049 Colonel Samuel Smith Park ~カイツブリの巣~

今日はColonel Samuel Smith Park(カーネルサミュエルスミスパーク)に行ってきた。

先週この公園で素晴らしい撮影が出来たので、ついついまた来てしまった。
森と化しているHigh Park(ハイパーク)やTommy Thompson Park(トミートンプソンパーク)に比べると開けた公園なので鳥の撮影には好都合だ。
今日も快晴。
トロントの空は真っ青で、外にいると最高の気分になる。
まずは公園に入ってすぐのところにある池に来た。
ヨシがいい感じだ。
c0211532_1231075.jpg

日本と同じ種のツバメ (Barn Swallow)が周りを見渡していた。
c0211532_1241655.jpg
■ ツバメ (Barn Swallow) Hirundo rustica

道の脇に植えられている街路樹でさえずるYellow Warbler (キイロアメリカムシクイ)。
かわいい鳥だ。
c0211532_1293394.jpg
■ Yellow Warbler (キイロアメリカムシクイ) Dendroica petechia

Eastern Kingbird (オウサマタイランチョウ)。
他の鳥が近づいてきては、追い掛け回している。
そのスピードとしつこさはすごい。
Kingbirdという名前にも納得だ。
c0211532_130026.jpg
■ Eastern Kingbird (オウサマタイランチョウ) Tyrannus tyrannus

空を見ていると、遠くでRed-tailed Hawk (アカオノスリ)が飛んでいるのが見えた。
よく見ると、American Crow (アメリカガラス)に追いかけられている。
日本でもカナダでも本当に猛禽類はカラスに弱い。
c0211532_1382091.jpg
■ Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis
■ American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos

公園のいたるところに生えているアブラナ科の花。
写真を撮るのは好きだが、植物の同定はほんとうに苦手・・・
c0211532_141649.jpg

アワフキムシ、アリ、花にはいろいろな昆虫が集まっていた。
故障中のマクロレンズでなんとか撮影できたクサカゲロウ科の1種 (Green Lacewing)。
c0211532_1415943.jpg
■ クサカゲロウ科の1種 (Green Lacewing) Chrysopidae sp.

先週Warbler(ムシクイの仲間)がたくさん見られたポイントに着いた。
木を見上げて15分くらい待っただろうか。
一向にWarbler(ムシクイ)の姿は見えない。
やはり先週は本当に運が良かったのだろう。
あきらめて水辺へと向かった。
c0211532_1541994.jpg

人口的に作られた浅場。
このような浅場は湖の生態系にとって最も重要な場所だ。
ここで魚の子供や水性昆虫、貝類、水性植物が育つ。
鳥にとっても重要な餌場。
かつて湖の生態系の調査をしてきた自分としてはこのような景色に出会えるトロントが本当にうらやましい。
日本の湖岸と言えばすぐ道路が走っていて、垂直のコンクリート護岸。
カナダの自然保護は日本よりも何十歩も先を行っていると思う。

水辺でアカエリカイツブリ (Red-necked grebe)の姿を発見した。
先週はいなかったが今日はいるようだ。
c0211532_252531.jpg
■ アカエリカイツブリ (Red-necked grebe) Podiceps grisegena
c0211532_2163677.jpg
■ アカエリカイツブリ (Red-necked grebe) Podiceps grisegena

設置された巣箱に巣を作っている。
雄雌交代で抱卵するらしい。
c0211532_28797.jpg
■ アカエリカイツブリ (Red-necked grebe) Podiceps grisegena

近づいた少年に驚いて巣を離れるアカエリカイツブリ (Red-necked grebe)。
足が身体のかなり後方についているため歩くのが困難だ。
c0211532_2112748.jpg
■ アカエリカイツブリ (Red-necked grebe) Podiceps grisegena

浮いているブイに止まり、日光浴をするDouble-crested Cormorant (ミミヒメウ)。
日本のカワウと同じだ。
c0211532_219351.jpg
■ Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus

先週話をうかがったバーダーのおばさんによると、カイツブリの卵がDouble-crested Cormorant (ミミヒメウ)に食べられてしまうことが多いそう。
この公園はDouble-crested Cormorant (ミミヒメウ)が多いので心配だ。

水辺をひょこひょこ歩くSpotted Sandpiper (アメリカイソシギ)。
わりと数が多い。
c0211532_2221828.jpg
■ Spotted Sandpiper (アメリカイソシギ) Actitis macularius

設置された巣箱の隣にとまっていたTree Swallow (ミドリツバメ)。
飛んでくる蚊をパクっと食べている。
この写真は目の前の蚊を食べる寸前のもの。
c0211532_2264679.jpg
■ Tree Swallow (ミドリツバメ) Tachycineta bicolor

葉にとまって休憩していたRed Admiral (ヨーロッパアカタテハ)。
c0211532_13505359.jpg
■ Red Admiral (ヨーロッパアカタテハ) Vanessa atalanta

木に群れていたEuropean Starling (ホシムクドリ)の若鳥達。
ものすごい数の若鳥が公園内でみられた。
c0211532_2301768.jpg
■ European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris

美しい声でさえずっていたSong Sparrow (ウタスズメ)。
これほど近くで撮影できたのは初めてだ。
c0211532_2314491.jpg
■ Song Sparrow (ウタスズメ) Melospiza melodia

一通り周ったので、今日の撮影はここまでだ。

もやに包まれて幻想的な湖を見ながらバス停へと戻った。
c0211532_2351837.jpg

今日も気持ちがいい時間をありがとう。Colonel Samuel Smith Park(カーネルサミュエルスミスパーク)!


<撮影種一覧> 21種
<昆虫類>
■ クサカゲロウ科の1種 (Green Lacewing) Chrysopidae sp.
■ ミズスマシ科の1種 (Whirligig Beetle) Gyrinidae sp.
■ Red Admiral (ヨーロッパアカタテハ) Vanessa atalanta
<鳥類>
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
アカエリカイツブリ (Red-necked grebe) Podiceps grisegena
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis
■ Spotted Sandpiper (アメリカイソシギ) Actitis macularius
■ Mourning Dove (ナゲキバト) Zenaida macroura
■ Eastern Kingbird (オウサマタイランチョウ) Tyrannus tyrannus
■ Tree Swallow (ミドリツバメ) Tachycineta bicolor
■ ツバメ (Barn Swallow) Hirundo rustica
American Robin (コマツグミ) Turdus migratorius
American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos
European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris
■ Yellow Warbler (キイロアメリカムシクイ) Dendroica petechia
Song Sparrow (ウタスズメ) Melospiza melodia
■ Red-winged Blackbird (ハゴロモガラス) Agelaius phoeniceus
■ Common Grackle (オオクロムクドリモドキ) Quiscalus quiscula
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-05-24 21:19 | Canada | Comments(2)

Commented by OTTO at 2010-07-07 03:28 x
どの写真も、凄く綺麗ですぅ~。 ツバメと蚊の写真は凄いの一言。 
夏のトロントは良さそうだなぁ。 こっちは中途半端な雨季入りで、暑さと湿気で瀕死の状態ですよ~。
ところでカイツブリさん、巣の下の木枠は、浮巣用に作ってるんですかァ~? 
Commented by takuyamorihisa at 2010-07-07 13:45
>OTTOさん

滅多に更新しないブログなのに、即コメントありがとうございます!
蚊の写真、まぐれですが僕もお気に入りです。
トロントの夏よさそうですか?
なぜならこれは5月だからです。
今は灼熱地獄ですよ~。34℃で高湿度。体感温度は40℃ってテレビで言ってます。
それでもメキシコはもっと暑いのでしょうね・・・
カイツブリの巣ですが、おっしゃるとおり木枠が浮いているだけのものです。
恐らく下はロープで固定されてると思います。
トロントのバーダー人口はすごく多く、活動も盛んなので、人が観察しやすいよういい場所に作ったんだと思います。