人気ブログランキング |

523 境港市 ~カニ網に挑戦~

c0211532_23105946.jpg

今日は境港市(Sakai Minato)に行ってきた。

釣りのひとつにカニ網というものがある。
これは網と餌を海底に投げ込み、餌の臭いにつられてやってきたカニががんじがらめに絡まって逃げられなくなるという仕掛け。
関東の方ではさかんのようだが、筆者の住む山陰や山陽地域では聞いたことがない。

ある日、このカニ網を境水道に投げたらタイワンガザミ (Flower Crab)をたくさんゲットできるのではないだろうかと思いついた。
夏に刺し網であれだけ漁獲されていたことを思うと、かなり期待できそうだ!!!

いても立ってもいられなくなり、早速カニ網を取り寄せて境水道へ向かった。
今日は風もなく穏やかな境水道。


c0211532_23172930.jpg

ドキドキしながらスーパーで買ったサンマ (Pacific Saury)の切り身を入れ、カニ網を投げた。
カニ網は待ちの釣り。
10分おきに上げてみようとルールを作って待つことにした。

早く上げたい!

今頃タイワンガザミ (Flower Crab)が大群で網に押し寄せているに違いない!

我慢できない!

10分待つと決めたのにもかかわらず、早速ルールを破って5分でリールを巻き始めた。
と思ったら根がかり・・・
道糸が切れたらどうしようと思ったが、なんとか回収することができた。
ブチブチブチと嫌な音がしたので網は1投げでボロボロになってしまっただろう。

まあいい。

その代わりに真っ青なタイワンガザミ (Flower Crab)がたっぷりとぶら下がっているのだから。

しかしその妄想とは裏腹に、水から上がってきたカニ網にはカキ殻が1つだけぶら下がっているだけであった。

その後も同じ結果が繰り返されるので、カニ網は諦めて手網でイシガニ (Shore Swimming Crab)狙いに切り替えることにした。

ライトで照らすと岸壁にいるイシガニ (Shore Swimming Crab)。
これをそっと手網ですくう。
適度な緊張感があり、これはこれで非常に面白い!


c0211532_23283752.jpg
■ イシガニ (Shore Swimming Crab) Charybdis japonica 甲幅5.3cm


c0211532_23303204.jpg
■ イシガニ (Shore Swimming Crab) Charybdis japonica 甲幅5.3cm


ライトで水の中を照らして遊んでいると色々な生き物を見ることができる。

サヨリ (Japanese Halfbeak)の幼魚はうようよ。
たまに間違えて手網で獲れることもある。


c0211532_23361981.jpg
■ サヨリ (Japanese Halfbeak) Hyporhamphus sajori 18.0cm


小川が流れ込む場所へ移動。
水中にもやがかかっているところをみると、小川は淡水でこのあたりは汽水になっているのだろう。

ライトで照らしても全く気付かないコショウダイ (Crescent Sweetlips)の幼魚を発見。
完全に寝ていたのだろう。

c0211532_23331723.jpg
■ コショウダイ (Crescent Sweetlips) Plectorhinchus cinctus


ミナミテナガエビ (Crane River Prawn)もいた。
手(鉗脚)が異様に長いのがオス。

c0211532_23375473.jpg
■ ミナミテナガエビ (Crane River Prawn) Macrobrachium formosense 体長6.3cm(鉗脚除く)
*記事の投稿当初はテナガエビとしていましたが、つじいようすけさんにみていただき、ミナミテナガエビに修正しました。(2017.11.26)


メスの手の長さは常識の範囲内。

c0211532_23390478.jpg
■ ミナミテナガエビ (Crane River Prawn) Macrobrachium formosense 体長5.3cm
*記事の投稿当初はテナガエビとしていましたが、つじいようすけさんにみていただき、ミナミテナガエビに修正しました。(2017.11.26)


抱卵したメス。

c0211532_23385532.jpg
■ ミナミテナガエビ (Crane River Prawn) Macrobrachium formosense 体長6.5cm
*記事の投稿当初はテナガエビとしていましたが、つじいようすけさんにみていただき、ミナミテナガエビに修正しました。(2017.11.26)


c0211532_23390071.jpg
■ ミナミテナガエビ (Crane River Prawn) Macrobrachium formosense 体長6.5cm
*記事の投稿当初はテナガエビとしていましたが、つじいようすけさんにみていただき、ミナミテナガエビに修正しました。(2017.11.26)


その他、ダイナンギンポ (Dainan Ginpo)やウロハゼ (Uro Haze)なども捕まえる事ができた。
これは楽しい!

そして30分前に投げて忘れかけていたカニ網を回収した。

おお!!!
最後の最後でイシガニ (Shore Swimming Crab)を1匹だけゲット!!!

c0211532_23490570.jpg
■ イシガニ (Shore Swimming Crab) Charybdis japonica 甲幅7.0cm


c0211532_23500546.jpg
■ イシガニ (Shore Swimming Crab) Charybdis japonica 甲幅7.0cm


底にカキ殻や石の多い境水道ではカニ網はほとんど役に立たないということが分かった。

しかしながら色々な生き物がいてとても楽しい夜だった。
海の恵みは次の日美味しくいただいた。

特にイシガニ (Shore Swimming Crab)の味噌汁は絶品!

c0211532_23105946.jpg


<撮影種一覧> 4種
<甲殻類>
■ ミナミテナガエビ (Crane River Prawn) Macrobrachium formosense
<魚類>
■ コショウダイ (Crescent Sweetlips) Plectorhinchus cinctus



by takuyamorihisa | 2016-08-12 23:59 | 鳥取県