035 Aurora Village ~オーロラ撮影2夜目~

今日はAurora Village(オーロラビレッジ)に行ってきた。

今夜はオーロラ撮影2夜目。
昨晩の撮影でどんなものか分かったし、いい写真が撮れているので気分は楽だ。

今夜もバスに乗り込み、オーロラビレッジへ。
さすが土日だけあって今日はお客さんが多い。
バスで仲良くなった男性と話をしていたらあっという間に目的地へ着いた。

ティピーと呼ばれるテントで支度をしていると、ガイドさんがお客さんと昨日のオーロラについて話をしていた。
「昨日のオーロラはすごかったようですね~。私は昨日休みでしたが、昨日でたガイドは今年一番のオーロラだったと言っていましたよ。」
何ぃ!
今年一番?
なんて運がよいのだろう!
いや。
しかしあれがアベレージだと思って油断した~。
もっと写真を撮っておくんだった。
嬉しさと悔しさで複雑な心境だ。

気を取り直して、今夜もがんばろう。

今夜の目的は動画を撮ること。
と言ってもビデオではなく、三脚を立てて同じ位置から写真を撮りつづけ、それをコマ送りして動画にしようという考えだ。

気温は-25℃。
今夜もしっかり冷えている。
c0211532_1402979.jpg


よさそうな場所に陣取り、撮影を始める。
c0211532_141349.jpg
c0211532_14132980.jpg

撮影開始から1時間半、ひたすら写真を撮り続けた。
あれほどトイレを我慢したのは初めてではないだろうかというくらい苦しかったが、170枚もの写真を撮ることができたので大成功だ。

しばらく休憩したあと、場所を変えながらオーロラの撮影をした。
c0211532_1421167.jpg
c0211532_14213871.jpg

そして悲劇が起こった。
バスで仲良くなった男性と話をしていたら三脚が倒れてしまった。
「雪の上で助かった~。」
と言って、カメラを手にとるとなんとレンズがぱっくり折れている。
レンズ内部が丸見え。
これは致命的だ。
こんな小さな町にレンズは売ってないだろうし、困った。
望遠レンズがあるので鳥の撮影は問題ないが、明日のオーロラ撮影は終わった・・・
悲しい・・・

しかしくよくよしても仕方がない。
明日直せるかどうか試してみよう。

そしてこの動画がこの日撮影した写真を使ってつくったオーロラの動画。
1時間半を5分半に短縮しているので約18倍速だ。
撮影しているときはなんとも思わなかったが、動画にしてみてその美しさに感動した。
オーロラはゆっくりと強さを増し、動きはじめる。そしてまたゆっくりと弱くなっていく。
普段の暮らしの中では絶対に見ることができないほどの星が空一面にちらばり、ゆっくりと動いていく。
自然が作り出すアートギャラリーを見上げ喜ぶ小さな人間。
自分の小さな悩みなんて宇宙にとってはどうでもいいことなんだなと、レンズごときでへこむ自分が情けなくなった。


http://http://youtu.be/E8d2OHcWqSY

今夜は昨夜のような大ブレイクが見られなかったものの、素晴らしい撮影ができた。

ありがとう宇宙!
[PR]

# by takuyamorihisa | 2010-03-20 23:59 | Canada | Comments(2)

034 Yellowknife ~犬ぞりレースと丘探検~

今日はYellowknife(イエローナイフ)に行ってきた。

今日はYellowknife2日目。
2時間の時差ボケが手伝って、わりと朝早く起きることができた。
よし。探検だ。
食事のできるレストランを探すためダウンタウンを歩く。
さっそくCommon Raven (ワタリガラス)をビルの上で見つけた。
c0211532_1251462.jpg
■ Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax

近くで見るとその大きさに驚く。
トビをちょっと小さくしたくらいの大きさだ。
彼らに襲われたらひとたまりもなさそう。

食事を終え、春のお祭りをやっているという市役所へ向かう。
会場をうろうろしてみたが、それほど魅力的なものもない。
帰ろうかと思ったが、Frame Lakeの方へ人が流れていくので行ってみた。
c0211532_12114731.jpg

湖の真ん中へ着くと、たくさんの犬の姿。
c0211532_1214882.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris

そう。犬ぞり犬。
ここYellowknifeは犬ぞりも有名なのだ。
かつて冬季の交通を助けてくれていた犬ぞり。
スノーモービルがある現在でも犬ぞりの伝統は続いているようだ。
「スタート20分前、20分前。」
アナウンスが流れる。
今からレースが始まるよう。
よかった。いいものが見られそうだ。

走りたくてうずうずしている犬たち。
普通の飼い犬と違い働く犬は目つきが鋭い。
c0211532_12231899.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris
c0211532_12264767.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris

そしてレースがスタートした。
目の前を走っていく犬。
スピード感はそれほどないものの、ものすごい迫力だ。
c0211532_12311055.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris
c0211532_12321733.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris
c0211532_12323213.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris

氷点下15℃という厳しい気温にもかかわらず、ためらうことなく走り続ける犬たち。
よだれが凍りついてしまっている。
c0211532_12324713.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris
c0211532_12331190.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris

すごい。

そして最下位は年少組。
c0211532_1238411.jpg
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris

かわいい。
呼吸がバラバラでなかなかスピードがでないが、ちゃんと完走した。

レースが終わったとたん、人が一気にはけていきガラガラとなったFrame Lake。
c0211532_12451641.jpg

小鳥でもいないかと、湖畔の丘に登ってみた。
c0211532_12465083.jpg

素晴らしい景色。
がしかし、
膝までズボっと雪に埋まってしまい、靴下がびしょぬれになってしまった。
このままでは凍え死んでしまう。
急いでホテルへと戻った。

途中Common Raven (ワタリガラス)がパンをくわえて飛んでいったので撮影。
c0211532_1257258.jpg
■ Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax


ホテルへ着き、シャワーで身体を温め、今度は防寒ブーツを履いて出発する。
まだライチョウの仲間Ptarmiganを見つけていないので、彼らが出没しそうなGreat Slave Lake湖畔の丘へ行ってみることにした。

遠くから見ると小さい丘だが、いざ登ろうと近寄ると意外と大きい。
c0211532_125847100.jpg

人が歩いた跡を通って登る。
c0211532_1304026.jpg

踏み固められていないところを歩こうとすると、膝までずっぽりはまってしまう。
歩くのが大変だ。
c0211532_132815.jpg

雪の間から姿を見せた小さな雑草。
c0211532_1352412.jpg
■ イワレンゲ属の1種 (Orostachys) Orostachys sp.

この3月でも夜は-25℃まで下がるというのに、どうやって凍りつかずに生きているのだろうか。
すごい生命力だ。

丘の頂上まで来ると、Great Slave Lakeが見渡せる素晴らしい景色が広がっていた。
c0211532_131559.jpg

アイスロードもよく見える。
c0211532_13143732.jpg

が、しかし、
全く鳥がいない。
3時間も丘の上を歩き回っているのに、遠くでCommon Raven (ワタリガラス)がうろうろしている程度。
どうやら選択を誤ったようだ。

丘を降りる。
湖畔にちょっとした公園があったので寄ってみると、ライチョウの仲間Ptarmiganの絵がある看板を見つけた。
やはりこの辺にいるようだ。

頼む、出てきてくれ。
藪の周りを歩く。
雪に鳥の足跡がついているので、いるはずだが・・・

前方の藪から鳥の鳴き声がするので近寄って見ると、見たことのない鳥を発見した。
Ptarmiganではなさそうだ。
藪の中なので、なかなか写真が撮れない。
ちょうど枝がかぶらない角度からなんとか撮影した。
c0211532_1323265.jpg
■ Black-billed Magpie (ブラックビルドマグパイ) Pica hudsonia

カラスの仲間、Black-billed Magpieだ。
この後ふわふわ~っと丘のほうへ飛んで行ってしまった。

疲れた。

もう少し探したいが、体力の限界だ。
夜の撮影もあるので今日はこのくらいにしておこう。
Ptarmiganはこの辺にいるはずなので、明日はここを中心に探すことにしよう。

今日は雲ひとつない快晴なので今晩のオーロラは期待できそうだ。
ホテルへ戻り、仮眠をとった。


<撮影種一覧> 4種
<植物>
■ イワレンゲ属の1種 (Orostachys) Orostachys sp.
<哺乳類>
□ イエイヌ (Dog) Canis lupus familiaris
<鳥類>
■ Black-billed Magpie (ブラックビルドマグパイ) Pica hudsonia
Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax

□・・・飼育個体
[PR]

# by takuyamorihisa | 2010-03-20 20:41 | Canada | Comments(0)

033 Aurora Village ~オーロラ撮影1夜目~

今日はAurora Village(オーロラビレッジ)に行ってきた。

カナダ北部に住む野生生物の写真も撮りたいが、もちろん今回の旅のメインはオーロラ、3晩つまり3回しか撮影のチャンスがないという、今までにない緊張感で挑む。
今回のツアーにかかった費用は食事代抜きで$1,650。
国内旅行なのに海外旅行なみの金額を払って来ているので、手ぶらで帰ろうものなら一生トラウマになるだろう。
日本にいたころ、カナダに来れば普通にオーロラがみれるのかとのんきに考えていたが、トロントなんて緯度の低いところでは到底見られない。
ここイエローナイフはオーロラが発生する場所の真下に位置しているので、オーロラが観察しやすい場所なのだ。
ツアー会社によると、3晩滞在すればオーロラを見られる確立が95%だという。
ということは1晩当たりは3で割って30%なのだろうか。
今晩はどうなるのだろう。

出発1時間前、仮眠から目覚め、カメラのセッティング、防寒対策を入念にチェックした。
愛用機Cannon 40Dの設定をISO1600、絞り値2.8(開放)、2秒タイマー、シャープネスをひとつあげて4、記録サイズは最大+RAWにして、現場でシャッタースピードだけ変えればいいようにした。
下半身はタイツに防寒パンツの2枚。靴下は1枚だが、防寒ブーツの中に靴用カイロを入れた。
上半身はTシャツ、長袖Tシャツ、ウールのセーター、コットンのパーカー、それに南極探検隊が使っているという、カナダグース社製のダウンジャケットを装備した。
トロントで気温-15℃、体感温度-25℃を味わっているので、このくらいあれば十分だろうと不安はなかった。
c0211532_13411912.jpg

出発時刻となり、送迎バスに乗り込む。
5分ほどバスが走った時点で周りに明かりがなくなってしまったが、バスはさらに北へと走り続ける。
Yellowknifeの町を出て30分後、ツアー会社の所有するオーロラ観察ポイント、「オーロラビレッジ」に到着した。
凍った湖、先住民が使っていたというティピーと呼ばれるテント、モミの木、オーロラがでていなくても美しい写真がいくらでも撮れそうだ。

今晩が初日ということで、ガイドさんに「オーロラビレッジ」を案内してもらった。
さすが日本人が日本人向けに作っただけあって、心くばりにぬかりがないという印象を受けた。
写真を撮りに来た人にとっては最高のロケーションだ。
そして、
「今晩はもうオーロラが出始めていますね~。」
とのこと。
何ぃ?
気がつかなかった!
慌てて空を見上げる。
しかし何もない。
グリーンのカーテンなんて、どこにも見えない。
「どこですか?」
と尋ねると、頭上を指してくれた。
うっすら天の川のように白い帯が見える。
まさかこれがオーロラ?
あっけなく見れたこと、肉眼でみると全然美しくないことにがっかりした。

案内が終わり、撮影を開始する。
ホテル内でカメラの設定を済ませているので楽だ。
試しにシャッタースピード15秒で撮影してみた。
これが人生初のオーロラ写真。
c0211532_23511163.jpg

すごい!
撮影できるかどうか不安だったがばっちりだ。
コツを得たので次々撮影する。
c0211532_23565264.jpg

c0211532_23571052.jpg
c0211532_23573259.jpg
c0211532_23574938.jpg
c0211532_23589100.jpg
c0211532_23592920.jpg
c0211532_23595812.jpg
c0211532_003195.jpg
c0211532_014767.jpg
c0211532_021486.jpg
c0211532_02479.jpg
c0211532_031915.jpg
c0211532_04987.jpg

撮影を始めてからどんどんと強くなっていくオーロラ。
目が慣れてきたことも手伝って、今では肉眼でもはっきりと緑の帯を確認できる。
本当に美しい・・・
終了時刻が近づいてきたので帰る支度を始めていると、ひとりの女性が自分のいる丘の方へ上がって来た。
「今からブレイクが見られるらしいですよ。」
ブレイク?
さらにこれ以上活発になるということ?
もう少し撮影を続けることにした。
どんどん明るくなり、どんどん動きが早くなっていくオーロラ。
ぶれてしまい撮影ができなくなるほど。
c0211532_0121145.jpg
c0211532_0125449.jpg

そしてこの光の帯がだんだん大きくなり、ついには空全体を包み込んだ。
空全体を覆う光のカーテン。
キラキラと優しくゆれ動き、あまりの感動で言葉がでない。
「すごい。」
本当にすごいものを見たときはこの言葉しかでてこない。
どこかで聞いたことがあったが、初めてそれを経験した。
「すごい。」
c0211532_0161682.jpg

壮大なる宇宙のパワーを感じさせてもらった。

まだまだ終わる気配のないオーロラのブレイクだが、時間がなくなってしまったのでしぶしぶ集合場所へ戻る。
教えてくれた女性にお礼を言って先に出発した。

オーロラ撮影初日。
想像をはるかに超える素晴らしい体験ができ、十分に費やしたお金に見合うものを得た。

ありがとうスタッフのみなさん、教えてくれた女性、そして宇宙!
[PR]

# by takuyamorihisa | 2010-03-19 23:59 | Canada | Comments(2)

032 Yellowknife ~到着から周辺探検~

今日はYellowknife(イエローナイフ)に行ってきた。

今日から3泊4日、オーロラを撮影するためカナダの北部、ノースウエスト準州第一の都市イエローナイフに滞在する。

3月19日早朝、トロント・ピアソン国際空港からアルバータ州カルガリー空港を経て、出発から9時間後にやっとイエローナイフ空港へ到着した。
c0211532_13275497.jpg

「寒い!」と思ったら、気温は-15℃。
トロントは気温17℃とすっかり春だったのに、一気に真冬に戻され体がびっくりしている。
空港のロビーで日本人のガイドさんと合流し、ホテルへ連れて行ってもらう。
移動中はガイドさんの話しそっちのけで窓の外に釘付け。
イエローナイフではじめて見つけた鳥はCommon Raven(ワタリガラス)という日本のカラスの1.5倍ほどの大きなカラスだった。
ガイドさんに生息している鳥についてたずねると、ライチョウの仲間Ptarmiganがいるとのこと。
よし、彼らの写真をとることが滞在中の目標だ。
c0211532_13333370.jpg

これがイエローナイフ一のショッピングモール、この交差点が一番メインの交差点になる。
まあまあの街なのかと想像していたが、信号はこのメインストリートにある数個のみ。
数分歩けば大自然という、ネイチャーフォトグラファーにとっては最高のロケーションだ。
興奮で昨晩一睡もできなかったのと、長旅の疲れでホテルに着くなり横になりかけたが、
「ここで寝てしまっては絶対に後悔する。」
と自分を奮い立たせ、野生生物を求めでかけることにした。

メインストリートであるフランクリンAve.を北東へ歩く。
c0211532_13465173.jpg

ダウンタウンから5分も歩いたところですでにこの景色。
c0211532_13475618.jpg
c0211532_13481375.jpg

トロントには針葉樹が少ないのでとても新鮮だ。

さらに歩き続けること10分、グレートスレイブ湖へついた。
車が走っている方へ行ってみる。
c0211532_0185036.jpg

気づくまでに時間がかかったが、なんと今立っているのは湖の上。
凍った湖の上にできたアイスロードの上に立っていた。
氷の厚さは1.2mもあり、トラックが通っても割れることはない。

先ほどから遠くでCommon Raven(ワタリガラス)がうろうろしているが、撮影できるほどの距離でもない。
どこにでもいそうな感じだったので、後回しにしてとりあえず歩き回る。

おもしろいと思ったのがこのフロートハウス。
c0211532_0382317.jpg

子供の頃、家の中から釣りができるような家にあこがれていたが、まさにその夢の家だ。
湖が凍る冬季はしっかりと固定され、普通の家のようだ。

凍りついた漁船らしき船。
どんな漁業が行われているのだろうか。
c0211532_0421885.jpg

そして再び陸へ戻り、北東のオールドタウン地区へ。
伝統を感じさせるオシャレな作りの家々。
車はほとんど通らず、通行人は皆無。
犬ぞり犬なので気性が荒いのか、そこらじゅうの犬から吠えられ、変な人だと思われないか心配でたまらない。
ましてやでかいカメラを持っているのでなおさらだ。
家に向かってカメラを構えるのは控えよう。

やっと近くでCommon Raven(ワタリガラス)を発見。
木の上なので安心して撮影が出来る。
c0211532_054366.jpg
■ Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax

c0211532_055825.jpg
■ Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax

鳴き声が何種類もあるのに驚いた。
クルクルと可愛い声や、カラスの声、使い分けによってかなりのコミニュケーション能力を持っていると思われる。

そしてその先を歩いていると小さな小鳥の群れを発見。
家の庭の木にとまった。
こうなったら変な人だと思われても関係ない。
ひたすら写真を撮った。
c0211532_0594186.jpg
■ Hoary Redpoll (コベニヒワ) Carduelis hornemanni

c0211532_0595744.jpg
■ Hoary Redpoll (コベニヒワ) Carduelis hornemanni


頭に赤いマークがあり、小さくてとても可愛い小鳥だ。
あとで調べるとHoary Redpoll(コベニヒワ)という、珍しい鳥だった。

オールドタウンからグレートスレイブ湖を望む。
c0211532_15045.jpg
c0211532_151815.jpg

そして夕方ホテルへ帰着した。

もう少し色々な生き物が見られるかと思っていたが、水もないし、気温は-15℃なので無理もない。
2種とも初めて撮影できた種なのでよしとしよう。

夜9時半出発のオーロラツアーにそなえて仮眠をとった。
はたしてオーロラは見られるだろうか。


<撮影種一覧> 2種
<鳥類>
Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax
Hoary Redpoll (コベニヒワ) Carduelis hornemanni
[PR]

# by takuyamorihisa | 2010-03-19 20:14 | Canada | Comments(0)

031 Humber Bay Shores Park ~青い空と青い水面~

今日はHumber Bay Shores Park(ハンバーベイショアズパーク)に行ってきた。

ストリートカーに乗って、High ParkからHumber Bay Shores Parkへとやってきた。
この公園はちょうど南に突き出しているので、時間を選らばず良い光で写真が撮れる最高の公園だ。
今日のこの青空ならきっといい写真が撮れるだろう。

High Park同様、今日は散歩を楽しむ人が多い。
まずは仲の良い老夫婦を無許可で撮影。
c0211532_10592551.jpg

この公園もまだ池に氷が張っているが、オンタリオ湖には氷がないので水鳥がたくさんみられた。

まずはオカヨシガモ (Gadwall)。
c0211532_1154195.jpg
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera

そして笑っているような表情のCanada Goose (カナダガン)。
c0211532_1165891.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

公園内の池で、コブハクチョウ (Mute Swan)をみつけた。
ちょうどいい感じで光が当たっている。
シャッターチャンスだ。
その場に座り込んで写真を撮りまくった。
c0211532_111352100.jpg
■ コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
c0211532_11111994.jpg
■ コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor

ずっと撮りたかった思い通りの写真。
大満足だ。

今日の空と水面は本当に青くて気持ちがいい。
オンタリオ湖を望む。
c0211532_11162598.jpg

潜水して魚を捕まえたウミアイサ (Red-breasted Merganser)。
c0211532_11193637.jpg
■ ウミアイサ (Red-breasted Merganser) Mergus serrator

Bufflehead (ヒメハジロ)の雄。
c0211532_11233597.jpg
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola

ここまではおなじみの鳥たちだったが、帰り道に見たことのない鳥を見つけた。
American Wigeon (アメリカヒドリ)だ。
c0211532_11214917.jpg
■ American Wigeon (アメリカヒドリ) Anas americana
c0211532_11223838.jpg
■ American Wigeon (アメリカヒドリ) Anas americana

初撮影種だ。
さすがに仲間だけあって日本のヒドリガモとよく似ている。

やはりこの公園はいつ来てもいい写真を撮らせてくれる。
ありがとうHumber Bay Shores Park。

家へ戻るため、停留所まで歩いていると、茶色の小さな鳥が木の上で鳴いていた。
c0211532_1130432.jpg
■ House Finch (メキシコマシコ) Haemorhous mexicanus

特に特徴もなかったので種類が分かるまで苦労したが、House Finch (メキシコマシコ)という普通種だった。
これも嬉しいことに初撮影種だ。

High Parkとあわせて大満足の1日となった。
ありがとう天気!


<撮影種一覧> 10種
<鳥類>
American Wigeon (アメリカヒドリ) Anas americana
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
■ Common Goldeneye (ホオジロガモ) Bucephala clangula
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola
■ ウミアイサ (Red-breasted Merganser) Mergus serrator
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
House Finch (メキシコマシコ) Haemorhous mexicanus
[PR]

# by takuyamorihisa | 2010-03-07 22:53 | Canada | Comments(0)