587 愛宕山公園 ~2種類のカタツムリ~

c0211532_23090346.jpg

今日は愛宕山公園に行ってきた。

天気もよく、今日は撮影日和。
今日の撮影場所は平田町にある愛宕山公園。この公園はとても小さな動物園があり、トロントに住んでいたときに通っていたハイパークを思い出させてくれる素敵な公園だ。

最近楽しくなってきた昆虫を撮影しようと、マクロレンズをセットして公園を歩く。

早速石垣にキセルガイの仲間をみつけた。
実はこんな姿でもカタツムリの仲間になる。

c0211532_23090429.jpg
■ ナミギセル (Phaedusa japonica) Phaedusa japonica


殻口の形からナミギセル (Phaedusa japonica)だと判明した。
軟体部が全く見えないが、雨が降って周りが湿るまで殻の奥で耐えているのだと思われる。

c0211532_23090346.jpg
■ ナミギセル (Phaedusa japonica) Phaedusa japonica


子供の頃はとにかく虫を捕まえて遊んでいた昆虫少年だったのだが、大人になってみるとなかなか虫をみつける事ができない。
やはり背が高くなると、その分地面から目が離れるので子供の頃のようにはいかないようだ。

たまに虫をみつけるも、すぐに飛んでいってしまって撮影が出来ない。

やっと動かない被写体をみつけたぞと思ったらカタツムリ。
セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa)だと思われる。

c0211532_23090400.jpg
■ セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa) Euhadra subnimbosa


c0211532_23090419.jpg
■ セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa) Euhadra subnimbosa


その後も特にコレといった被写体に巡り合えず、最後にソメイヨシノ (Yoshino Cherry)についていた地衣類を撮影。

c0211532_23090392.jpg
■ ウメノキゴケ科の1種 (Parmeliaceae) Parmeliaceae sp.

今日は昆虫の写真は撮れなかったものの、ナミギセルを初めて撮影することが出来たので嬉しい!


<撮影種一覧> 3種
<菌類>
■ ウメノキゴケ科の1種 (Parmeliaceae) Parmeliaceae sp.
<貝類>
■ ナミギセル (Phaedusa japonica) Phaedusa japonica
■ セトウチマイマイ (Euhadra subnimbosa) Euhadra subnimbosa



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-27 21:00 | 島根県 | Comments(0)

550 大山 ~オシドリの大群激写~

c0211532_16382765.jpg
今日は大山(Mt. Daisen)に行ってきた。

今日は写真の大先輩であるキーモンさんと一緒に鳥撮り!
ターゲットは冬に北からやってくるオシドリ (Mandarin Duck)だ。

撮影場所は根雨(Neu)にあるオシドリ観察小屋。ここでは毎年1000羽以上ものオシドリがやってくる。
早起きが大の苦手なのだが、身体にムチを打って朝の5時半に起床!

日の出なんて何年振りに見るだろうか・・・

c0211532_16460605.jpg


1時間のドライブで観察小屋へと到着。
オシドリ観察小屋は線路の橋脚の下にある。

c0211532_16461335.jpg

全国の方の寄付で集まったドングリ。

c0211532_16461412.jpg

オシドリはとても警戒心が強い鳥。
そお~っと音を立てないように中へ入り、のぞき窓から外を見る・・・

うわ~っ!めちゃくちゃ多いっ!!!

c0211532_16461334.jpg
■ オシドリ (Mandarin Duck) Aix galericulata


早く撮りたいっ!とはやる気持ちを抑えながらデジスコのセッティングをする。

いるいるっ!

c0211532_16382765.jpg
■ オシドリ (Mandarin Duck) Aix galericulata


何か気配を感じるぞ・・・
とでも思っている感じのオス。

c0211532_16512940.jpg
■ オシドリ (Mandarin Duck) Aix galericulata

リラックスしていても上空のチェックは怠らない。
猛禽に警戒しているのだろう。

c0211532_16512772.jpg
■ オシドリ (Mandarin Duck) Aix galericulata

羽の手入れをしていてのっぺらぼうの様に。

c0211532_16512863.jpg
■ オシドリ (Mandarin Duck) Aix galericulata

電車が通ると一斉に飛び立つ。
羽音と迫力がすごい!

c0211532_16512796.jpg
■ オシドリ (Mandarin Duck) Aix galericulata


気持ちがリラックスして安心してくると、どんどん小屋の近くまで集まってくる。

c0211532_16512857.jpg
■ オシドリ (Mandarin Duck) Aix galericulata

コガモ (Common Teal)もいた。

c0211532_16512924.jpg
■ コガモ (Common Teal) Anas crecca


二人とも思う存分オシドリの撮影を満喫。
次のフィールドへ。

前回と同じ大山のポイントへ向かう。
紅葉がとても綺麗だ。
大山の森林限界もよく見える

c0211532_16590155.jpg

農村ショット。

c0211532_16590419.jpg

大山の森は葉がすっかり落ちていた。

c0211532_16591662.jpg

c0211532_16591784.jpg

c0211532_16591896.jpg

ここからは森の中の生き物探し。

足が長くて最高に素敵な形のザトウムシ。
オオナミザトウムシ (Nelima genufusca)という種のようだ。
*@kurodaniensisさんにみていただいた。

c0211532_17032618.jpg
■ オオナミザトウムシ (Nelima genufusca) Nelima genufusca


c0211532_17032124.jpg
■ オオナミザトウムシ (Nelima genufusca) Nelima genufusca


8本あるべき歩脚が5本しかない・・・
オオナミザトウムシも生きていくのが大変なんだ。

c0211532_17032610.jpg
■ オオナミザトウムシ (Nelima genufusca) Nelima genufusca


正体不明のナメクジ。
家の周りに現れるチャコウラナメクジ (Lehmannia valentiana)とは明らかに姿が異なる。

c0211532_17105623.jpg
■ 有肺目の1種 (Snail) Pulmonata sp.


キタテハ (Asian Comma)。

c0211532_17134503.jpg
■ キタテハ (Asian Comma) Polygonia c-aureum


やっと見つけた野鳥はコゲラ (Japanese Pygmy Woodpecker)。

c0211532_17145996.jpg
■ コゲラ (Japanese Pygmy Woodpecker) Dendrocopos kizuki

苔の仲間。
種類はさっぱり分からない。

c0211532_17154960.jpg

c0211532_17154866.jpg

地衣類。

c0211532_17154840.jpg

ここからはキノコ祭り。

カワラタケ (Trametes versicolor)。

c0211532_17165493.jpg
■ カワラタケ (Trametes versicolor) Trametes versicolor


カワラタケの仲間だと思われるがよく分からず。

c0211532_17173681.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.


ビョウタケ目の1種 (Helotiales)。

c0211532_17183439.jpg
■ ビョウタケ目の1種 (Helotiales) Helotiales sp.


お手上げキノコたち。

c0211532_17185749.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.


c0211532_17185781.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.


c0211532_17185865.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.


c0211532_17185812.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.

楽しいっ!

やっぱり山はいいねぇ~!
そして午後は斐川平野へ・・・


<撮影種一覧> 9種
<菌類>
■ カワラタケ (Trametes versicolor) Trametes versicolor
■ ビョウタケ目の1種 (Helotiales) Helotiales sp.
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.
<貝類>
■ 有肺目の1種 (Snail) Pulmonata sp.
<クモ類>
■ オオナミザトウムシ (Nelima genufusca) Nelima genufusca
<昆虫類>
■ キタテハ (Asian Comma) Polygonia c-aureum
<鳥類>
■ コガモ (Common Teal) Anas crecca
■ コゲラ (Japanese Pygmy Woodpecker) Dendrocopos kizuki



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-11-18 21:00 | 鳥取県 | Comments(0)

488 Patricia's Green ~サンフランシスコのキノコ~

今日はPatricia's Green(パトリシアズグリーン)に行ってきた。

昨日の夜、出張のため1年ぶりにアメリカ入りした。
乗り継ぎの関係でSan Francisco(サンフランシスコ)で一泊したが、今朝は飛行機までに時間があったので親友パーシーとブランチをとった。

オシャレな町、Hayes Valley(ヘイズバレー)のブランチはとても幸せな気分にさせてくれる。
とっても変わったモニュメントが素敵な公園、Patricia's Greenでリラックスタイム。

c0211532_0572649.jpg


c0211532_0575155.jpg

そしていい癖なのか悪い癖なのか分からないが、何かネタがないかとそわそわ。
花壇を覗き込むと赤茶色のかわいらしいキノコを発見した。

ネタ発見っ!!!

何の種類なのかは分からないが、初めてみる種であることは間違いないだろう。
あいにくカメラを持っていなかったが、iPhone6sで撮影してみた。

c0211532_0591828.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.


c0211532_11491.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.


c0211532_12592.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.

ピント合わせが難しいが、一昔の携帯に比べると信じられないくらい画質が向上している!!!

キノコを撮るのは何故か楽しくて好きだっ!
年に1、2回しか会えないけど、昔からつるんでいる仲間とアメリカでも会える事に感謝。


<撮影種一覧> 1種
<菌類>
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-01-25 21:00 | USA | Comments(0)

398 八雲山 ~ニホンカナヘビのベストショット~

今日は八雲山(Mt. Yakumo Yama)へ行ってきた。

今日は親友と二人でプチ登山!
春になると何故か山に登りたくなる気分だ~!

八雲山(Mt. Yakumo Yama)は松江市八雲町にある山で、往復1時間半くらいで登れるちょうどいいサイズの山。

いつもどおり右手にカメラを握って山を歩いていると、さっそく被写体の姿を発見した。
ヤマカガシ (Tiger Keelback)だ!

c0211532_23473110.jpg
■ ヤマカガシ (Tiger Keelback) Rhabdops tigrinus

このヘビはおとなしく、人の姿を見ればすぐに逃げていく。
しかしその奥歯で咬まれると死亡することもあるほど強力な猛毒を持っている。

といった自然観察の先生のような話をしながら山を登っていく。

この日はなんと3尾ものヤマカガシ (Tiger Keelback)を目撃した。

続いてツチハンミョウ科の1種。
この虫も毒があるらしく、触ると毒の液体をかけられ、火傷のようにただれてしまうらしい。
よかった~触らなくて・・・

c0211532_23573465.jpg
■ ツチハンミョウ科の1種 (Meloidae) Meloidae sp.

かわいいキノコ。

c0211532_024010.jpg

二人とも普段歩かないので、頂上に着くころには疲労が隠せない状態になっていた・・・
ベンチに腰掛け、ぼ~っとしていると、
親友が遠くから呼んでいる。

カメラを持って近寄ってみると・・・

c0211532_03020.jpg
■ ニホンカナヘビ (Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides

やった!
ニホンカナヘビ (Japanese Grass Lizard)のベストショット!
よく見かけるくせになかなかいい写真が撮れないトカゲ。

顔のアップも撮らせてもらえた。
かわいい~!

c0211532_075273.jpg
■ ニホンカナヘビ (Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides

春のプチハイキング、とっても楽しい時間を過ごすことができた。

また行きましょうっ!


<撮影種一覧> 3種
<昆虫>
■ ツチハンミョウ科の1種 (Meloidae) Meloidae sp.
<爬虫類>
ニホンカナヘビ (Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides
ヤマカガシ (Tiger Keelback) Rhabdops tigrinus
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-04-08 21:00 | 島根県 | Comments(0)

362 松江市 ~芝生にきのこ~

今日は松江市(Matsue)で写真を撮った。

ヨメの実家の前の公園に、きのこが沢山生えているという。
食べられるきのこかどうか、ヨメと調査に行ってきた。

現場につくと、芝生からまあまあの大きさをしたきのこが沢山生えていた。

c0211532_14573377.jpg
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.

確かにこれが食用きのこなら熱い!!!

c0211532_14585895.jpg
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.

傘の裏は「ひだ状」ではなく、「管孔」とよばれる小さな穴が多数あいている。
イグチ科のきのこの特徴だ。

c0211532_158213.jpg
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.


c0211532_15101332.jpg
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.

みればみるほど美味しそう。

しかし、図鑑を見るだけではやっぱり種類が分からない。

手元の図鑑の著者であり、長野県でペンションきのこを営業されている小宮山さんにお伺いすると、チチアワタケかもしれないということが分かった。
若い個体の柄を傷つけると乳のような汁が出るようなので、今度若い個体を見つけて確かめたいと思う。

身の回りにも不思議なものがいっぱいある!


<撮影種一覧> 1種
<菌類>
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-10-31 21:00 | 島根県 | Comments(0)

220 出雲空港 ~初めてのカワセミ~

今日は出雲空港(Izumo Airport)に行ってきた。

出雲空港(Izumo Airport)は出雲平野にある宍道湖沿いの空港だ。
あまり知られていないがこの空港内には公園があり、それが結構広い。
前々から気になっていたので、ふらっと散歩ついでに行ってみることにした。

何もない広場にはやはり何もいない。
c0211532_18421457.jpg

ぐるっと回って宍道湖岸へ行ってみる。
c0211532_18583139.jpg

沖にマガモ (Mallard)がぷかぷかと浮いている。
c0211532_19164942.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

300mmのレンズでも全く歯が立たないほどの距離だ。

捨石の上にいたイソシギ (Common Sandpiper)。
c0211532_19242152.jpg
■ イソシギ (Common Sandpiper) Actitis hypoleucos

この時期宍道湖ではいたるところでみられるキンクロハジロ (Tufted duck)のオス。
冠羽が特徴だ。
c0211532_1925367.jpg
■ キンクロハジロ (Tufted duck) Aythya fuligula

マガモ (Mallard)のシルエット。
c0211532_1954046.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

すぐ逃げてしまう水鳥の中でもオオバン (Eurasian Coot)は割とフレンドリー。
c0211532_19534311.jpg
■ オオバン (Eurasian Coot) Fulica atra

キノコも忘れずに撮影。
カワラタケ (Trametes versicolor)だ。
枯れ木などに生えているのをよく見かける。
c0211532_1959186.jpg
■ カワラタケ (Trametes versicolor) Trametes versicolor

まあ今日もいつもと変わらず面白いものは撮れなかったなと歩いていると、興味深いシルエットが!
まさか!
c0211532_1956116.jpg
■ カワセミ (Common Kingfisher) Alcedo atthis

宍道湖岸でたまに見かけるが、写真に収めたのは初だ!
c0211532_19565010.jpg
■ カワセミ (Common Kingfisher) Alcedo atthis

c0211532_1957151.jpg
■ カワセミ (Common Kingfisher) Alcedo atthis

c0211532_19571282.jpg
■ カワセミ (Common Kingfisher) Alcedo atthis

大興奮。
がしかし300mmのレンズでは思いっきりトリミングしてもこれが限界。
う~ん。
満足できる代物ではないなぁ・・・

頭の中で「デジスコ!デジスコ!」という悪魔の誘い声がなりやまなくなってしまった。
ああ欲しい!デジスコ!


<撮影種一覧> 6種
<菌類>
■ カワラタケ (Trametes versicolor) Trametes versicolor
<鳥類>
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
■ キンクロハジロ (Tufted duck) Aythya fuligula
オオバン (Eurasian Coot) Fulica atra
■ イソシギ (Common Sandpiper) Actitis hypoleucos
カワセミ (Common Kingfisher) Alcedo atthis



[PR]

by takuyamorihisa | 2012-02-14 21:00 | 島根県 | Comments(0)

202 枕木山 ~森の贈り物を食らう~

今日は枕木山(Mt. Makuragi)に行ってきた。

枕木山(Mt. Makuragi)は松江・米子 テレビ・FM放送所がある松江市の山だ。
送信所があるだけあってかなり見晴らしがいい。

天気がいいので今日は枕木山(Mt. Makuragi)から三坂山までの道を歩いてみることにした。
駐車場に生えているエノコログサ属の1種 (Bristlegrass)がきれいだ。
コツブキンエノコロかな?
c0211532_2365077.jpg
■ エノコログサ属の1種 (Bristlegrass) Setaria sp.

c0211532_2311478.jpg

舗装された道を歩く。
山道と違って視界が広く、鳥などを撮るにはこういうところを歩いた方がよさそうだ。

ホオジロ (Meadow Bunting)をみつけた。
c0211532_23124115.jpg
■ ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides


おなかがパンパンのオオカマキリ (Oo Kamakiri)。
今日はやたら本種に出合う。
c0211532_23222512.jpg
■ オオカマキリ (Oo Kamakiri) Tenodera aridifolia

上からにらみつけるオオカマキリ (Oo Kamakiri)。
c0211532_2323765.jpg
■ オオカマキリ (Oo Kamakiri) Tenodera aridifolia

こいつより体が大きくてよかった。
こんなのが3mくらいあったら絶対食われてる!

道を歩いていると、5m先に大きな蝶が止まっているのが見えた。
思わず体が固まる。
このチャンスを逃してはならない!!!
Toronto(トロント)でよく写真を撮っていたMonarch (オオカバマダラ)に雰囲気がそっくりだ。
美しい・・・
c0211532_233185.jpg
■ アサギマダラ (Chestnut Tiger) Parantica sita

後で友人にアサギマダラ (Chestnut Tiger)だと教えてもらった。
Monarch (オオカバマダラ)同様、渡りをする蝶で、世代を交代しながら台湾から日本列島までやってきてまた戻っていくらしい。
この蝶はどこからやってきたのだろうか。
翅も美しいが、ひらひらと舞う姿も美しい。
一目ぼれしてしまった。
逃げられては追いかけながら、30分くらいこの蝶を撮りつづけた。

上と下、両方を見ながら歩いていると今度はきのこを見つけた。
ホコリタケ (Common Puff Ball)だ。
c0211532_23441196.jpg
■ ホコリタケ (Common Puff Ball) Lycoperdon perlatum Pers.

ひだはなく袋状になっていて、てっぺんから胞子がほこりのように飛び出す。
この様子を撮りたいのでがんばってみた。
指で押すとほこりがひょろひょろ~っと出てくる。
c0211532_23462868.jpg
■ ホコリタケ (Common Puff Ball) Lycoperdon perlatum Pers.

指で強くつまんだら激しくほこりが出てきた。
うわっ。
c0211532_2348032.jpg
■ ホコリタケ (Common Puff Ball) Lycoperdon perlatum Pers.

犬の散歩をしている人が通ったが、撮影に集中しているときは全く気にならない。
挨拶をしたが、変な人だと思われたに違いない。

再び上下に意識を集中して歩いていると、電線にとまったヤマガラ (Varied Tit)を発見した。
う~ん。
逆光だし、ちょっと遠すぎる。
c0211532_2353122.jpg
■ ヤマガラ (Varied Tit) Parus varius

アサギマダラ (Chestnut Tiger)を再び発見。
多分違う個体だろう。
ほんときれい。
c0211532_23563023.jpg
■ アサギマダラ (Chestnut Tiger) Parantica sita

さっきから道の脇のヨモギ (Mugwort)にやたらとフキバッタ亜科の1種 (Grasshopper)がとまっている。
c0211532_23593340.jpg
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.

なんか生気が感じられないので棒でつつく。
ちょんちょん。
全然動かない。
死んでいるようだ。
他の個体も棒でつついてみる。
これも死んでいる。
何故か草につかまったままフキバッタ亜科の1種 (Grasshopper)がいっぱい死んでいる。
なんでだろう?
疑問が残る。

舗装された道ばかりも飽きたので、脇にあった山道を登ってみることにした。
無線塔の管理をするための道のようだ。

特別変わったものには出会わなかったが、休憩しているときにミツバアケビ (Three-leaf Akebia)の実を見つけた。
c0211532_051710.jpg
■ ミツバアケビ (Three-leaf Akebia) Akebia trifoliata

最近Man vs. WildのBear Gryllsにはまっているので、
「見てください。アケビを見つけました。アケビは森のサバイバルで貴重な糖分を補給してくれます。ちょっと高いところにあるので、木を登らなくてはなりませんが、それに見合うだけの収穫があるので木を登ってみることにします。」
などと頭の中で独り言をいいながら木に登る。

握りこぶしを一回り大きくした大きな果実をゲットした。
食べてみる・・・

うまい!

以前スーパーで買った栽培物とは比べ物にならない。
まるで干し柿のような甘さだ。
もっととりたい。
がしかし、ほとんどの実は木を登っても届かない枝の先にある。
今度は木の枝を探し、実を引っ掛けて落とせるように細工する。
絶対諦めない精神がサバイバルには必要だ。

おかげでたくさん採れた。
c0211532_0253052.jpg
■ ミツバアケビ (Three-leaf Akebia) Akebia trifoliata

「アケビは野鳥にとって厳しい冬の前の貴重な栄養源です。独り占めせず、鳥にも残していきましょう。」
頭の中のBear Gryllsが独り言をいうので、全部とらず1/4はそのままにしておいた。
それでもちょっととりすぎたかな・・・

かばんにアケビを詰め込み、帰ることにした。
遠くに見える日本海はかすんでいる。
c0211532_03086.jpg

来た道を歩き、駐車場へと戻ってきた。
車で下山途中に撮影した夕焼け。
c0211532_0312463.jpg

個人的にはあまり撮らない人工物もいれた夕焼け。
枕木山のシンボル、テレビアンテナ。
c0211532_0323612.jpg

下界に下りてきた。
持田からみる夕焼け。
c0211532_0344775.jpg

景色もきれいだし、アサギマダラ (Chestnut Tiger)のいい写真は撮れたし、アケビはうまいし、秋を満喫した一日だった。
ありがとう!枕木山!


<撮影種一覧> 9種

<植物>
■ ミツバアケビ (Three-leaf Akebia) Akebia trifoliata
■ エノコログサ属の1種 (Bristlegrass) Setaria sp.
<菌類>
■ ホコリタケ (Common Puff Ball) Lycoperdon perlatum Pers.
<昆虫類>
■ アサギマダラ (Chestnut Tiger) Parantica sita
■ オオカマキリ (Oo Kamakiri) Tenodera aridifolia
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.
<鳥類>
■ ヤマガラ (Varied Tit) Parus varius
■ アトリ (Brambling) Fringilla montifringilla
ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-10-08 21:10 | 島根県 | Comments(0)

199 美保関燈台 ~蚊地獄~

今日は美保関燈台(Mihonoseki Lighthouse)に行ってきた。

今日も天気がいい!
渡り前の小鳥が見られればいいなと美保関燈台へ行くことにした。

松江市内から島根半島に行くにつれ、どんどん空が青くなる。
今日はいい写真が撮れそうだ。

美保関燈台駐車場から馬着山登山道へ入る。

c0211532_15502671.jpg

いきなり目の前に現れる日本海の水平線。

c0211532_15504291.jpg

パステルカラーがとても優しげだ。
冬の厳しい日本海からは想像もつかない。

登山道はかなり急な勾配で、ちょうど歩きにくい歩幅の階段が作られている。
ああしんど・・・

尾根まで登った頃にはかなり疲れてしまった。
それほど人が来そうにないのに、登山道はちゃんと管理されていてとてもきれい。
木のトンネルが最高。

c0211532_1551328.jpg

地面を歩いていたコカマキリ (Ko Kamakiri)。

c0211532_15513739.jpg
■ コカマキリ (Ko Kamakiri) Statilia maculata

何年かぶりに見た。
顔のアップやいろいろと面白い写真を撮ってやろうと思ったが、この写真を撮影するだけで10箇所以上も蚊に噛まれてしまった。
かぃぃぃ~!

近寄ると網からぴょんっと飛び降りてしまったコガタコガネグモ (Kogata Koganegumo)。
驚くと逃げる習性があるらしい。
初撮影種。

c0211532_15524772.jpg
■ コガタコガネグモ (Kogata Koganegumo) Argiope minuta

逃げられる前に撮影できた個体。
c0211532_23441658.jpg
■ コガタコガネグモ (Kogata Koganegumo) Argiope minuta

馬着山から見下ろす境港市。
c0211532_2316146.jpg

肝心の鳥が全くいないが、景色だけはいい。

山頂でやっと鳥に出会えた。
ハシブトガラス (Jungle Crow)・・・
c0211532_23175578.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos

c0211532_232084.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos

飛び立つ瞬間。
c0211532_23202655.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos

山頂のベンチで休んでいると、ツマグロヒョウモン (Indian Fritillary)の雄がひらひらと飛んできた。
c0211532_2321239.jpg
■ ツマグロヒョウモン (Indian Fritillary) Argyreus hyperbius

ベンチの下に網を張っていたワキグロサツマノミダマシ (Wakiguro Satsuma Nomidamashi)。
緑色の腹部がとてもきれいだ。
c0211532_23332289.jpg
■ ワキグロサツマノミダマシ (Wakiguro Satsuma Nomidamashi) Neoscona mellotteei

キノコたち。
c0211532_23432286.jpg

c0211532_23433736.jpg

ハアハア・・・
3時間くらい歩いただろうか。
10kgくらいするカメラバックを背負い、汗だく。
そして体は蚊に刺された跡だらけ。
ここまでがんばったにもかかわらず、鳥が全然いない。
鳴き声すら聞こえない・・・
もうやだ。
帰ろう。

それでも何かいるかもしれないので、燈台を経由して帰った。
ハラビロカマキリ (Giant Asian Mantis)を発見。
去年もここで撮影したなあ。
c0211532_23451566.jpg
■ ハラビロカマキリ (Giant Asian Mantis) Hierodula patelifera


最後は珍しくもなんともないトビ (Black Kite)でしめ。
c0211532_23542817.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans

いい運動になったけど疲れた~。


<撮影種一覧> 6種
<クモ類>
■ ワキグロサツマノミダマシ (Wakiguro Satsuma Nomidamashi) Neoscona mellotteei
■ コガタコガネグモ (Kogata Koganegumo) Argiope minuta
<昆虫類>
■ ツマグロヒョウモン (Indian Fritillary) Argyreus hyperbius
■ ハラビロカマキリ (Giant Asian Mantis) Hierodula patelifera
■ コカマキリ (Ko Kamakiri) Statilia maculata
<鳥類>
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-09-26 21:10 | 島根県 | Comments(2)

191 三段峡 ~夏の渓流~

今日は三段峡(Sandan-kyo)に行ってきた。

ヨメを連れて広島県の大渓谷(特別名勝にも指定されている)、三段峡へプチ旅行だ。

天気予報はあいにくの雨になっているが、なんとかなるだろうととりあえず向かってみた。
途中前が見えなくなるほどの大雨に見舞われたが、到着してみると三段峡の天気は意外にも晴れていた。

三段峡入り口のレストランで食事をし、歩くことに拒否反応を見せるヨメの気持ちを盛り上げながら奥へ進んだ。
「キレイ!泳ぎたい!」
橋の下に広がる大田川支流柴木川の水はとても澄んでいて、エメラルドグリーン。
子供をつれた家族が楽しそうに川遊びをしている。
よく分からないところに無理やり連れてこられた感のあるヨメだが、この景色で一気に三段峡を気に入ったようだった。

整備された遊歩道から見える渓流は見事。

c0211532_16372532.jpg

c0211532_16372987.jpg

c0211532_16373157.jpg

鳥との遭遇に備えて、カメラ機材一式持ってきているので重い!
Tシャツの上にきたシャツまでびちゃびちゃになるほど汗をかいてしまっている。

そういうときに限って鳥はいない。

遊歩道脇で見つけた変わったきのこ。
キヌガサタケ (Long Net Stinkhorn)に良く似たウスキキヌガサタケ (Usuki Kinugasatake)。
*「季節と発生場所ですぐわかるきのこ」の著者、小宮山勝司さんにみていただいた。

c0211532_16375220.jpg
■ ウスキキヌガサタケ (Usuki Kinugasatake) Dictyophora indusiata f. lutea

しゃがみこんで写真を撮っていると・・・
「くさい!」
なんとも言えない腐ったような臭いがする。
近似種のきのこは先端に臭くて黒い粘液を出し、昆虫を集める習性をもつ。
ショウジョウバエがいっぱいたかっているので恐らく黒い粘液は食べつくされてしまったのだろう。
珍しいきのこらしく、広島県、愛媛県のレッドデータブックで絶滅危惧II類とされている。
おもしろいものを見させてもらった。

道中にあった赤滝。
本当に赤い。

c0211532_1638629.jpg

立ててあった看板によると、滝が赤く見えるのはタンスイベニマダラ (Tansui Benimadara)という紅藻類が岩に生えているかららしい。

歩けどなかなかゴールが見えてこない。
こうして見ると日本ではないような規模の大きさ。

c0211532_16382363.jpg

またきのこを発見。

c0211532_16383850.jpg
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.

二人で汗だくになりながら、ついに黒淵の渡し舟まできた。
この先の三段滝まではあと2時間半かかるようなので、ここで引き返すことにした。

巨大な岩が水で浸食されてできた渓谷。
すごいとしか言いようがない。

c0211532_16385652.jpg

帰り道は基本的に下りなので楽だ。
いかにも歩きなれているおばちゃんのあとをつけながら入り口まで戻ってきた。

せっかくなので、河原にいってみる。
水が冷たくとてもクリア。

c0211532_16513926.jpg

水際ではおたまじゃくしが藻類を食べていた。
カジカガエル (Kajika Frog)だ!

c0211532_16534138.jpg
■ カジカガエル (Kajika Frog) Buergeria buergeri

河原にいた小さなカエル。
カジカガエル (Kajika Frog)の成体だ。

c0211532_16554219.jpg
■ カジカガエル (Kajika Frog) Buergeria buergeri

石をはぐるとタイリククロスジヘビトンボ (Tairiku Kurosuji Hebitonbo)の幼虫がいた。

c0211532_1734675.jpg
■ タイリククロスジヘビトンボ (Tairiku Kurosuji Hebitonbo) Parachauliodes continentalis

今回は黒淵までしか行くことができなかったが、次回は猿飛の渡し船まで行ってやる!

今年の夏の思い出がまた増えた。


<撮影種一覧> 4種
<菌類>
■ ウスキキヌガサタケ (Usuki Kinugasatake) Dictyophora indusiata f. lutea
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.
<昆虫類>
■ タイリククロスジヘビトンボ (Tairiku Kurosuji Hebitonbo) Parachauliodes continentalis
<両生類>
■ カジカガエル (Kajika Frog) Buergeria buergeri
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-08-15 21:00 | 広島県 | Comments(0)

138 竜頭が滝 ~きのこまみれ~

今日は竜頭が滝(Ryuzu Waterfalls)に行ってきた。

松江でフウ (Formosa Sweetgum)を撮影したあとは南へ上り佐田町へ向かった。
車で1時間と結構な距離があるのだが、ふらりドライブするのにお気に入りのところ。
山の紅葉がおみごと。
c0211532_0265862.jpg

c0211532_0281160.jpg

種類は分からないが、アザミの仲間の美しい花。
c0211532_0284449.jpg
■ キク科の1種 (Aster) Asteraceae sp.


そしてお気に入りの竜頭が滝(Ryuzu Waterfalls)へ向かう。
川沿いの遊歩道。
c0211532_032550.jpg

いろいろなキノコを発見!
c0211532_0323794.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.

c0211532_0324517.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.

c0211532_0325146.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.

c0211532_0325714.jpg
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.

巨大な杉の間を歩いてゆき、
c0211532_0343990.jpg

雄滝に到着!
大きさを比較するものが写っていないので分かりにくいが、落差は40mもある。
壮大なランドスケープ!
c0211532_035752.jpg

この下流に雌滝というのがあるのだが、雄滝を見た後では迫力にかける。
c0211532_0361583.jpg

密かに野鳥でもいないかと狙っていたが、キノコ意外には特に見当たらず帰ることにした。

国道54号線にある「掛合の里」という道の駅で菌床ヒラタケ (Oyster Mushroom)を購入。
歯ごたえがあってうまそう。
c0211532_0375576.jpg
□ ヒラタケ (Oyster Mushroom) Pleurotus ostreatus

このまま帰ろうと思ったが、野鳥が撮りたいので出雲平野に言ってみることにした。

次回につづく


<撮影種一覧> 3種
<菌類>
□ ヒラタケ (Oyster Mushroom) Pleurotus ostreatus
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.
<植物>
■ キク科の1種 (Aster) Asteraceae sp.

□・・・栽培個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-11-27 21:10 | 島根県 | Comments(0)