人気ブログランキング |

359 美保関町 ~ムラサキダコの最後~

今日は美保関町(Mihonoseki)に行ってきた。

9月も残りわずか、夏も終わりだ。
世間はとっくの昔に海納めなのだが、そこは海部のメンバー。寒さ知らずのつわものが4名も集まった。

c0211532_16442618.jpg

さすがに寒いので無駄な潜りはしたくない。
まずは海岸を偵察。

するとたくさんのムラサキダコ (Common Blanket Octopus)の死骸があるではないか!
確認できただけでも、6体の死骸。
c0211532_1646177.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

c0211532_16463566.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

c0211532_16464895.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

これは異変なのか、それともムラサキダコ (Common Blanket Octopus)の生態なのか・・・

意を決して海に入る。
さすがに水は冷たい!天気は曇りなので余計だ。

c0211532_1654995.jpg

水中でもムラサキダコ (Common Blanket Octopus)の死骸を見つけた。

c0211532_16551576.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

クモヒトデの仲間。

c0211532_16564890.jpg
■ クモヒトデ綱の1種 (Ophiuroidea) Ophiuroidea sp.

カワハギ (Thread-sail Filefish)の幼魚。

c0211532_1657157.jpg
■ カワハギ (Thread-sail Filefish) Rudarius ercodes

クサフグ (Grass Puffer) の群れ。

c0211532_16582324.jpg
■ クサフグ (Grass Puffer) Takifugu niphobles

ヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper)の幼魚。

c0211532_1658587.jpg
■ ヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper) Lethrinus genivittatus

ケヤリムシの仲間。

c0211532_16592376.jpg

1時間も水の中に入っていると芯から冷えてきたので水の上へと上がる。
まだ息のあるムラサキダコ (Common Blanket Octopus)を見つけたので観察することにした。

c0211532_1714135.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

なんと卵を持っている。
もしかしたらこの海岸の死骸は産卵後に力尽きたものが漂流しているのだろうか。

c0211532_172560.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

頭部。

c0211532_1724569.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

ムラサキダコ (Common Blanket Octopus)最大の特徴、膜を出して敵を威嚇。
ムラサキダコ (Common Blanket Octopus)は非常に長い膜を隠し持っていて、危険をさっちすると膜を出し、敵をあざむく。
ちなみにタコの仲間なので墨を吐くこともできる。

c0211532_1735648.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

別の個体。
鰭の模様が不気味だ。

c0211532_176018.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

まだ元気な個体を触っていると膜を出し始めた。
体のどこにこんなに大量の膜を隠しもっているのかとびっくりする。膜には色素細胞があり、出したばかりのものは非常に色が鮮やかだ。

c0211532_177559.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

膜を出す行為は最後の切り札なのだろうか、膜と一緒に体表の粘膜も剥がれていってしまった。
そして力尽きたムラサキダコ (Common Blanket Octopus)。

c0211532_17927.jpg
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis

まだ新鮮なので、脚を1本切ってそのまま食べてみた。

不味い・・・

焼いて食べても非常に不味い・・・

確かに美味しいタコが打ち上げられるのならば、地元の人は放っておかないだろう。

今日はムラサキダコ (Common Blanket Octopus)についていろいろと知識が深まったいい1日だった。
潜りは来年の夏まで我慢!


<撮影種一覧> 5種
<頭足類>
■ ムラサキダコ (Common Blanket Octopus) Tremoctopus violaceus gracialis
<棘皮動物>
■ クモヒトデ綱の1種 (Ophiuroidea) Ophiuroidea sp.
<魚類>
ヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper) Lethrinus genivittatus
カワハギ (Thread-sail Filefish) Rudarius ercodes
クサフグ (Grass Puffer) Takifugu niphobles

by takuyamorihisa | 2013-09-22 21:00 | 島根県