410 島根県産 ~赤イサキとは???~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

最近、夫婦そろってやたら海鮮づいている(海産物が食べたくなる現象のこと)。
特に岩ガキ。
先日食べた岩ガキのうまさが忘れられない・・・

という訳で今日はヨメと岩ガキを探すことにした。
1件目、2件目・・・
実績のあるスーパーでも今日は岩ガキがない。

困ったなぁ。

あそこならあるかな?
などと繰り返し、結局松江市内のスーパーを8軒も回ってしまった。

結局岩ガキは見つからず。

その代わり、大きな赤っぽい魚「赤いさき」を見つけた。
実は今日の昼に一度この鮮魚売り場で気になっていた魚。

400g近くありそうな大きなもの。
1000円だったので手が出なかったが、閉店間際で半額になっていた。

これにする!
と「赤いさき」をゲット!
実はこの魚、「アカイサキ」という標準和名の魚とは別の魚。
フエダイ科のヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper)が正しい標準和名だ。

c0211532_14504244.jpg
■ ヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper) Lutjanus ophuysenii 38.0cm

c0211532_14585355.jpg
■ ヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper) Lutjanus ophuysenii 38.0cm

写真撮影を終え、捌き始める。
この魚、皮が美味しいのだけれど、鱗が堅すぎて引けない・・・
もったいないが、鱗をつけたまま皮を削いだ。

刺身。

c0211532_14593546.jpg
■ ヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper) Lutjanus ophuysenii 38.0cm

白身で甘みのある美味しい身だ!

カマの塩焼きも最高だった。


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
ヨコスジフエダイ (Spotstripe Snapper) Lutjanus ophuysenii
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-28 21:00 | 島根県 | Comments(0)

409 家 ~窓を開けっぱなしにしていたら変な虫が・・・~

今日は家(Home)で写真を撮った。

まるで真夏のような暑い天気。
今日は書斎の窓を開けっぱなしで写真の編集をしていた。

風呂から上がり、寝る前に書斎へ行くと・・・
虫が中に入っている!

しまった窓を閉めるのを忘れていた!

ここは裏が山という環境のため虫が多い。
がっかりしながら窓を閉める。

部屋を占拠する虫の中に、変わった形の虫を発見したので写真を撮影することにした。

c0211532_14322054.jpg
■ コミミズク (Komimizuku) Ledropsis discolor

*紅玉国光さんに教えていただいた。(ありがとうございます!)

吻(といっていいものか?)が長く張り出しているのが特徴的。

c0211532_1436498.jpg
■ コミミズク (Komimizuku) Ledropsis discolor

触ると死んだフリをする。
なんだかバルタン星人に似ている。

c0211532_1437596.jpg
■ コミミズク (Komimizuku) Ledropsis discolor

いくらでも撮影のネタがあるのは嬉しいことだ~。


<撮影種一覧> 1種
<昆虫類>
■ コミミズク (Komimizuku) Ledropsis discolor
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-24 21:10 | 島根県 | Comments(4)

408 松江市 ~島根半島の岩ガキ食べたい~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

今日は休み。
家でゴロゴロとテレビを見ていると、ローカル番組で「いわがき祭り」を紹介していた。
島根半島産のイワガキ (Iwagaki)をアピールする祭りのようだ。

最初はへぇ~と思ってみていたが、美味しそうなイワガキ (Iwagaki)の映像を見ているうちに食べたくて仕方がなくなってしまった。
イワガキ (Iwagaki)食べたいっ!

とはいえ、今から祭りにかけつけても微妙な時間・・・
しかし待てよ。

TVでプロモーションをかけるということは、自分の様に食べたくなった人は多いはず。
普通の商売人なら、それに合わせてスーパーに出荷するはずだ!

と裏をかいたのか、かいていないのかは分からないが、イワガキ (Iwagaki)を求めてスーパーへ向かった。

鮮魚コーナーへ行くと・・・
あったあった!!!
大きなイワガキ (Iwagaki)!

1つ498円もするが、400gくらいはあるだろうか。
マガキ (Pacific Oyster)とは比べ物にならないくらい大きい。

今日はヨメがいないので独り占めできる。2つ自分用に購入した。

帰って即調理。
まずは電子レンジで蒸し焼きにする。

c0211532_14174110.jpg
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona

うま~い!!!

貝特有の甘みがたまらない!!!

もうひとつは生で食べてみることにした。
ペンチで殻を破壊しながら殻を剥く。

身を触るときゅっと縮む。
まだピンピンに生きているようだ。
それにしても身がパンパンに入っている!

c0211532_14185255.jpg
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona

これをガブっと3口。
大きすぎて1口では入らない!

甘~!!!
グリコーゲン?それともタウリン?コハク酸???
何の成分がそう感じるのかは分からないが身体が喜ぶ旨みがたっぷり!
こんなうまい生ガキは初めて!!!

本当島根っておいしい海の幸が豊富!
また食べたい!!!


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-24 21:00 | 島根県 | Comments(0)

407 空 ~あの島はどこだ~

今日は空の写真を撮った。

香港国際空港(Hong Kong International Airport)発、東京国際空港(Tokyo International Airport)行きの飛行機で空の写真を撮った。

c0211532_0455372.jpg

今日は晴れていていいなぁなんて思っていると、下に丸っこい島が見えた。

c0211532_0464830.jpg

c0211532_0465671.jpg

何という島だろう・・・

後でGoogle Mapで調べたがよく分からなかった。
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-22 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

406 Tai Kok Tsui ~ハタ科最大の魚が~

今日はTai Kok Tsui (大角咀)で食事をした。

香港(Hong Kong)にはシーフードレストランがたくさんある。
海に囲まれた環境だからか、みんな海の幸が大好きなのだろう。
そして店の看板となるのが水槽の魚。
活きの良い活魚が泳いでいることで、店の食材の良さをアピールしている。

もちろん日本とは違う魚が泳いでいるので面白い。

今回、iPhoneで撮影したのは大きな黒いハタ科の魚。
なんとハタ科で最大の種、タマカイ (Giant Grouper)ではないか!!!
こんな貴重な魚を食べるとはけしからんっ!なんて思ったが、どうやら香港で養殖されているらしい。

c0211532_0344666.jpg
□ タマカイ (Giant Grouper) Plectropomus lanceolatus

どんな味がするのか食べてみたい!
もう少し小さかったらいいのだけれど・・・


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
□ タマカイ (Giant Grouper) Plectropomus lanceolatus
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-21 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

405 空 ~飛行機の上から見る夕日~

今日は空の写真を撮った。

出雲空港(Izumo Airport)発、東京国際空港(Tokyo International Airport)行きの飛行機で空の写真を撮った。

鳥取県を代表する山、大山(Mt. Daisen)の姿。

c0211532_23501715.jpg

東京国際空港(Tokyo International Airport)で乗り換えて、香港国際空港(Hong Kong International Airport)へと向かう。

c0211532_013847.jpg

この時間の便は飛行機の上から夕日がみられるので嬉しい。

c0211532_02953.jpg

やっぱり空の上は気持ちがいいなぁ~。
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-19 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

404 青森県産 ~活トゲクリガニに挑戦~

今日は家で写真を撮った。

先日テレビ番組「満天☆青空レストラン」でトゲクリガニ (Toge Kurigani)が紹介された。
このカニは地元で消費され、なかなか出回らないカニ。
漁期も非常に短く、オスは4月下旬の1週間、メスは5月だという。
ヨメと二人で食べたいっ!と盛り上がり、放送が終わる前に活トゲクリガニ (Toge Kurigani)を注文した。
もちろん自分は写真を撮るのが目的・・・

c0211532_0513398.jpg
■ トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens

どこかこのカニ見たことがあると思ったら、昔青森に出張へ行ったときだ。
「トゲクリガニ」入荷の文字を見つけて、どんなカニかと思って見て「なんだケガニか。」と思った
ことがある。
一見似ているが、良く見るとケガニとは全然違う。

もちろん食する前の儀式、写真撮影を行う。
今回のトゲクリガニ (Toge Kurigani)は全てメス。
オスとメスは漁期が重ならないらしい。

c0211532_054168.jpg
■ トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens 甲幅9.0cm


c0211532_14971.jpg
■ トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens 甲幅8.3cm


c0211532_142198.jpg
■ トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens 甲幅8.5cm

腹部の下にある生殖孔。
左側の生殖孔にあるのが交尾栓。
オスはメスと交尾すると生殖孔に交尾栓を作って、他のオスが交尾できないように蓋をする。

c0211532_172157.jpg
■ トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens

塩茹でにすると殻が赤くなった。

c0211532_195542.jpg
■ トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens

熱々の甲を剥ぐ。
中から出てきたのはたっぷりの黄色いミソ(中腸腺)とオレンジ色の内子(卵巣)。
うまそうっ!!!

c0211532_1102899.jpg
■ トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens

スプーンでほじってミソと内子を食べる。
美味いっ!!!
ほんのりとした苦味があり、とてもあっさりとしている。
例えるなら栗だ!
あまり大きくないので身は食べ応えがないが、とにかく美味い!

8杯も入っていたので、一人4杯と贅沢な晩御飯となった。


<撮影種一覧> 1種
<甲殻類>
トゲクリガニ (Toge Kurigani) Telmessus acutidens
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-17 21:00 | 島根県 | Comments(0)

403 ハチの干潟 ~地元にもシオマネキ!?~

今日はハチの干潟(Hachi's Tidal Flat)に行ってきた。

親父と撮影ツアー2日目は広島県竹原市にあるハチの干潟(Hachi's Tidal Flat)。
ここで干潟のカニを撮影するのが目的だ。

川の流れ込みのある場所は泥質。

c0211532_21423399.jpg

ここではヤマトオサガニ (Yamato Osagani)の姿を見ることができた。
水面から眼だけを出して辺りをうかがうヤマトオサガニ (Yamato Osagani)。

c0211532_21432492.jpg
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus

まるでバンザイをしているような求愛行動。
近似種のヒメヤマトオサガニ (Hime Yamato Osagani)と比べると振り上げる鉗脚の位置が低い。

c0211532_21434253.jpg
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus

何とか捕獲してヤマトオサガニ (Yamato Osagani)の標本写真も撮影。

c0211532_21462933.jpg
■ ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus 甲幅2.5cm

ヤマトオサガニ (Yamato Osagani)は初撮影種なのでめちゃくちゃ嬉しい!

少し場所を移動。
綺麗な砂地が広がっている。

c0211532_21481587.jpg

ここではコメツキガニ (Sand Bubbler Crab) やハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)の姿をみた。

砂の団子を作るコメツキガニ (Sand Bubbler Crab) 。
これも初撮影種だ!

c0211532_215008.jpg
■ コメツキガニ (Sand Bubbler Crab) Scopimera globosa

親父に捕獲してもらい標本写真を撮影。

c0211532_21505720.jpg
■ コメツキガニ (Sand Bubbler Crab) Scopimera globosa 甲幅1.5cm

同じく初撮影種のハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)。
地元の海にシオマネキがいるなんて今まで全然知らなかった!!!

c0211532_21524627.jpg
■ ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea

これも捕獲して標本写真。

c0211532_21533382.jpg
■ ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea 甲幅1.4cm

コメツキガニ (Sand Bubbler Crab)とハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki)は2013年に石垣島で近似種を撮影したことがある。
リュウキュウコメツキガニ (Ryukyu Kometsukigani)とオキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki)以前は同じ種とされていたので本当によく似ている。

礫の下でも色々な生き物を発見。
ヒライソガニ (Hira Isogani)。

c0211532_2159389.jpg
■ ヒライソガニ (Hira Isogani) Gaetice depressus 甲幅1.6cm

イソガニ (Japanese Shore Crab)のオス。

c0211532_227677.jpg
■ イソガニ (Japanese Shore Crab) Hemigrapsus sanguineus 甲幅2.9cm



イソガニ (Japanese Shore Crab)のメス。

c0211532_15553832.jpg

■ イソガニ (Japanese Shore Crab) Hemigrapsus sanguineus 甲幅2.1cm


腹面。よく見ると抱卵している。

c0211532_15553827.jpg
■ イソガニ (Japanese Shore Crab) Hemigrapsus sanguineus 甲幅2.1cm


ん?
抱卵していると思ったが、なんか違うようだ。
寄生虫だ!

これはウンモンフクロムシ (Sacculina confragosa)というフクロムシの仲間。
オレンジ色の部分はエクステリナという器官で、カニの体内にはインテリナという根のような器官を張り巡らせて養分を吸っている。

c0211532_15553755.jpg
■ ウンモンフクロムシ (Sacculina confragosa) Sacculina confragosa


アカニシ (Veined Rapa Whelk)。

c0211532_2284224.jpg
■ アカニシ (Veined Rapa Whelk) Rapana venosa 殻長6.4cm

カサガイの仲間。

c0211532_22153242.jpg

アサリ (Japanese Littleneck)。

c0211532_2159367.jpg
■ アサリ (Japanese Littleneck) Ruditapes philippinarum

地元の人がアサリ (Japanese Littleneck)を掘っていた。
いいなぁ・・・

c0211532_22104229.jpg

水のあるところでイソテッポウエビ (Brownbar Snapping Shrimp)を発見。
鰓室にヤドリムシ亜目の1種 (Epicaridea)が寄生している。

c0211532_2224383.jpg
■ イソテッポウエビ (Brownbar Snapping Shrimp) Alpheus lobidens 2.6cm

2個ある小さな黒い点は恐らく眼だろう。

c0211532_2232580.jpg
■ ヤドリムシ亜目の1種 (Epicaridea) Epicaridea sp.

ユビナガホンヤドカリ (Yubinaga Honyadokari)。

c0211532_22112739.jpg
■ ユビナガホンヤドカリ (Yubinaga Honyadokari) Pagurus minutus

親父がどこからか捕まえてきてくれたヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani)。
こちらは初撮影種!

c0211532_22132455.jpg
■ ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani) Helicana japonica 甲幅1.3cm


c0211532_22144238.jpg
■ ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani) Helicana japonica 甲幅2.0cm

タカノケフサイソガニ (Takano Kefusa Isogani)。

c0211532_22161691.jpg
■ タカノケフサイソガニ (Takano Kefusa Isogani) Hemigrapsus takanoi

今日は確認できただけでも15種もの生き物に出会えた。

なんて素晴らしい場所なんだろう。
干潟は生き物の宝庫で生命力に溢れている。そこにいるだけでエネルギーが沸いてくるようだ。
これは絶対にまた遊びに来たい!!!


<撮影種一覧> 16種
<貝類>
■ アサリ (Japanese Littleneck) Ruditapes philippinarum
■ イシダタミ (Toothed Top Shell) Monodonta labio form confusa
■ アカニシ (Veined Rapa Whelk) Rapana venosa
<甲殻類>
ウンモンフクロムシ (Sacculina confragosa) Sacculina confragosa
■ イソテッポウエビ (Brownbar Snapping Shrimp) Alpheus lobidens
ユビナガホンヤドカリ (Yubinaga Honyadokari) Pagurus minutus
ヒライソガニ (Hira Isogani) Gaetice depressus
ヒメアシハラガニ (Hime Ashiharagani) Helicana japonica
イソガニ (Japanese Shore Crab) Hemigrapsus sanguineus
■ タカノケフサイソガニ (Takano Kefusa Isogani) Hemigrapsus takanoi
コメツキガニ (Sand Bubbler Crab) Scopimera globosa
ヤマトオサガニ (Yamato Osagani) Macrophthalmus japonicus
ハクセンシオマネキ (Hakusen Shiomaneki) Uca lactea
■ ヤドリムシ亜目の1種 (Epicaridea) Epicaridea sp.
<魚類>
アカオビシマハゼ (Chameleon Goby) Tridentiger trigonocephalus
<鳥類>
ダイサギ (Great Egret) Ardea alba

[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-09 21:00 | 広島県 | Comments(4)

402 野呂山 ~親父と鳥撮りin広島~

今日は野呂山北部(Mt. Norosan North)に行ってきた。

今回は親父と広島で鳥撮りだ~!

ターゲットは青い鳥オオルリ (Blue-and-White Flycatcher)。かなりの確立で見られるという親父の秘密の場所へと連れて行ってもらった。
車を降りると、さっそく親父が「いる」との事。
おお!頼もしい!

美しい鳴き声がする方をみると・・・
いた!
オオルリ (Blue-and-White Flycatcher)!
本当に真っ青だ!綺麗っ!

c0211532_17161489.jpg
■ オオルリ (Blue-and-White Flycatcher) Cyanoptila cyanomelana

しかし高いところにいるのでなかなか思うような写真にならない・・・
下に降りてきてくれ~!

その願いもむなしくオオルリ (Blue-and-White Flycatcher)は姿を消してしまった。

ここは木が生い茂る森なので野鳥の写真は正直難しい。
周りの気配に集中してその場にいる生き物を探すことにした。

とても変わった鳴き声がする方へと向かうと、ちょっとした水溜りを発見。
カエルの卵があるではないか!

c0211532_17191679.jpg
■ タゴガエル (Tago's Brown Frog) Rana tagoi

泥だらけになりながら、何者かの鳴き声がする場所を捜索すると・・・
タゴガエル (Tago's Brown Frog)を発見することができた!!!
平べったくてとっても不思議なカエル。

c0211532_17202727.jpg
■ タゴガエル (Tago's Brown Frog) Rana tagoi


腹面を見ると下顎に暗色班がみられる。
これがタゴガエル (Tago's Brown Frog)の特徴だ。
死んだフリをしているのか全く動かないおとなしいカエルだ。

c0211532_17205940.jpg
■ タゴガエル (Tago's Brown Frog) Rana tagoi

こちらも同じ場所から出てきたので恐らくタゴガエル (Tago's Brown Frog)。
ちなみに小川沿いではヤマアカガエル (Montane Brown Frog)の美しい鳴き声も聞こえていた。

c0211532_17265858.jpg
■ タゴガエル (Tago's Brown Frog) Rana tagoi

そして前から探していたサワガニ (Japanese Freshwater Crab)とり。
こんな場所を探せばいると思うのだが・・・

c0211532_1727228.jpg

親父が1匹見つけてくれた!

c0211532_1728391.jpg
■ サワガニ (Japanese Freshwater Crab) Geothelphusa dehaani 甲幅1.3cm

普段見られない生き物が見られて大満足!!!
実家からそれほど遠くはないのに、こんなに面白い場所だったなんて!

晩御飯は蒲刈島で魚料理をいただいた。
生簀のコウイカ (Golden Cuttlefish)を活造りに。

c0211532_17445386.jpg
■ コウイカ (Golden Cuttlefish) Sepia esculenta

c0211532_1745476.jpg
■ コウイカ (Golden Cuttlefish) Sepia esculenta

うま~い!!!


<撮影種一覧> 4種
<頭足類>
コウイカ (Golden Cuttlefish) Sepia esculenta
<甲殻類>
サワガニ (Japanese Freshwater Crab) Geothelphusa dehaani
<両生類>
タゴガエル (Tago's Brown Frog) Rana tagoi
<鳥類>
オオルリ (Blue-and-White Flycatcher) Cyanoptila cyanomelana
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-08 21:00 | 広島県 | Comments(0)

401 十六島 ~小判見つけた~

今日は十六島(Uppurui)に行ってきた。

今日はヨメとふらふらドライブ。
行くあてもなく車を走らせ、気がつくと十六島(Uppurui)へ着いていた。

車を停め、日本海を望む。
天気がよくて気持ちいい。

ふと道端の雑草をみると、面白い形をした草が風に揺られていた。
コバンソウ (Big Quaking Grass)だ!!!
かわいらしいっ!!!

c0211532_071390.jpg
■ コバンソウ (Big Quaking Grass) Briza maxima

そして子供の頃マメ笛を作って遊んだカラスノエンドウ。
これが和名だと思っていたのだが、正しい和名はヤハズエンドウなのだそう。
全然知らなかった!

c0211532_092951.jpg
■ ヤハズエンドウ (Narrow-leaved Vetch) Vicia sativa subsp. nigra

今日はいつもとちょっと違って雑草の撮影。

こういうのも楽しいな。


<撮影種一覧> 2種
<植物>
■ ヤハズエンドウ (Narrow-leaved Vetch) Vicia sativa subsp. nigra
■ コバンソウ (Big Quaking Grass) Briza maxima
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-05-02 21:00 | 島根県 | Comments(0)