011 Toronto Islands ~今度こそ野鳥の会~

今日はToronto Islands(トロントアイランド)に行ってきた。

TOC (Toronto Ornithological Club)という、野鳥の会のフィールドワークに参加するためだ。そう、2週間前に集合場所を間違えて参加できなかったあのフィールドワークだ。

昨夜はルームメイトのバースデーパーティーですっかり酔ってしまい、2日酔いで集合場所のフェリー乗り場へ向かった。
やはりカナダは寒い!10月上旬だがすでにThe North Faceのダウンジャケットを着てしまっている。真冬が心配だ・・・

今回は無事メンバーと合流することができた。
無愛想なキップ売り場のおばさんからチケットを買って準備OK!
フェリーはToronto Islandの1番西側のHanlan's Pointに向かった。
c0211532_3514562.jpg
フェリーから見るTorontoは本当にきれいだ。
c0211532_3551138.jpg

個人的な意見だが、カナダはバードウォッチング人口が多いと思う。
本屋の自然コーナーをみると、棚の上から下まで全て鳥の本。魚や虫の本はすみっこにちょこんと置いてある程度だ。
この寒さで早朝にも関わらず、30人弱もの人が集まった。
ほとんどの人が図鑑を持ち、双眼鏡を持っていない人は皆無の状況で、図鑑なし、双眼鏡なし、知識なしというやる気を感じさせないスタイルで前回同様挑んだ。

今日は特に小鳥が中心のようだった。
見る鳥のほとんどが初めてだ。
名前をメモする余裕もなく、ひたすら写真を撮る。
小さい鳥は苦手だ・・・
c0211532_415164.jpg
■ Hermit Thrush (チャイロコツグミ) Catharus guttatus

c0211532_4161262.jpg
■ Golden-crowned Kinglet (アメリカキクイタダキ) Regulus satrapa

c0211532_4243689.jpg
■ White-throated Sparrow (ノドジロシトド) Zonotrichia albicollis

c0211532_4252034.jpg
■ Ruby-crowned Kinglet (ルビーキクイタダキ) Regulus calendula

唯一即答できたのがBlue Jay (アオカケス)。
c0211532_43851.jpg
■ Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata

小鳥中心ではあったが、猛禽類もたくさん見ることができた。
これが本日のベストショット。
c0211532_430157.jpg
■ Northern Harrier (ハイイロチュウヒ) Circus cyaneus
バックはTorontoのシンボル、CNタワーだ。

食事中のRed-tailed Hawk (アカオノスリ)も見ることができた。
食べているのはリス?
c0211532_4324898.jpg
■ Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis

鳥だけでなく、魚もみつけた。
c0211532_9525417.jpg
■ Round Goby (ラウンドゴビー) Neogobius melanostomus

そのときはハゼ科だということまでしか分からなかったが、後で調べるとRound Goby(ラウンドゴビー)という外来種だということが分かった。

島の西から東まで、鳥を観察しながら約7時間歩いた。
観察中の様子。
c0211532_4402282.jpg

この写真だけみればTorontoだと思えない。
一方北を向けば大都市Torontoがど~んと目の前に広がる。
c0211532_4404950.jpg

今日で3回目のToronto Island。
今回は親切で知識豊富なTOCメンバーがガイドしてくれたので31種もの鳥の写真を撮ることができた。
ありがとうTOC!

次回のフィールドワークは12月の真冬だ!
絶対行くぞ!



<撮影種一覧> 39種
<菌類>
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.
<貝類>
■ Grove Snail (モリノオウシュウマイマイ) Cepaea nemoralis
<昆虫類>
■ Milkweed Tiger Moth (トウワタドクガ) Euchaetes egle
■ Isabella Tiger Moth (イザベラタイガーモス) Pyrrharctia isabella
■ Red Admiral (ヨーロッパアカタテハ) Vanessa atalanta
<魚類>
Round Goby (ラウンドゴビー) Neogobius melanostomus
<爬虫類>
■ Midland Painted Turtle (フチドリニシキガメ) Chrysemys picta marginata
<哺乳類>
■ イエネコ (Domestic Cat) Felis silvestris catus
<鳥類>
Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
■ Canvasback (オオホシハジロ) Aythya valisineria
■ Ring-necked Duck (クビワキンクロ) Aythya collaris
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis
■ Northern Harrier (ハイイロチュウヒ) Circus cyaneus
■ Sharp-shinned Hawk (アシボソハイタカ) Accipiter striatus
Merlin (コチョウゲンボウ) Falco columbarius
■ Wilson's Snipe (ウィルソンズスナイプ) Gallinago delicata
Belted Kingfishere (アメリカヤマセミ) Megaceryle alcyon
■ Yellow-bellied Sapsucker (シルスイキツツキ) Sphyrapicus varius
■ Downy Woodpecker (セジロコゲラ) Picoides pubescens
Eastern Phoebe (ツキヒメハエトリ) Sayornis phoebe
■ Ruby-crowned Kinglet (ルビーキクイタダキ) Regulus calendula
■ Golden-crowned Kinglet (アメリカキクイタダキ) Regulus satrapa
■ Grey Catbird (ネコマネドリ) Dumetella carolinensis
■ Hermit Thrush (チャイロコツグミ) Catharus guttatus
■ Black-capped Chickadee (アメリカコガラ) Parus atricapillus
■ Red-breasted Nuthatch (ムネアカゴジュウカラ) Sitta canadensis
■ White-breasted Nuthatch (カオジロゴジュウカラ) Sitta carolinensis
■ Brown Creeper (アメリカキバシリ) Certhia americana
Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata
American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos
European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris
White-crowned Sparrow (ミヤマシトド) Zonotrichia leucophrys
■ White-throated Sparrow (ノドジロシトド) Zonotrichia albicollis
■ Dark-eyed Junco (ユキヒメドリ) Junco hyemalis
American Goldfinch (オウゴンヒワ) Carduelis tristis
■ Rusty Blackbird (クロムクドリモドキ) Euphagus carolinus
[PR]

# by takuyamorihisa | 2009-10-10 23:22 | Canada | Comments(0)

010 High Park ~優良ガイド~

今日はHigh Park(ハイパーク)に行ってきた。

ルームメイトの友達が日本から来ていて、カナダの自然を見てみたいというので、大都会の真ん中にある大自然な公園、High Parkを案内することにした。

8日ぶりのHigh Park、紅葉が進んでいるかと思ったが、まだまだ1分くらいだった。
気温の低下は早いが、紅葉のスピードはゆっくり進むようだ。
c0211532_16211337.jpg

まずは絶対に動物が見られるHigh Park Zooに行く。
相変わらず華のない動物園だ。反芻動物が10種類程度の小さな動物園。金網のフェンスが撮影の邪魔になるのは痛いが、このチープでフレンドリーな動物園は私のお気に入りだ。
ここで一番好きな動物といえば世界一大きなネズミの愛称でおなじみのCapybara (カピバラ)。
今日は手前のフェンスのところに座っている。

これは触るチャンス!!!

近くの棒でつんつんしてみる。
怒って逃げるかと思ったが、全然逃げない。
それを見たゲストもつんつんしてみる。
おお!
今度は首を上にそった!
とても気持ちよさそうだ。

通りがかった人も「ははは!マッサージをしてるのかい?」と一緒になって棒でつんつん。
新しいCapybara (カピバラ)の遊び方を発見してしまった。

動物園のあとは先日Great Blue Heron (オオアオサギ)を見た池に移動。
やはりいた!
同じ場所で狩りをする習性もアオサギに似ているようだ。
c0211532_1629138.jpg
■ Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea Herodias

今日はなんと飛行中のトンボを捕まえていた。恐るべき能力。
Wood Duck (アメリカオシ)はなぜかおらず、諦めて移動。

今度はドラマの撮影に遭遇。
スタッフは少なく照明も自然光のみで撮影していたので、ローカルの3流ドラマだろう。
その撮影に気をとられて発見が遅れてしまったが、10m先にMourning Dove (ナゲキバト)を発見。
しまった。自分より先に人がいる!

行くな~!!!
逃がすな~!!!

その想いが届いたのか、逃げる前に撮影ができた。
c0211532_16424073.jpg
■ Mourning Dove (ナゲキバト) Zenaida macroura

死骸の写真は持っていたが、生きている写真は始めてだ。
あんまり嬉しそうに語るとゲストに気持ち悪がられるので、ややクールにこの感動を表現した。

そしてチョウのポイント。
Red Admiral (ヨーロッパアカタテハ)とMonarch (オオカバマダラ)が花にとまっていた。
c0211532_16495191.jpg
■ Red Admiral (ヨーロッパアカタテハ) Vanessa atalanta
■ Monarch (オオカバマダラ) Danaus plexippus

でかいレンズで一生懸命チョウの撮影をしているおじさんに、「このチョウの名前知ってる?」と聞かれたので「American Lady。」と教えてあげたのだが、帰って写真を見るとRed Admiral (ヨーロッパアカタテハ)だった。全然違っていた。
スマンおじさん!

3時間程度の滞在だったが、その他にEastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス)、Eastern Chipmunk (トウブシマリス)、Canada Goose (カナダガン)、コブハクチョウ (Mute Swan)、マガモ (Mallard)、Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ)、Downy Woodpecker (セジロコゲラ)、Midland Painted Turtle (フチドリニシキガメ)などを見せてあげることができた。
c0211532_1741891.jpg
■ Eastern Chipmunk (トウブシマリス) Tamias striatus

c0211532_175509.jpg
■ Midland Painted Turtle (フチドリニシキガメ) Chrysemys picta marginata

ゲストはこの大都会の真ん中の大自然に大満足しているようだった。
よかったよかった。

ありがとうHigh Park。


<撮影種一覧> 13種
<昆虫類>
■ Monarch (オオカバマダラ) Danaus plexippus
■ Red Admiral (ヨーロッパアカタテハ) Vanessa atalanta
<爬虫類>
■ Midland Painted Turtle (フチドリニシキガメ) Chrysemys picta marginata
<哺乳類>
Eastern Chipmunk (トウブシマリス) Tamias striatus
□ Fallow Deer (ダマジカ) Dama dama
□ Yak (ヤク) Bos grunniens
<鳥類>
Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea Herodias
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
American Black Duck × Mallard (アメリカガモ×マガモ) Anas rubripes × Anas platyrhynchos
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
■ Mourning Dove (ナゲキバト) Zenaida macroura
■ Downy Woodpecker (セジロコゲラ) Picoides pubescens
Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis
□・・・飼育個体
[PR]

# by takuyamorihisa | 2009-10-08 23:52 | Canada | Comments(0)

009 Toronto Islands ~初上陸~

今日はToronto Islands(トロントアイランド)に行ってきた。

Toronto Islands(トロントアイランド)からの景色は素晴らしいようなので、ハハを連れて行ってあげた。
もちろんカメラも一緒に。
ハハの7日間の滞在も今日で5日目だ。残念ながら昨日までは全て悪天候。
天気予報をみると今日はよさそうだ。なんとか帰るまでもってほしいところ。

フェリー乗り場から$6.50のチケット(往復)を購入し、乗船。
c0211532_7403963.jpg

そしてフェリーから見るTorontoはとてもきれいだった。
c0211532_7421218.jpg

帰りのフェリーの時間を確認し、南へ歩く。
芝が手入れしてあり、とてもピースフルな公園だ。
さっそくCanada Goose (カナダガン)の群れに出会う。
ハハは写真に夢中。
今でこそ何とも思わないCanada Goose (カナダガン)だが、こちらへ来た当初は興奮して写真を撮っていたっけなとハハを見ながら4ヶ月前を思い出した。
写真はある群れが最初からいた群れを追い払っているところ。
鳥の言葉は分からなくても、ここまでの勢いをみせられたらケンカだと分かる。
c0211532_7482179.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

足輪をしている。モニタリングされているのだろうか。

水辺を歩いていて、おもしろいものをみつけた。
c0211532_7582167.jpg

木の根元に金網が巻いてある。
High Parkでも木に同じものが巻いてあったが、今までなんのために巻かれているのか分からなかった。
しかしこの木を見て答えが分かった。
c0211532_812712.jpg
ビーバーだ。
North American Beaver (アメリカビーバー)。
この金網はビーバーに木を倒されないようにするためのものなのだ。(予想)
それにしてもこの破壊力はすごい!
かじっただけでここまで削ることができるなんて!
早く本物に会ってみたい。

1時間半の滞在だったので珍しい動物を見ることはできなかった。

昼寝中のEasteren Gray Squirrel (トウブハイイロリス)とTurkey Vulture (ヒメコンドル)の写真を撮影し、Toronto Islands(トロントアイランド)をあとにした。
c0211532_864341.jpg
■ Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis

c0211532_88621.jpg
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura

素晴らしい景色にかわいい動物達。ハハは大満足だった。

ありがとう天気!


<撮影種一覧> 4種
<哺乳類>
Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis
■ イエネコ (Domestic Cat) Felis silvestris catus
<鳥類>
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura
[PR]

# by takuyamorihisa | 2009-10-05 22:29 | Canada | Comments(0)

008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~

今日はNiagara Falls(ナイアガラの滝)に行ってきた。

日本から遊びに来たハハを連れて観光だ。
ナイアガラの滝といえば、世界一大きい滝。カナダへ来るまで、この滝は船で川を登っていき、数時間かけてやっとたどり着くことができる秘境にあるのかと思っていた。

実際はトロントから車で2時間で行ける。

しかも滝は街の中にある。(人が集まるから街になったのだろうが)
そして、この滝を作っている川、Niagara Riverはアメリカとカナダの国境になっている。

ナイアガラの滝はでかいでかいと聞かされていても、初めて見るとその大きさにびっくりする。
ヨメと一度見ていたのにも関わらず、その大きさに再び驚いてしまった。
c0211532_1853317.jpg

まずは観光船だ。これに乗らないと話にならない。
船は2階建てになっており、ほとんどの人は2階へに行こうとする。
しかし私は行かない。私は知っている。カッパの意味がないくらいの水しぶきがかかるのだ。

そして滝下。
やっぱりでっかい!
大陸は一品がでっかい!
ハハも大興奮。
c0211532_1282348.jpg
c0211532_1272562.jpg

カメラがずぶ濡れになってしまった。

そして、予定していた国境越え。
前もってハハのESTAを登録しておいた。
Rainbow Brigeを歩いて渡る。橋の真ん中が境界線だ。
ハハは初めての体験に感動し、写真を撮っていた。

そしてアメリカの入国審査。
前回は難なくさくっと通れたのだが、今日は何やら様子がおかしい。
審 「入国に$6払わなくちゃいけないよ。」
私 「知ってますよ。2人で$12ですね。」
審 「うん、だけどカナダドルじゃ払えないよ。US$だよ。」
私 「知ってます。Visaで払います。」
審 「それが・・・今日は機械が壊れててVisa使えないんだ。現金持ってない?」
私 「ええええええ!ここで両替できませんか?どこか両替できるところある?」
審 「残念だけど、カナダに戻って両替してくるしかないね・・・」

オーマイゴッド

なんじゃそりゃ!

日本じゃありえんと2人で文句を言いながら、カナダ側へ引き返す。
今度はカナダの入国審査だ。
アメリカに入れずとんぼ返りしたのにバカらしいが、仕方がない。
しかし今度は審査官がたったの1人!
長い列ができていて、カナダに戻るまで30分もかかってしまった。

両替してもう一度行こうとはどちらの口からもでてこなかった・・・

このタイムロスのおかげで行こうと思っていた他のアトラクションの営業時間が全て終了。
10枚のチケットは紙切れになった・・・

そして夜のライトアップを見るために時間つぶし。

Nature Photographerの辞書に退屈という文字はない。
今度は上から滝を撮影し、見かけた鳥は必ず撮る。
寒いので大変だったが、有意義な時間であった。
c0211532_12431751.jpg

滝をバックに飛ぶRing-billed Gull (クロワカモメ)。
c0211532_1246318.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

大人になりかけのHouse Sparrow (イエスズメ)のオス。
c0211532_12483070.jpg
■ House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

寝床に帰るのか、暗くなり始めた空をV字飛行するCanada Goose (カナダガン)
c0211532_12522555.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

そして念願のライトアップ。
予想以上の美しさに2人とも大感激。
c0211532_125554100.jpg

船、国境越え、ライトアップといい思い出ができた。

ありがとうNiagara Falls!


<撮影種一覧> 17種
<植物>
□ コナラ属の交雑種 (Oak hybrid) Quercus sp.
□ Provence Rose (ロサ・ケンティフォリア) Rosa × centifolia
□ American Winterberry (和名なし) Ilex verticillata
□ Castor Oil Plant (トウゴマ) Ricinus communis
□ Horse-chestnut (セイヨウトチノキ) Aesculus hippocastanum
□ Autumn Crocus (イヌサフラン) Colchicum autumnale
<魚類>
□ キンギョ (Goldfish) Carassius auratus auratus
■ コイ科の1種 (Cyprinidae) Cyprinidae sp.
<哺乳類>
□ ウマ (Horse) Equus caballus
<鳥類>
■ Pied-billed Grebe (オビハシカイツブリ) Podilymbus podiceps
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata
■ Common Grackle (オオクロムクドリモドキ) Quiscalus quiscula
House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus
□・・・飼育個体、栽培個体
[PR]

# by takuyamorihisa | 2009-10-03 22:48 | Canada | Comments(0)

007 High Park ~青いハンター~

今日はHigh Park(ハイパーク)に行ってきた。

朝向かったTomy Thompson Park に入れなかったので、このままでは悔しいと、急遽High Parkに行くことにしたからだ。*「006 Leslie Street Spit ~リベンジ~」参照
High Parkは最低でも月2回は通っているお気に入りのスポットだ。NYにCentral Parkがあるなら、TorontoにはHigh Parkだ。こんな森の真ん中に地下鉄でいけるのだからすごい!

日本でモミジが紅葉するように、カナダはメイプルツリーが紅葉するらしい。
ところどころに赤くなり始めた木がある。
これらすべてが紅葉すると、どれだけきれいなのだろうか。楽しみだ。

いつもどおり獣道を歩く。

ピーピー

まずはBlue Jay (アオカケス)の群れだ。
野球好きの方はご存知かもしれないが、トロントのメジャーリーグチームはBlue Jaysという。この鳥のことだ。
c0211532_1334062.jpg
■ Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata


そして池に到着する。
懐かしいシルエット。アオサギならぬGreat Blue Heron (オオアオサギ)だ。
撮影のためそっと近づく。
おや?この個体は逃げないぞ。
始めはやや警戒していたが、どうやら狩りを続ける気らしい。
面白い写真が撮れそうな予感、座りこんで待つ。

バシャッ!

水しぶきがあがり、次の瞬間には魚をくわえていた。一瞬だった。
泳いでいる魚をクチバシで捕まえる行為は、飛んでいるハエをハシで捕まえるのと同じくらいの難易度だろう。
鳥はすごい。
ブログ用に小さくしたので、この写真からは分からないが、獲物はフナ類の幼魚だ。
30分程度観察したが、5回中4回成功と素晴らしい成功率だった。
c0211532_13484890.jpg
c0211532_1349750.jpg
c0211532_13491945.jpg
c0211532_13493223.jpg
■ Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias

同じ池でオカヨシガモを撮影。この公園の鳥たちは人をあまり恐れないので撮影しやすい。
c0211532_13585928.jpg
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera

続いてWood Duck (アメリカオシ)の若いオスだ。成鳥はもっと派手になる。
c0211532_1463123.jpg
■ Wood Duck (アメリカオシ) Aix sponsa

マガモはもう冬羽に変わっていた。エクリプスが見られるのは6~9月までの間だけのようだ。
c0211532_14132530.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

移入種コブハクチョウ。えさをあげるマネをしておびきよせた。すまん。
c0211532_1421337.jpg
■ コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor

最後の写真はHowse Sparrow (イエスズメ)の幼鳥。ぽっちゃり。
c0211532_14255715.jpg
■ House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus


午前中の失態を十分に取り戻してくれる、満足の行く出会いだった。
ありがとうHigh Park!


<撮影種一覧> 19種
<菌類>
■ キノコ類の1種 (Mushroom) Fungi sp.
<昆虫類>
■ Common European Crane Fly (コモンヨーロピアンクレーンフライ) Tipula paludosa
<哺乳類>
Eastern Chipmunk (トウブシマリス) Tamias striatus
■ イエネコ (Domestic Cat) Felis silvestris catus
<鳥類>
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias
Wood Duck (アメリカオシ) Aix sponsa
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera
American Black Duck (アメリカガモ) Anas rubripes
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
アヒル (Domestic Duck) Anas platyrhynchos domesuticus
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis
■ Turkey Vulture (ヒメコンドル) Cathartes aura
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
■ Downy Woodpecker (セジロコゲラ) Picoides pubescens
Eastern Phoebe (ツキヒメハエトリ) Sayornis phoebe
Blue Jay (アオカケス) Cyanocitta cristata
House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus
[PR]

# by takuyamorihisa | 2009-09-30 23:27 | Canada | Comments(0)