人気ブログランキング |

366 石垣市 ~マングローブ林を探索~

今日は石垣市(Ishigaki)に行ってきた。

午前中のシュノーケリングを終え、川平湾の美しい景色を堪能。

c0211532_2145617.jpg

そして午後はガイドさんとマングローブ林の探索だ!
人生初のマングローブ!
ヤエヤマヒルギ (Loop-root Mangrove)の林が向かえてくれた。

c0211532_1653847.jpg
■ ヤエヤマヒルギ (Loop-root Mangrove) Rhizophora mucronata

c0211532_1665134.jpg
■ ヤエヤマヒルギ (Loop-root Mangrove) Rhizophora mucronata

一番最初に目に付いた生き物はキバウミニナ (Mud Creeper)。
貝なのに、ヒルギから落ちた葉を食べて生活している。
そのためヤエヤマヒルギ (Loop-root Mangrove)の周りにはキバウミニナ (Mud Creeper)がいっぱい。

c0211532_1673431.jpg
■ キバウミニナ (Mud Creeper) Terebralia palustris

c0211532_169712.jpg
■ キバウミニナ (Mud Creeper) Terebralia palustris 殻長9.3cm

地元では「とんとんみー」と呼ばれるミナミトビハゼ (Barred Mudskipper)。
魚なのに水上で暮らす、とっても変わったハゼだ。

c0211532_16103466.jpg
■ ミナミトビハゼ (Barred Mudskipper) Periophthalmus argentilineatus

巣穴からのぞいているとんとんみー。
かわいすぎる!

c0211532_1613320.jpg
■ ミナミトビハゼ (Barred Mudskipper) Periophthalmus argentilineatus

c0211532_16133927.jpg
■ ミナミトビハゼ (Barred Mudskipper) Periophthalmus argentilineatus 4.8cm

川を群れで泳いでいたツムギハゼ (Tsumugi Haze)。
このハゼはフグと同じテトロドトキシンという猛毒を持っている。
外敵から食べられる恐れがないためか、悠々と泳いでいる。

c0211532_16162488.jpg
■ ツムギハゼ (Tsumugi Haze) Yongeichthys criniger 7.4cm

マングローブ林でみられる大きなシジミ類はシレナシジミと呼ばれる。
この貝はその中のリュウキュウヒルギシジミ (Ryukyu Hirugi Shijimi)。
これでも小さい方。

c0211532_1642077.jpg
■ リュウキュウヒルギシジミ (Ryukyu Hirugi Shijimi) Geloina expansa

c0211532_1621054.jpg
■ リュウキュウヒルギシジミ (Ryukyu Hirugi Shijimi) Geloina expansa8.3cm

そしてマングローブ林で一番みたいと思っていたシオマネキ類。
まずは一番生息数の多かったオキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki)。
片方のハサミが大きいのがオスの特徴。

c0211532_1622452.jpg
■ オキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki) Uca perplexa

c0211532_1624255.jpg
■ オキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki) Uca perplexa

c0211532_16244690.jpg
■ オキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki) Uca perplexa

縄張りをめぐったオス同士の戦い。

c0211532_1625037.jpg
■ オキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki) Uca perplexa

c0211532_16254612.jpg
■ オキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki) Uca perplexa 甲幅1.8cm

ヤエヤマシオマネキ (Yaeyama Shiomaneki)。

c0211532_16452152.jpg
■ ヤエヤマシオマネキ (Yaeyama Shiomaneki) Uca dussumieri

ミナミヒメシオマネキ (Minami Hime Shiomaneki)。

c0211532_16482324.jpg
■ ミナミヒメシオマネキ (Minami Hime Shiomaneki) Uca jocelynae 甲幅2.0cm

ヒメシオマネキ (Hime Shiomaneki)。
c0211532_16491263.jpg
■ ヒメシオマネキ (Hime Shiomaneki) Uca vocans 甲幅2.3cm

c0211532_16492192.jpg
■ ヒメシオマネキ (Hime Shiomaneki) Uca vocans 甲幅2.3cm

シオマネキの他にもたくさんのカニがいる。
リュウキュウコメツキガニ (Ryukyu Kometsukigani)。

c0211532_16505649.jpg
■ リュウキュウコメツキガニ (Ryukyu Kometsukigani) Scopimera ryukyuensis

c0211532_16511631.jpg
■ リュウキュウコメツキガニ (Ryukyu Kometsukigani) Scopimera ryukyuensis 甲幅0.5cm

フタハオサガニ (Hutaha Osagani)。

c0211532_16524240.jpg
■ フタハオサガニ (Hutaha Osagani) Macrophthalmus convexus甲幅2.6cm

前に歩くとってもかわいいカニ、ミナミコメツキガニ (Soldier Crab)。
このカニはBBCのPlanet Earthにも出ていたので知っていた。
本当にかわいいカニ。

c0211532_16551687.jpg
■ ミナミコメツキガニ (Soldier Crab) Mictyris guinotas 甲幅1.2cm

c0211532_16554866.jpg
■ ミナミコメツキガニ (Soldier Crab) Mictyris guinotas 甲幅1.2cm

キバウミニナ (Mud Creeper)の殻に入っていたヤドカリ、ツメナガヨコバサミ (Tsumenaga Yokobasami)。

c0211532_16593613.jpg
■ ツメナガヨコバサミ (Tsumenaga Yokobasami) Clibanarius longitarsus

マングローブ林には鳥類もやってくる。
チュウシャクシギ (Whimbrel)。

c0211532_1712038.jpg
■ チュウシャクシギ (Whimbrel) Numenius phaeopus

ダイサギの亜種のひとつチュウダイサギ (Great Egret)。

c0211532_172622.jpg
■ チュウダイサギ (Great Egret) Ardea alba modesta

マングローブ林は本当に生物が豊富だ。
こんな素晴らしいところに来ることができて本当に幸せ。
まだまだず~っといたかったが、夜の森を歩くツアーがあるので切り上げることにした。

このマングローブ林で撮影できたのは16種。
トータル62種まできた!!!


>>Earth Color nature tours


<撮影種一覧> 16種
<植物>
■ ヒルギダマシ (Grey Mangrove) Avicennia marina
■ ヤエヤマヒルギ (Loop-root Mangrove) Rhizophora mucronata
<貝類>
■ リュウキュウヒルギシジミ (Ryukyu Hirugi Shijimi) Geloina expansa
■ キバウミニナ (Mud Creeper) Terebralia palustris
<甲殻類>
ツメナガヨコバサミ (Tsumenaga Yokobasami) Clibanarius longitarsus
リュウキュウコメツキガニ (Ryukyu Kometsukigani) Scopimera ryukyuensis



by takuyamorihisa | 2013-11-18 21:10 | 沖縄県