395 Grand Canyon National Park ~2度目のグランドキャニオン~

今日はGrand Canyon National Park(グランドキャニオン国立公園)に行ってきた。

昨晩はケチって安いモーテルに宿泊したために、外が大騒ぎでなかなか眠れなかった・・・
起きて同僚と最悪でしたねと会話をし、Grand Canyon National Park(グランドキャニオン国立公園)へと向かった。

宿泊したFlagstaff(フラッグスタッフ)からGrand Canyon National Park(グランドキャニオン国立公園)までは車で約2時間。
昨日はずっと運転だったので朝から運転はかなりきつい・・・

ひたすら真っすぐの道路を進んでいく。

c0211532_211733.jpg

本当に何もない道を走ること2時間、ついにGrand Canyon National Park(グランドキャニオン国立公園)へと到着した!!!

ナビも地図もないのに我ながらすごいぜ!

Grand Canyon National Park(グランドキャニオン国立公園)はコロラド川が4000万年のという長い年月をかけて削ってできた壮大な峡谷。
その壮大さは日本では絶対に味わえないもの。
初めて見るときの衝撃はものすごい。

c0211532_2119836.jpg


c0211532_2135248.jpg


行く前はあまり興味を示さなかった同僚がとても感動してくれた。

前回来たときは30分しかいられなかったので、今回こそはちょっとハイキングくらいしてみたい!
地図を見ると、谷底までトレイルが続いているらしい。
同僚もせっかくきたのだから谷底まで行ってみたいと気合十分。

我々がいるのは峡谷の南側。
そこから降りるということは常に影になっている場所を歩くことになる。
なんと雪が残っているのだ・・・

しかも踏み固められてガチガチの氷になっている。
そして柵のないトレイル。
滑ったら谷底へ落ちて即死だ・・・

それでもちょっとだけ行って見たいので、怖い怖いといいながら下ってみた。
下から上がってくるハイカーはヘルメット、ストック、靴にはアイゼンをつけている。
おお!こんなど素人が歩いていい場所ではないようだ・・・

10分だけ歩いてたどりついたトンネルの手前から写真だけ撮って引き返すことにした。

c0211532_2133966.jpg

空の青さが尋常じゃない!!!

c0211532_21331862.jpg

あとでマップをよく見ると、谷底まで行って帰ってくるには9~12時間かかると書いてあった・・・

そしてある事に気が付いた。
たった20分しか歩いていないのに、足のモモが極度の疲労。乳酸がたまりまくっている感じになっている。
息は完全に上がってしまい、なかなか整わない。
別に走った訳ではない。ただ山を歩いただけなのに。
ここは標高2,100m。空気が薄いので息が上がってしまったのだ。

しかし、昨日のSedona(セドナ)も標高1,500m。600mしか違わないのにここまで疲れが違うだろうか?
同僚と2人で顔を見合わせ、やはりSedona(セドナ)の力はすごかったですねと盛り上がった。

ハイキングも20分で終了し、もうやることもなくなったが、せっかく入場料を払って入ったので車で回れるポイントは回ることにした。

ここはCommon Raven (ワタリガラス)が多い。木の上から優しいまなざしで観光客を見守っているかのようだ。

c0211532_21361448.jpg
■ Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax

かっこいい!!!

c0211532_21405253.jpg
■ Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax

数箇所で写真を撮って公園を後にした。

c0211532_21432338.jpg


c0211532_21433297.jpg


c0211532_21434059.jpg

この峡谷を作ったコロラド川。

c0211532_21435945.jpg

走りなれていない日本人にとっては魔のドライブを6時間・・・

c0211532_21445269.jpg

帰りによったRock Springs(ロックスプリングス)でトイレ休憩。

c0211532_21482355.jpg

この年でのアドベンチャーはかなり疲れるが、やっぱり楽しいぜ!

これで無事今回のアメリカツアーは終了。
最高の思い出がまたひとつ増えた。


<撮影種一覧> 1種
<鳥類>
Common Raven (ワタリガラス) Corvus corax

[PR]

by takuyamorihisa | 2014-02-09 21:00 | USA | Comments(0)

394 Sedona ~世界最高のパワースポット~

今日はSedona(セドナ)へ行ってきた。

長かったTucson(ツーソン)での仕事が予定より早めに終わったので、急遽休みをとって同僚を二人でSedona(セドナ)へ行くことにした。
Sedona(セドナ)はネイティブアメリカンにとっての聖地で大地からものすごいパワーが溢れてくるパワースポットとして世界で最も有名な場所。

実は4年前に一度訪れたことがあるのだが、そのときは車で通過するだけで終わってしまっている。
そのときにまた訪れたいと思っていた夢がついにかなうときがやってきた!

Tucson(ツーソン)からSedona(セドナ)までは車で3時間半。
しかしこの車にはナビがついていない。
あらかじめホテルのWifiでGoogle Mapをスクリーンショットし、要所では地図を見ながらいけるように準備した。

まずは走りなれたハイウェイ10の写真。
道路が立体に交差する下を走りぬけるときがとっても快感!

c0211532_13475114.jpg

これも街を過ぎると未知の世界となる。
不安とワクワクが織り交じる。
アリゾナっ!という感じの山。木が生えていない。

c0211532_13501712.jpg

緊張したのは大都会Phoenix(フェニックス)を通過するとき。
車線が多いこと、左ハンドルに慣れていないこと、警察に捕まらないかという心配、猛スピードで飛ばすアメリカ人ドライバーのおかげで手が汗だくになってしまった。
おかげでハンドルが滑る…
日本だとなんともない高速道路もアメリカでは緊張感たっぷりだ!

4年前親友のPercyを尋ねて訪れたGlendale(グレンデール)のThunderbird(サンダーバード)。懐かしいっ!!!

c0211532_13515338.jpg

そして緊張感でくたくたになりながらSedona(セドナ)に到着した。
Sedona(セドナ)の地形の最大の特徴はその赤茶けた山々。
太古の地層が隆起し、風雨によって風化され、独特の面白い形を作っている。

c0211532_13551356.jpg

Sedona(セドナ)にはいくつもの州立公園が存在する。
初めて訪れた人にとってはどこに行ったらよいのかさっぱり分からないだろう。
Sedona(セドナ)に着いて一番最初にあるガイドセンターでボランティアの人に話を聞くことにした。
「僕達時間があまりないんだけど、1時間くらいでハイキングができる一番オススメの公園はどこかな?」
「それだったらRed Rock State Park(レッドロック州立公園)が一番オススメよ!ちょっと複雑だけど、この道をこういってこういったらいけるわよ。」
おお!聞いてみるもんだ~!

素晴らしい情報をゲットし、Red Rock State Park(レッドロック州立公園)へと向かった。

エントランスで一人$5.00を支払う。
「この公園は午後5時で締めるから、それまでに出るんだよ。」
「了解。」
現在の時刻午後3時。あまり時間がない。急いでハイキングしよう。

ガラガラの駐車場に車を停め、鳥や生き物に全く興味のない同僚とハイキングを始めた。
いきなり目に入ってきたのは真っ赤な土。
レッドロックと言われるだけはある!

c0211532_1484521.jpg

と関心していたのだが、地図を見誤り、ここはどうやらメインのハイキングコースとは違う変なところのようだ。
もったいない時間のロス。

反対方向へと進路を変えて気合を入れなおして再出発した。

早速鳥の姿を発見!
Tucson(ツーソン)の街でもよく見かけるLesser Goldfinch (ヒメキンヒワ)だ。

c0211532_14554617.jpg
■ Lesser Goldfinch (ヒメキンヒワ) Carduelis psaltria

c0211532_1456582.jpg
■ Lesser Goldfinch (ヒメキンヒワ) Carduelis psaltria

そしてもう1羽みつけた!
あのシルエットはまさか!

大好きなハミングバード!!!

c0211532_14575252.jpg
■ Anna's Hummingbird (アンナハチドリ) Calypte anna

うわ~!
めちゃくちゃ可愛いっ!この鳥はなんと体重が4gしかない。

c0211532_14591131.jpg
■ Anna's Hummingbird (アンナハチドリ) Calypte anna


c0211532_14593437.jpg
■ Anna's Hummingbird (アンナハチドリ) Calypte anna

この写真が撮れただけでもSedona(セドナ)へ来た甲斐があった。本当に嬉しい!

遠くに見える立派な赤い山。
これぞSedona(セドナ)!!!

c0211532_153369.jpg


ちょっとした川を渡るところからハイキングトレイルはスタート。
こういう橋を渡るのはいつもワクワクする。

c0211532_1511138.jpg

トレイルでみつけたCommon Side-blotched Lizard (ワキモンユタトカゲ)のメス。

c0211532_1521427.jpg
■ Common Side-blotched Lizard (ワキモンユタトカゲ) Uta stansburiana


ここにもAnna's Hummingbird (アンナハチドリ)がいたっ!本当に小さいなぁ~!

c0211532_1545159.jpg
■ Anna's Hummingbird (アンナハチドリ) Calypte anna


初撮影種のTownsend’s Solitaire (ハエトリツグミ)。

c0211532_15194655.jpg
■ Townsend’s Solitaire (ハエトリツグミ) Myadestes townsendi


こちらも初めてみる青い鳥。
Western Bluebird (チャカタルリツグミ)。
おおっ!と近寄って撮影しようと思ったら逃げられてしまった。

c0211532_15204639.jpg
■ Western Bluebird (チャカタルリツグミ) Sialia mexicana


歩くこと1時間。大分高いところまでやってきた。
素晴らしい眺めだ!!!

c0211532_1563232.jpg


c0211532_15746.jpg


c0211532_1571844.jpg


登り始めて1時間ということは、もう折り返さなくては閉園時間に間に合わなくなる。
このまま来た道を戻るか、それともこの先の道を通ってぐるっと回るか。

せっかくなのでこの先の道を行くことにした。
門に鍵を閉められないように急いでいかなくてはならない!!!

同僚と二人でペースアップ。

ここであることに気付いた。
ここの標高は1500mくらい。
二人とも普段は全く運動していない。
山道は登り。
スピードはギリギリ走っていないくらいの早歩き。

普通これで1時間も歩けるはずがない。
しかし全く疲れないのだ!!!

なんだこれは!!!
そう言えばさっき山の尾根ですれ違った家族のお母さんは極度の肥満だった。
あんなファットウーマンがこんなところまで来れるとは在り得ない!!!

これこそがセドナのパワー!!!
スピリチュアルなパワーなのかと思っていたが、フィジカルなパワーなんだ!!!
山を登るとモモが次第に疲労するが、それが全くない。
重力が1/2になったような感覚。
まだまだ全然走れる。

同僚にこのことを話すと、目に見えない力などを全く信じないタイプなのに「本当だ!疲れてないっ!」と納得している。
こうなったら限界にチャレンジしましょうと、小走りでトレイルを進んでいった。
本当に気持ちがいい。

なんか楽しくなってきた。
そして車のところまで戻ってきたのが4時半。
30分で来ることが出来た。

身体の感じが若い頃の部活後のようにほくほくして気持ちがいい。
深呼吸しながらリラックスしていると、先ほどの青い鳥の姿を発見した!!!
やったあ!

c0211532_15263775.jpg
■ Western Bluebird (チャカタルリツグミ) Sialia mexicana

ちょっと名残惜しいが、公園が閉まってしまうので出発することにした。
明日は有名なGland Canyon(グランドキャニオン)へ向かうため、その途中のFlagstaff(フラッグスタッフ)とう街に泊まる。

途中で絶景に出会えたので車を停めて撮影。

c0211532_1529398.jpg


c0211532_1529146.jpg

なんて美しいのだろうか!!!

それにしても今日はSedona(セドナ)のパワーにあやかれて本当にびっくりした。
いつか何泊もして州立公園を全て回ってみたいなぁ・・・

ありがとうSedona(セドナ)!!!


<撮影種一覧> 5種
<爬虫類>
Common Side-blotched Lizard (ワキモンユタトカゲ) Uta stansburiana
<鳥類>
Anna's Hummingbird (アンナハチドリ) Calypte anna
Townsend’s Solitaire (ハエトリツグミ) Myadestes townsendi
Western Bluebird (チャカタルリツグミ) Sialia mexicana
Lesser Goldfinch (ヒメキンヒワ) Carduelis psaltria

[PR]

by takuyamorihisa | 2014-02-08 21:00 | USA | Comments(0)

393 Tucson ~Tucsonの街~

今日はTucson(ツーソン)に行ってきた。

今日はTucson(ツーソン)の前景を撮るためにSentinel Peak Park(センチネルピークパーク)へと向かった。
ここでは自然に生えているたくさんのSaguaro (ベンケイチュウ)がお出迎え。

c0211532_17392020.jpg
■ Saguaro (ベンケイチュウ) Carnegiea gigantea

街が茶色!
乾燥しまくっているのがよく分かる。

山の頂上から街を撮影してみた。

c0211532_17405798.jpg

日本で見る景色と随分違う。
土地がいくらでもあるので高いビルを作る必要がない。
そして茶色・・・

同僚を歩いたのでSaguaro (ベンケイチュウ)の大きさがよく分かる1枚を撮影!
とんでもない高さ。
モデルの身長が180cmなので7mはあるだろう。

c0211532_1743163.jpg
■ Saguaro (ベンケイチュウ) Carnegiea gigantea

もうひとつのサボテンはこちら。
California Barrel Cactus (カリフォルニアバレルカクタス)。

c0211532_17491366.jpg
■ California Barrel Cactus (カリフォルニアバレルカクタス) Ferocactus cylindraceus

水のない砂漠で、水分をたっぷり蓄えたサボテンは動物にとって格好の水飲み場。
そうはさせまいとびっしりの棘で武装している。これなら誰も狙ってこないだろう。
サボテンの勝利!


<撮影種一覧> 2種
<植物>
■ Saguaro (ベンケイチュウ) Carnegiea gigantea
■ California Barrel Cactus (カリフォルニアバレルカクタス) Ferocactus cylindraceus
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-02-07 21:00 | USA | Comments(3)

392 Tucson ~Tucsonの夕焼け~

今日はTucson(ツーソン)に行ってきた。

仕事が終わって空を見上げるとちょうど日が沈んだばかりだった。
空気中の水蒸気が少ないAZ(アリゾナ州)で見る夕焼けはいつも素晴らしい。

この日も胸がキュンとなるような素晴らしい夕焼けを見ることができた。

c0211532_16394418.jpg

乾燥しているので、日没直後から気温は急に冷え込んでくる。
日中は半そででも大丈夫なくらいだが、日没後はダウンジャケットに手袋が必須。

砂漠で暮らすのは大変!
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-02-04 21:00 | USA | Comments(0)

391 Tucson ~サボテンの王国~

今日はTucson(ツーソン)に行ってきた。

2012以来2年ぶりにTucson(ツーソン)にやってきた!
日本では田舎でも2年も経てば変わった点が目に付くのだが、この街は2年前に訪れたときのままだ。

モーテルの裏を少しあるけばソノラ砂漠!
乾燥しきった大地が広がる。

c0211532_16121748.jpg

サングラス、リップクリーム、そして飲料水は必需品。
一日に2本のペットボトルを飲んでも、1回もトイレに行かない日もあるくらい。
皮膚の表面から身体の水分が失われていくのがよく分かる・・・

そしてアリゾナ州はサボテンの王国。
いたるところにサボテンが見られる。

ファミレスの入り口にあった大きなSaguaro (ベンケイチュウ)。
このサボテンが一番有名で、アリゾナ州のナンバープレートにも描かれている。

c0211532_16152256.jpg
□ Saguaro (ベンケイチュウ) Carnegiea gigantea

このサボテンもよく見かける。
ウチワサボテンの仲間、Pancake Prickly Pear (パンケークプリックリーピアー)。

c0211532_16175692.jpg
■ Pancake Prickly Pear (パンケークプリックリーピアー) Opuntia chlorotica

これから10日間、この極度乾燥状態の野外を歩き回って仕事する。
大変だががんばるぞ~!!!


<撮影種一覧> 2種
<植物>
□ Saguaro (ベンケイチュウ) Carnegiea gigantea
■ Pancake Prickly Pear (パンケークプリックリーピアー) Opuntia chlorotica

□・・・栽培個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-02-01 21:00 | USA | Comments(2)