行くことにしたからだ。*「006 Leslie Street Spit ~リベンジ~」参照
High Parkは最低でも月2回は通っているお気に入りのスポットだ。NYにCentral Parkがあるなら、TorontoにはHigh Parkだ。こんな森の真ん中に地下鉄でいけるのだからすごい!

日本でモミジが紅葉するように、カナダはメイプルツリーが紅葉するらしい。
ところどころに赤くなり始めた木がある。
これらすべてが紅葉すると、どれだけきれいなのだろうか。楽しみだ。

いつもどおり獣道を歩く。

ピーピー

まずはBlue Jay (アオカケス)の群れだ。
野球好きの方はご存知かもしれないが、トロントのメジャーリーグチームはBlue Jaysという。この鳥のことだ。
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_1334062.jpg
■ Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata


そして池に到着する。
懐かしいシルエット。アオサギならぬGreat Blue Heron (オオアオサギ)だ。
撮影のためそっと近づく。
おや?この個体は逃げないぞ。
始めはやや警戒していたが、どうやら狩りを続ける気らしい。
面白い写真が撮れそうな予感、座りこんで待つ。

バシャッ!

水しぶきがあがり、次の瞬間には魚をくわえていた。一瞬だった。
泳いでいる魚をクチバシで捕まえる行為は、飛んでいるハエをハシで捕まえるのと同じくらいの難易度だろう。
鳥はすごい。
ブログ用に小さくしたので、この写真からは分からないが、獲物はフナ類の幼魚だ。
30分程度観察したが、5回中4回成功と素晴らしい成功率だった。
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_13484890.jpg
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_1349750.jpg
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_13491945.jpg
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_13493223.jpg
■ Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias

同じ池でオカヨシガモを撮影。この公園の鳥たちは人をあまり恐れないので撮影しやすい。
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_13585928.jpg
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera

続いてWood Duck (アメリカオシ)の若いオスだ。成鳥はもっと派手になる。
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_1463123.jpg
■ Wood Duck (アメリカオシ) Aix sponsa

マガモはもう冬羽に変わっていた。エクリプスが見られるのは6~9月までの間だけのようだ。
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_14132530.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

移入種コブハクチョウ。えさをあげるマネをしておびきよせた。すまん。
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_1421337.jpg
■ コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor

最後の写真はHowse Sparrow (イエスズメ)の幼鳥。ぽっちゃり。
007 High Park ~青いハンター~_c0211532_14255715.jpg
■ House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus


午前中の失態を十分に取り戻してくれる、満足の行く出会いだった。
ありがとうHigh Park!


<撮影種一覧> 19種
<菌類>
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.
<昆虫類>
■ Common European Crane Fly (コモンヨーロピアンクレーンフライ) Tipula paludosa
<哺乳類>
Eastern Chipmunk (トウブシマリス) Tamias striatus
■ イエネコ (Domestic Cat) Felis silvestris catus
<鳥類>
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias
Wood Duck (アメリカオシ) Aix sponsa
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera
American Black Duck (アメリカガモ) Anas rubripes
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
アヒル (Domestic Duck) Anas platyrhynchos domesuticus
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
■ Downy Woodpecker (セジロコゲラ) Picoides pubescens
Eastern Phoebe (ツキヒメハエトリ) Sayornis phoebe
Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata
House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

# by takuyamorihisa | 2009-09-30 23:27 | Canada

006 Tommy Thompson Park ~リベンジ~

今日はTommy Thompson Park(トミートンプソンパーク)に行ってきた。

Tommy Thompson Park(トミートンプソンパーク)とは通称Leslie Street Spit(レザリーストリートスピット)といい、トロントの南東にある人工の細長い岬のことだ。
ここではいろいろな鳥がみられ、繁殖しているものも多いらしい。
前回Leslie Street Spit(レザリーストリートスピット)集合をLeslie Street(レザリーストリート)と勘違いし、野鳥の会に参加することができなかった9/27のリベンジだ。
*詳しくは「004 Leslie Street ~野鳥の会?~」参照。

ここのところ天気が悪く、天気予報では今日も1日中シャワー(状の雨)とのこと。しかし今のところ雨は降ってない。一か八か行ってみることにした。
トロントは今週から一気に気温が下がり、朝の気温は7℃。先週まで半そでの人を見かけていたがさすがに今日はフードを被っている人を見かける。

地下鉄のDonlands駅に向かい、バスで南へ下る。
バスを降りる前運転手に、このまま真っ直ぐ行けばTommy Thompson Parkに行くんだよね。と聞くと、そんな公園聞いたことないわよ。と言われた。

地図をたよりに公園に向かう。
いつもと違う雰囲気。湾岸地域のようだ。カナダは安全とはいえ、ひとけのない場所は気持ちがいいものではない。
足早に南に向かった。
途中、European Starling (ホシムクドリ)に至近距離で遭遇するも、珍しくない鳥なのでスルー。
あとでたっぷり色んな鳥の写真が撮れるもんね。
10分ほど歩いたところで看板を見つける。
Tommy Thompson Parkと書いてある。

よかった。よかった。

ブログ用に記念撮影しようと看板の前まで来た瞬間、信じられない言葉が目に映った。。
006 Tommy Thompson Park ~リベンジ~_c0211532_6474648.jpg
「一般公開 : 週末&休日のみ」
しまった・・・
そういえば今思えばwebサイトにそんなことが書いてあったような・・・

せめて一枚くらいは写真を撮らせてくれと、帰り道にEuropean Starling (ホシムクドリ)との遭遇を期待するも1匹も出会わず・・・

次はちゃんと見てから行こうと思った。


>>Tommy Thompson Park

# by takuyamorihisa | 2009-09-30 22:54 | Canada

005 Brampton ~地味に満足~

今日はBrampton(ブランプトン)に行ってきた。

Bramptonはトロントの西にある町。
Rajaが地方議員主催のイベントがあるので一緒にいかないか。フリーBBQがあるよ。と言うのでついて行くことにした。Bramptonはまだ行ったことがない。
地図でどこかよさそうな公園がないか調べる。
あった!会場のすぐとなりにNorton Place Park(ノートンプレイスパーク)。池もあり、なかなかよさそうな場所だ。

30分のドライブでBramptonに到着。さすがにトロント郊外は自然が多い。おもしろそうなスポットがいろいろある。
会場にはすでにたくさんの人がいた。
005 Brampton ~地味に満足~_c0211532_140789.jpg
すごい。
ターバンだらけ。会場はほとんどの人がインディアン(パンジャビ)。東アジア人は確実に自分ひとりだ・・・

そして選挙権がないくせに堂々とホットドッグをゲット!ありがとう地方議員!
名前を忘れてしまったががんばってほしい。
005 Brampton ~地味に満足~_c0211532_1445409.jpg
演説を聞いたふりをして、お目当ての公園に急ぐ。出発まで1時間しかない・・・

そして着いた公園がなかなかいい。湿地に廊下がかけてあって観察できるしくみ。
しかしところどころ崩壊しており、かなり危険だ。一歩ずつ慎重に進む。
005 Brampton ~地味に満足~_c0211532_14243296.jpg

ハエとキノコを撮影する。

湿地廊下終わる。

これだけ?
見かけだおしにがっかりした。

さらに奥はどうなっているのだろうと進もうとしたが、しげみに毛布のようなものがみえた。
やばい。ここはホームレスの寝床だ!
出くわすと気まずいので引き返すことにした。

公園のメインストリートではNorthern Flicker (ハシボソキツツキ)に遭遇した。
彼らは警戒心が強くなかなか近寄れないのがくやしい。
005 Brampton ~地味に満足~_c0211532_1421372.jpg
■ Northern Flicker (ハシボソキツツキ) Colaptes auratus

Common Grackle (オオクロムクドリモドキ)とEuropean Starling (ホシムクドリ)が木に群れているが、あまりいい写真は撮れなかった。

結局パーティー会場に戻り、駐車場で白い眼で見られながらバッタの写真を撮りまくってやった。
005 Brampton ~地味に満足~_c0211532_14335489.jpg
■ Red-legged Grasshopper (レッドレッグドグラスホッパー) Melanoplus femurrubrum


005 Brampton ~地味に満足~_c0211532_14542116.jpg
■ Grove Snail (モリノオウシュウマイマイ) Cepaea nemoralis


あとでカメラを見るとアメンボの写真も撮っていた。
例の湿地で撮ったアメンボだ。
005 Brampton ~地味に満足~_c0211532_14405585.jpg
■ Aquarius属の1種(Aquarius) Aquarius sp.


もう一生来ることはないであろうBrampton、またひとつ思い出が増えた。


<撮影種一覧> 12種
<菌類>
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.
<植物>
■ セイタカアワダチソウ (Canada goldenrod) Solidago canadensis
<貝類>
■ Grove Snail (モリノオウシュウマイマイ) Cepaea nemoralis
<昆虫類>
■ Red-legged Grasshopper (レッドレッグドグラスホッパー) Melanoplus femurrubrum
■ Aquarius属の1種(Aquarius) Aquarius sp.
■ Tipula属の1種 (Crane Fly) Tipula. sp
■ ハエ目の1種 (Fly) Diptera sp.
<鳥類>
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
Northern Flicker (ハシボソキツツキ) Colaptes auratus
European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris
■ Common Grackle (オオクロムクドリモドキ) Quiscalus quiscula

# by takuyamorihisa | 2009-09-27 22:48 | Canada