322 島根町 ~仕事帰りにイカ~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

今日は仕事が終わって少しだけ海へ行ってきた。
今の時期、島根県では大型のアオリイカ (Bigfin Reef Squid)が釣れるチャンスがある。
運がよければ釣れるかもしれない!

ポイントである漁港へ到着し、道具を用意する。
そういえば前回根掛りで糸が切れたので、まずは糸を結びなおさなくちゃいけないんだった・・・

他の2人に遅れて竿を降り始める。
隣にいた海ビギ君にアドバイスをしていると、

びょーん、びょーんと竿が引っ張られるではないか!

慌ててあわせたがのらなかった。
しまった油断した~!!!

今日の海は何か釣れそうな雰囲気が漂っている。
海部部長がスルメイカ (Japanese Flying Squid)の幼生を引っ掛けた。

c0211532_15342035.jpg
■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus 外套長4.8cm

スルメイカ (Japanese Flying Squid)は初撮影種!
やった!

それにしてもプランクトンの数がものすごい。

そのプランクトンを食べているのか、ゴカイの仲間が泳ぎまわっている。
ものすごい数だ。

c0211532_15554615.jpg

こんなに生命力にあふれた海ならいけそう!!!

1時間くらい釣りをして、そろそろ帰ろうとしたとき部長の竿がしなった。

かなり大きそうだ!!!

あがってきたのは見事なカミナリイカ (Kisslip Cuttlefish)。

c0211532_15574194.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas 外套長22.0cm

ここ最近盛り上がるような獲物をゲットできずにいたので大興奮!
達成感のある雰囲気で釣りを終了した。

部長からイカをもらったので、食してみた。
墨の量がすごい!

カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish)の学名はSepia lycidasSepiaというのはコウイカ属の学名。
Sepia。セピア。

そう、セピア色というのは昔イカの墨をインクにして写真を印刷していたことに由来する。
イカ墨インクは時間がたつと黒が褪せてきて茶色に変わり、それがセピア色と呼ばれるようになった。

大きな殻の写真。

c0211532_167326.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas 外套長22.0cm

c0211532_16865.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas 外套長22.0cm

こうやってよくみると、元々巻貝の形をしていたものが長細く進化したというのがよく分かる。

墨で手が真っ黒になりながら、やっとの思いで刺身を作った。
気になるお味は・・・

もう最高!

もっちり、ねっとりとした食感で甘みが口のなかに広がる・・・
これは近いうちにまた釣りに行かねば!!!


<撮影種一覧> 2種
<頭足類>
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas
■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-04-29 23:59 | 島根県 | Comments(0)

321 空 ~韓国上空~

今日は空の写真を撮った。

米子空港発、仁川国際空港行きの飛行機で空の写真を撮った。
昨日の野鳥撮影中に急遽指令が出て、今日から4日間韓国。

今日も空は広い!

c0211532_13111341.jpg

韓国上空。

c0211532_13112811.jpg

一枚でもいいから韓国にしかいない生き物の写真が撮れればいいなぁ・・・
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-04-19 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

320 美保関燈台 ~デジスコで小鳥~

今日は美保関燈台(Mihonoseki Lighthouse)に行ってきた。

先日に引き続き、今日もデジスコを持って美保関燈台(Mihonoseki Lighthouse)。
今日は何が撮影できるかなぁ?

早速見たことのない鳥を撮影。
ノビタキ (African Stonechat)のメスだ。

c0211532_12443171.jpg
■ ノビタキ (African Stonechat) Saxicola torquata

ホオジロ (Meadow Bunting) のオス。

c0211532_1245979.jpg
■ ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides

この間と同じところにジョウビタキ (Daurian Redstart)のメス。

c0211532_12455512.jpg
■ ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus

何か鳥が来ないかなぁと待っていると大きなレンズをかついだフォトグラファーが歩いてきた。
この間の男性だ!

あいさつを交わし、一緒に撮影する。
なかなか鳥が来なくなったので、一緒にポイント移動。

アトリ (Brambling)がいたっ!

c0211532_1249108.jpg
■ アトリ (Brambling) Fringilla montifringilla

ノビタキ (African Stonechat)のオス。

c0211532_12494796.jpg
■ ノビタキ (African Stonechat) Saxicola torquata

遠くに見慣れない小鳥が群れている。
ちょろちょろと歩きながらセイヨウタンポポ (Common Dandelion)の果実を食べている。
これも初撮影種のハギマシコ (Rosy Finch)だ!

c0211532_1251135.jpg
■ ハギマシコ (Rosy Finch) Leucosticte arctoa

c0211532_1251496.jpg
■ ハギマシコ (Rosy Finch) Leucosticte arctoa

背伸び。

c0211532_12521154.jpg
■ ハギマシコ (Rosy Finch) Leucosticte arctoa

今日も楽しい撮影で大満足!


<撮影種一覧> 5種
<鳥類>
ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus
ノビタキ (African Stonechat) Saxicola torquata
ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides
■ アトリ (Brambling) Fringilla montifringilla
■ ハギマシコ (Rosy Finch) Leucosticte arctoa
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-04-18 21:00 | 島根県 | Comments(2)

319 美保関燈台 ~デジスコが楽しくなってきた~

今日は美保関燈台(Mihonoseki Lighthouse)に行ってきた。

この時期、美保関燈台(Mihonoseki Lighthouse)は北へ渡る前の小鳥がたくさんいるのでデジスコの撮影にはもってこいだ。

野鳥は釣りと同じく早朝がよいので朝早く出発するつもりだったが、やっぱり朝寝坊してしまった。
昼前に現地へ到着・・・

あちこちで野鳥の鳴き声が聴こえてくる。
これは期待できそう!

駐車場から登山道に差し掛かると、早速見たことのない鳥が目の前にとまった。

慌ててデジスコを構えるも、すぐに飛び立つ。
ミヤマホオジロ (Yellow-throated Bunting)のオスだった。残念・・・

遠くの枝にとまったモズ (Bull-headed Shrike)のメスは撮影成功!

c0211532_23513147.jpg
■ モズ (Bull-headed Shrike) Lanius bucephalus

こんな可愛らしい姿をしているのに、小鳥やネズミさえも襲う獰猛な鳥。

しばらく粘るもなかなか鳥が現れないので場所を変更した。
すると大きなレンズを持ったフォトグラファーを発見。

何かいるのかなぁと恐る恐る近づいた。
あいさつを交わし、ずうずうしくも同じ場所にデジスコを構える。

とてもフレンドリーな方達でいろいろとアドバイスをいただいた。

目の前にとまったホオジロ (Meadow Bunting)のメス。

c0211532_032237.jpg
■ ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides


c0211532_0474.jpg
■ ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides

ジョウビタキ (Daurian Redstart)のメス。

c0211532_064312.jpg
■ ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus

時刻は正午。
日も高くなり、全く小鳥がみられなくなった。
ご一緒させてもらった人達も帰るというので諦めることにした。

またお会いできたらいいなぁ。

駐車場までの道でナナフシモドキ (Nanafushi Modoki)の幼生を発見!

c0211532_0142648.jpg
■ ナナフシモドキ (Nanafushi Modoki) Baculum irregulariterdentatum

家に向かって車を走らせる。

途中で田んぼにキジ (Green Pheasant)の姿を発見して引き返した。
念願のキジ (Green Pheasant)初撮影!

c0211532_02413100.jpg
■ キジ (Green Pheasant) Phasianus versicolor

かっこいい・・・

近づくとさっさ~と逃げてしまった。

c0211532_025293.jpg
■ キジ (Green Pheasant) Phasianus versicolor

今日は本当におもしろかったなぁ。
しばらデジスコメインで撮影に行こう。


<撮影種一覧> 5種
<昆虫類>
■ ナナフシモドキ (Nanafushi Modoki) Baculum irregulariterdentatum
<鳥類>
■ キジ (Green Pheasant) Phasianus versicolor
ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus
モズ (Bull-headed Shrike) Lanius bucephalus
ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-04-13 21:00 | 島根県 | Comments(0)

318 松江市 ~クロアワビ旨い!~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

仕事帰り、スーパーへ行くと大きなあわびを発見した。
ちょうど昼間にあわびの話をしていたのでタイムリー!

1個1500円だったのでちょっとひるんだが、なかなか食べる機会もないので思い切って購入してみた。

c0211532_2240728.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus


ちょうど1年前に買ったものよりも1回り大きい。
あわびには色々な種類があるが、こちらはクロアワビ (Disk Abalone)という種。

c0211532_22432982.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 10.5cm


この大きさになるまでは4年くらいかかるらしい。
確かに輪紋が3つ見える。

c0211532_22435032.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 9.8cm


刺身とバター炒めでいただいたが、あまりの旨さに2人で大絶賛!
やっぱり海の幸はいいねぇ。


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-04-05 21:00 | 島根県 | Comments(2)

317 島根町 ~セクハラ魚ちんぽだし~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

今日は会社の海部でのんびり海釣り。
この時期はまだまだ水温が低いので魚が釣れない。
そのことを肝に命じて釣りに挑んだ。

餌はオキアミ。
撒き餌をしながら、ムラソイ (Murasoi)やカサゴ (False Kelpfish)でも釣ろういう作戦。

さっそく海部部長が何かを釣り上げた。
アナハゼ (Sunrise)だ!

c0211532_1661812.jpg
■ アナハゼ (Sunrise) Pseudoblennius percoides 16.5cm

この仲間には面白い地方名がある。

「ちんぽだし」

ちんぽを出しているセクハラ魚だ。
なんと立派なちんぽ!

c0211532_1684479.jpg
■ アナハゼ (Sunrise) Pseudoblennius percoides 16.5cm

アナハゼ (Sunrise)の雄はこのような生殖突起と呼ばれる器官を持ち、交尾して雌の生殖孔内に精子を送り込む。

鋭い小さな歯が並ぶ大きな口。

c0211532_16251948.jpg
■ アナハゼ (Sunrise) Pseudoblennius percoides 16.5cm

続いてアカメバル (Aka Mebaru)。

c0211532_16261499.jpg
■ アカメバル (Aka Mebaru) Sebastes inermis 18.0cm

釣り始めはポツポツと雑魚があがってきたが、全くあたりもなくなってきた。
作戦変更で「べべ貝」ことベッコウガサ (Bekko Gasa)狙いに切り替え!

まずはサザエ (Horned Turban)の殻に入っていたヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari)をゲット!

c0211532_16412659.jpg
■ ヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari) Pagurus japonicus 甲長2.0cm



大きな波をバサっと被る岩場でドキドキのべべ貝獲り。
見たこともないくらい大きなベッコウガサ (Bekko Gasa)が獲れた。

c0211532_16274865.jpg
■ ベッコウガサ (Bekko Gasa) Cellana grata 殻長3.8cm

c0211532_16282317.jpg
■ ベッコウガサ (Bekko Gasa) Cellana grata 殻長3.5cm

まあまあの収穫。

c0211532_16421284.jpg
■ ベッコウガサ (Bekko Gasa) Cellana grata

家に帰り、アカメバル (Aka Mebaru)の煮付けとベッコウガサ (Bekko Gasa)の炊き込みご飯を作った。

アカメバル (Aka Mebaru)の煮付けは最高の味。ヨメも絶賛。

一方炊き込みご飯は言葉に言い表せない感じだが、とにかく不味い・・・
(本来は非常に旨い料理だが、調味料の配分をミスったため)

気を取り直してベッコウガサ (Bekko Gasa)の殻内側の写真を撮影。

殻の内側が今流行りのベッコウ柄になっているのが特徴だ。

c0211532_16462228.jpg

ベッコウとは本来タイマイ (Hawksbill Turtle)という海ガメの甲羅のことを指す。
プラスチックのない時代に形成しやすい特性と、非常に美しい模様を持った本種の甲羅が珍重された。
そのため乱獲により個体数が激減してしまい、現在はワシントン条約に保護されている。
今巷に溢れるベッコウ柄はこのタイマイ (Hawksbill Turtle)のイミテーションのこと。

話が脱線したが、ベッコウガサ (Bekko Gasa)なんて洒落た名前だ。
次回はバター炒めにしよう。


<撮影種一覧> 5種
<貝類>
■ ベッコウガサ (Bekko Gasa) Cellana grata
<甲殻類>
ヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari) Pagurus japonicus
<魚類>
■ アナハゼ (Sunrise) Pseudoblennius percoides
アカメバル (Aka Mebaru) Sebastes inermis
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-04-03 21:00 | 島根県 | Comments(0)