480 ハチの干潟 ~アシハラガニを狙って~

今日はハチの干潟(Hachi's Tidal Flat)に行ってきた。

実家に帰ってきている。
すっかり写真にはまった親父と向かったのは竹原市にあるハチの干潟(Hachi's Tidal Flat)。

鳥が撮りたい親父と、甲殻類を撮りたい自分の両方を満たしてくれる場所がハチの干潟(Hachi's Tidal Flat)だ。
いつの間にか親父はこのあたりの鳥に詳しくなっている。かなり頼もしい。

そんな親父もパッと名前が出てこなかったビンズイ (Olive-backed Pipit)がファーストショット。

c0211532_23444950.jpg
■ ビンズイ (Olive-backed Pipit) Anthus hodgsoni

河口沿いを歩いてみる。

一見何もいなそうだが、歩いている数メートル先をみると小さなカニが慌てて穴の中に隠れている。
なんとか捕まえた小さなカニの正体はヤマトオサガニ (Yamato Osagani)。

c0211532_23494681.jpg
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus

汽水域でよくみられるユビナガホンヤドカリ (Yubinaga Honyadokari) 。

c0211532_23502759.jpg
■ ユビナガホンヤドカリ (Yubinaga Honyadokari) Pagurus minutus

ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) 。

c0211532_0231221.jpg
■ ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea

ケフサイソガニ (Kefusa Isogani)。

c0211532_0153450.jpg
■ ケフサイソガニ (Kefusa Isogani) Hemigrapsus penicillatus

このカニはタカノケフサイソガニ (Takano Kefusa Isogani)と非常によく似ていて見分けが難しい。
それもそのはず、両種は2005年まで同種だと思われていたのだ。

オスの鉗脚にある「けふさ」は外側が小さく、内側が大きい。これがケフサイソガニ (Kefusa Isogani)の特徴。タカノケフサイソガニ (Takano Kefusa Isogani)は外側も内側も同じくらいの大きさ。

c0211532_019058.jpg
■ ケフサイソガニ (Kefusa Isogani) Hemigrapsus penicillatus


c0211532_019881.jpg
■ ケフサイソガニ (Kefusa Isogani) Hemigrapsus penicillatus

泥質から砂質に変わってきた場所ではカニの種類が変わってきた。

このカニこそが今日の本命、アシハラガニ (Ashiharagani)だ!

c0211532_019578.jpg
■ アシハラガニ (Ashiharagani) Helicana tridens

まだ標本写真を撮影していないので、なんとか捕まえたい!
しかし捕獲することができず・・・

その変わりにヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani)を捕まえる事ができた。

c0211532_022726.jpg
■ ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani) Helicana japonica


c0211532_0222436.jpg
■ ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani) Helicana japonica

さらに場所を移動すると礫だらけの場所に。

c0211532_0344478.jpg

ここではイソガニ (Japanese Shore Crab)がたくさんみられた。

ほんの10メートルでがらっとみられる種類が変わるのは本当に面白い!

c0211532_036914.jpg
■ イソガニ (Japanese Shore Crab) Hemigrapsus sanguineus

今日は底質と生物相の関係を肌で感じる事ができるとっても良い撮影だった!
いい場所だなぁ~


<撮影種一覧> 8種
<甲殻類>

by takuyamorihisa | 2015-11-20 21:00 | 広島県 | Comments(0)