565 広州市 ~レストランの鮮魚たち~

c0211532_12000548.jpg


今日は広州市で食事をした。

今出張で広州市へ来ている。通い始めて3,4年だろうか、来るたびに発展する中国のパワーにいつも圧倒される。
昔は一般的な日本人の暮らしと大きな差があるなと感じていたが、今では大して変わらない気がする。
若者も普通にかっこよかったり。

c0211532_12000307.jpg

中国のレストランは提供する食材の新鮮さをアピールするために店先に並べてある。
客は自分で調理する食材を直接選ぶこともできるのだ。
そのため自分にとっては毎回水族館に行くようなワクワク感を味わえる。

今日はどんな生き物がいるかな~。

c0211532_12000455.jpg


日本ではあまり見かけないジャノメガザミ (Three-spot Swimming Crab)。
左上に写っているのはタイワンガザミのメスだ。

c0211532_12000402.jpg
■ ジャノメガザミ (Three-spot Swimming Crab) Portunus sanguinolentus

日本でもおなじみのイシガニ (Shore Swimming Crab)。
日本では評価が低いので、料理店の生簀で見かけることは滅多にないと思う。

c0211532_12000532.jpg
■ イシガニ (Shore Swimming Crab) Charybdis japonica


とても美しい色をしたバラヒラベラ (Iniistius verrens)。
ベラ科のテンス属というグループに属する。この仲間は吻が短くてストンとしているのでベラの一般的なイメージとは少し異なるかもしれない。

c0211532_12000548.jpg
■ バラヒラベラ (Iniistius verrens) Iniistius verrens


ニベ科の1種 (Drum)。ニベかな???

c0211532_12000585.jpg
■ ニベ科の1種 (Drum) Sciaenidae sp.


こちらのレストランでやたら見かけるテナガミズテング (Bombay Duck)。
いつ見ても鮮度が悪いので食べるのが怖い・・・

c0211532_12000686.jpg
■ テナガミズテング (Bombay Duck) Harpadon nehereus


こちらも海鮮レストランでは定番のアオウオ (Black Carp)。
アオウオは皮や頭、浮袋など、全ての部位が食材として販売されている。
アオウオは中国の4大家魚。家魚というのは家畜に対しての言葉。中国国内で広く養殖されている。

c0211532_12225310.jpg
□ アオウオ (Black Carp) Mylopharyngodon piceus


当然魚の写真を喜んで撮っている人間などいないので、毎回変なやつがいると警戒される・・・


<撮影種一覧> 6種
<甲殻類>
■ ジャノメガザミ (Three-spot Swimming Crab) Portunus sanguinolentus
<魚類>
■ バラヒラベラ (Iniistius verrens) Iniistius verrens
■ ニベ科の1種 (Drum) Sciaenidae sp.
■ テナガミズテング (Bombay Duck) Harpadon nehereus
□ アオウオ (Black Carp) Mylopharyngodon piceus

□・・・養殖個体



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-02-19 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

564 鳥取県 ~寝台特急サンライズ出雲の車窓から~


c0211532_14565176.jpg

今日は寝台特急サンライズ出雲に乗った。

3日間の東京出張からの帰り、東京国際空港(Tokyo International Airport)発、出雲空港(Izumo Airport)行きの飛行機へ乗る。
やっと帰れると思ってほっとしたのもつかの間、出雲空港へ着陸するために下降した機体が再び上昇した。

吹雪で視界が悪く、着陸できないらしい。

上空で吹雪が去るのを待ったが、飛行機が下りる事はなかった。
その後どうなったかというと、再び羽田空港へリターン。

同僚と二人、猛ダッシュで東京駅へ向かい、残り7席の寝台特急サンライズ出雲のチケットを確保することが出来たのだ。

この寝台特急は午後10時に東京駅を出発して、翌日午前10時に出雲市駅へ着くというもの。

個室の寝台特急は鉄道好きにはたまらない旅だろうが、自分は一刻でも早く、確実に家に帰りたいの一心。
疲れでボロボロの状態で寝台特急に乗り込んだ。

午前9時、窓の外を見てみると素晴らしい景色が広がっていた。

c0211532_14565014.jpg
ここはまだ伯備線の上石見駅あたり。岡山から米子へ中国山地を走っているちょうど最高標高あたりだ。

カナダか北海道にでも来たのだろうかというくらいの美しさ。

c0211532_14565107.jpg


c0211532_14565176.jpg


c0211532_14565134.jpg


c0211532_14565067.jpg




これはいいものを見させてもらった~!!!
疲れはMAXだが、プライスレスな景色を堪能できた。

電車は米子を通過し、山陰本線へ。
先ほどまでの景色が嘘のような悪天候。

c0211532_14565099.jpg
電車は2時間以上遅れて到着。

この日の飛行機は着陸できたらしく、自分たちよりも早く出雲空港へ。
ちょっと複雑な気分だった。



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-02-12 21:00 | 鳥取県 | Comments(0)