人気ブログランキング |

522 曽根干潟 ~トビハゼを撮影~

c0211532_21464849.jpg

今日は曽根干潟(Sone Tidal Flat)に行ってきた。

2日間の濃厚なカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵行動の撮影を終え、そろそろ島根の家へ向かわなければならない頃。
しかしこの種だけは帰る前に撮影しておきたい。
まるでカエルのような魚、トビハゼ (Shuttles Hoppfish)だ。

あたりを見回すとトビハゼ (Shuttles Hoppfish)がかなりたくさんいる。
しかも水の上で。
島根にはいないこの変わった生物を撮っておきたかった。

まずは石の上でゆっくりと日向ぼっこをしているトビハゼ (Shuttles Hoppfish)。
敵が来てもワンジャンプで水の中に逃げ込む事ができる。

c0211532_21454277.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus

トビハゼ (Shuttles Hoppfish)の胸鰭はまるで腕のようになっている。
身体をなでたりする仕草なんて、たまらなくかわいい。




■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus

せっかくなので標本写真も撮りたい・・・
すばしっこくて捕まえる事が非常に困難だが、手網で虫を捕まえるようにして捕獲に成功!
網を前に構えて歩き、ジャンプしたトビハゼ (Shuttles Hoppfish)を下からキャッチするという作戦。
結構難しいが、成功したときはかなりうれしい!

c0211532_21464849.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm

かわいい顔をしている。
半陸上生活のためか、眼が上についている。


c0211532_21495903.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm


第1背鰭には暗色帯がみられない。
近似種ミナミトビハゼの第1背鰭には暗色帯がみられ、先端が尖るので、ここを見れば見分けは簡単だ。

c0211532_21531531.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm

腹鰭は吸盤状になっている。
また左右の鰭をつなぐ膜蓋があるのも特徴。

c0211532_21545672.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm


別の個体。

c0211532_21555063.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm

特殊な胸鰭。
鰭を支える柄のようなものがあり、その使い方も含めて、もはや腕!
このような魚類が水なしでも呼吸できる呼吸器官を発達させ、両生類になっていったのかなと想像が膨らむ。

c0211532_22102804.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm


幼魚も成魚と同じくぴょんぴょんと飛ぶ。

c0211532_22120667.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 1.7cm

ちなみに極小サイズだ。

c0211532_22123860.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 1.7cm


バケツの水にアクシデントで紛れ込んでしまった小さなエビ。

c0211532_22161946.jpg

よく見るとシラタエビ (Exopalaemon orientis)じゃないか!

c0211532_22172322.jpg
■ シラタエビ (Exopalaemon orientis) Exopalaemon orientis


最後の最後まで楽しめる撮影となった。
この旅行で出会った全ての方に感謝します。

来年も 必ず行くぞ 曽根干潟


<撮影種一覧> 2種



by takuyamorihisa | 2016-07-23 21:10 | 福岡県