人気ブログランキング |

517 宮崎県産 ~初めてのトラガニ~

今日は家で写真を撮った。

最近、甲殻類を取り寄せて標本写真を撮る事がマイブームだ。
7月10日のアブラガニ (Blue King Crab)に7月14日のハナサキガニ (Hanasaki Gani)。
そして今日7月15日はトラガニというカニに挑戦だ。

トラガニはワタリガニ科のカニで、標準和名をシマイシガニという。
香港や中国南部では最も珍重されているカニのひとつで、だいたい海鮮レストランのメニューにもったいぶって掲載されているようなカニだ。
もちろん高い。

日本では漁獲量が少なく、ほとんどの日本人は食べたことがないのではないだろうか。
今日はたまたま宮崎県の水産業者からトラガニを取り寄せる事ができた。

そんな幻のトラガニの姿がこちら。

c0211532_22370243.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm


このカニの甲には十字架模様が浮かび上がるのが特徴。
図鑑などではキリスト教徒は食べないと書いてある事が多い。
実際にインドのゴア周辺では、本種に似た十字架模様を持つカニのことを宣教師フランシスコ・ザビエルから祝福を受けたカニの子孫であると信じているらしい。

c0211532_22370572.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

シマイシガニの顔。

c0211532_22370982.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm
腹面は本当に真っ白だ。

c0211532_22371390.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

もう1匹は600g。
上の個体よりやや若いためか白っぽい。

c0211532_22371742.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅14.0cm

700gと聞いてもピンとこないが、手と比較するとその大きさがよく分かる。

c0211532_22365497.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

加熱すると真っ赤になる。
中国で紅蟹とよばれているのはそのためだろう。

さっそく実食!シンプルに塩茹ででいただいたが、ワタリガニ科特有の美味さに満ち溢れている。身がプリプリだ!
殻は薄いので食べやすい。

c0211532_22372148.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

そして嬉しいおまけ。
水産業者の人が気を利かせてくれてオオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster)をつけてくれていた。

c0211532_22372465.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

c0211532_22372869.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

なんとも変わった形のエビだが、エビからカニへ進化する途中の形と考えれば納得がいく。
クルマエビ (Japanese Tiger Prawn)等の卵を水中に放出するタイプのエビから、テナガエビ (Oriental River Prawn)のように卵を腹肢の間で保護するタイプのエビに進化し、その後イセエビ (Japanese Spiny Lobster)のように完全に底生生活に適応し硬い殻を持つタイプに進化、その後本種のように腹部が短くなっていき、それを折りたたんでカニになっていった。
それぞれのステージの種が今でも残っているのがとても面白い。

c0211532_22373291.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

横からみるとあまりにも扁平で食べるところがなさそうだが、半分に割ってみると見た目以上に身がつまっていた。
味の方は・・・

プリプリとしてクセがほとんどなく、最高の味だった!
いくらでも食べられそうだ。


c0211532_22373793.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

次は何を取り寄せようかなぁ・・・


<撮影種一覧> 2種
<甲殻類>


by takuyamorihisa | 2016-07-15 21:10 | 取り寄せ・市場購入

516 家 ~トノサマガエル発見~

今日は家(Home)で写真を撮った。

外に出てうろうろしていると、芝の中に身体をうずめている中くらいの大きさのカエルを発見した。
トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog)だ!!!

c0211532_0253385.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata

これはこの間のアマガエルのように捕まえて白バックで写真を撮影してみたい!!!

そぉ~っと近づき手で押さえる。
全く反応がないので死んでいるのかと思ったら、どうやら寝ていたようだ。

手のひらの中で大暴れするトノサマガエル (Black-spotted Pond Frog)。力がとても強く、隙間からこじ開けられぴょんぴょんと逃げて行ってしまった。

カエルを捕まえようとしている人間の動きほど滑稽なものはない。
カエルに近づき捕まえようとしゃがむと同時にカエルはぴょんっとジャンプする。
40歳前にして一体何をやっているんだと自分につっこみながらやっとの思いで捕獲に成功した。

早速家に帰って写真撮影。
逃げ回ってかなり体力がなくなったようだ。
割とおとなしくポージングをしてくれた。

瞳孔が大きくなっている。
さっき外で写真を撮った時に寝ていたのは間違いない。

c0211532_0304252.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata


c0211532_030553.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata


c0211532_031178.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata

トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) の特徴でもある正中線がはっきりと出ている。

c0211532_031520.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata

やっぱり白バックで色々な生き物を撮るのは面白いっ!


<撮影種一覧> 1種
<両生類>
トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata

by takuyamorihisa | 2016-07-15 21:00 | 島根県