522 曽根干潟 ~トビハゼを撮影~

c0211532_21464849.jpg

今日は曽根干潟(Sone Tidal Flat)に行ってきた。

2日間の濃厚なカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵行動の撮影を終え、そろそろ島根の家へ向かわなければならない頃。
しかしこの種だけは帰る前に撮影しておきたい。
まるでカエルのような魚、トビハゼ (Shuttles Hoppfish)だ。

あたりを見回すとトビハゼ (Shuttles Hoppfish)がかなりたくさんいる。
しかも水の上で。
島根にはいないこの変わった生物を撮っておきたかった。

まずは石の上でゆっくりと日向ぼっこをしているトビハゼ (Shuttles Hoppfish)。
敵が来てもワンジャンプで水の中に逃げ込む事ができる。

c0211532_21454277.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus

トビハゼ (Shuttles Hoppfish)の胸鰭はまるで腕のようになっている。
身体をなでたりする仕草なんて、たまらなくかわいい。




■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus

せっかくなので標本写真も撮りたい・・・
すばしっこくて捕まえる事が非常に困難だが、手網で虫を捕まえるようにして捕獲に成功!
網を前に構えて歩き、ジャンプしたトビハゼ (Shuttles Hoppfish)を下からキャッチするという作戦。
結構難しいが、成功したときはかなりうれしい!

c0211532_21464849.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm

かわいい顔をしている。
半陸上生活のためか、眼が上についている。


c0211532_21495903.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm


第1背鰭には暗色帯がみられない。
近似種ミナミトビハゼの第1背鰭には暗色帯がみられ、先端が尖るので、ここを見れば見分けは簡単だ。

c0211532_21531531.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm

腹鰭は吸盤状になっている。
また左右の鰭をつなぐ膜蓋があるのも特徴。

c0211532_21545672.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm


別の個体。

c0211532_21555063.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm

特殊な胸鰭。
鰭を支える柄のようなものがあり、その使い方も含めて、もはや腕!
このような魚類が水なしでも呼吸できる呼吸器官を発達させ、両生類になっていったのかなと想像が膨らむ。

c0211532_22102804.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 7.5cm


幼魚も成魚と同じくぴょんぴょんと飛ぶ。

c0211532_22120667.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 1.7cm

ちなみに極小サイズだ。

c0211532_22123860.jpg
■トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus 1.7cm


バケツの水にアクシデントで紛れ込んでしまった小さなエビ。

c0211532_22161946.jpg

よく見るとシラタエビ (Exopalaemon orientis)じゃないか!

c0211532_22172322.jpg
■ シラタエビ (Exopalaemon orientis) Exopalaemon orientis


最後の最後まで楽しめる撮影となった。
この旅行で出会った全ての方に感謝します。

来年も 必ず行くぞ 曽根干潟


<撮影種一覧> 2種



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-23 21:10 | 福岡県 | Comments(0)

521 曽根干潟 ~カブトガニ 翌朝の産卵行動~

c0211532_16442495.jpg

今日は曽根干潟(Sone Tidal Flat)に行ってきた。

昨晩の奇跡のようなカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵行動から1夜明けた。
というか、ホテルに戻って7時間が経ったと言った方が正しいかもしれない。

せっかく遠征に来ているのだから時間を無駄にしたくない。
身体にムチを打って朝から干潟へと出かけた。
今度は親父も一緒だ。

砂浜は昨夜の光景が嘘だったかのように静か。
カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の姿はみられない。


c0211532_16485450.jpg

と思ったらいた!!!

カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)のつがいだ!!!

c0211532_16513761.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


メスが砂に沈み、産卵準備OKだ。もしかしたらすでに産卵行動を始めているかもしれない。


c0211532_16515385.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


しばらくするとメスが砂の上に浮かび、沖へと帰っていった。
水面からでるスムースな体表は、まるでクジラのよう。

c0211532_16515606.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


九州大学の調査チームの方々も調査に来られた。
ちょうど昨年今津干潟、曽根干潟へ行くことができたのもこの先生方のおかげ。
カブトガニ師匠。
ずっとお会いしたいと切望していたので大感激だ。
カブトガニにも会えたし、先生方にも会えたし!最高の旅行じゃないか~!

c0211532_16575162.jpg

それにしても昨晩のカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)乱舞から一変、今朝のこの状況は一体なんなのだろうか。
日中の産卵数は夜に比べ少なくなるとはいえ、ここまで少ないとは・・・

ここでやっと2つがい目を発見。

c0211532_16515976.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

3つがい目。

c0211532_16520623.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

4つがい目。
ブログでみると次々来ているような印象だが、忘れた頃にヌっと姿を現すといった印象。
これらの写真と写真の間隔は50分空いているものもある。


c0211532_16521048.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

地元の家族が一組やってきた。
子供がカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)をみてみたいというから連れてきてあげたのだという。
お父さん、お母さんも見たことがないらしい。

なかなかカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)がみつからなくて子供が飽き始めたころに5つがい目が登場。
よかったね~見ることができて!

それにしても地元の子供たちが1組。それだけ???
といった印象だった。
ホテルの人も知らなかったし、まずは地元の人達にこの素晴らしい干潟とカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の事を知ってもらいたいと切に願う。


c0211532_16521372.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

6つがい目!
と思いきや、メスの体色やオスに付着しているフジツボの様子から4つがい目のようだ。

c0211532_16521760.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

水が比較的綺麗な潮止堤の反対側に6つがい目!
写真は産卵を終え、帰っていくところ。
甲の中にまだたまっていた小さな気泡が出てきてリングを作っている。
気泡がカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の体内から排出されたものではないことが分かる。

c0211532_16522274.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


死骸が並ぶ砂浜でしっかりと生きているカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の卵。
波に洗われて表に出てきてしまっていたが、発生が進み大きくなっている。恐らく以前に産卵されたものだろう。
たくさんの成体が死んでいる中、その子孫はしっかりと育っている。

c0211532_23180615.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


朝の9時から3時間、今日観察できたつがいは6組であった。
恐らく夜もこれくらいが普通なのだろう。
毎日調査されている高橋先生がすごいとおっしゃっているくらいなので、いかに昨晩がすごかったかが分かる。

そんな1年に1度しかないような秘密をこっそり教えてくれてありがとうカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)!
気付けばすっかりファンになってしまった!!!


<撮影種一覧> 1種
<クモ・サソリ・カブトガニ類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-23 21:00 | 福岡県 | Comments(4)

520 曽根干潟 ~2016年7月22日 カブトガニ産卵行動の記録~

c0211532_22191290.jpg

今日は曽根干潟(Sone Tidal Flat)に行ってきた。

ホテルで休憩をとり、いよいよこの旅の目的である産卵行動の撮影だ!
21時くらいからみられるのではと高橋先生のアドバイスをいただいていたので、21時には現地入りしようと思っていたが疲れすぎていて到着したのは21:30。時間が減った~!しまったぁ~!

街頭がないため、懐中電灯がないと何も見えない真っ暗な砂浜に降りていく。
誰もいないので一人きりだ。(親父も過労でダウン笑)

余りにも暗いのでちょっとドキドキしながら周りを照らしてみる。
いきなりカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の死骸が目の前に広がったので、うわっ!と後ずさりした。

c0211532_22333393.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

まずは照明のチェックを兼ねて夜になると活動が活発になるカクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani)を撮影。
さすがスピードライト600EX-RTはパワフル。まるで昼間のような明るさだ。

c0211532_22344283.jpg
■ カクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani) Parasesarma pictum

トビハゼ (Shuttles Hoppfish)も満ち潮に乗ってどんどん沖からやってきた。
昼間よりもはるかに活性が高い。

c0211532_22380808.jpg
■ トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus

準備運動は終わり!
さてここからが本番だ。
時間の経過とともにお伝えしたいので、ここからは時間付のレポート。

21:40

ドキドキしながら恐る恐る水面を覗いてみる・・・
いた~っ!!!
なんといきなりカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)のつがいを発見っ!!!
もう来ていたとは!来るのが遅すぎたかっ!!!

c0211532_22432807.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

おおっ!!!
こっちにもいた~っ!!!
今は満ち潮のためこの場所は水につかったばかり。
そのため砂浜にあったゴミが浮いている。

c0211532_22490034.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

21:50

上とは別のつがい。
満潮時を狙って産卵にくるのは、少しでも水際から離れた場所の砂の中で卵を守りたい為。

c0211532_22525718.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

波がバシャバシャかぶるような場所でも気にせず産卵をする。

c0211532_22525755.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


22:00

産卵を開始しているつがいを発見!
産卵中は甲のヘリ2カ所から、細かい気泡が出てくる。この気泡はカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)が砂を掘り起こしたとき、砂の中に含まれていた細かな気泡が上がってきたもの。カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)が出す粘液と混ざっているため、水面に出ても中々消えない。
これが水の下で産卵行動を行っているカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)をみつける目安となる。

c0211532_22581762.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


c0211532_22581610.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


22:20

新しいつがいがやってきた。

c0211532_23082105.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

まずは産卵に適した場所を探すようにうろうろする。
そして気に入った場所がみつかると、そこでじっとする。

c0211532_23085202.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

メスは砂を掘って中に身体を埋めていく。
落ち着いたら先ほどの様に気泡が出始める。

c0211532_23105221.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


22:50


最初からいたつがいが産卵を開始したようだ。
気泡が出てきて、水面は泡でいっぱい。

c0211532_23121940.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


23:10

高橋先生と合流。
気づけば水面は泡だらけに!!!
産卵行動がピーク!!!

c0211532_23154970.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


もしかしてすごいことになっているのではと真上から撮影。
すごいことになっていた。
この写真の範囲だけでも7つがい。

c0211532_23170005.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

感動と興奮でハイ状態に!このあたりくらいから訳が分かっていない。

1つがいが産卵を終え移動し始めた。

c0211532_23195940.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

ゆっくりと真っ暗な海へ帰っていった。

c0211532_00312389.jpg

■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


c0211532_23233299.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


23:20

先の密集ポイントとは別の水際で2つがいが産卵中。

c0211532_23260353.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

そのうち1つがいが産卵を終え、沖へと帰っていった。

c0211532_23263213.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

その間に別の新しいつがいがやってきた。
産卵が終わって移動中なのかもしれない。

c0211532_23281065.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

水際のもう1つがい。
オスがもぞもぞし始めて、「もう帰ろうよ」とメスに合図する。
メスも帰る気になったらスッっと砂の上に顔を出して沖へと帰ってゆく。

c0211532_23292199.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

c0211532_23310481.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


23:30

先ほどの密集ポイントではつがいが次々帰り始めた。

c0211532_23322979.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

と思ったら、新たにやってきたつがいが。

c0211532_23355954.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


こっちにもさっきはいなかったつがいが産卵を始めている!

c0211532_23393598.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

さらにまた別のつがいが来て、砂の中に入っていく。
ピークが終わったと思ったら、全然そんなことはなかった。

c0211532_23451583.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


23:40

カブトガニを守る会福岡支部の方たち。
さすが毎日調査をされているので泡だけでどこにつがいがいるのかすぐに分かる!


c0211532_23475459.jpg

また産卵しているつがいが増えている。

c0211532_23504980.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


と思えば帰っていくつがいも。
ということは入れ替わり立ち代わりでものすごい数のつがいが来ているのではないだろうか。
途中までは頭の中でカウントしていたが、もはや分からなくなってしまった。

c0211532_23511901.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

23:50

沖に頭をむけ産卵するつがい。
通常は陸に頭を向けていることが多いので珍しい。

c0211532_00020988.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

帰っていくつがい。
その下には産卵中の別の個体が見える。

c0211532_00040336.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


メスが砂のなかにすっぽり埋まっているつがい。

c0211532_00043985.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


波にあおられて雄の尾が水面から出ている。
あれ?
気付けばまたさっきより増えているのではないだろうか・・・

c0211532_00055801.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

帰っていくつがい。

c0211532_00072850.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


24:00

満潮。
潮位は下がり始めているような気がするが、カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)は減るどころか増えているようだ。

c0211532_00093504.jpg

■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


潮止堤を挟んで反対側の河口にもつがいたちの姿がみえる。

c0211532_00111132.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

砂浜でもまだまだ産卵中のつがいは多い。

c0211532_00131611.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


24:10

産卵を終えて帰っていくつがい。
帰っていくつがいの方が目につく。
普通に考えると減っていくはずなのに、つがいの数が多くなっている気がする!!!

c0211532_00155010.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


こちらも産卵が終わったもよう。

c0211532_00162967.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

砂の中からメスが頭を出す様子。

c0211532_00181495.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


c0211532_00181409.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

そして帰っていく。

c0211532_00194669.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

まだ産卵中のつがいたちも。

c0211532_00191259.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


c0211532_00204549.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


ここで状況がどうなっているのか引いて撮影してみることにした。
やはりすごい状況になっていた!
写真の中だけでも6つがい!

c0211532_00352920.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


高橋先生が興奮気味に口を開いた。
「あんた本当に運がいいよ~!こりゃ今シーズン一番多い!こんなにたくさん見れることはまずないけん!つがいがたくさん来とっても風向きによっては水が濁って写真なんてとれん。日ごろの行いがええんやね!この日に来なさいって言ったのがバッチリだったなぁ。」

その言葉をいただかなかったら、いつでもこれくらい見れるもんだと勘違いしていただろう。
それほどすごい事だったんだ!
来てよかったなぁとじわじわ喜びがこみ上げてくる。


24:20

つがいが次々と帰り始める。

c0211532_00455166.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus

c0211532_00462935.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


c0211532_00470234.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


やはり先ほどの6つがいショットの瞬間がピークだったようで、あっという間につがいの数がみえなくなっていった。
まだ数つがいが残っているようだが、今日はこの辺でお開き。

水面には産卵の際に出た泡がたくさん残っていた。
命の営みの強烈なパワーを肌で感じた。

c0211532_00500383.jpg

曽根干潟、ここは本当に素晴らしい場所だ。
しかしカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)繁殖地としては危機的な状況にある。

写真でも分かるとおり、彼らは綺麗な砂の上に卵を産むが、この広大は干潟の中で砂が残っているのはほんのわずかしかない。
逆に産卵できる場所が少なすぎるから、今回の観察のようにカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵が密集してしまうのだ。
密集して産卵すると、一度産卵した場所を別のつがいが掘り起こしてしまうかもしれない。
密集して産卵するのと散らばって産卵するのとでは、彼らの場合散らばって産卵するほうが効率はよいだろう。

あなたたち人間は5年間ここを守る事が出来ますか?
という質問に対してはYESといえるかもしれないが、100年間ここを守る事が出来ますか?
と聞かれるとどうだろう。

土地の少ない日本で、干潟は埋立地としての恰好のターゲット。
しかも一度埋め立ててしまうと二度と戻ってこない希少な場所。

この場所を守っていきたいと思う人間を増やして次の世代に伝えていくためにも、まずはその素晴らしさを皆に知ってもらうという活動が重要なのではないかと思う。


<撮影種一覧> 3種
<クモ・サソリ・カブトガニ類>
<甲殻類>
<魚類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-22 23:59 | 福岡県 | Comments(0)

519 曽根干潟 ~カニを襲うカニ~

c0211532_19473764.jpg

今日は曽根干潟(Sone Tidal Flat)に行ってきた。

ホテルへチェックインしたが、やっぱり干潟探索はしておきたい!
という訳でひとり干潟へとやってきた。

野鳥撮影用に購入したデジスコ、これが小さな生き物の撮影にも使えるかどうかのテストもしてみたい。
忙しい事を言い訳に、ここ1年くらいデジスコを使っていない。全く自分が情けなくなる。
まずは使い方になれておかねばと、近くの野池にいたミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider)を撮影した。

c0211532_19530156.jpg
■ ミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider) Trachemys scripta elegans

ちょっと手こずったがOK!準備完了!!!
わくわくしながら干潟に降りる。

ここでも待っていたのがカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の死骸。

c0211532_19562149.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


c0211532_19562621.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


次から次へと打ち上げられてきているようだ。まだまだその数は増えていきそう・・・

普通はすぐに穴の中に逃げ込むスナガニ (Stimpson's Ghost Crab)が思考停止に陥ったのか穴の前でじっとしていた。
わずか10cmの距離で撮影。

c0211532_20003940.jpg
■ スナガニ (Stimpson's Ghost Crab) Ocypode stimpsoni

縞模様がオシャレなヘナタリ (Henatari)。

c0211532_20091004.jpg
■ ヘナタリ (Henatari) Cerithidea cingulata


こちらは未同定。

c0211532_20092011.jpg
■ 腹足綱の1種 (Gastropoda) Gastropoda sp.


まだ綺麗な標本写真を撮影できていないアシハラガニ (Ashiharagani)を発見!

c0211532_20085707.jpg
■ アシハラガニ (Ashiharagani) Helicana tridens

ここにはアシハラガニ (Ashiharagani)がかなりの数生息している。
去年ハチの干潟でアシハラガニ (Ashiharagani)を狙ったのに空振りに終わったが、やっと捕獲する事ができた!よ~し!
全体的にツルっとした印象で、オレンジがかった体色が美しい。

c0211532_23260736.jpg
■ アシハラガニ (Ashiharagani) Helicana tridens 甲幅3.3cm


アシハラガニ (Ashiharagani)の顔。
色味がたまらなくかっこいい。

c0211532_23291285.jpg
■ アシハラガニ (Ashiharagani) Helicana tridens 甲幅3.3cm

これだけで来た甲斐があったというもの。

そして今度は不審な動きをしているアシハラガニ (Ashiharagani)を発見!
なんとヤマトオサガニ (Yamato Osagani)を襲っているではないか!

c0211532_23190427.jpg
■ アシハラガニ (Ashiharagani) Helicana tridens
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus


ヤマトオサガニ (Yamato Osagani)はまだ生きていて必死に抵抗しているが身体の大きさが全く違うので勝負にならない。
ここでデジスコが登場!
おお!小さいカニでも問題なく撮影できている!!!
恐らくアシハラガニ (Ashiharagani)がカニを襲っている写真はほとんどないのではないだろうか!

c0211532_19473764.jpg

■ アシハラガニ (Ashiharagani) Helicana tridens
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus



■ アシハラガニ (Ashiharagani) Helicana tridens
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus

他のカニを捕食することもあるというのは知っていたが、まさか実際にみられるとは!

泥の上を歩いているトビハゼ (Shuttles Hoppfish)。
水辺から3mくらいは離れている場所でも普通にみられる。
これが魚類なんて!

c0211532_23341259.jpg
■ トビハゼ (Shuttles Hoppfish) Periophthalmus modestus


この場所(先ほどの場所とは別の場所)で最も個体数の多いカニであろうハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)。
オスがさかんに大鉗脚をふっている。
この姿が潮を招いているようであるため、潮招きと呼ばれる。実際干潮時に現れてハサミを振り、その後潮が満ちだすので潮を招いているのは事実だ。
大鉗脚を振る仕草はウェービングと呼ばれ、主にオスがメスにアピールするときにとる行動だ。メスがそのオスを気に入ればオスの巣穴に入っていくという。

c0211532_23363472.jpg
■ ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea


ここでデジスコが再び登場。
泥で三脚が汚れないようにスーパーの袋で完全武装。

c0211532_23422461.jpg

ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)のデジスコ撮影をしてみた。

c0211532_23434139.jpg
■ ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea


さすがデジスコ、ボケがすごい!その分ピントがめちゃくちゃシビアだ。
かねてから狙っていたウェービングの動画撮影にも成功!



■ ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea


ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani)も撮影することができた。

c0211532_00111290.jpg
■ ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani) Helicana japonica


底質を口に入れて有機物を濾しとって食べている。
デトリタス食というやつだ。




■ ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani) Helicana japonica


アシハラガニ (Ashiharagani)と同じく、ずっと探し求めていたカクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani)の標本写真の撮影にも成功っ!!!

c0211532_00335971.jpg
■ カクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani) Parasesarma pictum 甲幅1.8cm


今日はすでに大収穫だ~!!!

夜の撮影本番を前に早くもバテてしまった・・・

ちょっとだけホテルで休憩しよ・・・


<撮影種一覧> 11種
<貝類>
■ ヘナタリ (Henatari) Cerithidea cingulata
■ 腹足綱の1種 (Gastropoda) Gastropoda sp.
<クモ・サソリ・カブトガニ類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-22 21:10 | 福岡県 | Comments(0)

518 曽根干潟 ~カブトガニの死骸たち~

c0211532_18341126.jpg
今日は曽根干潟(Sone Tidal Flat)に行ってきた。

ちょうど一年前、カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵をみたくて福岡県に撮影旅行に行った。
しかし初めて訪れる場所のどこでカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)がみられるかは素人には到底分かるはずもなく悲しくも空振りに終わっていた。

そして1年後、またカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵の季節が訪れた。今回は離れて暮らす父親を誘い、親子旅行を兼ねて曽根干潟へ撮影旅行だ!

広島県の三次市で合流し、福岡を目指す。
関門海峡は相変わらず潮の流れがめちゃくちゃ早い。

c0211532_18415290.jpg

家を出て5時間、やっと曽根干潟へ到着した。
現地では再び昨年お世話になったカブトガニを守る会の高橋先生に産卵場所を案内していただいた。
カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)は砂底に産卵するため、干潟の中でも砂地の場所で待つことが大切。


c0211532_18442117.jpg

今シーズン、カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵は順調の行われているようで、砂の上を観察していると早速卵の固まりを確認。こんなに簡単に卵がみつかるとは、やはりすごいところだ曽根干潟。

c0211532_18561718.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵場を守っていくため、砂の不法採取を禁止する看板。
4億年も前から地球に存在しているカブトガニだが、底質の粒度が少し違うだけで産卵が上手くいかなくなるという、繊細な面も持っている。

c0211532_18583297.jpg

今日の満潮は夜の12時。
カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の産卵は満潮時にみられるので、それまではしばしの休憩だ。

しかしその前になんとも悲しくなるような写真を撮影しなければならない。
今シーズン、曽根干潟ではカブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)の成体の大量死がみられている。
高橋先生をはじめとする保護活動のメンバーの方々がその死骸を並べていた。

「300匹死んだっちゅうても、言葉だけじゃイメージがわかんやろ。こうやって300匹の死体を実際にみると、うわぁと衝撃を受ける。何とかせなと思ってくれる人が少しでも増えてくれれば、こうやって臭い思いして並べとる甲斐がある。メディアも取材しにくるかもしれん。」

高橋先生の思いが強く伝わる衝撃的な景色。
約300匹の成体の死骸たち。
悪臭がひどく、肺の中まで腐乱臭で満たされている気分。


c0211532_18341126.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab)が成体になるためには10年以上もかかる。

c0211532_19083058.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


この大量死は海水温の上昇が原因なのか、海底の貧酸素が原因なのか、化学物質による公害なのか、それとも生息数が多い世代の寿命と重なったのか全く分かっていない。
この希少な種を保護するためにも原因を調査することが早急に求められる。

暗い気持ちになったが、気を撮り直し曽根干潟の生き物たちを写真撮影。

まずはハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)のメス。
のんきに餌を食べている姿がかわいらしい。


c0211532_19153857.jpg
■ ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea


続いてハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)のメスの似たチゴガニ (Chigogani)。
ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)のメスよりも鉗脚が大きいのと、オスはウェービングといって両方の鉗脚を上に振ってバンザイをするような仕草をするので見分けることができる。
甲の側面が空色をしているのも特徴だ。

c0211532_19230191.jpg

■ チゴガニ (Chigogani) Ilyoplax pusilla


c0211532_19233116.jpg
■ チゴガニ (Chigogani) Ilyoplax pusilla


最も多くみられたのがヤマトオサガニ (Yamato Osagani)。
上の2種よりもより泥の場所を好む。

c0211532_19395888.jpg
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus


c0211532_19402987.jpg
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus

やっぱり干潟はワクワクするなぁ。

それでは産卵行動の撮影の前にホテルへチェックイン。
でもせっかく来ているのだから休憩せずにまずは干潟の生物の写真をゆっくり撮ろうかなぁ。


<撮影種一覧> 4種
<クモ・サソリ・カブトガニ類>
<甲殻類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-22 21:00 | 福岡県 | Comments(0)

517 宮崎県産 ~初めてのトラガニ~

今日は家で写真を撮った。

最近、甲殻類を取り寄せて標本写真を撮る事がマイブームだ。
7月10日のアブラガニ (Blue King Crab)に7月14日のハナサキガニ (Hanasaki Gani)。
そして今日7月15日はトラガニというカニに挑戦だ。

トラガニはワタリガニ科のカニで、標準和名をシマイシガニという。
香港や中国南部では最も珍重されているカニのひとつで、だいたい海鮮レストランのメニューにもったいぶって掲載されているようなカニだ。
もちろん高い。

日本では漁獲量が少なく、ほとんどの日本人は食べたことがないのではないだろうか。
今日はたまたま宮崎県の水産業者からトラガニを取り寄せる事ができた。

そんな幻のトラガニの姿がこちら。

c0211532_22370243.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm


このカニの甲には十字架模様が浮かび上がるのが特徴。
図鑑などではキリスト教徒は食べないと書いてある事が多い。
実際にインドのゴア周辺では、本種に似た十字架模様を持つカニのことを宣教師フランシスコ・ザビエルから祝福を受けたカニの子孫であると信じているらしい。

c0211532_22370572.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

シマイシガニの顔。

c0211532_22370982.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm
腹面は本当に真っ白だ。

c0211532_22371390.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

もう1匹は600g。
上の個体よりやや若いためか白っぽい。

c0211532_22371742.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅14.0cm

700gと聞いてもピンとこないが、手と比較するとその大きさがよく分かる。

c0211532_22365497.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

加熱すると真っ赤になる。
中国で紅蟹とよばれているのはそのためだろう。

さっそく実食!シンプルに塩茹ででいただいたが、ワタリガニ科特有の美味さに満ち溢れている。身がプリプリだ!
殻は薄いので食べやすい。

c0211532_22372148.jpg
■ シマイシガニ (Crucifix Crab) Charybdis feriata 甲幅16.0cm

そして嬉しいおまけ。
水産業者の人が気を利かせてくれてオオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster)をつけてくれていた。

c0211532_22372465.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

c0211532_22372869.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

なんとも変わった形のエビだが、エビからカニへ進化する途中の形と考えれば納得がいく。
クルマエビ (Japanese Tiger Prawn)等の卵を水中に放出するタイプのエビから、テナガエビ (Oriental River Prawn)のように卵を腹肢の間で保護するタイプのエビに進化し、その後イセエビ (Japanese Spiny Lobster)のように完全に底生生活に適応し硬い殻を持つタイプに進化、その後本種のように腹部が短くなっていき、それを折りたたんでカニになっていった。
それぞれのステージの種が今でも残っているのがとても面白い。

c0211532_22373291.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

横からみるとあまりにも扁平で食べるところがなさそうだが、半分に割ってみると見た目以上に身がつまっていた。
味の方は・・・

プリプリとしてクセがほとんどなく、最高の味だった!
いくらでも食べられそうだ。


c0211532_22373793.jpg
■ オオバウチワエビ (Smooth Fan Lobster) Ibacus novemdentatus

次は何を取り寄せようかなぁ・・・


<撮影種一覧> 2種
<甲殻類>


[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-15 21:10 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

516 家 ~トノサマガエル発見~

今日は家(Home)で写真を撮った。

外に出てうろうろしていると、芝の中に身体をうずめている中くらいの大きさのカエルを発見した。
トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog)だ!!!

c0211532_0253385.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata

これはこの間のアマガエルのように捕まえて白バックで写真を撮影してみたい!!!

そぉ~っと近づき手で押さえる。
全く反応がないので死んでいるのかと思ったら、どうやら寝ていたようだ。

手のひらの中で大暴れするトノサマガエル (Black-spotted Pond Frog)。力がとても強く、隙間からこじ開けられぴょんぴょんと逃げて行ってしまった。

カエルを捕まえようとしている人間の動きほど滑稽なものはない。
カエルに近づき捕まえようとしゃがむと同時にカエルはぴょんっとジャンプする。
40歳前にして一体何をやっているんだと自分につっこみながらやっとの思いで捕獲に成功した。

早速家に帰って写真撮影。
逃げ回ってかなり体力がなくなったようだ。
割とおとなしくポージングをしてくれた。

瞳孔が大きくなっている。
さっき外で写真を撮った時に寝ていたのは間違いない。

c0211532_0304252.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata


c0211532_030553.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata


c0211532_031178.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata

トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) の特徴でもある正中線がはっきりと出ている。

c0211532_031520.jpg
■ トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata

やっぱり白バックで色々な生き物を撮るのは面白いっ!


<撮影種一覧> 1種
<両生類>
トノサマガエル (Black-spotted Pond Frog) Rana nigromaculata
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-15 21:00 | 島根県 | Comments(2)

515 ロシア産 ~ハナサキガニに挑戦~

今日は家で写真を撮った。

先日ついに撮影することができたアブラガニ。その次に撮ろうと決めていたのが同じタラバガニ属のハナサキガニ (Hanasaki Gani)。
このカニは根室を代表するカニで、一度鉄砲汁をいただいた事がある。

図鑑で見る限りかっこいいカニだなぁと思っていたが、届いてびっくり。
テリが強く、棘だらけで想像以上にかっこいい!!!

c0211532_17454969.jpg
■ ハナサキガニ (Hanasaki Gani) Paralithodes brevipes 1.2kg

このテリと棘!このままゲームの敵で出てきてもおかしくない、悪くて強そうなルックスだ。

c0211532_17522018.jpg
■ ハナサキガニ (Hanasaki Gani) Paralithodes brevipes 1.2kg

カニと名がつくが、ヤドカリの仲間。
眼をみるとつぶらな瞳がふたつ並んでついている。
多くのカニ類は目が離れている。

c0211532_17533989.jpg
■ ハナサキガニ (Hanasaki Gani) Paralithodes brevipes 1.2kg

大きなハサミ。
これで挟まれたら大けがをしそうだ。

c0211532_17545412.jpg
■ ハナサキガニ (Hanasaki Gani) Paralithodes brevipes 1.2kg

初めて見るハナサキガニを堪能し、あとは食べるだけ。

蒸し器に入れて15分蒸してみた。
あの赤褐色の体色が見事な赤色に変身!

c0211532_1756188.jpg
■ ハナサキガニ (Hanasaki Gani) Paralithodes brevipes 1.2kg

赤い色が食欲を刺激する。

c0211532_17564446.jpg
■ ハナサキガニ (Hanasaki Gani) Paralithodes brevipes 1.2kg

以前鉄砲汁をいただいたときにも感じたが、このカニには独特の風味がある。
慣れていないとちょっと違和感を感じるかもしれないが、例えるならワタリガニ系の風味だ。

自分はこの風味に慣れているので全く気にならなかった。

気になるお味は・・・

アブラガニ (Blue King Crab)を食べたばかりなので、比べるとどうしても劣る。
味はかなり濃い。旨みというより塩分が強く、身にプリプリ感がない。
美味しいのは美味しいが、脚を1本食べるともう満足かなという感じ。

鉄砲汁と呼ばれる汁にして食べられている事にも納得だ。
各地の海の幸をこうやって島根にいながら食べられるのはとってもありがたいこと!

次はトラガニと呼ばれているシマイシガニに挑戦予定!!!


<撮影種一覧> 1種
<甲殻類>
ハナサキガニ (Hanasaki Gani) Paralithodes brevipes
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-14 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

514 ロシア産 ~アブラガニに挑戦!~

今日は家で写真を撮った。

今日は家に帰るのが楽しみで仕方がない。
ず~っと探していた、アブラガニの活が届くからだ。
しかもタイミングよく、カナダに住む友達が訪ねて来てくれる。ウエルカムバックカニパーティー。

北海道を代表するカニと言えばタラバガニ (Red King Crab)。
そのタラバガニをインターネットでみているとよく出てくるのがアブラガニ (Blue King Crab)という名前。
どうやら昔、価格の安いアブラガニをタラバガニと偽って販売していた業者がいて問題となったらしい。
その為か、やたらアブラガニの情報を目にする。

しかし、いざアブラガニを取り寄せようとすると全然みつからないのだ。

探し始めて3年、やっと会う事のできたアブラガニ。

c0211532_239527.jpg
■ アブラガニ (Blue King Crab) Paralithodes platypus 甲幅16.0cm 1.5kg

なんかタラバガニとは違う。平べったいというか、よりつるっとしているというか。これが第一印象。
ちゃんとした見分けのポイントを知らなくても雰囲気で見分けられそう。

腹面の写真。

c0211532_23131139.jpg
■ アブラガニ (Blue King Crab) Paralithodes platypus 甲幅16.0cm 1.5kg

鉗脚(ハサミ脚)の写真。
右の鉗脚の方が大きくなる。

c0211532_23145585.jpg
■ アブラガニ (Blue King Crab) Paralithodes platypus 甲幅16.0cm 1.5kg

英名のBlue King Crabが表すように、青っぽい。特に鉗脚が青くなっている!

c0211532_2315275.jpg
■ アブラガニ (Blue King Crab) Paralithodes platypus 甲幅16.0cm 1.5kg

タラバガニとの見分けのポイントでよく使われるのが甲の心域の棘の数。
心域というのは甲の真ん中にある線で囲まれた部分のこと。
タラバガニにはここに6つの棘があるが、アブラガニでは4つの棘がある。
アブラガニでもまれに5~6の棘があるとの事だが、この個体はそのまれになってしまったようで、ごく小さな棘を入れると合計5つ確認できる。

c0211532_2315660.jpg
■ アブラガニ (Blue King Crab) Paralithodes platypus 甲幅16.0cm 1.5kg

大型のカニ(ヤドカリの仲間)なので鍋に入らないことがほとんど。

c0211532_23151678.jpg

ハサミで脚を切ってから鍋に入れる。
こうやってみると脚がかなり青っぽいのが分かる。
角度によって青がよく見えるのかもしれない。

c0211532_23152069.jpg

加熱されると真っ赤になる。

c0211532_23152366.jpg

歩脚は背側は真っ赤になるが、腹側は白くなる。
タラバガニだと腹側も先の方は赤くなる。

c0211532_23155395.jpg

c0211532_23152763.jpg

肝心のお味は・・・
最高!!!

身が甘くプリプリ。特に肩の身が美味いと感じた。

満足のいく写真も撮れたし、今日はいい一日だったなぁ。


<撮影種一覧> 1種
<甲殻類>
アブラガニ (Blue King Crab) Paralithodes platypus
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-10 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

513 宍道湖自然館ゴビウス ~4年ぶりのゴビウス~

今日は宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)に行ってきた。

今日は初めて息子を水族館へ連れていってみることにした。
その水族館は地元の子供に大人気の宍道湖自然館ゴビウスだ。

エントランスの筒形水槽で泳いでいたのはアユ (Ayu)の若魚。

c0211532_15401839.jpg
□ アユ (Ayu) Plecoglossus altivelis

淡水魚の水槽で泳いでいたワタカ (Wataka)。
こんな地味な魚まで展示してあるのがすごい!

c0211532_1541209.jpg
□ ワタカ (Wataka) Ischikauia steenackeri


ここでは旧メバル3種が一緒に展示されていた。魚マニアにとっては一度に3種を比較できるのでとても嬉しい展示!

c0211532_15414510.jpg
□ クロメバル (Kuro Mebaru) Sebastes ventricosus


c0211532_1542157.jpg
□ アカメバル (Aka Mebaru) Sebastes inermis


砂に潜って頭を出しているホタテウミヘビ (Highfin Snake Eel) 。
なるほど海底ではこうなっているんだと興味津々。
それにしても身体が飛び出ているんですが・・・

c0211532_1541511.jpg
□ ホタテウミヘビ (Highfin Snake Eel) Ophichthus altipennis

筒に入っていたのに、人の姿を見るなりうゎ~っと出てきたダイナンギンポ (Dainan Ginpo)。
餌がもらえると思ったのかな。

c0211532_1542697.jpg
□ ダイナンギンポ (Dainan Ginpo) Dictyosoma burgeri

コショウの実をふりかけたかのような模様のコショウダイ (Crescent Sweetlips)。

c0211532_15421042.jpg
□ コショウダイ (Crescent Sweetlips) Plectorhinchus cinctus

底から50cmくらい上を群れで泳ぐヒイラギ (Spotnape Ponyfish)。
びっくりするほど素早い。
ヒイラギ (Spotnape Ponyfish)の生息する汽水域は基本的に透明度が低いので、ダイビングでもなかなかこの様な様子は観察できないだろう。

c0211532_1542167.jpg
□ ヒイラギ (Spotnape Ponyfish) Nuchequula nuchalis

前回もいたネンブツダイ (Half-lined Cardinal)。
釣りではエサ取りとして嫌われるが、こうやって見るととても美しい。

c0211532_15423662.jpg
□ ネンブツダイ (Half-lined Cardinal) Apogon semilineatus


美味しそうなウナギ (Japanese Eel)。
そういえばそろそろ土用の丑の日?

c0211532_15425176.jpg
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica

婚姻色がはっきりと出たオイカワ (Freshwater Minnow)のオス。
緑と赤の模様が美しい。

c0211532_15425578.jpg
□ オイカワ (Freshwater Minnow) Zacco platypus

昔からこの水族館にいるゴギ (Gogi)。
大きくなりすぎて、顔がいかつくなっている。

c0211532_15425922.jpg
□ ゴギ (Gogi) Salvelinus leucomaenis imbrius

4年前にはなかったタッチプール。
びっくりするほどたくさんのアメリカザリガニ (Red Swamp Crayfish)が展示されていた。
共食いシーンを撮影。笑

c0211532_1543443.jpg
□ アメリカザリガニ (Red Swamp Crayfish) Procambarus clarkii

カメラのシャッター音に気づいて、何か用?と振り返るニホンヒキガエル (Japanese Toad)。
ここまで大きくなるとその存在感がすごい!

c0211532_15431185.jpg
□ ニホンヒキガエル (Japanese Toad) Bufo japonicus

気づくと息子を放置して夢中になっていた。

やっぱり水族館は楽しいなぁ・・・
また来よう!


<撮影種一覧> 20種

<甲殻類>
アメリカザリガニ (Red Swamp Crayfish) Procambarus clarkii
モクズガニ (Japanese Mitten Crab) Eriocheir japonica
<魚類>
アカメバル (Aka Mebaru) Sebastes inermis
□ クロソイ (Korean Rockfish) Sebastes schlegelii
クロメバル (Kuro Mebaru) Sebastes ventricosus
ネンブツダイ (Half-lined Cardinal) Apogon semilineatus
□ コショウダイ (Crescent Sweetlips) Plectorhinchus cinctus
ヒイラギ (Spotnape Ponyfish) Nuchequula nuchalis
キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara
ダイナンギンポ (Dainan Ginpo) Dictyosoma burgeri
□ イトヨ (Three-spined Stickleback) Gasterosteus aculeatus
□ アユ (Ayu) Plecoglossus altivelis
ゴギ (Gogi) Salvelinus leucomaenis imbrius
ワタカ (Wataka) Ischikauia steenackeri
□ オイカワ (Freshwater Minnow) Zacco platypus
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica
ホタテウミヘビ (Highfin Snake Eel) Ophichthus altipennis
<両生類>
ニホンヒキガエル (Japanese Toad) Bufo japonicus
ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog) Hyla japonica
<爬虫類>
ジムグリ (Japanese Forest Ratsnake) Elaphe conspicillata

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-07-01 21:00 | 島根県 | Comments(0)