038 Discovery Walk ~4時間のハイキング~

今日はDiscovery Walk(ディスカバリーウォーク)に行ってきた。

Toronto(トロント)市内にはいくつかのDiscovery Walk(ディスカバリーウォーク)がある。
このDiscovery Walkは地下鉄のOld Mill駅から、Humber川沿いにオンタリオ湖まで続いていて、Humber River, Old Mill & Marshes Discovery Walk(ハンバーリバー・オールドミル&マーシェスディスカバリーウォーク)という名がついている。
前にOld Mill駅にある看板でその存在を知り、ずっと気になっていた場所だ。

早起きし、地下鉄に乗り、Old Mill駅へと着く。
今日は薄曇りで鳥の撮影にはいい条件だ。

まずは駅前の橋で数枚撮影した。
大きなTurkey Vulture (ヒメコンドル)。

c0211532_23224278.jpg
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura

遭遇率は高いのに、なかなかいい写真が撮れていない。

きれいな声で鳴いていたEuropean Starling (ホシムクドリ)。

c0211532_2326730.jpg
■ European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris

薄曇りのおかげで、独特の光沢をしっかりと写すことができた。
嫌われ者のこの鳥も、こうして見ると美しい。

橋の下へ降り、川沿いの公園へ着いた。
Kings Mill Parkという公園だ。

久々にトロントに姿を現した、Red-winged Blackbird (ハゴロモガラス)の雄。
ちょうど4月に入ってから、見られる鳥の種類が一気に増えた。

c0211532_23293523.jpg
■ Red-winged Blackbird (ハゴロモガラス) Agelaius phoeniceus

姿も独特だが、鳴き声も「ピロピロピロピロギャー」と独特。

黄色のきれいな花をつけたフキタンポポ (Coltsfoot)。

c0211532_2335811.jpg

■ フキタンポポ (Coltsfoot) Tussilago farfara


同じく4月に入って見られるようになったAmerican Robin (コマツグミ)。

c0211532_23363633.jpg
■ American Robin (コマツグミ) Turdus migratorius

人を恐れないので撮影しやすい。

鳥の撮影をしていると、子供をつれた女性に話しかけられた。
「あなた、昆虫に興味ある?あの坂の上に行って、地面を注意深くみてごらん。○○○(名前。覚えられず)のコロニーがあって、成虫がいっぱいでてきてるから。美しいわよ。」
といい情報を教えてもらった。

さっそく坂の上に行って地面を見る。
小さなハチがいっぱい。

c0211532_23424459.jpg
■ Colletes inaequalis (コレテス・イナエクアリス) Colletes inaequalis

これが巣。

c0211532_23431210.jpg
■ Colletes inaequalis (コレテス・イナエクアリス) Colletes inaequalis

写真では分からないが、そこら中このハチだらけだ。

トロントの冬は厳しいので生き物の姿はほとんどみられなくなるが、春以降は時が来るのを待っていたと言わんばかりに生き物であふれかえる。
春がやってきたなと改めて感じた。

姿と同じでとても美しい声でさえずるNorthern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ)。
今までさえずりを聞いたことがなかったから、今の季節が繁殖期なのかもしれない。

c0211532_23515959.jpg
■ Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis

Kings Mill Parkを越えて、Humber Marshes Parkへと着いた。

ここでもRed-winged Blackbird (ハゴロモガラス)が一生懸命鳴いている。

c0211532_23554757.jpg
■ Red-winged Blackbird (ハゴロモガラス) Agelaius phoeniceus

久しぶりに姿をみたAmerican Goldfinch (オウゴンヒワ)の雄。

c0211532_2358156.jpg
■ American Goldfinch (オウゴンヒワ) Carduelis tristis

レモンイエローの羽が美しい。

水浴びをするSong Sparrow (ウタスズメ)。
名前にSongがつくだけあって、この鳥のさえずりは本当に美しい。

c0211532_03053.jpg
■ Song Sparrow (ウタスズメ) Melospiza melodia

Humber Marshes Parkから見た、Humber川。

c0211532_051331.jpg

ここで一度ハイキングコースが終わり、市街地へでる。
スーパーの駐車場でおなじみHouse Sparrow (イエスズメ)雄を撮影。

c0211532_064296.jpg
■ House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

再び市街地からハイキングコースへ。

c0211532_0102886.jpg

レトロなDiscovery Walkの看板が素敵だ。

ここからはSouth Humber Parkという公園になる。
公園に入ってすぐ、ひらひらと飛ぶチョウの姿を発見。
今年初チョウだ。
日本にも生息する、Mourning Cloak (キベリタテハ)という種 。

c0211532_0134064.jpg
■ Mourning Cloak (キベリタテハ) Nymphalis antiopa

Humber川にいたアメンボ。

c0211532_0152126.jpg
■ アメンボ科の1種 (Water Strider) Gerridae sp.

草むらを歩いていると、ものすごいものが見えて飛び上がった。
ヘビだ。
しかも何匹?
3匹が絡まりあっている。
交尾だろうか。
目が合い、お互いに緊張する。

c0211532_0242332.jpg
■ Eastern Garter Snake (イースタンガータースネーク) Thamnophis sirtalis sirtalis

c0211532_024393.jpg
■ Eastern Garter Snake (イースタンガータースネーク) Thamnophis sirtalis sirtalis

c0211532_0245688.jpg
■ Eastern Garter Snake (イースタンガータースネーク) Thamnophis sirtalis sirtalis

ヘビ嫌いの人なら失神してしまうかもしれないが、ネイチャーフォトグラファーにとっては大興奮なシーンだ。

今日は本当に色々なものが撮影できている。

もう少しでオンタリオ湖。
Humber川の河口は一面ヨシ帯になっていて、ヨシ帯で繁殖するRed-winged Blackbird (ハゴロモガラス)があちこちで鳴いていた。

c0211532_0314720.jpg
■ Red-winged Blackbird (ハゴロモガラス) Agelaius phoeniceus

やっとオンタリオ湖が見えてきた。
Humber川南端の公園はPalace Pier Park。
ここでもSong Sparrow (ウタスズメ)の美しいさえずり。

c0211532_0365816.jpg
■ Song Sparrow (ウタスズメ) Melospiza melodia

橋の下ではドバトが営巣していた。
日本のドバトより大きく感じる。

c0211532_0395931.jpg
■ カワラバト (Rock Pigeon) Columba livia

オンタリオ湖ではDouble-crested Cormorant (ミミヒメウ)を発見。
潜水し、上手に魚を捕まえていた。

c0211532_0454613.jpg
■ Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus

目の色がまさにエメラルドグリーン。

Palace Pier Parkの隣の公園は、おなじみHumber Bay Shores Park。
長い道のりだったが、とうとうここまでやってきた。

Bufflehead (ヒメハジロ)の雄。

c0211532_050427.jpg
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola

大きなレンズを持った男性が何かを撮っていたので近づくと、North American Beaver (アメリカビーバー)の子供がいた。
この公園はビーバー遭遇率が高い。

c0211532_0544247.jpg
■ North American Beaver (アメリカビーバー) Castor canadensis

水草を食べている。

c0211532_0552937.jpg
■ North American Beaver (アメリカビーバー) Castor canadensis

こうして見ると大きなネズミだ。
小さな手がかわいい。

c0211532_0573415.jpg
■ North American Beaver (アメリカビーバー) Castor canadensis

前回この公園で初めてみた、American Wigeon (アメリカヒドリ)雄。

c0211532_144377.jpg
■ American Wigeon (アメリカヒドリ) Anas americana

Song Sparrow (ウタスズメ)。

c0211532_155533.jpg
■ Song Sparrow (ウタスズメ) Melospiza melodia

今年初観察のCommon Grackle (オオクロムクドリモドキ)。
毛を逆立ててさえずっている。

c0211532_185449.jpg
■ Common Grackle (オオクロムクドリモドキ) Quiscalus quiscula

ここで4時間のハイキングを終了。
今日はいままでになく濃厚な撮影だった。
撮影枚数は1000枚以上。
春がやってきてこれから忙しくなりそうだ。

ありがとうDiscovery Walk!


<撮影種一覧> 29種
<植物>
■ フキタンポポ (Coltsfoot) Tussilago farfara
<昆虫類>
■ アメンボ科の1種 (Water Strider) Gerridae sp.
■ Mourning Cloak (キベリタテハ) Nymphalis antiopa
■ Colletes inaequalis (コレテス・イナエクアリス) Colletes inaequalis
■ Myrmica属の1種 (Myrmica) Myrmica sp.
<爬虫類>
Eastern Garter Snake (イースタンガータースネーク) Thamnophis sirtalis sirtalis
<哺乳類>
■ North American Beaver (アメリカビーバー) Castor canadensis
<鳥類>
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
American Wigeon (アメリカヒドリ) Anas americana
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura
■ Killdeer (フタオビチドリ) Charadrius vociferus
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
■ カワラバト (Rock Pigeon) Columba livia
■ Downy Woodpecker (セジロコゲラ) Picoides pubescens
American Robin (コマツグミ) Turdus migratorius
■ Black-capped Chickadee (アメリカコガラ) Parus atricapillus
American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos
European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris
Song Sparrow (ウタスズメ) Melospiza melodia
Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis
■ Red-winged Blackbird (ハゴロモガラス) Agelaius phoeniceus
■ Common Grackle (オオクロムクドリモドキ) Quiscalus quiscula
American Goldfinch (オウゴンヒワ) Carduelis tristis
House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

[PR]

by takuyamorihisa | 2010-04-03 22:55 | Canada | Comments(4)

Commented by オッシー at 2010-05-12 22:25 x
すごいもんが撮れたね~。鳥もすごいけど、特にヘビ!
最近ヘビに会うと楽しくなる。なかなか会わないからかな~。
Commented by takuyamorihisa at 2010-05-13 01:22
>オッシーさん

確かこの種だったと思うけど、ネットで見た写真はもっとすごかった。
集まりすぎてヘビ風呂みたいになってた。
雌が出すフェロモンに集まってくると書いてあったと記憶してます。

確かに最近ヘビ少なくなったね。
子供の頃っていうともう20年以上前になるから当然か・・・
Commented by OTTO at 2010-05-14 12:27 x
やっぱりこっちと、違いますね、鳥の種類。 ヒメコンドルはおるけど。 
ビーバーって、そんなに手軽に見られるんですかァ~? ダム作るって本当?
Commented by takuyamorihisa at 2010-05-15 14:32
>OTTOさん

いつか行ってみたいですメキシコ!
ヒメコンドルってどこにでもおるんですね~。
ビーバーはめちゃくちゃレアだと認識していたのですが、この公園では普通に見られます。街の真ん中なのにすごいです。
ダム作るらしいですよ。僕はみたことがないですけど。