548 宍道湖自然館ゴビウス ~さかなクンの頭の魚を~


最近とても頻繁にゴビウスに通っている。
実際に地元で漁獲された魚達が展示されているので見ていてとても面白い。

がしかし、何度も来ているので写真撮影は気になったものだけをiPhoneでパシャ。

今日の気になった魚はさかなクンの頭に乗っかっている魚、ハコフグ (Hakofugu)。

c0211532_21235731.jpg
□ ハコフグ (Hakofugu) Ostracion immaculatus

ハコフグ (Hakofugu)はフグの仲間だが、フグ毒として悪名高いテトロドトキシンは持っていない。
がしかし、パフトキシンという毒を持っており、ストレスがかかると皮膚から分泌される。
パフトキシンが出ると同じ水槽で飼育している魚が全滅してしまうので、単独で飼育しなければならないのだ。

続いてウナギ (Japanese Eel)。
あまり知られていないが、ウナギ (Japanese Eel)はとても愛嬌のある魚。
もし水族館で見かけたら顔をじっくりと観察して欲しい。

c0211532_21235878.jpg
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica

ニホンアカガエル (Japanese Brown Frog)。
それほど多くはないが、両生類も展示している。

c0211532_21235858.jpg
□ ニホンアカガエル (Japanese Brown Frog) Rana japonica

今日も楽しかったなぁ~。


<撮影種一覧> 3種
<魚類>
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica
□ ニホンアカガエル (Japanese Brown Frog) Rana japonica

□・・・飼育個体


[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-30 21:00 | 島根県 | Comments(0)

547 松江市 ~迷彩模様のアマガエル~

今日は松江市(Matsue)で写真を撮った。

朝会社に出勤すると、窓のサッシのところでアマガエルがじっとしていた。
よく見ると灰色に緑色の斑紋のある迷彩柄。
このパターンはあまり見たことがないと思って写真を撮った。

c0211532_12282781.jpg
■ ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog) Hyla japonica

ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)は周りの環境にあわせて体色を変化させることができる。
本人はどういう気持ちで体色を変えているのだろうか。
「今日はちょっとオシャレして緑も残してみようかな~」


<撮影種一覧>
1種
<両生類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-24 21:00 | 島根県 | Comments(0)

546 沖縄県産 ~アミメノコギリガザミを食らう~


c0211532_00163310.jpg

今日は家で写真を撮った。

ワタリガニ科のカニの仲間にノコギリガザミ属というグループがある。
とても大きくなるワタリガニの仲間で、しかも最も美味だという夢のようなカニ。しかし、分布域が狭く日本国内では幻のカニといっていいほど。価格も高い。

日本にはトゲノコギリガザミ、アミメノコギリガザミ、アカテノコギリガザミの3種が生息しているのだが、この3種は非常によく似ていて見分けがとても難しい。どのくらい似ているかというと、かつては全部同じ1種だとされていたほど。
その見分け方を眼遊で紹介したいという事で現在ノコギリガザミ属の写真を集めている。

これは調べてみるとトゲノコギリガザミ (Green Mud Crab)だったのだが、残念ながら遊泳脚がひとつ取れている個体であった。
標本写真を撮るためにわざわざ取り寄せたのに、不完全な標本写真となりとても残念。

という訳で、今回もインターネットをフル活用し、沖縄県からもノコギリガザミを取り寄せられる事が判明したため9月のリベンジを試みる。
価格は前回の1/4と激安。3杯で6,500円だった。

c0211532_00163391.jpg

さて特徴を調べて3種のどれにあたるか調べたところ・・・
アミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab)であることが判明!
残念!
トゲノコギリガザミのリベンジならず!!!

しかし初撮影種なのでリベンジと同じくらい嬉しい。

c0211532_00163238.jpg

■ アミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab) Scylla serrata

遊泳脚にも網目模様があるのはアミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab)、トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab)の2種のみ。


c0211532_19244222.jpg

■ アミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab) Scylla serrata


額にある棘。
Wikipediaではこの4つの棘の形が種それぞれに特徴があるとされているが、個人的にはあてにならないような気がする。

c0211532_00163276.jpg
■ アミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab) Scylla serrata

別の個体。

c0211532_00163477.jpg
■ アミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab) Scylla serrata


観察も終わったので実食タイム!

このカニは恐らく蒸しガニが一番。
綺麗な赤い身体とともに甘い香りが食欲をそそる。

c0211532_00163310.jpg
■ アミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab) Scylla serrata

甲をはずすと・・・
真ん中にみえるオレンジ色の部分は内子(うちこ)と呼ばれる卵巣。
味はないのだが、なんとなく美味い。
美味いような気がする。

c0211532_00163316.jpg

■ アミメノコギリガザミ (Giant Mud Crab) Scylla serrata


身の味はいうまでもなく絶品!
本当に美味しいカニだ。

トゲノコギリガザミ、アミメノコギリガザミの写真は手に入ったので残るはアカテノコギリガザミだ!


<撮影種一覧> 1種
<甲殻類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-21 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(2)

545 Tsim Sha Tsui ~やっと食べれた上海ガニ~

c0211532_16580110.jpg

今回の出張でも休みを取って、香港の干潟を攻めるつもりだったのだが、あいにくの大雨。
ビリーも授業があるとのことで、特に何もすることもなくホテルに缶詰め状態だった。
もったいない・・・

ビリーの仕事が終わる時間を見計らって、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)で待ち合わせ。
この場所は香港の九龍でも最も栄えたエリアで、香港に観光で来て行かなかった人はいないのではないだろうか。
地下鉄の駅で日本人にすれ違う確率も高い。

いつもの待ち合わせ場所でビリーと再会し、今回が2回目となるレストランへ。

まずは香港の料理で3本の指に入る、芝士龍蝦伊麺。
これはロブスターと卵麺、それにチーズをかけたもの。
これが最高に美味い。チーズが余り好きでない自分でも好物なくらいなので、特に女子にはたまらない一品だろう。

c0211532_16580031.jpg
■ American Lobster (アメリカンロブスター) Lithodes aequispinus

そして、この時期にしか食べられないという大閘蟹(だーじゃーはい)。
日本ではなぜか上海がにと呼ばれているカニだ。
Chinese Mitten Crab (チュウゴクモクズガニ)といって、日本にもいるモクズガニ (Japanese Mitten Crab)と同属の種。
お皿にポンと入れただけでいかにも香港らしい。
皿が汚れているが、これはすべてカニから出た脂。

c0211532_16580110.jpg
□ Chinese Mitten Crab (チュウゴクモクズガニ) Eriocheir sinensis

日本で獲れるモクズガニ (Japanese Mitten Crab)は何度も食べたことがある。
近縁なので似たような味だと思うが、さてどうだろう。

割ってみるとたっぷりの味噌!
一般的に味噌と呼ばれるが、中腸腺という。肝臓とすい臓の様な機能を持っている。

c0211532_16580133.jpg
□ Chinese Mitten Crab (チュウゴクモクズガニ) Eriocheir sinensis

いつもならこのままかぶりつくが、どうやらこっちでは蟹の身をまず集めて一気に食べるらしい。
蟹の身をホジホジと一生懸命集める。
こんな小さい蟹に身なんてないだろうと思っていたが、意外とたっぷりとれた。うれしい。

c0211532_16580140.jpg
□ Chinese Mitten Crab (チュウゴクモクズガニ) Eriocheir sinensis

これに甘い黒酢をかけて、味噌ごといただく。

もぐもぐもぐ・・・

うま~いっ!!!
何だこれは!?

これは本当に美味い!

モクズガニ (Japanese Mitten Crab)に申し訳ないが、こっちの方が数段上の味。

ただし、これは養殖なので何を食べさせられているかは分からない。
中腸腺は悪いものがたまりやすいと思うので、美味しいんだけどあんまりたくさんは食べたくないかな・・・


<撮影種一覧> 2
<甲殻類>
■ American Lobster (アメリカンロブスター) Lithodes aequispinus
□・・・養殖個体

[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-18 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

544 広州市 ~広州のレストラン~

c0211532_11415248.jpg

今日は広州市(Guangzhou)に行ってきた。

中国は広東省と天津市くらいしか行ったことがないが、少なくとも香港や広東省では海鮮レストランが多い。
広州市も例外でなく、海鮮レストランが多く見られる。

まるで魚屋さんのように海産物が置いてあり、客はそれを選んで調理してもらうというシステムだ。

c0211532_11465365.jpg

気温が高いためか、活魚でないものは鮮度がよくない。

ここでもみつけたアイゴ (Mottled Spinefoot)。
昨日も活魚で泳いでいるのを見かけたし、広東省では愛されている魚で間違いないだろう。

c0211532_11480788.jpg
■ アイゴ (Mottled Spinefoot) Siganus fuscescens

メバル属の1種 (Sebastes)。ヨロイメバル (Sebastes hubbsi)っぽいなぁ。

c0211532_11481374.jpg
■ メバル属の1種 (Sebastes) Sebastes sp.

中国の四大家魚のひとつとされるアオウオ (Black Carp)。
家魚というのは家畜に対する言葉。香港や広東省ではとてもよく目にする魚だ。恐らく養殖個体だろう。

c0211532_11541900.jpg
□ アオウオ (Black Carp) Mylopharyngodon piceus

ギギ科の1種 (Bagridae)。
淡水性の小さなナマズの仲間。

c0211532_11541987.jpg
■ ギギ科の1種 (BagridaeBagridae sp.

こんな魚までっ!!!
チョウザメ科の1種 (Sturgeon)。

c0211532_11541997.jpg
■ チョウザメ科の1種 (SturgeonAcipenseridae sp.

日本にも生息しているガザミ (Japanese Blue Crab)。
一般的にはわたりがにと呼ばれている。

c0211532_14525632.jpg
■ ガザミ (Japanese Blue Crab) Portunus trituberculatus


上海ガニとして有名なChinese Mitten Crab (チュウゴクモクズガニ)。
中国では誰も上海ガニなどとは呼ばず、大閘蟹と呼ばれる。広東語ではダージャーハイと発音。

c0211532_14530119.jpg
□ Chinese Mitten Crab (チュウゴクモクズガニ) Eriocheir sinensis

バカガイ科の1種 (Mactridae)。
S・Tさんによるとオオトリガイ (Lutraria maxima)によく似ているとのこと。確かによく似ている。
分布も当てはまる。

c0211532_14531061.jpg
■ バカガイ科の1種 (Mactridae) Mactridae sp.

横着して全然調べていない巻貝の仲間。
腹足綱の1種 (Gastropods)としておけば、とりあえず間違いないだろう。

c0211532_14531019.jpg
■ 腹足綱の1種 (Gastropods) Gastropoda sp.

バイ属の1種 (Babylonia)。
これは前に西貢(Sai Kung)で食べたものと同じ種だろう。
手元にある、同定が怪しすぎる香港の食材図鑑ではBabylonia areolataとなっていたが、信用のおける図鑑ではないので微妙だ。

c0211532_14531135.jpg
■ バイ属の1種 (Balylonia) Balylonia sp.
S・Tさんにみていただいた。

クロタイラギ属の1種 (Pen Shell)。
多分タイラギではないかなぁ・・・

c0211532_15214575.jpg
■ クロタイラギ属の1種 (Pen Shell) Atrina sp.

恐らく日本にはいない種だと思う。見たことがない・・・
と思ったらメニューに魚の名前が書いてあった。
調べるとTurbot (イシビラメ)。大西洋の魚らしい。非常に味が良いため高値で取引される魚。

c0211532_15214655.jpg
■ Turbot (イシビラメ) Psetta maxima

このまま通い続けると簡単に種名が分かるようになるだろうか。
そんな日を夢見て勉強しよう!


<撮影種一覧> 12種
<貝類>
■ バカガイ科の1種 (Mactridae) Mactridae sp.
■ クロタイラギ属の1種 (Pen Shell) Atrina sp.
■ バイ属の1種 (Balylonia) Balylonia sp.
■ 腹足綱の1種 (Gastropods) Gastropoda sp.
<甲殻類>
<魚類>
■ チョウザメ科の1種 (Sturgeon) Acipenseridae sp.
■ メバル属の1種 (Sebastes) Sebastes sp.
■ Turbot (イシビラメ) Psetta maxima
□ アオウオ (Black Carp) Mylopharyngodon piceus
■ ギギ科の1種 (Bagridae) Bagridae sp.

□・・・養殖個体

[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-15 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

543 Haifeng ~中国のスッポン~


c0211532_10291552.jpg

今日はHaifeng(海豊県)に行ってきた。

広東省での2日目。昼食はいつもの海鮮レストランで。

田舎の端にあるような場所のレストランは日本では考えられないようなところだ。
レストランの横にドブ川があるのだが、レストランの下にある丸い排水溝から湯気を出しながら下水が流れている。
よく見ると麺やら食べ物の残骸がそのまま流れている。

日本でも数十年前はこの様な風景が見られたかもしれないが、今の日本ではちょっと考えられない。

レストラン奥の個室の壁は漆喰(しっくい)だが、湿気が多いのかカビだらけ。ツンとしたカビ臭さが漂う。
おかげ様で、この様な環境でも別に気にすることなく食事が出来るようになってきた。

汚らしいレストランでも、食材は新鮮だ。
水槽に海産物が活きた状態で置いてある。

前回もみたアイゴ (Mottled Spinefoot)。
日本だと活魚で流通しているのは見たことがない。中国では評価の高い食材なのだろう。

c0211532_10291737.jpg
■ アイゴ (Mottled Spinefoot) Siganus fuscescens

ブラックタイガーこと、ウシエビ (Black Tiger Prawn)。

c0211532_10291629.jpg
■ ウシエビ (Black Tiger Prawn) Penaeus monodon

クルマエビ科の1種 (Prawn)。
この写真からは何なのかは分からないが、額角の下側に歯がみえるのでヨシエビ (Offshore Greasyback Prawn)ではなさそうだ。
Whiteleg Shrimp (バナメイエビ)ではないかなと思っている。

c0211532_10291613.jpg
■ クルマエビ科の1種 (Prawn) Penaeidae sp.

c0211532_10291694.jpg
■ クルマエビ科の1種 (Prawn) Penaeidae sp.

そしてタイトルにもあるスッポン。この仲間は何種類かが中国に生息しているが、甲羅の形や模様などからニホンスッポン (Chinese Softshell Turtle)だろう。
ちなみに和名はニホンスッポンだが、英名はChinese Softshell Turtle(中国の軟らかい甲羅のカメ)。
考えてみれば当たり前だが、中国でもスッポンを食べるようだ。

c0211532_10291552.jpg
■ ニホンスッポン (Chinese Softshell Turtle) Pelodiscus sinensis

最後に驚いたのがコチラ。
オオウナギ (Giant Mottled Eel)。
日本では希少種で、地域によっては天然記念物に指定されているくらい。

c0211532_10291546.jpg
■ オオウナギ (Giant Mottled Eel) Anguilla marmorata

やっぱり水生生物をみると楽しくなるなぁ。


<撮影種一覧> 5種
<甲殻類>
■ クルマエビ科の1種 (Prawn) Penaeidae sp.
<魚類>
■ オオウナギ (Giant Mottled Eel) Anguilla marmorata
<爬虫類>


[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-14 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

542 Haifeng ~またまた中国で海鮮レストラン~

c0211532_13261064.jpg

今日はHaifeng(海豊県)に行ってきた。

今中国の広東省に来ている。

ここ最近この町にくると夕食はこの海鮮レストランでとることが多い。

香港や広東省の海鮮レストランでは、入口に鮮魚店の様に魚介類が並べてあり、ここで好きな食材を選び、調理法を伝える。
後で自分たちの椅子へ料理が届けられるというシステムだ。

日本でも生簀料理店などは似たスタイルだが、ここら辺では海鮮レストランといえば必ずこのスタイル。
どんなものを食べさせられるかわからないより、よっぽど安心感がある。

ここへ来ると見たことのない生き物がたくさんいるので心躍る。

マナガツオ属の1種 (Pampus)。マナガツオ (Pampus punctatissimus)は日本では超がつくほどの高級魚らしい。
ここではどうだろう・・・

c0211532_13334510.jpg
■ マナガツオ属の1種 (Pampus) Pampus sp.

日本でもおなじみのシマイサキ (Rhynchopelates oxyrhynchus)。
これは鮮度がとてもよさそう!

c0211532_13382813.jpg
■ シマイサキ (Rhynchopelates oxyrhynchus) Rhynchopelates oxyrhynchus

ここで目を疑うものが。
爬虫類の方のウミヘビ。この仲間は猛毒を持つことで知られる。
こんなものまで食べるんだ・・・

c0211532_13261064.jpg
■ ウミヘビ科の1種 (Sea Snake) Hydrophiidae sp.

おつまみで出てきたピーナッツ。
ただし炒ったものではなく、塩ゆで。
日本でも産地では食べられているらしいが、これが絶品っ!!!

c0211532_13453245.jpg
□ ラッカセイ (Peanut) Arachis hypogaea

c0211532_13453283.jpg
□ ラッカセイ (Peanut) Arachis hypogaea

こちらでは最もメジャーなエビの料理法、蒸し海老。
殻をむいでソースにつけて食べる。

種類不明のクルマエビ科のエビの中に1匹だけクルマエビ (Japanese Tiger Prawn)が混ざっていた。

c0211532_13452799.jpg
■ クルマエビ (Japanese Tiger Prawn) Marsupenaeus japonicus

他のエビは種が分からない・・・
Whiteleg Shrimp (バナメイエビ)のようにも思えるが・・・

c0211532_13452724.jpg
■ クルマエビ科の1種 (Prawn) Penaeidae sp.


携帯電話でもかなりの画質で撮影できる今のテクノロジーに感謝!
次はどんな食材が見られるかなぁ。


<撮影種一覧> 5
<植物>
□ ラッカセイ (Peanut) Arachis hypogaea
<甲殻類>
<魚類>
■ マナガツオ属の1種 (Pampus) Pampus sp.
■ シマイサキ (Rhynchopelates oxyrhynchus) Rhynchopelates oxyrhynchus
<爬虫類>
■ ウミヘビ科の1種 (Sea Snake) Hydrophiidae sp.


□・・・栽培


[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-13 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

541 家 ~クモを撮影~

今日は家(Home)で写真を撮った。

またもや家の中にクモが現れた。
いったいどこから入ってくるのだろうか。それにしても家の基礎のコンクリート周りには驚くほどクモが住み着いている。
きっとどこかの隙間からやってきたのだろう。

Twitterでシロホシヒメグモではと指摘され、後日「日本のクモ」で調べると、指摘通りシロホシヒメグモ (Cupboard Spider)だった。

このクモは屋内性のクモで、日本には元々生息していなかった外来種らしい。
Wikipediaで調べると、世界各地でみられると書いてあったので、もしかしたら古い時代に船などの人の移動と共に世界に広がっていった種なのかもしれない。

c0211532_14011664.jpg
■ シロホシヒメグモ (Cupboard Spider) Steatoda grossa オス

c0211532_14025545.jpg
■ シロホシヒメグモ (Cupboard Spider) Steatoda grossa オス

毒グモでなくてよかった~



<撮影種一覧> 1種
<クモ類>




[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-10 21:20 | 島根県 | Comments(0)

540 島根町 ~島根町の浅瀬で~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

次にビリー博士を連れていくのは島根町。
干満がほとんどない日本海の海で海の生き物を観察するにはもってこいの場所だ。

c0211532_15160008.jpg
というのも、この場所は泥岩と砂岩が繰り返す地層が横になっていて、また水面より上にでた部分だけが風化している浅瀬があるからだ。

ここでアメフラシの仲間を発見。
ジャノメアメフラシ (Janome Amefurashi)だ。

c0211532_15160670.jpg
■ ジャノメアメフラシ (Janome Amefurashi) Aplysia dactylomela

確かに体表に目玉模様がある。
アメフラシ (Kuroda's Sea Hare) と同じく、刺激をあたえると紫色の液体を出す。
これにはビリーがびっくりしていた。

暖かい時期だと潜ったりしてもっと楽しいんだけどなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ ジャノメアメフラシ (Janome Amefurashi) Aplysia dactylomela



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-10 21:10 | 島根県 | Comments(0)

539 宍道湖自然館ゴビウス ~香港の研究者を連れて~


c0211532_13565600.jpg

今日は宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)に行ってきた。

昨日はせっかくビリー博士を連れて訪れた宍道湖自然館ゴビウス。残念ながら閉館時間を過ぎて入れなかったため、今日はリベンジだ。

この小さな水族館は島根県にある2つの汽水湖、宍道湖と中海の生態系を学ぶために作られた施設。
南の海にいるような派手な生き物はおらず、地元で採れたリアルな展示が魅力的だ。

まずは昨日も撮影した周囲の宍道湖グリーンパークで撮影。

日本固有種だと説明したが、後で調べると中国にも韓国にも分布していたという、ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)。
固有種をみれて嬉しいと真剣に写真を撮っていた。(ビリーごめん!笑)

c0211532_13593109.jpg
■ ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog) Hyla japonica

こちらではなかなか見られないレアバードのセイタカシギ (Black-winged Stilt)。
興奮する自分を横目に、香港では普通にたくさんいるよとクールなビリー博士。

c0211532_13593197.jpg

■ セイタカシギ (Black-winged Stilt) Himantopus himantopus

外での撮影を終え、早速ゴビウスの中へ。
ここからは水族館内の撮影で重宝するiPhoneに持ち替え。

背鰭に猛毒を持つオニオコゼ (Oni Okoze)。

c0211532_13593258.jpg
□ オニオコゼ (Oni Okoze) Inimicus japonicus


島根では「あかみず」、瀬戸内では「あこう」と呼ばれるキジハタ (Hong Kong Grouper)。

c0211532_13593248.jpg

□ キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara

大きな口。

c0211532_13593031.jpg

□ オニオコゼ (Oni Okoze) Inimicus japonicus

ヤマメ (Masu Salmon)。

c0211532_13593077.jpg
□ ヤマメ (Masu Salmon) Oncorhynchus masou

2008年新種として記載され、島根県の宍道湖と神西湖にのみ生息するシンジコフナムシ (Shinjiko Funamushi)。
「ここでしか見られない貴重な種だよ!」
と写真を撮るようビリーにすすめたが、「No thanks.」とスルーされた。

c0211532_13593262.jpg
□ シンジコフナムシ (Shinjiko Funamushi) Ligia shinjiensis


触手が8本ある、タコのようなタコクラゲ (Spotted Jelly)。

c0211532_13565600.jpg
□ タコクラゲ (Spotted Jelly) Mastigias papua

香港からの客人に、昔の研究フィールドであった宍道湖と中海の生物を見てもらえてとても嬉しい。
ビリーもとても満足してくれていた。


<撮影種一覧> ?種
<クラゲ類>
□ タコクラゲ (Spotted Jelly) Mastigias papua
<甲殻類>
□ シンジコフナムシ (Shinjiko Funamushi) Ligia shinjiensis
<魚類>
□ クロホシマンジュウダイ (Spotted Scat) Scatophagus argus
<両生類>
<鳥類>
■ セイタカシギ (Black-winged Stilt) Himantopus himantopus

□・・・飼育個体



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-10 21:00 | 島根県 | Comments(0)