人気ブログランキング |

2010年 09月 26日 ( 1 )

114 Humber River ~溯上するサーモンを求めて~

今日はHumber River(ハンバー川)に行ってきた。

先日、ルームメイト情報でHumber River(ハンバー川)にサーモンが溯上していると知った。
これは何としてでも帰国前にサーモンを撮影しておきたい!
今日は時間が作れたのでHumber River(ハンバー川)へ行くことにした。

帰国は明後日。
これがカナダでの最後の撮影になるだろう。悔いの残らないように思い切り楽しむぞ!

玄関を出ると目の前に広がるいつもの光景。
この景色ともお別れか・・・
今日も最高の天気だ。
c0211532_15181858.jpg


地下鉄でOld Mill(オールドミル)ステーションまで行き、Humber River(ハンバー川)を上流に歩く。
橋の上から見た感じではサーモンはいない。

川辺まで来た。
c0211532_15314312.jpg

こんな浅い川に本当にサーモンがいるのだろうか・・・

高校生くらいの集団が川に入って何かしている。
魚道を作っているようだ。
c0211532_15514677.jpg

これって意味ある・・・?
それとも観察しやすくするため?

今日はやたらと川に鳥が多い。
溯上する魚を狙っているのだろうか。

白鷺の親分Great Egret (ダイサギ)。
c0211532_17191563.jpg
■ Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta

American Herring Gull (アメリカセグロカモメ)。
c0211532_1720660.jpg
■ American Herring Gull (アメリカセグロカモメ) Larus argentatus smithsonianus

獲物を狙うGreat Blue Heron (オオアオサギ)。
c0211532_17204322.jpg
■ Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias

おなじみRing-billed Gull (クロワカモメ)。
c0211532_17214043.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

魚ハンターのDouble-crested Cormorant (ミミヒメウ)まで。
大丈夫かサーモン!
c0211532_17322865.jpg
■ Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus

このHumber River(ハンバー川)には砂防の堰堤があって、サーモンの溯上を阻んでいる(ような気がする)。
こういうところで待っていたらサーモンが見られるかな・・・?
c0211532_17352264.jpg

カメラを堰堤へむけ、設定、そしてピントを合わせる。
2kg近いカメラを構え、待つこと10分・・・

何も現れない・・・

手が痺れてきた。

ここにはいないのだろうか。
もっと下流?
それとも上流?

まさか一足遅くてサーモンの溯上は終わったのだろうか?
いかにも素人っぽく、ただ竿を振っているだけの若い釣り人が何人かいる。

不安がつのる。
ルームメイトの情報からまだ1週間なのでいるはずだがなあ・・・

上流へ向かうことにした。
歩きながらいろいろな生物を撮影する。
黄色く元気な花を咲かせたWoodland Sunflower (ウッドランドサンフラワー)。
c0211532_17563333.jpg
■ Woodland Sunflower (ウッドランドサンフラワー) Helianthus divaricatus

初めて見たヤンマ科のトンボ、Shadow Darner (シャドーダーナー)。
すごく変わった模様だ。
c0211532_183569.jpg
■ Shadow Darner (シャドーダーナー) Aeshna umbrosa

ひたすら草を食べるCanada Goose (カナダガン)。
c0211532_1871517.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

上空を舞うRed-tailed Hawk (アカオノスリ)。
c0211532_1874344.jpg
■ Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis

カメラを空へ向け撮影していると、一眼レフを持ったおじさんが話しかけてきた。
「あのタカは何だろう?」
「Red-tailedだね。Red-tailed Hawk。」
カナダへ来たばかりの頃だったら絶対に答えられなかっただろう。
カナダ人にカナダの鳥を教えてあげられるようになった自分の成長を感じた。

堰堤をひとつ、またひとつと通りすぎていくが、一向にサーモンの姿は見えない。
次の堰堤でいなかったら今度は下ってみよう。
堰堤に近づいていくと、ウェダーを履いたおっさんが釣りをしているのが見えてきた。
ルアーを投げている。
と思ったら、水しぶきがあがった。
相当大きな魚がかかったようだ。
まさかサーモン?

大きな大きな魚を抱えておっさんがこちら側の岸へと歩いてくる。
c0211532_18153991.jpg

撮影のチャンス!!!

ポルトガル人っぽいおっさんに、頼むから魚の写真を撮らせてくれとお願いし、見事魚の撮影に成功した。
c0211532_18171457.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha ♀ 98.0cm

でかい!!!

ものすごい顔。
c0211532_18192888.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha ♀ 98.0cm

溯上するときに痛めた尾鰭。
c0211532_18201013.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha ♀ 98.0cm

あとで図鑑で調べるとマスノスケ (Chinook salmon)、なんとキングサーモンであった。
いつかは生きた個体を撮影したいと思っていたが、最後の最後に夢が叶うなんて!
(その後、五大湖へは昔太平洋岸から移入されたと知りショックを受ける。)

やりましたぜ師匠!

ここでサーモンが釣れたということは、この堰堤の下にいるはず。
よい場所を見つけてに座り込んだ。

飛んだっ!

サーモンがジャンプしている。
カメラをセットしてシャッターチャンスを待った。
そして撮影できたのがこちら。
ジャンプ後に激流で押し戻されるマスノスケ (Chinook salmon)。
c0211532_18243865.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha

こちらも流れの中でがんばって泳いだが、最終的には押し戻された。
c0211532_18253168.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha

カナダ最後の撮影で思ってもみないミラクルが待っていた。

Toronto(トロント)!
長い間お世話になりました。
いつか必ずまた遊びに、いや、住むために戻ってきます。

ありがとう!


<撮影種一覧> 10種
<植物>
■ Woodland Sunflower (ウッドランドサンフラワー) Helianthus divaricatus
<昆虫類>
■ Shadow Darner (シャドーダーナー) Aeshna umbrosa
<魚類>
マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha
<鳥類>
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias
Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
American Herring Gull (アメリカセグロカモメ) Larus argentatus smithsonianus

by takuyamorihisa | 2010-09-26 21:00 | Canada