390 Aquarium Of The Bay ~サンフランシスコの水族館~

*この記事は2014年1月31日のものです。

今日はAquarium Of The Bay (アクアリウム・オブ・ザ・ベイ)に行ってきた。

飛行機まで時間があるので午前中は観光地のピア39へ。
ここはSan Francisco(サンフランシスコ)のピア(船着場)の中でも最も観光客でにぎわうところだ。

c0211532_2161572.jpg


c0211532_2162430.jpg

その理由のひとつはアシカがここで見られること。
ここでは毎日野生のCalifornia Sea Lion (カリフォルニアアシカ)を見ることができるのだ。

c0211532_2192140.jpg
■ California Sea Lion (カリフォルニアアシカ) Zalophus californianus

観光客の目の前でのんびりした姿をみせてくれる。

c0211532_2110195.jpg
■ California Sea Lion (カリフォルニアアシカ) Zalophus californianus


c0211532_21101337.jpg
■ California Sea Lion (カリフォルニアアシカ) Zalophus californianus

これを見るだけでも足を運ぶ価値があるのだが、ちょうどここにはAquarium Of The Bay (アクアリウム・オブ・ザ・ベイ)という水族館があるので入ってみた。
この水族館には8年前も訪れたことがあり、今回が2回目だ。

c0211532_2152655.jpg

Californian Anchovy (カリフォルニアンアンチョビー)がお出迎え。
日本のカタクチイワシ (Japanese Anchovy)と近縁種。そう、塩漬けの魚の「アンチョビ」とはカタクチイワシの仲間を指すのだ。

c0211532_21541021.jpg
□ Californian Anchovy (カリフォルニアンアンチョビー) Engraulis mordax


紫と黄色が美しいRoyal Gramma (ロイヤルグラマ)。
自然にこんな色になるなんて信じられない!

c0211532_2154541.jpg
□ Royal Gramma (ロイヤルグラマ) Gramma loreto


こちらも派手な色のYellow Tang (キイロハギ)。

c0211532_21554122.jpg
□ Yellow Tang (キイロハギ) Zebrasoma veliferum


ウミタナゴ (Umitanago)の仲間、Shiner Perch (シャイナーパーチ)。

c0211532_0152060.jpg
□ Shiner Perch (シャイナーパーチ) Cymatogaster aggregata


そしてどの水族館でも人気のクラゲコーナー。
こちらはPacific Sea Nettle (パシフィックシーネトル)。
日本のアカクラゲ (Japanese Sea Nettle)の近縁種だ。
刺されたら痛そう・・・

c0211532_2317212.jpg
□ Pacific Sea Nettle (パシフィックシーネトル) Chrysaora fuscescens


c0211532_23341940.jpg
□ Pacific Sea Nettle (パシフィックシーネトル) Chrysaora fuscescens


ネームプレートがなかったため種類がわからないクラゲ。
アメリカの水族館は展示が雑・・・

c0211532_23344954.jpg


ランプでひなたぼっこするWestern Pond Turtle (ブチイシガメ)。

c0211532_2336852.jpg
□ Western Pond Turtle (ブチイシガメ) Actinemys marmorata


California Toad (カリフォルニアヒキガエル)。
スターウォーズに出てきそうだ・・・

c0211532_2337218.jpg
□ California Toad (カリフォルニアヒキガエル) Bufo boreas halophilus


ここから下はiPhone5の写真。
明るいところで撮影すると素晴らしい画質だが、暗いところはまだまだ弱い。ちょっと使い物にはならないなぁ・・・

メバル属の魚、ロックフィッシュ3種。

c0211532_23383642.jpg
□ Brown Rockfish (ブラウンロックフィッシュ) Sebastes auriculatus


c0211532_03470.jpg
□ Vermilion Rockfish (バーミリオンロックフィッシュ) Sebastes miniatus


c0211532_033414.jpg
□ Flag Rockfish (シマメヌケ) Sebastes rubrivinctus


釣り人のあこがれの魚、Striped Bass (ストライプドバス)。

c0211532_04354.jpg
□ Striped Bass (ストライプドバス) Morone saxatilis


White Sturgeon (シロチョウザメ)。
チョウザメの卵はキャビアとして有名。

c0211532_04278.jpg
□ White Sturgeon (シロチョウザメ) Acipenser transmontanus


まさにヒョウ柄のLeopard Shark (カリフォルニアドチザメ)。

c0211532_04449.jpg
□ Leopard Shark (カリフォルニアドチザメ) Triakis semifasciata


動かないカニなら上手く撮影できるようだ。
ワキ家でご馳走になったDungeness Crab (アメリカイチョウガニ)。
味を知っているから美味そうにしか見えない。

c0211532_052528.jpg
□ Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ) Metacarcinus magister


美しいイソギンチャクの仲間。
これもやっぱりネームプレートがない・・・

c0211532_074057.jpg

午後からはArizona(アリゾナ)のTucson(ツーソン)へ出発だ!!!


<撮影種一覧> 15種
<刺胞動物>
□ Pacific Sea Nettle (パシフィックシーネトル) Chrysaora fuscescens
<甲殻類>
Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ) Metacarcinus magister
<魚類>
□ Leopard Shark (カリフォルニアドチザメ) Triakis semifasciata
□ White Sturgeon (シロチョウザメ) Acipenser transmontanus
□ Brown Rockfish (ブラウンロックフィッシュ) Sebastes auriculatus
□ Vermilion Rockfish (バーミリオンロックフィッシュ) Sebastes miniatus
□ Flag Rockfish (シマメヌケ) Sebastes rubrivinctus
□ Yellow Tang (キイロハギ) Zebrasoma veliferum
□ Shiner Perch (シャイナーパーチ) Cymatogaster aggregata
□ Royal Gramma (ロイヤルグラマ) Gramma loreto
□ Striped Bass (ストライプドバス) Morone saxatilis
□ Californian Anchovy (カリフォルニアンアンチョビー) Engraulis mordax
<両生類>
□ California Toad (カリフォルニアヒキガエル) Bufo boreas halophilus
<爬虫類>
□ Western Pond Turtle (ブチイシガメ) Actinemys marmorata
<哺乳類>
California Sea Lion (カリフォルニアアシカ) Zalophus californianus

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-31 21:00 | USA | Comments(0)

389 Pfeiffer Beach ~ガーネットの砂浜の穴場~

今日はPfeiffer Beach(ファイファービーチ)に行ってきた。

Highway 1(ハイウェイ1)をドライブし、前回も訪れたPfeiffer Beach(ファイファービーチ)へとやってきた。
実はこのビーチ、ガーネットでできたといわれる赤い砂浜が広がっているのだ。

前回この赤い砂浜を見て感動したのだが、Google Mapの航空写真で確認すると、自分達が行ったエリアの奥にさらに素晴らしく赤い場所があることを知ってしまった。
これは気になる~!
ということで本当に赤い砂浜を自分の眼で確かめることにした。

Pfeiffer Beach(ファイファービーチ)は州立公園。
入場料$10.00を支払ってPfeiffer Beach(ファイファービーチ)へ入る。
確か前回来たときは誰もいなかったのでそのまま入場できたのだが・・・

目の前に美しいビーチが広がる。
赤い砂がなくても十分に楽しめる美しさだ。

c0211532_2224766.jpg


c0211532_2232385.jpg

これが噂の砂浜。
ちょっとだけ赤くなっているのが分かるだろうか?

c0211532_2233514.jpg


c0211532_2242282.jpg

前回はここまでで満足して帰ってしまったのだが、この砂浜のすごさはこんなものじゃなかった。

入り口からみて奥の方へ歩いていくと・・・

まさに赤紫の砂が!!!

c0211532_22571059.jpg

本当にすごい色だ!!!

c0211532_2332024.jpg

この赤い砂は宝石として知られるガーネットでできた砂。
波や風によって砂が集められた場所ではここまで真っ赤になる。
現地ではパープルサンドと呼ばれているらしい。

過去に「世界ふしぎ発見」で取り上げられていたのだが、人は本当に少ない。
現地の人も知らないような穴場中の穴場なのだ。
その穴場の中でも奥にある穴場を見つけることができて大満足。

それにしてもTV番組の情報収集能力は本当にすごい・・・

明日は午前中San Francisco (サンフランシスコ)市内で過ごして、午後からAZ(アリゾナ)へ移動する。


>>Big Sur Guid
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-30 21:20 | USA | Comments(0)

388 Highway 1 ~ロンリードライブ~

今日はHighway 1 (ハイウェイ1)に行ってきた。

午前中はホエールウォッチング中止で計画が大狂い。
しかし、せっかくここまで来たのだから、アメリカでも最も美しいハイウェイと称されているHighway 1(ハイウェイ1)をドライブしておきたいという訳で、ロンリードライブをすることに決めた。

1年半ぶりに訪れた道だが、ちゃんと覚えているぞ~っ!
これこれ!海が本当に青く、海岸には木の生えていないとっても気持ちのいい景色。
開放感がすごい!

c0211532_22102355.jpg


c0211532_2210437.jpg


c0211532_2211091.jpg


c0211532_2211820.jpg

記念に愛車をパシャ。

c0211532_22112614.jpg

海岸に生えている赤く見える草は多肉植物のHighway Ice Plant (ハイウェイアイスプラント)。
南アフリカからの移入種だ。

c0211532_221338.jpg
■ Highway Ice Plant (ハイウェイアイスプラント) Carpobrotus edulis

こんな花を咲かせる。

c0211532_22133580.jpg
■ Highway Ice Plant (ハイウェイアイスプラント) Carpobrotus edulis

ここでも忘れないのが野鳥の撮影。
White-crowned Sparrow (ミヤマシトド)はToronto(トロント)でもみたことのある種。

c0211532_22143458.jpg
■ White-crowned Sparrow (ミヤマシトド) Zonotrichia leucophrys

Golden-crowned Sparrow (キガシラシトド)。
嬉しい初撮影種だ!

c0211532_22151072.jpg
■ Golden-crowned Sparrow (キガシラシトド) Zonotrichia atricapilla

藪の中に隠れているので上手く撮影できなかったが、こちらも初撮影種Fox Sparrow (ゴマフスズメ)。

c0211532_2216614.jpg
■ Fox Sparrow (ゴマフスズメ) Passerella iliaca

崖の下を見ていると猛禽類の姿を見つけた。
ハヤブサ (Peregrine Falcon)だ!
こんなところにもいるなんて!
日本で見られるものとは違う亜種になる。

c0211532_22162669.jpg
■ ハヤブサ (Peregrine Falcon) Falco peregrinus

海を注目して見ていると、遠くにクジラの潮のようなものがかすかに見えた。
視力両眼2.0以上はこんなところで大活躍。
ホエールウォッチングは空振りだったが、こんなところから見ることができたぞ~!!!

c0211532_22183342.jpg
■ クジラ目の1種 (Cetacea) Cetacea sp.

一人というのが何ともむなしいが、逆に自分の思うように行動できる楽しさもいい。
ここまで来てよかったなぁ・・・

最後にiPhone5で撮影したHighway 1からの景色。
むむっ!携帯なのにここまでクリアな写真が撮れるとは・・・(レタッチはしています)

c0211532_22212567.jpg

この後は前回も訪れたPfeiffer Beach(ファイファービーチ)へと向かう。


<撮影種一覧> 6種
<植物>
■ Highway Ice Plant (ハイウェイアイスプラント) Carpobrotus edulis
<哺乳類>
■ クジラ目の1種 (Cetacea) Cetacea sp.
<鳥類>
ハヤブサ (Peregrine Falcon) Falco peregrinus
Fox Sparrow (ゴマフスズメ) Passerella iliaca
Golden-crowned Sparrow (キガシラシトド) Zonotrichia atricapilla
White-crowned Sparrow (ミヤマシトド) Zonotrichia leucophrys
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-30 21:10 | USA | Comments(0)

387 Old Fisherman's Wharf ~人生2度目のホエールウォッチングは・・・~

今日はOld Fisherman's Wharf (オールドフィッシャーマンズワーフ)に行ってきた。

今日の目的地はMonterey(モントレー)。
1年と半年前に新婚旅行で来た思い出の街だ。

そのときに参加したホエールウォッチングが最高だったので、日本であらかじめツアーの予約をしている。
そう、今日はホエールウォッチングに参加するのだ~!!!

SFO(サンフランシスコ国際空港)近くのホテルからMonterey(モントレー)は車でハイウェイを通って2時間。
まだ全然左ハンドルに慣れていない中、泣きそうになりながらやっとの思いでMonterey(モントレー)へたどり着くことができた。やっぱり一人で運転は寂しいし怖い・・・

目の前に広がる景色は前回と変わらず、瞬時に記憶がよみがえってきた。

確かここに車を停めて、ここを歩いて・・・

あったあった。
受付も変わっていない。

前回参加したときはかなりの行列ができていたが、今日は人が少ないようだ。

中に入って挨拶する。

Taq「ハロー。今日のツアーに申し込んだTakuyaですけど。」
Staff「ごめんなさい。今日のツアーは全てキャンセルされたのよ。今日はとても風が強くて船を出すことが出来ないの。」
T「えええ~!!!今朝SFOから車を運転してやってきたのに・・・まじで~!」
S「ごめんなさいねぇ。ええと、Takuyaだね。ああリストにあるわね。中止になったことは連絡しておいたんだけどね。」
T「運転中だったし、携帯をネットにつないでないからメールは見れないんだ。ああどうしよう。このためだけに来たんだけど・・・」
S「それなら水族館に行ったらいいわよ。この近くにとても有名な水族館があるわよ!」
T「知ってる!それはいいアイデアだね。分かったよ。水族館に行くことにするよ。ありがとう。」
S「じゃあね。よい1日を。」

と、アメリカ人のおばちゃんに遠慮したようなトークをかまし、受付を後にする。
それにしてもなんということだ。
このためだけにこの街にホテルを予約し、しいて言えばレンタカーも。

だんだんと空しさと悔しさがこみ上げてきた。
ホエールウォッチングの看板を掲げている別のツアー会社にも聞いてみたが、今日は風が強くてどこも船を出せないそうだ。

くそ~!水族館だっておととし行ったし!また行っても同じだろうし!

いいアイデアが浮かぶまでここで鳥の写真でも撮るか~
San Francisco(サンフランシスコ)のPier39 (ピア39)が有名だが、ここでもCalifornia Sea Lion (カリフォルニアアシカ)の姿が見れた。
街の中にいるが野生の個体。

c0211532_2324568.jpg
■ California Sea Lion (カリフォルニアアシカ) Zalophus californianus

c0211532_2331153.jpg
■ California Sea Lion (カリフォルニアアシカ) Zalophus californianus

良く似た姿で紛らわしいアシカとアザラシだが、耳を見るとどちらであるかが分かる。
アシカは耳があり、アザラシには耳がない(耳介がない)。

大きなWestern Gull (アメリカオオセグロカモメ)。
後に見えるのはレストラン。

c0211532_239204.jpg
■ Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis

アメリカンフラッグの前の若鳥。

c0211532_2312377.jpg
■ Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis

マリーナの石積みを見てみるとBrewer's Blackbird (テリムクドリモドキ)が海苔らしき海藻を食べていた。
黒っぽく虹色に光るオス。

c0211532_23135118.jpg
■ Brewer's Blackbird (テリムクドリモドキ) Euphagus cyanocephalus

茶色っぽく光沢のないメス。

c0211532_23153349.jpg
■ Brewer's Blackbird (テリムクドリモドキ) Euphagus cyanocephalus

Great Egret (ダイサギ)。

c0211532_231788.jpg
■ Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta

c0211532_23183010.jpg
■ Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta


手すりにとまったAmerican Crow (アメリカガラス)。
いい感じに写真を撮らせてくれた。

c0211532_2326962.jpg
■ American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos

Brandt's Cormorant (アオノドヒメウ)。

c0211532_2327977.jpg
■ Brandt's Cormorant (アオノドヒメウ) Phalacrocorax penicillatus

波打ち際にたくさんいたハジロカイツブリ (Eared Grebe)。

c0211532_23274067.jpg
■ ハジロカイツブリ (Eared Grebe) Podiceps nigricollis

ハジロカイツブリ (Eared Grebe)だとばっかり思っていたが、後で見るとミミカイツブリ (Horned Grebe)だった。

c0211532_2328441.jpg
■ ミミカイツブリ (Horned Grebe) Podiceps auritus

アカエリカイツブリ (Red-necked grebe)。
カイツブリだけで3種も!なんだここは~!

c0211532_23293722.jpg
■ アカエリカイツブリ (Red-necked grebe) Podiceps grisegena

カナダの1ドルコインにも描かれている、Common Loon (ハシグロアビ) までいたぞ~っ!!!

c0211532_23321448.jpg
■ Common Loon (ハシグロアビ) Gavia immer

思いがけず、たくさんの種類を撮影できたので機嫌も回復!
このあとまだまだ時間もあるので、Highway 1(ハイウェイ1)をドライブしようかなぁ。

車を停めた場所まで戻るときに目の前のポールにとまったWestern Gull (アメリカオオセグロカモメ)を最後に激写。

c0211532_23345828.jpg
■ Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis

c0211532_23354688.jpg
■ Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis

よ~し!
計画は狂ったが今日1日楽しむぞ~!!!


<撮影種一覧> 11種
<哺乳類>
California Sea Lion (カリフォルニアアシカ) Zalophus californianus
<鳥類>
ミミカイツブリ (Horned Grebe) Podiceps auritus
アカエリカイツブリ (Red-necked grebe) Podiceps grisegena
ハジロカイツブリ (Eared Grebe) Podiceps nigricollis
Brandt's Cormorant (アオノドヒメウ) Phalacrocorax penicillatus
Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta
■ Surf Scoter (アラナミキンクロ) Melanitta perspicillata
Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis
■ Common Loon (ハシグロアビ) Gavia immer
American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos
Brewer's Blackbird (テリムクドリモドキ) Euphagus cyanocephalus
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-30 21:00 | USA | Comments(0)

386 New England Lobster ~ダンジネスクラブを食らう~

今日はNew England Lobster (ニューイングランドロブスター)に行ってきた。

ワキさん、7歳児と釣りを終え、夕食用のカニを求めにロブスター屋さんへ。
自分が生き物の写真を撮ることを知っているワキさんの計らいで、初撮影種のダンジネスクラブをご馳走してもらうことになった!
もちろん生ガニの仕入れっ!
ワキさん、本当にありがとうございます!!!

c0211532_17531027.jpg

New England Robster (ニューイングランドロブスター)は知っていなければ行くことはないような場所にあった。
がしかし、店内にはかなりの人がいる。
知る人ぞ知る名店のようだ。

看板がおしゃれ~!

特大のAmerican Lobster (アメリカンロブスター)。
カナダ産。

c0211532_17544687.jpg
■ American Lobster (アメリカンロブスター) Homarus americanus

そして今回のメイン、Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ)。

c0211532_17594233.jpg
■ Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ) Metacarcinus magister

中でも一番美味しそうな3ポンドものカニを選んだ。
甲幅(甲羅の幅)はなんと20.7cm!でかい~!

その後ワキさん宅へお邪魔させてもらい、カニの撮影!
おかげでいい写真がとれました。

c0211532_1873456.jpg
■ Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ) Metacarcinus magister 甲幅20.7cm

この後はお楽しみ実食。

c0211532_1891336.jpg
■ Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ) Metacarcinus magister

蒸されて真っ赤になったDungeness Crab (アメリカイチョウガニ)。

c0211532_1815715.jpg
■ Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ) Metacarcinus magister

殻を割り、熱々の身をオリーブオイルにつけて食べる。
甘~い!!!
なんて美味しいカニなんだ!

ズワイガニに比べるとあっさりして上品な味わいなのでいくらでも食べられそうだ。
特にガーリックバターにつけて食べると感動する!

一緒に買ってもらった生牡蠣も最高!

日本から遠く離れたアメリカで、トロントで出会った人たちとこうやってまた一緒に晩御飯を食べる。
なんかすごいっ!!!
ワキさん、奥さん、7歳児、おじょうちゃん、みんなの暖かさが身に染みました。

次は暖かい時期にお伺いできたらなぁ・・・

みなさん本当にありがとうございました!


>>ワキさんのブログ「サンフランシスコの南から 〜 オンタリオ湖畔から・第二章 〜」


<撮影種一覧> 2種
<甲殻類>
■ American Lobster (アメリカンロブスター) Homarus americanus
Dungeness Crab (アメリカイチョウガニ) Metacarcinus magister
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-29 21:40 | USA | Comments(0)

385 Fisherman's Park ~カリフォルニアのダイサギ~

今日はFisherman's Park(フィッシャーマンズパーク)に行ってきた。

California Delta(カリフォルニアデルタ)からの帰りにちょこっと寄ったFisherman's Park(フィッシャーマンズパーク)。
様子をうかがった。

写真を撮るのを忘れてしまったが、干潮で水が干上がっていていかにも釣れなさそう。
がしかし、鳥の姿を発見!
様子見だけだったのに、ちゃっかり撮影をしてしまった。

餌を探すGreat Egret (ダイサギ)。
日本でも見られる鳥だが、アメリカにいるのは別の亜種になる。

c0211532_0155317.jpg
■ Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta

Snowy Egret (ユキコサギ)。
日本にいるチュウサギ (Intermediate Egret)にそっくり。

c0211532_020449.jpg
■ Snowy Egret (ユキコサギ) Egretta thula

Western Gull (アメリカオオセグロカモメ)の若鳥。
クチバシが真っ黒!

c0211532_0252310.jpg
■ Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis

日本にも普通にいるスズガモ (Greater Scaup)。

c0211532_0255851.jpg
■ スズガモ (Greater Scaup) Aythya marila

帰る前に見つけた看板。
釣れる魚の種類なのかなと思ったが、よくみると違った。

c0211532_0324421.jpg

カリフォルニア湾に生息する魚介類のいくつかの種には、水銀やPCBなどの有害物質が蓄積されていることがあるので、18歳~45歳の女性や子供は緑色のところに書いてある魚介類のみ食べるようにしましょう。
という内容。
Striped Bass (ストライプドバス)なんかはよく中華系のスーパーの生簀に入っているんだけどなぁ・・・

日本では大丈夫だろうか。
いや大丈夫じゃないだろう!

こういった魚たちは毒を蓄積しやすいので食べるのは控えましょうというリストがあってもいいと思うのだが・・・
特に福島周辺の魚介類は危ないと思う。生物濃縮が起こるので、3年経った今頃から最も気をつけないとならないとき。
海に流出した放射性物質がどう蓄積するかは分からないが、基本的に有害物質は肝臓を中心とした内臓にたまるので、特に内臓は食べない方がいいと思う。

話が脱線してしまったが、

10分ほどの滞在をエンジョイできてよかった!


>>ワキさんのブログ「サンフランシスコの南から 〜 オンタリオ湖畔から・第二章 〜」


<撮影種一覧> 4種
<鳥類>
Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta
■ Snowy Egret (ユキコサギ) Egretta thula
■ スズガモ (Greater Scaup) Aythya marila
Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-29 21:20 | USA | Comments(0)

384 California Delta ~カリフォルニアでフィッシング~

今日はCalifornia Delta(カリフォルニアデルタ)に行ってきた。

今日の目的はカナダでお世話になったワキさん一家に会うこと。
ワキさんは、ブログが縁でフィッシングに連れて行ってもらうようになり、カナダ生活を何倍も楽しく変えてくださった恩人(恩一家)。
092 Southern Ontario ~ワキ家とフィッシング~

そんなワキさんは現在北カリフォルニアにお住まいで、この機会に絶対会いたい~!!!と思っていたのだった。

車を走らせ待ち合わせ場所に行くと・・・
4年前と全く変わらないワキさんと釣りプロ奥さんの姿が!
本当に久しぶりなんだけど、久しぶりじゃない感覚。
海外で会うっていうのがそうさせているのかな?もし日本で会っていたら少しくすぐったい感じだったのかもしれない。

かわいいお嬢さんが新しく家族に増えたこと以外は、お互いに交わす言葉の感じも含めて全く変わっていなかった。すごく嬉しい!!!

そして数々の思い出を作ってくれた3歳児は今学校にいるというので、ワキさんの車に乗り込んで3歳児を迎えにいった。
なかなかアメリカの小学校の中へ入るっていう経験もできないなぁと思いながら、3歳児の出待ち。きた~!あの3歳児がもう7歳児!
大人っぽくなってるがやっぱり分かるね!
予想どおり、最初は恥ずかしくて口をきいてくれない。
それが何ともかわいくてたまりません!

久々にあう釣り好きのおじさんに慣れる間もなくそのまま野郎3人でいざフィッシングへ!!!

サンフランシスコ湾を横断するめちゃくちゃ長い橋 San Mateo Bridge(サンマテオ橋)を渡って内陸へ向かう。
本当に長い!

c0211532_2013883.jpg

内陸へ入るとガラっと景色が変わる。
やっぱりアメリカはすごい!広すぎる!

c0211532_2041762.jpg

石油をじゃんじゃん使う国というイメージがあったが、おびただしい数の風力発電機。
日本の風力発電なんておもちゃみたいなもの。

c0211532_204265.jpg

c0211532_205960.jpg

約1時間半のドライブで釣り場へと到着した。

c0211532_209175.jpg

California Delta(カリフォルニアデルタ)はカリフォルニア州にある約2,800 km2の広大な三角州。
ブラックバス釣りのメッカとしても有名な場所だ。

今日はそんなデルタでオオクチバス (Largemouth Bass)狙い。
しかし今は1月。
ブラックバスの釣りをする人ならご存知だろうが、水温が下がる冬は一年の中でも最もバスが釣れない時期なのだ。
果たして釣れるだろうか・・・

ワームを投げ、底を探る。
やっぱり生命反応がない。
みんなも苦戦しているようだ。

そんな中、鳥の姿を見つけたのでこっそり撮影を開始した。

c0211532_2248833.jpg
■ American Coot (アメリカオオバン) Fulica americana

c0211532_22524888.jpg
■ American Coot (アメリカオオバン) Fulica americana

水面すれすれを飛ぶBufflehead (ヒメハジロ)。

c0211532_22515931.jpg
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola

空を飛ぶ姿がかっこいいハイイロチュウヒ (Northern Harrier)。

c0211532_22594158.jpg
■ ハイイロチュウヒ (Northern Harrier) Circus cyaneus

c0211532_2304631.jpg
■ ハイイロチュウヒ (Northern Harrier) Circus cyaneus

Northern Shrike (オオモズ)。
近づいたらすぐに逃げてしまったので遠くからの写真だけ成功。

c0211532_2342814.jpg
■ Northern Shrike (オオモズ) Lanius excubitor

結局だれも魚をゲットすることはできなかったが、アメリカの大自然の中で竿をふれるなんてそれだけでも大満足だ!
ワキ家と釣りをするのは4年ぶりだったが、ちっとも昔と変わらず(自分だけ一番先に飽きて鳥の写真を撮り始める…苦笑)であった。

ワキさん、7歳児、ありがとうございました!!!


>>ワキさんのブログ「サンフランシスコの南から 〜 オンタリオ湖畔から・第二章 〜」


<撮影種一覧> 4種
<鳥類>
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola
■ ハイイロチュウヒ (Northern Harrier) Circus cyaneus
American Coot (アメリカオオバン) Fulica americana
Northern Shrike (オオモズ) Lanius excubitor
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-29 21:10 | USA | Comments(0)

383 Foster City ~サンフランシスコ湾の鳥~

今日はFoster City(フォスターシティ)に行ってきた。

1年半ぶりのCA(カリフォルニア)~っ!!!

今回AZ(アリゾナ)へ出張へ行くことになり、友人もいるSan Francisco(サンフランシス)に休みを取って3日間滞在することが出来た。
初日は親友PercyとNorth Beach(ノースビーチ)でディナー。

2日目の今日は気になっていたSan Francisco Bay(サンフランシスコ湾)沿いのFoster City(フォスターシティ)を散策だ!
いかにも何かいそうな干潟。
と思ったら沖に何かが見える。鳥だ!

c0211532_22571490.jpg

何もいないかもしれないと思っていたのでとても嬉しい!

おお!
よく見るとここにはいっぱい水鳥がいるではないかっ!!!
なんだこの数は!!!

c0211532_19402752.jpg


どれから撮影したらよいのか分からないっ!
まずはWillet (ハジロオオシギ)。真ん中の灰色の鳥。
その後にいるピンクのクチバシを持った鳥はMarbled Godwit (アメリカオオソリハシシギ)。
小さいのはSandpiperの仲間だが、種類までは不明。

c0211532_19425389.jpg
■ Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata
■ Marbled Godwit (アメリカオオソリハシシギ) Limosa fedoa


Marbled Godwit (アメリカオオソリハシシギ)。
後にいる白黒の鳥はAmerican Avocet (アメリカソリハシセイタカシギ)。

c0211532_19522547.jpg
■ Marbled Godwit (アメリカオオソリハシシギ) Limosa fedoa
■ American Avocet (アメリカソリハシセイタカシギ) Recurvirostra americana


生まれて初めてみたAmerican Avocet (アメリカソリハシセイタカシギ)。
クチバシが不思議なくらいそりあがっている。
何のためだろうか・・・

c0211532_19533693.jpg
■ American Avocet (アメリカソリハシセイタカシギ) Recurvirostra americana

この干潟の優占種はこの3種。

その中に1羽だけ珍しい鳥が混ざっていた。
Long-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ) だ。
信じられないくらい長いくちばしが特徴。これも嬉しい初撮影種!

c0211532_19564016.jpg
■ Long-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ) Numenius americanus
■ Marbled Godwit (アメリカオオソリハシシギ) Limosa fedoa
■ Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata

日本ではみられない珍しい鳥がたくさんでパラダイス状態だが、結局は同じ種の鳥がたくさん。
他にも鳥がいないかと散策することにした。
途中双眼鏡を持ったバーダーに遭遇。
撮影した写真を見てもらって鳥の名前を教えてもらったが、そのときは頭に入らず・・・

c0211532_21541233.jpg

沖でカイツブリの仲間が泳いでいるのが見えた。
初撮影のClark's Grebe (クラークカイツブリ)だ!

c0211532_23153976.jpg
■ Clark's Grebe (クラークカイツブリ) Aechmophorus clarkii

食事中のAmerican Wigeon (アメリカヒドリ)。
この鳥はトロントで何度かみたことがある。

c0211532_23182531.jpg
■ American Wigeon (アメリカヒドリ) Anas americana

冬のトロントでよくみかけていたBufflehead (ヒメハジロ)。
かわいいので大好きな鳥。

c0211532_23195516.jpg
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola


沖には数千羽という鳥の大群が空を飛んでいる。
先の優占種3種類だ。

c0211532_23371334.jpg
■ American Avocet (アメリカソリハシセイタカシギ) Recurvirostra americana

c0211532_23372349.jpg
■ Marbled Godwit (アメリカオオソリハシシギ) Limosa fedoa
■ Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata


一方岸の方ではBlack Phoebe (クロツキヒメハエトリ)が多い。
初撮影種!

c0211532_23204464.jpg
■ Black Phoebe (クロツキヒメハエトリ) Sayornis nigricans

ここにも!
人を余り恐れていないようだ。

c0211532_2321365.jpg
■ Black Phoebe (クロツキヒメハエトリ) Sayornis nigricans

地味な小鳥Savannah Sparrow (クサチヒメドリ)も初撮影!
眼の横の黄色い部分が特徴だ。

c0211532_23221798.jpg
■ Savannah Sparrow (クサチヒメドリ) Passerculus sandwichensis

久しぶりにみたEuropean Starling (ホシムクドリ)。
ヨーロッパから移入された害鳥なのだが、美しいので好きな鳥。

c0211532_23253634.jpg
■ European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris

Ring-billed Gull (クロワカモメ)。
この鳥もトロントでは毎日のようにみていたなぁ。

c0211532_2328730.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

c0211532_23285592.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

日本にも普通にいるカモメ (Common Gull)。
北米ではMew Gullと呼ばれている。

c0211532_23295130.jpg
■ カモメ (Common Gull) Larus canus

Western Gull (アメリカオオセグロカモメ)。
ピンクの足が特徴的。

c0211532_23305110.jpg
■ Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis

そしてCalifornia Gull (カリフォルニアカモメ)。
カモメだけでも4種もいた!!!

c0211532_23314234.jpg
■ California Gull (カリフォルニアカモメ) Larus californicus

最後は片足立ちのCanada Goose (カナダガン)。

c0211532_23334095.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

さすがはアメリカ!
自然の豊かさがすごいっ!
たった1時間の探索で16種もの鳥に出会うことができた!!!

やっぱり好きなところだなぁ~。


<撮影種一覧> 16種
<鳥類>
Clark's Grebe (クラークカイツブリ) Aechmophorus clarkii
American Wigeon (アメリカヒドリ) Anas americana
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola
■ American Avocet (アメリカソリハシセイタカシギ) Recurvirostra americana
■ Marbled Godwit (アメリカオオソリハシシギ) Limosa fedoa
Long-billed Curlew (アメリカダイシャクシギ) Numenius americanus
Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata
California Gull (カリフォルニアカモメ) Larus californicus
カモメ (Common Gull) Larus canus
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
Western Gull (アメリカオオセグロカモメ) Larus occidentalis
Black Phoebe (クロツキヒメハエトリ) Sayornis nigricans
American Crow (アメリカガラス) Corvus brachyrhynchos
European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris
Savannah Sparrow (クサチヒメドリ) Passerculus sandwichensis
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-29 21:00 | USA | Comments(0)

382 空 ~雪国~

今日は空の写真を撮った。

新千歳空港(New Chitose Airport)発、花巻空港(Hanamaki Airport)行きの飛行機で空の写真を撮った。
出張で人生初の北海道上陸を果たし、これから東北へと南下。

空から見る雪国の景色が余りにも美しかったので写真を撮った。

c0211532_17402323.jpg

c0211532_17403379.jpg

c0211532_17404113.jpg


なかなか花巻空港なんて行ける機会はないので貴重な経験だった。
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-09 12:00 | 飛行機 | Comments(0)

381 宍道湖西岸なぎさ公園 ~2014年初撮り~

今日は宍道湖西岸なぎさ公園(Lake Shinji West Nagisa Park)に行ってきた。

今日はデジスコを持って2014年初撮り。
年末から東京へ飛び、正月も仕事をし、明日からまた北海道へ・・・
たまの休みは自然で癒されたい。

今日の撮影地には宍道湖西岸なぎさ公園(Lake Shinji West Nagisa Park)を選んだ。
この場所は冬場未知の鳥との出会いが期待できるお気に入りスポット。
車にデジスコを搭載して走れるのもいい。

c0211532_23521820.jpg


さっそく素敵な出会いがあった。
大好きな鳥、ハヤブサ (Peregrine Falcon)だ!

c0211532_23534015.jpg
■ ハヤブサ (Peregrine Falcon) Falco peregrinus


正面に回りこむ。
おお、逆光・・・

それでもなかなかハヤブサ (Peregrine Falcon)と出会えるチャンスはない。
「悔いなし」と言えるくらい写真を撮りまくった。
その枚数2000枚!
そして使えそうなのは40枚くらい。

c0211532_23554584.jpg
■ ハヤブサ (Peregrine Falcon) Falco peregrinus

羽毛のお手入れ。

c0211532_23555641.jpg
■ ハヤブサ (Peregrine Falcon) Falco peregrinus

c0211532_2356830.jpg
■ ハヤブサ (Peregrine Falcon) Falco peregrinus

そういえば前回ここでハヤブサ (Peregrine Falcon)を見たときも、田んぼに止まってじっとしていたなぁ。
同じ個体だろう。

すぐ近くの田んぼではタゲリ (Northern Lapwing)が身を潜めていた。
普段は元気に歩き回っているのだが、ハヤブサ (Peregrine Falcon)を警戒しているからだろう。

c0211532_23594377.jpg
■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus

今日はこの2種類だけ。
数は少ないが、ハヤブサ (Peregrine Falcon)を撮影できたのはラッキーだった。

やっぱりこの公園は素晴らしいなぁ!


<撮影種一覧> 2種
<鳥類>
ハヤブサ (Peregrine Falcon) Falco peregrinus
■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-06 21:00 | 島根県 | Comments(0)