663 玉湯町 ~Canon EF100mm F2.8L Macro IS USMで草むら探検~

今日は玉湯町で写真を撮った。

今日はCanon EF100mm F2.8L Macro IS USMでマクロ撮影。MP-E65mm F2.8 1-5× マクロフォトに比べるともちろん倍率は低くなるが、焦点距離が長い分、野外での撮影は楽ではないだろうか。
苦手なハエ目だが、珍しく種まで落とせたセスジハリバエ (Tachinid Fly)。
胸部・腹部の背面にある黒い縦帯が特徴のハエ。

APS-C機で撮影したくらいにまでトリミングしている。
やはり野外で昆虫などを撮影するのならフルサイズよりもAPS-Cかな?結局レンズの中央部が一番解像度がいいし、APS-Cならその美味しいとこどりができるような気がする。

c0211532_23313413.jpg
■ セスジハリバエ (Tachinid Fly) Tachina nupta


ナナホシテントウ (Seven-spotted Lady Beetle)。
色や質感が素晴らしい。いいレンズだなぁ~!
こちらもトリミングしている。

c0211532_23313394.jpg
■ ナナホシテントウ (Seven-spotted Lady Beetle) Coccinella septempunctata


気温が低くなってきたからか、あれだけたくさんいたヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea)もすっかり少なくなってきた。


c0211532_23313306.jpg
■ ヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea) Chrysolina aurichalcea


ニホンカナヘビ (Japanese Grass Lizard)にも遭遇!!!

c0211532_23313473.jpg
■ ニホンカナヘビ (Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides


眼を見ないように、殺気を消して・・・
近づいて耳を撮影した。
素晴らしい解像度!

c0211532_23313464.jpg
■ ニホンカナヘビ (Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides


このレンズは4年くらい、週3日は触っているので慣れているつもり。

昼休憩にちょこっと写真の練習ができるこの環境が嬉しい!


<撮影種一覧> 4種
<昆虫類>
■ ヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea) Chrysolina aurichalcea
■ ナナホシテントウ (Seven-spotted Lady Beetle) Coccinella septempunctata
■ セスジハリバエ (Tachinid Fly) Tachina nupta
<爬虫類>


[PR]

by takuyamorihisa | 2017-11-13 21:00 | 島根県 | Comments(0)

660 玉湯町 ~フルサイズでCanon MP-E65mm F2.8 のテスト~

今日は玉湯町で写真を撮った。

今日もCanon MP-E65mm F2.8 1-5× マクロフォトのテスト撮影。
前回まではカメラ本体に7D MarkIIを使用していたが、今日は6D MarkIIでのテスト。

6D MarkIIはフルサイズの撮影素子なので、7D MarkIIよりも画角が広くなる。
今日はその感覚をつかんでおこう。

1枚目、オオカマキリ (Japanese Giant Mantis)の頭部アップ。
今までのマクロレンズでは撮れなかった迫力!

c0211532_12573218.jpg
■ オオカマキリ (Japanese Giant Mantis) Tenodera aridifolia


被写界深度が浅いので、昆虫の身体全体をシャープにするのは至難の業。
F8で角度がバッチリあったため綺麗に撮影できた一枚。
これ以上絞ると小絞りボケが気になってくるので難しいところ。

c0211532_12573288.jpg
■ ヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea) Chrysolina aurichalcea


等倍での撮影だが、これならAPS-C機で100mmマクロレンズを使って撮影したときの画角と変わらないかも・・・
焦点距離が長い分、離れて撮影できたり、オートフォーカスが使えて楽・・・

ヤマジハエトリのオス。
f13でもこの被写界深度。
難しい・・・

c0211532_12573137.jpg
■ ヤマジハエトリ (Asianellus festivus)Asianellus festivus
@haetorihirobaさんにみていただいた。

まだまだCanon MP-E65mm F2.8の練習は続く・・・


<撮影種一覧> 3種
<クモ類>
■ ヤマジハエトリ (Asianellus festivus)Asianellus festivus
<昆虫類>
■ ヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea) Chrysolina aurichalcea
■ オオカマキリ (Japanese Giant Mantis) Tenodera aridifolia



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-10-26 21:00 | 島根県 | Comments(0)

659 玉湯町 ~再びCanon MP-E65mm F2.8 のテスト~

今日は玉湯町で写真を撮った。

今日もCanon MP-E65mm F2.8 1-5× マクロフォトのテスト撮影。
このレンズは今までと撮影方法が全く違うので、これは数をこなして体で覚えていきたい!

Canon MP-E65mm F2.8 1-5×は等倍から5倍の撮影ができるというのが売り。
今日のカメラ本体はEOS 7D MarkIIなので撮影素子がAPS-C、画角が狭くなるため、1.5~7.5倍の撮影が可能。
一体それがどのくらいなのかをテストしてみた。

今日のモデルはクルマバッタモドキ (Oedaleus infernalis)。
まずはiPhone8Plusで全体を撮影。
iPhoneなのにボケもしっかり出ていてびっくりする・・・
被写界深度がこちらでも浅すぎて眼にピントがきていないのはスルーしていただきたい。


c0211532_10270781.jpg
■ クルマバッタモドキ (Oedaleus infernalis) Oedaleus infernalis


クルマバッタモドキ (Oedaleus infernalis)の顔。
等倍で撮影しているので、フルサイズ換算で1.5倍。

c0211532_10270815.jpg
■ クルマバッタモドキ (Oedaleus infernalis) Oedaleus infernalis


5倍で撮影していみた。フルサイズ換算で7.5倍相当。

c0211532_10270771.jpg
■ クルマバッタモドキ (Oedaleus infernalis) Oedaleus infernalis

いや、これはすごいわ。

続いてカタバミ (Creeping Woodsorrel)の花を撮影。
この花はひょろひょろっと生えるクローバーの様な葉を持つ草で、小さな黄色い花をつける。
直径1cmくらいの小さな花なのだが、このレンズの最大倍率で撮影すると・・・

花粉の粒が見えるレベル!

しかし、やや解像度が落ちている感じ。
f13まで絞り込んでいるので、小絞りボケの影響もあると思われる。

c0211532_10270846.jpg
■ カタバミ (Creeping Woodsorrel) Oxalis corniculata


想像以上に難しいレンズなので、もっともっと練習しなきゃ・・・


<撮影種一覧> 2種
<植物>
■ カタバミ (Creeping Woodsorrel) Oxalis corniculata
■ クルマバッタモドキ (Oedaleus infernalis) Oedaleus infernalis



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-10-17 21:00 | 島根県 | Comments(0)

658 玉湯町 ~Canon MP-E65mm F2.8 のテスト~

今日は玉湯町で写真を撮った。

今日はCanon MP-E65mm F2.8 1-5× マクロフォトというマクロレンズのテスト撮影。
このレンズは小さいものを接写するためのレンズで、昆虫の顔のアップなど、今までの機材では到底撮れなかったような接写が可能になる。

しかしこのレンズ、普通のレンズとは違う部分が多く、取扱いに非常に苦労する。
通常のレンズはフォーカスリングを回してピントを調整するのだが、このレンズにはそれがなく、倍率を変えるリングのみ。
もちろんオートフォーカスも効かず、カメラを前後してピントを合わせないといけない。
等倍以上の撮影となるので、当然とても暗く、ストロボなしでは撮影ができない。しかし、レンズを被写体ギリギリまで近づける必要があるため、内臓ストロボやクリップオンをつけただけでは撮影ができない。
一見さんお断りのレンズなのだ。

さて、難しい話は置いておいて、さっそく草むらの昆虫を撮影。

まずはヤマトシジミ (Pale Grass Blue)。
噂どおり素晴らしい解像度だ!
しかしF8でもこのくらいの被写界深度かぁ・・・
なるほど。

c0211532_09261646.jpg
■ ヤマトシジミ (Pale Grass Blue) Pseudozizeeria maha


同じシジミチョウ科のウラナミシジミ (Peablue)。
羽の裏にある眼状斑を撮影。
鱗粉まで見えるからすごいっ!!!

c0211532_09261562.jpg
■ ウラナミシジミ (Peablue) Lampides boeticus


頭部のアップ。
よく見ると眼に毛が生えている。
先のヤマトシジミ (Pale Grass Blue)と比べると眼の構造が全然異なっている!!!
これは面白いっ!!!


c0211532_09261597.jpg
■ ウラナミシジミ (Peablue) Lampides boeticus


ヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea)が交尾を始めようとしているところ。
ヨモギ (Mugwort)にたくさんついていた。


c0211532_09261635.jpg
■ ヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea) Chrysolina aurichalcea

続いてハエの仲間。

c0211532_09261772.jpg
■ ハエ目の1種 (Fly) Diptera sp.


何枚も撮影したが、ここで公開できそうなのはこのくらい。
虫とレンズの距離が5cmくらい?これではほとんどの虫が逃げてしまう・・・
さらに屋外なので風で葉っぱが揺れるとピントは合わない。

これは本当に難しいっ!!!
けどおもしろいっ!


<撮影種一覧> 4種
<昆虫類>
■ ウラナミシジミ (Peablue) Lampides boeticus
■ ヤマトシジミ (Pale Grass Blue) Pseudozizeeria maha
■ ヨモギハムシ (Chrysolina aurichalcea) Chrysolina aurichalcea
■ ハエ目の1種 (Fly) Diptera sp.



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-10-16 21:00 | 島根県 | Comments(0)

567 Kowloon Park ~香港の繁華街は野鳥の楽園~

*この記事は2017年2月20日のものです。

c0211532_22550798.jpg

今日はKowloon Park(九龍公園)に行ってきた。

午前は葛西臨海公園鳥類園の方とTung Chung Bay(東涌湾)でバーディング。その後はKowloon Park(九龍公園)へ行かれるとの事なのでご一緒させてもらった。
数えきれないほど香港に来ているのに、Kowloon Parkへはまだ行った事がない。噂によるとたくさんの野鳥がみられるらしいので楽しみだっ!!!

Kowloon Parkは香港の九龍の中でも最も栄えたエリアに位置している。メインストリートのNathan Road沿い、Tsim Sha Tui から Jordanにかけてと言えば、高級ブランドが並ぶようなショッピングエリア。
大都会のメインストリートであるにも関わらず、写真のような立派なガジュマル (Chinese Banyan)の木が残されているNathan Road。
ここから階段を上ってKowloon Parkへと入る。

c0211532_22543297.jpg
□ ガジュマル (Chinese Banyan) Ficus microcarpa


本当に香港の繁華街にいるのだろうかと疑いたくなるような立派な自然公園だが、見上げると高層ビルに囲まれているのが香港らしい。
さて、どんな野鳥に出会うことが出来るのだろう。

c0211532_23170093.jpg

自分は一生懸命野鳥を探して歩いているつもりでも、葛西臨海公園鳥類園の方からすればボーっと口を開けて歩いているのと同じ。
「あ!あそこに○○が!」と次々に発見される野鳥を確認するのがやっとだった。
やっぱりプロはすごいぞ・・・

香港で最も普通にみられる野鳥のひとつ、Red-whiskered Bulbul (コウラウン)。

c0211532_09414627.jpg
■ Red-whiskered Bulbul (コウラウン) Pycnonotus jocosus


こちらも香港ならどこにでもいるSpotted Dove (カノコバト)。
首の模様が鹿の子模様になっているので和名がカノコバトなんだと思う。


c0211532_09415675.jpg
■ Spotted Dove (カノコバト) Streptopelia chinensis


Black-collared Starling (クビワムクドリ)。
この鳥もよく見かける野鳥のひとつだ。

c0211532_09415192.jpg
■ Black-collared Starling (クビワムクドリ) Gracupica nigricollis


Oriental Magpie Robin (シキチョウ)。
オスは光が当たるところで見ると紺色の羽がとても美しい。日陰でみると真っ黒。


c0211532_09420995.jpg
■ Oriental Magpie Robin (シキチョウ) Copsychus saularis


フラミンゴ達がいる池にたくさんいたゴイサギ (Black-crowned Night Heron)。


c0211532_09552379.jpg
■ ゴイサギ (Black-crowned Night Heron) Nycticorax nycticorax


この5種くらいまでならなんとか分かるのだが、これ以降の種はお手上げ・・・

Masked Laughingthrush (カオグロガビチョウ)。
顔が黒いのでMasked(マスクをした)とつくのだろうが、Laughingthrush(笑うツグミ)というのは鳴き声からだろうか。
鳴き声をしっかり記憶しておけばよかった・・・


c0211532_10011774.jpg

■ Masked Laughingthrush (カオグロガビチョウ) Garrulax perspicillatus


重厚感のあるかっこいい鳥、Asian Koel (オニカッコウ)。
コーエルという名前もいい!和名もオニカッコウ。強そう・・・


c0211532_10012237.jpg
■ Asian Koel (オニカッコウ) Eudynamys scolopaceus


同じカッコウ科のGreater Coucal (オオバンケン)。
日本ではなじみの薄いタイプの鳥なのでドキドキする~。


c0211532_10012703.jpg
■ Greater Coucal (オオバンケン) Centropus sinensis


Common Tailorbird (オナガサイホウチョウ)。
ちょろちょろと動き回って撮影が大変・・・

c0211532_10013202.jpg
■ Common Tailorbird (オナガサイホウチョウ) Orthotomus sutorius

シジュウカラ?
と思ったが、一応別種のGreat Tit (グレイトティット)。
Wikipediaによると、日本のシジュウカラは本種の1亜種だと考えられていたが、2005年に独立種として分離されたようだ。

c0211532_10014103.jpg
■ Great Tit (グレイトティット) Parus major


こちらは馴染みのあるメジロ (Japanese White-eye)。
ピンボケの写真だが、香港では初めてみたので嬉しい!

c0211532_10015008.jpg
■ メジロ (Japanese White-eye) Zosterops japonicus


何かの巣。鳥の巣かな・・・


c0211532_10181672.jpg
もし分かる人がいたら教えてください!


頭上に猛禽類のシルエットが横切ったので、初撮影の何かかな?と思ったがトビ (Black Kite)だよと教えていただき、ちょっと残念・・・


c0211532_10184710.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans


この公園にはたくさんの緑があって癒される。亜熱帯なので日本と雰囲気がガラっと違うので植物好きの人も楽しめると思う。
大きな樹に関しては価値の高い樹として1本づつIDが振られており、Kowloon Parkのサイトに紹介されている。

大きくてスタイルも抜群のAlbizia lebbeck (ビルマネム)。ネムノキの仲間。

c0211532_10240428.jpg
□ Albizia lebbeck (ビルマネム) Albizia lebbeck


真っ赤な花を持つオオベニゴウカン (Powderpuff Tree)。

c0211532_10240905.jpg
□ オオベニゴウカン (Powderpuff Tree) Calliandra haematocephala


Hong Kong Orchid Tree (アカバナソシンカ)。香港の国旗にある花はこの花がモデル。
雑種であるため、種をつけないらしい。ということはソメイヨシノのように世界中にあるHong Kong Orchid Treeはクローンなのかな?

c0211532_10241514.jpg
□ Hong Kong Orchid Tree (アカバナソシンカ) Bauhinia x blakeana


昆虫も撮影したいのだけど、意外と少なくて、なんとか撮影できたのはこちらのRedbase Jezebel (レッドベースジャザベル)のみ。
南国ぽい配色がいいっ!!!

c0211532_10372546.jpg
■ Redbase Jezebel (レッドベースジャザベル) Delias pasithoe


亀がたくさんいる池もある。

c0211532_10392813.jpg
ほぼミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider)でがっかり・・・
君たちは世界中にいるなぁ・・・

c0211532_10404103.jpg
■ ミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider) Trachemys scripta elegans


こちらはクサガメ (Chinese Pond Turtle)。
クサガメは香港にもいるようだ。

c0211532_10422042.jpg
■ クサガメ (Chinese Pond Turtle) Chinemys reevesii
*オッシーさんにみていただいた。


よく分からなかったカメ。
首にある細い縦線が特徴的なので分かりそうな気もするのだが・・・

c0211532_10411101.jpg
■ カメ目の1種 (Turtle) Testudines sp.


Kowloon Parkには小さな鳥の動物園もある。
自分たちからすれば、檻の外にたくさんの魅力的な野鳥がいるのでそれを見ればいいのにと思うのだが、観光客は入園料フリーの動物園で楽しんでいるよう。

Rhinoceros Hornbill (サイチョウ)とNicobar Pigeon (ミノバト)。
生き生きとした野鳥の後にこういった鳥たちの表情を見ると、つまらなそうにしているのがよく分かる。

サイチョウって哺乳類のサイのような鳥という意味なんだと英名を見て発見!

c0211532_11003128.jpg
□ Rhinoceros Hornbill (サイチョウ) Buceros rhinoceros


c0211532_11003171.jpg
□ Nicobar Pigeon (ミノバト) Caloenas nicobarica


動物園の近くで頭上にカラフルな鳥がやってきた。
すごいっ!
香港ってこんな鳥までいるんだ~っ!!!
さすが南国!

c0211532_11041115.jpg
■ Alexandrine Parakeet (オオホンセイインコ) Psittacula eupatria


と思って感動したら、残念な事に篭脱けの外来種だった・・・
香港には2種の外来インコ、1種の外来オウムがいるらしい。

外来インコのRose-ringed Parakeet (ワカケホンセイインコ)とAlexandrine Parakeet (オオホンセイインコ)は非常に良く似ているが、Alexandrine Parakeet (オオホンセイインコ)は肩が赤くなっているので見分けることができる。

高層マンションをバックに外来種のAlexandrine Parakeet。
香港らしいショット。笑

c0211532_11044192.jpg
■ Alexandrine Parakeet (オオホンセイインコ) Psittacula eupatria


何やらいちゃいちゃし始め・・・

c0211532_11044182.jpg
■ Alexandrine Parakeet (オオホンセイインコ) Psittacula eupatria

交尾を開始。

しっかりと繁殖しているようだ。


c0211532_11044027.jpg
■ Alexandrine Parakeet (オオホンセイインコ) Psittacula eupatria


色々な野鳥がみれたのだが、最後の最後で最も印象に残った鳥はAlexandrine Parakeet (オオホンセイインコ)になってしまった。笑

葛西臨海公園鳥類園のみなさま、今日は一日中おつきあいいただき本当にありがとうございました!!!
またどこかでお会いしたいです!!!



<撮影種一覧> 23種
<植物>
□ Hong Kong Orchid Tree (アカバナソシンカ) Bauhinia x blakeana
□ Albizia lebbeck (ビルマネム) Albizia lebbeck
□ オオベニゴウカン (Powderpuff Tree) Calliandra haematocephala
□ ガジュマル (Chinese Banyan) Ficus microcarpa
<昆虫類>
■ Redbase Jezebel (レッドベースジャザベル) Delias pasithoe
<爬虫類>
■ ミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider) Trachemys scripta elegans
■ クサガメ (Chinese Pond Turtle) Chinemys reevesii
■ カメ目の1種 (Turtle) Testudines sp.
<鳥類>
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
■ Greater Coucal (オオバンケン) Centropus sinensis
■ Asian Koel (オニカッコウ) Eudynamys scolopaceus
□ Nicobar Pigeon (ミノバト) Caloenas nicobarica
■ Alexandrine Parakeet (オオホンセイインコ) Psittacula eupatria
□ Rhinoceros Hornbill (サイチョウ) Buceros rhinoceros
■ Common Tailorbird (オナガサイホウチョウ) Orthotomus sutorius
■ Masked Laughingthrush (カオグロガビチョウ) Garrulax perspicillatus
■ メジロ (Japanese White-eye) Zosterops japonicus
■ Oriental Magpie Robin (シキチョウ) Copsychus saularis
■ Great Tit (グレイトティット) Parus major

□・・・飼育個体・栽培個体

[PR]

by takuyamorihisa | 2017-10-14 21:10 | 香港 | Comments(0)

579 荒神谷遺跡 ~息子初めての虫かご~

c0211532_22492727.jpg


今日は荒神谷遺跡(Kojindani Remains)に行ってきた。

今日は息子と1日二人きりなので、最近興味を持っている虫とりをさせることにした。
ホームセンターで虫かごを買い、向かったのは荒神谷遺跡(Kojindani Remains)。

この遺跡は弥生時代に製造された銅剣がたくさん出土した遺跡。山の中にあって、子供を遊ばせるには絶好の公園なのだ。

c0211532_22492761.jpg

今日はニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)を2匹みつけ、触って遊ぶことができた。
そろそろ帰ろうかと思ったところ、足元に小さなハムシが飛んできた。
全身金属光沢があり、緑、赤、青の鮮やかな色。
まさに玉虫カラーだ!!!

この虫はアカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii)という虫で、ブドウの歯を好んで食べるため害虫として嫌われている虫。

c0211532_22492813.jpg
■ アカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii) Acrothinium gaschkevitchii

これは帰って撮影したい!!!

と思って捕まえようと思った瞬間、羽を広げて飛んでいってしまった。
残念・・・

それから足元を探すが全然見つからず。
もう諦めようと頭を切り替えた瞬間に、自分のズボンにとまっているのをみつけた。

子供の虫かごを借り、アカガネサルハムシを入れ、持ち帰って白バック撮影。

c0211532_22492727.jpg
■ アカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii) Acrothinium gaschkevitchii 体長6mm

綺麗な虫だなぁ。
意識を変えるだけで、周りには美しいものが山ほどいる。


<撮影種一覧> 1
<昆虫>
■ アカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii) Acrothinium gaschkevitchii



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-03 21:00 | 島根県 | Comments(0)

574 家 ~ガガンボ科の1種~

今日は家(Home)で写真を撮った。

でっかい蚊のような昆虫がいる。
その名もガガンボ。
まさに蚊の大将のような印象を与える強い名前だが、血を吸ってくることはなく、人間には危害を加えてこない。(幼虫の農作物食害はあるが・・・)

これが家の壁で休んでいたので撮影してみた。
キリウジガガンボかな???

c0211532_00062649.jpg
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.


c0211532_00062663.jpg
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.


こういった虫もさくっと同定できるようになりたいなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<昆虫類>
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-14 21:00 | 島根県 | Comments(0)