578 鳥取県産 ~ホタルイカの美味しい食べ方に気が付いた~


c0211532_19475154.jpg

今日は家で写真を撮った。

ふと近所のスーパーへ立ち寄ると、また鳥取県産のホタルイカ (Firefly Squid)が売られていた。

春の風物詩ホタルイカ。
手に入るうちに食べておきたい。
という事で、今日もホタルイカを購入した。

まずは前回撮り損ねた標本写真を撮影だ。

c0211532_19475268.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans 外套長5.6cm


c0211532_19475273.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans 外套長5.6cm


熱湯でホタルイカを湯掻く。

c0211532_19475281.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


湯掻くと眼球がボコっと膨れ、水晶体が飛び出てくる。

c0211532_19475349.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


ものすごく異様な姿だ。


c0211532_19475154.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


今日はちょっと料理を工夫してみた。
食べるときに硬くて食感の悪い、眼の水晶体(白い球体)をあらかじめ取り除いてはどうだろうと。
幸い、飛び出てきているので手でむしり取るだけだ。

c0211532_19475370.jpg

そうして出来上がった茹でホタルイカ。

c0211532_19475360.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


これは美味いっ!!!
硬い水晶体が気にならないのでいくらでも食べられるぞ~!!!

今度から目玉の処理は確実に行ってから食べよう!


<撮影種一覧> 1種
<頭足類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-27 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

577 松江フォーゲルパーク ~森で虫撮影~

今日は松江フォーゲルパークに行ってきた。

松江フォーゲルパークといえば、世界の鳥を放し飼いで展示していたり、ベゴニアの花を観賞できたり、手軽に生き物をみることのできるテーマパーク。
ここは松江市の山の中に作られているので、ちょっと外へ行くと、虫もみることができる。

ジュースを飲んでいるとふと目の前にホバリングしているハナアブの仲間を見つけたので撮影した。

c0211532_15352349.jpg
■ ハナアブ科の1種 (Syrphidae) Syrphidae sp.


c0211532_15352434.jpg
■ ハナアブ科の1種 (Syrphidae) Syrphidae sp.


落ち葉の下にはゴキブリが!
うわっ!
ゴキブリは苦手な昆虫なのだが、このゴキブリは白い。これなら全然平気。
調べてみるとモリチャバネゴキブリ (Blattella nipponica)という種の幼虫だった。
アルビノかなと思ったが、この白いのがやたら多いので、脱皮直後でまだ色が白いものなのかもしれない。

c0211532_15352455.jpg
■ モリチャバネゴキブリ (Blattella nipponica) Blattella nipponica

こちらが通常のモリチャバネゴキブリ幼虫。
親父からもらう無農薬のハクサイによくくっついているやつだ!笑

c0211532_15352427.jpg
■ モリチャバネゴキブリ (Blattella nipponica) Blattella nipponica


春になっていろいろな生き物が活動を始めたようだ。


<撮影種一覧> 2種
<昆虫>
■ ハナアブ科の1種 (Syrphidae) Syrphidae sp.
■ モリチャバネゴキブリ (Blattella nipponica) Blattella nipponica



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-23 21:00 | 島根県 | Comments(0)

576 家 ~たくさんのウヅキコモリグモ~

今日は家で写真を撮った。

家の裏にたくさんいるウヅキコモリグモ (Pardosa astrigera)。
歩くたびに草陰に隠れていたウヅキコモリグモがわ~っと逃げていく。

c0211532_14463172.jpg
■ ウヅキコモリグモ (Pardosa astrigera) Pardosa astrigera

ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)もいた!
これだけクモや昆虫がいたら食べ放題だろうなぁ・・・

c0211532_14463128.jpg
■ ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog) Hyla japonica


<撮影種一覧> 2種
<クモ類>
■ ウヅキコモリグモ (Pardosa astrigera) Pardosa astrigera
<両生類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-16 21:00 | 島根県 | Comments(0)

574 家 ~ガガンボ科の1種~

今日は家(Home)で写真を撮った。

でっかい蚊のような昆虫がいる。
その名もガガンボ。
まさに蚊の大将のような印象を与える強い名前だが、血を吸ってくることはなく、人間には危害を加えてこない。(幼虫の農作物食害はあるが・・・)

これが家の壁で休んでいたので撮影してみた。
キリウジガガンボかな???

c0211532_00062649.jpg
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.


c0211532_00062663.jpg
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.


こういった虫もさくっと同定できるようになりたいなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<昆虫類>
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-14 21:00 | 島根県 | Comments(0)

575 美保関 ~春の小鳥たち~


c0211532_09372523.jpg


今日は美保関に行ってきた。

今日は先輩フォトグラファーのキーモンさんと行く、月に1度の鳥撮り。
先月はたくさんのウソ (Eurasian Bullfinch)がみられたが、今日はどんな鳥に出会えるかなぁ・・・

最初は腕慣らしということでマクロ撮影。
セイヨウタンポポ (Common Dandelion)の花。

c0211532_09374456.jpg
■ セイヨウタンポポ (Common Dandelion) Taraxacum officinale


クサイチゴ (Hirsute Raspberry)の花。

c0211532_09374441.jpg
■ クサイチゴ (Hirsute Raspberry) Rubus hirsutus


イタドリハムシ (Gallerucida bifasciata)。
イタドリというのは植物の名前のこと。子供の頃、帰り道に生えているイタドリ (Japanese Knotweed)をカッポンと呼んでかじっていたのを思い出す。

c0211532_09515545.jpg
■ イタドリハムシ (Gallerucida bifasciata) Gallerucida bifasciata
少しベニシオマネキ氏 @uca_farmさんに教えていただいた。


最も普通にみられるアリのひとつ、クロヤマアリ (Formica japonica)。

c0211532_09515552.jpg
■ クロヤマアリ (Formica japonica) Formica japonica


朽木の中にいたシロアリ科の1種 (Termitidae)。

c0211532_09515610.jpg
■ シロアリ科の1種 (Termitidae) Termitidae sp.


カミキリムシの仲間か、タマムシの仲間の幼虫。

c0211532_09515684.jpg
■ コウチュウ目の1種 (Beetle) Coleoptera sp.


カメラ目線がかわいいマミジロハエトリ (Evarcha albaria)のメス。

c0211532_09515640.jpg
■ マミジロハエトリ (Evarcha albaria)Evarcha albaria


アメンボ科の1種 (Water Strider)。

c0211532_10240400.jpg
■ アメンボ科の1種 (Water Strider) Gerridae sp.


木の杭にとまって、虫を探しているジョウビタキ (Daurian Redstart)のオス。

c0211532_10411429.jpg
■ ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus


c0211532_09372523.jpg
■ ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus


木の枝にとまって餌探し。

c0211532_10430060.jpg
■ ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus


地面に降り立ったメス。メスは全く羽色が違う。

c0211532_10442028.jpg
■ ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus


ノビタキ (African Stonechat)のオス。
ノビタキもジョウビタキと同じように、見晴らしのよい高い場所から虫を探していた。

c0211532_10474577.jpg
■ ノビタキ (African Stonechat) Saxicola torquata


ノビタキのメス。

c0211532_10433421.jpg

■ ノビタキ (African Stonechat) Saxicola torquata


ホオジロ (Meadow Bunting)。

c0211532_10490488.jpg
■ ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides


民家の近くから、ちょっとした山の公園まで、どこでもみられるヒヨドリ (Brown-eared Bulbul)。
枝でみえん!笑


c0211532_10502912.jpg
■ ヒヨドリ (Brown-eared Bulbul) Hypsipetes amaurotis


ビジュアル的に最も春らしい鳥のひとつ、メジロ (Japanese White-eye)。
しかも桜の蜜吸っている!喜


c0211532_10540460.jpg
■ メジロ (Japanese White-eye) Zosterops japonicus


c0211532_10540361.jpg
■ メジロ (Japanese White-eye) Zosterops japonicus


アクロバティックな蜜吸いもみせてくれる。

c0211532_10540384.jpg
■ メジロ (Japanese White-eye) Zosterops japonicus


よく見かけるものの警戒心が強いのでなかなか近寄れないイメージのアトリ (Brambling)。

c0211532_09382519.jpg
■ アトリ (Brambling) Fringilla montifringilla


大好きな鳥のひとつ、キビタキ (Narcissus Flycatcher)を発見するも、おしりしか撮影できず・・・

c0211532_10592835.jpg
■ キビタキ (Narcissus Flycatcher) Ficedula narcissina


冬の平地では定番の鳥、ツグミ (Dusky Thrush)。
そういえばこの鳥は地面を歩いている事が多い。

c0211532_11002836.jpg
■ ツグミ (Dusky Thrush) Turdus naumanni


c0211532_11002899.jpg
■ ツグミ (Dusky Thrush) Turdus naumanni


楽しい鳥撮りの帰りは、ときめく魚屋さんで食材の購入。

今日買ったのは山陰を代表するエビのひとつ、どろえびことクロザコエビ (Kuro Shrimp)。
鮮度が良すぎるものは刺身よりも塩焼きがおすすめ。

c0211532_11042767.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar


c0211532_11042731.jpg
■ クロザコエビ (Kuro Shrimp) Argis lar


あま~い!うま~い!

いや~今日も贅沢な一日を過ごさせてもらったなぁ~!


<撮影種一覧> 17種
<植物>
■ セイヨウタンポポ (Common Dandelion) Taraxacum officinale
■ クサイチゴ (Hirsute Raspberry) Rubus hirsutus
<クモ類>
■ マミジロハエトリ (Evarcha albaria)Evarcha albaria
<甲殻類>
<昆虫>
■ イタドリハムシ (Gallerucida bifasciata) Gallerucida bifasciata
■ コウチュウ目の1種 (Beetle) Coleoptera sp.
■ クロヤマアリ (Formica japonica) Formica japonica
■ シロアリ科の1種 (Termitidae) Termitidae sp.
■ アメンボ科の1種 (Water Strider) Gerridae sp.
<鳥類>
■ ヒヨドリ (Brown-eared Bulbul) Hypsipetes amaurotis
■ メジロ (Japanese White-eye) Zosterops japonicus
■ キビタキ (Narcissus Flycatcher) Ficedula narcissina
■ アトリ (Brambling) Fringilla montifringilla



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-14 21:00 | 島根県 | Comments(0)

573 呉市 ~久々の瀬戸内海~

c0211532_23263340.jpg

今日は呉市に行ってきた。

今日は久々に地元へ戻ってきた。
日本海は綺麗な海だけれど、干満の差がほどんどないので干潟がない。一方瀬戸内海は随分数が少なくなったものの、まだまだ遊べる干潟が残っている。
干潟は生物が多くて本当に面白い場所。

という訳で地元の親友とぶらり干潟探索だ。
アラフォーおじさん二人で干潟で生き物を探して遊んだ。

c0211532_22591584.jpg

見せてあげたかったのがハクセンシオマネキ (Milky Fiddler Crab)。
18年間瀬戸内で育ったのに、住んでいた頃にはその存在を知らず、シオマネキと言えば南の海にしかいないものだと思い込んでいた。

干潟のカニはその底質の粒の大きさによって住み分けがあって、ハクセンシオマネキだとちょうど上の写真のような綺麗な砂がお好み。
コメツキガニ (Sand Bubbler Crab)などもこのような環境が好き。
さあどんなカニに出会えるかな~。

これらのカニは巣穴の周りにいるので、まずは穴を見つけるのが手っ取り早い。
しかし穴がない。
全然ない。

生き物がいたと思って最初に撮影したのはタカラダニの仲間だった。

c0211532_23104986.jpg
■ タカラダニ科の1種 (Erythraeidae) Erythraeidae sp.


この場所ではこれと言ってときめく生物に出会えなかったので移動。
今度は礫が転がる浜へ。
こういった場所ではハクセンシオマネキやスナガニに出会うのは難しくなる。

c0211532_22591596.jpg

石をめくって生き物を探す。

いたいた。ヒライソガニ (Gaetice depressus)。

c0211532_23263424.jpg
■ ヒライソガニ (Gaetice depressus) Gaetice depressus


ヒライソガニは体色変異が大きく、この様な白い個体も。
ただ、ある程度大きくなると同じ様な模様ばかりになるような気がする。

c0211532_23263470.jpg
■ ヒライソガニ (Gaetice depressus) Gaetice depressus


貫録のある大型個体。

c0211532_23263475.jpg
■ ヒライソガニ (Gaetice depressus) Gaetice depressus 甲幅2.2cm


c0211532_23263437.jpg
■ ヒライソガニ (Gaetice depressus) Gaetice depressus 甲幅2.2cm


口の横にある顎脚をアップで撮影してみた。
細かい毛が沢山生えていてとても美しい。


c0211532_23263340.jpg
■ ヒライソガニ (Gaetice depressus) Gaetice depressus 甲幅2.2cm


石をめくっていくと、魚が隠れている事もある。
ミミズハゼ (Flat-headed Goby)だ。

c0211532_23343903.jpg
■ ミミズハゼ (Flat-headed Goby) Luciogobius guttatus


石の下には貝もたくさん。

ヒザラガイの仲間のケハダヒザラガイ (Acanthochitona defilippii)。

c0211532_23382092.jpg
■ ケハダヒザラガイ (Acanthochitona defilippii) Acanthochitona defilippii


c0211532_23382017.jpg
■ ケハダヒザラガイ (Acanthochitona defilippii) Acanthochitona defilippii

赤味が強くカラフルなイシダタミ (Monodonta confusa)。

c0211532_23392389.jpg
■ イシダタミ (Monodonta confusa) Monodonta confusa


巻貝の仲間。


c0211532_23392323.jpg
■ 新生腹足目の1種 (Caenogastropoda) Caenogastropoda sp.


アオガイの仲間。

c0211532_23392318.jpg
■ Nipponacmea属の1種 (Nipponacmea) Nipponacmea sp.


c0211532_23392240.jpg
■ Nipponacmea属の1種 (Nipponacmea) Nipponacmea sp.


産卵していたカラマツガイ (Siphonaria japonica)。

c0211532_23392358.jpg
■ カラマツガイ (Siphonaria japonica) Siphonaria japonica
メナシストさんにみていただいた。


ハクセンシオマネキはみられなかったが、親友も楽しんでくれたようでよかった。
なかなか帰れないけれど、故郷の海の事ももっと詳しくなっていきたいなぁ。

Ryoji、忙しいのに付き合ってくれてありがとう!!!


<撮影種一覧> 8種
<貝類>
■ ケハダヒザラガイ (Acanthochitona defilippii) Acanthochitona defilippii
■ Nipponacmea属の1種 (Nipponacmea) Nipponacmea sp.
■ イシダタミ (Monodonta confusa) Monodonta confusa
■ 新生腹足目の1種 (Caenogastropoda) Caenogastropoda sp.
■ カラマツガイ (Siphonaria japonica) Siphonaria japonica
<クモ類>
■ タカラダニ科の1種 (Erythraeidae) Erythraeidae sp.
<甲殻類>
<魚類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-01 21:00 | 広島県 | Comments(0)