493 島根県宍道湖産 ~宍道湖のヤマトシジミ~

今日は家で写真を撮った。

長かったアメリカ出張から昨日戻り、今日は前の職場の友達とランチ!
子供の話、昔の調査の話、10年以上付き合いがあるので話が尽きないっ!!!
あっという間に楽しい時間が終わったが、とっても素敵な贈り物をいただいた。

宍道湖産のヤマトシジミ (Yamato Shijimi)だ!
しかもこんなにたくさん!!!

c0211532_19822100.jpg
■ ヤマトシジミ (Yamato Shijimi) Corbicula japonica

もう何年も新鮮なヤマトシジミ (Yamato Shijimi)を食べていない気がする。
昔は飽きるくらい食べていたのだけど・・・

ヤマトシジミ (Yamato Shijimi)の最も美味しい食べ方は間違いなく味噌汁。
体積の半分がヤマトシジミ (Yamato Shijimi)なんじゃないかというくらいたっぷり入れるのがコツ。

そうすると最高の出汁が出て美味しくて体に優しい味噌汁が出来上がる。

c0211532_19114948.jpg
■ ヤマトシジミ (Yamato Shijimi) Corbicula japonica

いや~絶品!
これは美味いっ!!!

なかなか食べる事が出来ないが、松江市の誇りだなぁヤマトシジミ (Yamato Shijimi)!


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ ヤマトシジミ (Yamato Shijimi) Corbicula japonica
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-02-07 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

492 California Delta ~カリフォルニアデルタでバスフィッシング~

今日はCalifornia Delta(カリフォルニアデルタ)に行ってきた。

昨日から友人を訪ねるためにSacramento(サクラメント)に来ている。
4年ぶりの再会を果たし、楽しい時間を過ごす事ができた。
そして今日は2人でバスフィッシング!

今日のフィールドはCalifornia Delta(カリフォルニアデルタ)。地元の人は単にデルタと呼ぶこの場所は、川が網目状に発達した場所で、バスフィッシングでは超有名な人気スポット。
wikipediaの写真を見るとその複雑さがよくわかる。

こんなすごいところで釣りができるなんてなんて!水温が低く渋い時期ではあるが、とても楽しみだ!!!

朝の6時に出発。
100kmのドライブを経てデルタへとやってきた。

c0211532_22181272.jpg

ボートを水に入れるBoat Launchは色々なところにあるらしい。
もちろん有料。

c0211532_22215210.jpg

満を持して入水!
久しぶりのフィッシングに心躍る。

が、霧がすごい!ボートを運転出来ないほど霧が濃い・・・
友達が行きたがっているポイントは諦めて、その辺でキャスティング。

感覚を取り戻すにはちょうどいい練習になるなと思っていたら霧も晴れて、いざ出陣だ~!

ブラックバス釣りは中学生の頃からやっているので、なんとなくどこをどうすればいいか覚えている。
竿を振るだけでも十分楽しいのだが、やっぱり魚の顔が見たいもの。

友達も自分も1匹もキャッチできないまま時間だけが過ぎていった。

ここで釣りへの集中力を完全に0にする出来事が起きた。
目の前に大きな猛禽類が現れたのだ。

デカい!と二人で盛り上がったが、よ~くみるとなんとフクロウではないか!!!
これは素晴らしい!
もう釣りはいい。フクロウの写真を撮らせてくれ~!!!

c0211532_22291692.jpg
■ Great Horned Owl (アメリカワシミミズク) Bubo virginianus


c0211532_2230482.jpg
■ Great Horned Owl (アメリカワシミミズク) Bubo virginianus

こんなに近くでフクロウに出会えるなんてっ!
日本でも昼間に見たことはないのに。

ボートが近づきすぎると、気持ち悪かったのか遠くの木へと飛んで行った。
身体の色がうまくカモフラージュされている。

c0211532_22321052.jpg
■ Great Horned Owl (アメリカワシミミズク) Bubo virginianus

ボートがゆっくりと進んでくれるので助かる!
だんだん近づいていく。
顔つきが怖い!

c0211532_2234418.jpg
■ Great Horned Owl (アメリカワシミミズク) Bubo virginianus

最高に寄れたときは残念ながら木が邪魔をしてきれいに見れなかった・・・

c0211532_22351499.jpg
■ Great Horned Owl (アメリカワシミミズク) Bubo virginianus

それでもこんな幸運は滅多にないだろう!

釣りはさっぱりだが、一人でめちゃくちゃ満足したフィッシングだった。
次こそは暖かい時期に釣りまくろう!!!


<撮影種一覧> 1種
<鳥類>
Great Horned Owl (アメリカワシミミズク) Bubo virginianus

[PR]

by takuyamorihisa | 2016-02-03 21:00 | USA | Comments(0)

491 Foster City ~ジャックラビットとの出会い~

今日はFoster City(フォスターシティ)に行ってきた。

今晩はToronto(トロント)でお世話になっていたワキさん一家に会う日。
夕方まで時間があるので、2年前に撮影で訪れたFoster City(フォスターシティ)へ行ってみた。

この町は湿地帯を埋め立てて造られた計画都市。沿岸は市民が散歩する公園となっている。
この沿岸のトレイルがどことなくToronto(トロント)のLake Ontario(オンタリオ湖)沿岸を思わせ、懐かしい気持ちになる。

訪れた時間帯はちょうど干潮!
もしかしたらカニなどの生き物がみられるかもしれないっ!!!

c0211532_1618259.jpg


c0211532_1623498.jpg

広大な干潟が広がっている。


さっそく目に入ってきた鳥がコチラ。
Toronto(トロント)ではおなじみのRing-billed Gull (クロワカモメ)。

c0211532_16255290.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

小さなシギ類が遠くで餌を探している。
日本でもみられるハマシギ (Dunlin)だ。

c0211532_1627980.jpg
■ ハマシギ (Dunlin) Calidris alpina

単独行動の大きなシギを発見!
おととしもここで見たLong-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ)だ!!!

c0211532_16281060.jpg
■ Long-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ) Numenius americanus

ここまで長いくちばしを持っていたら不便で仕方がなさそうだが、これも環境に適応した進化の結果。
他の鳥が食べることのできない深い場所の餌を食べることができる。

c0211532_1631642.jpg
■ Long-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ) Numenius americanus

長いくちばしを最大限活用して餌を採る。

c0211532_16312184.jpg
■ Long-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ) Numenius americanus

靴にドロドロになるギリギリまで水辺へ出ていき、甲殻類の姿を探しているが、全く生き物の気配がない。
なぜ???
鳥が多すぎて食べてしまうから?日本だとたくさんのシオマネキ類が見られそうなのだが・・・
結局見つけたのは鳥の足跡だけ・・・

c0211532_16323152.jpg

水生生物は諦めて、鳥探しに切り替えることにした。
日本でみられるハシボソガラス (Carrion Crow)やハシブトガラス (Jungle Crow)よりも一回り小さいAmerican Crow (アメリカガラス)。

c0211532_1638913.jpg
■ American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos

波打ち際から10m程陸側の草原に移動して写真撮影。

ホバリングしている鳥がいる!
初撮影種のSay's Phoebe (チャイロツキヒメハエトリ)だ!

c0211532_1642245.jpg
■ Say's Phoebe (チャイロツキヒメハエトリ) Sayornis saya

ツグミの仲間だと思ったら、マキバドリという日本ではなじみのない鳥を発見。
Western Meadowlark (ニシマキバドリ) という種類。

c0211532_16434890.jpg
■ Western Meadowlark (ニシマキバドリ) Sturnella neglecta

ここまで鳥!鳥!と周りを注意深く観察していたが、遠くでのそのそっと動くシルエットをみつけた。
哺乳類だ!
これはとても耳のでかいウサギ!!!体も大きくカイウサギの2倍くらいの大きさ。

c0211532_16433592.jpg
■ Black-tailed Jackrabbit (オグロジャックウサギ) Lepus californicus

近くで撮影したい!
ゆっくりゆっくりと間合いをつめていく。
もしデジスコを持ってきていれば簡単に撮影できていたのに・・・

c0211532_16521263.jpg
■ Black-tailed Jackrabbit (オグロジャックウサギ) Lepus californicus

距離が離れているときはくつろいでいたようだが、だんだんと近づくにつれて緊張が高まる。
危険を察知したのか、手前のくぼみの中に姿を消してしまった。

おそらく穴の中に逃げ込んだのだろう。

こうなったら長期戦。
穴の近くに座り込み、様子をうかがいに顔を出したところを撮影しよう!

5分、10分・・・
全く姿を見せない。

こうなったら最後の手段。穴の中に入っている様子を撮影しよう。
そう思って穴に近づくと、急に目の前にBlack-tailed Jackrabbit (オグロジャックウサギ)が飛び出してきた。
ウワァ!
慌てて後姿を写真を撮影。

c0211532_1652418.jpg
■ Black-tailed Jackrabbit (オグロジャックウサギ) Lepus californicus

あ~びっくりしたぁ・・・

どんな巣穴だろうかと覗いてみてさらにびっくりした。
なんと穴がない!!!

c0211532_16594730.jpg

なんと先ほど飛び出したBlack-tailed Jackrabbit (オグロジャックウサギ) はただうずくまっていただけだったのだ。

このすぐ3m隣で座り込んでいたので、間違いなく視野の中に入っていたはず。それに全く気付かず、動き始めて初めて気付いたとは・・・
後で調べると、このウサギは穴を作らず、また隠れるのが非常にうまいらしい。

それを最初から知っていたら隠れる様子の写真も撮影できたのだが・・・

ちょっと寄り道したFoster City(フォスターシティ)で今回もとってもいい撮影ができた。
ありがとうFoster City(フォスターシティ)!


<撮影種一覧> 8種
<哺乳類>
Black-tailed Jackrabbit (オグロジャックウサギ) Lepus californicus
<鳥類>
■ ハマシギ (Dunlin) Calidris alpina
Long-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ) Numenius americanus
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis
Say's Phoebe (チャイロツキヒメハエトリ) Sayornis saya
American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos
Western Meadowlark (ニシマキバドリ) Sturnella neglecta
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-02-01 21:10 | USA | Comments(0)

490 空 ~サンフランシスコ湾上空~

今日は空の写真を撮った。

Tucson International Airport(ツーソン国際空港)発、San Francisco International Airport(サンフランシスコ国際空港)行きの飛行機で空の写真を撮った。

着陸前、飛行機の下には広大なSan Francisco Bay(サンフランシスコ湾)が広がっていた。
去年はここで写真を撮ったなぁ・・・

c0211532_2085244.jpg

日本へ帰る前に数日休暇を取って、年に一度の再会を楽しむぞ~!
[PR]

by takuyamorihisa | 2016-02-01 21:00 | 飛行機 | Comments(0)