288 家 ~白菜についたイモムシ~

今日は家(Home)で写真を撮った。

ファンヒーターの灯油がなくなったので玄関へ灯油を注ぎにいくと、壁にイモムシがひっついていた。
気持ち悪っ!!!
「みんなで作る日本産蛾類図鑑」でみていただいた。

c0211532_2222135.jpg
■ ハスモンヨトウ (Hasumon Yotou) Spodoptera litura

c0211532_2251623.jpg
■ ハスモンヨトウ (Hasumon Yotou) Spodoptera litura


なぜこんなところにイモムシが・・・?

よく考えると、実家の親父から届いた野菜を玄関に置いているからだ。そこから出てきたのだろう。
蛾の仲間はなじみがないため、本当に見分けが難しい・・・

またひとつかしこくなった!


<撮影種一覧> 1種
<昆虫類>
■ ハスモンヨトウ (Hasumon Yotou) Spodoptera litura
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-29 21:00 | 島根県 | Comments(0)

287 島根県大田市 ~白いカラス~

今日は島根県大田市(Ooda, Shimane)に行ってきた。

今日は島根県松江市在住の敏腕フォトグラファーキーモンさんに誘われ、大田市にいるという「白いカラス」を求めて撮影小旅行に出かけた。

車に機材を積み込み、大田市まで70kmのドライブ。
話が盛り上がっているうちに「白いカラス」がいるという地区までやってきた。

c0211532_1547919.jpg

「いつおってもおかしくないけん、おしゃべりはやめて白いカラス探しに集中しょうや。」というキーモンさんの号令で鳥探しモードに切り替えた。

山道を登り始める。

号令から20分、白いカラスはおろか、黒いカラスさえ見当たらない。
ここでハッと我に返った。
「70kmも離れた場所にたった1羽のカラスを探しに行って、そんな見つかるものなのか?こら見つからんで帰ることになりそうじゃわ。どうしよう・・・」
しかし、不安を口に出すと来るはずの幸運も逃げてしまいそうなので、心の中にしまっておく。

捜索開始から30分、両脇を木に囲まれたような道を走っているときのこと、

頭上を白い鳥が飛んでいった。
え?まさか!?

アドレナリンが分泌され全身に力がみなぎる。
「キーモンさん、おった~!!!今真上!」
車を停めて急いで車を降りる。
「おおおお!ほんまじゃぁ!(この2人が揃うと広島弁になる)」

白いカラスだ。

白いカラスは頭上を旋回して西の方角へと飛んでいった。

「ほんまにおったねぇ!」「おりましたねぇ!」
ターゲットの確認ができたので一気に明るいムードになる。
白いカラスが飛んでいった方向へと車を走らせ、捜索を開始。

開けた場所でまたもや発見!
「おおお!」
撮影する間もなく、山の向こうに姿を消してしまった。

犬の散歩をしているおばあちゃんに白いカラスの話を聞く。
「白いカラス?おりますよ。私も今まで2回くらい見たことがありますよ。・・・」
ええ地元のおばあちゃんでも2回?なんて思って聞いていた矢先、

「いた~!!!!」

上空を飛ぶ白いカラスを発見!

c0211532_15531313.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos アルビノ(白化個体)

拡大して見てみると確かにカラスだ。ハシブトガラス (Jungle Crow)の方。

c0211532_1559854.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos アルビノ(白化個体)

そしてまた山の奥へと消えていった。

c0211532_1603530.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos アルビノ(白化個体)

この場面で二人とも写真に納めることに成功。とりあえず肩の荷がまたひとつ降りる。

「次はドアップのいい写真!!!」
これまで3回のチャンスとも豆にしか見えていないが、いいチャンスはあるだろうか???

飛んでいった方向へと車を走らせる。
全身の神経を集中させながら車を運転する。

ふと右目が暗い山の中に見える白い点をとらえた。
顔を白い点の方向へ向け、両目でフォーカスしてみると・・・
「いた~!!!」
白いカラスが木に止まっている。
これはシャッターチャーンス!!!

アドレナリン全開の震える手でデジスコのセッティングをする。
照準器のスイッチを切り忘れて電池がなくなってしまっている・・・痛恨のミス!

目標物を定めながらなんとかロックオン。

c0211532_1615323.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos アルビノ(白化個体)

くちばしは血液の色が透けてピンク。
眼は青い。
これはすごいわ・・・

果実を食べている。棘があるのと、果実の感じからタラノキ (Japanese Angelica Tree)だろう。
なんと爪まで真っ白!

c0211532_16173853.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos アルビノ(白化個体)

知らない人が見たらまるで別の鳥。

c0211532_16192081.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos アルビノ(白化個体)


c0211532_1804951.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos アルビノ(白化個体)

距離的には申し分ないが、山影で暗い。
感度を上げてなんとか取れたが画質はイマイチ。

だけど嬉しい!!!

よっしゃさらに上を目指すぞ~!
飛び立った白いカラスを追いかけ、その後数回目撃するも近寄れたのはこの場面だけだった。

合間に撮ったほかの鳥達。

同じハシブトガラス (Jungle Crow)ではないが、黒いカラス。

c0211532_16384846.jpg
■ ハシボソガラス (Carrion Crow) Corvus corone


300mくらい離れた枯木に止まっていた猛禽類。ノスリ (Eastern Buzzard)かな?
デジスコの望遠は本当に凄い!!

c0211532_16405856.jpg

木にとまったかわいいツグミ (Dusky Thrush)。

c0211532_16414336.jpg
■ ツグミ (Dusky Thrush) Turdus naumanni

これで思い残すことはない。というほどまでの写真は撮れなかったが、満足度は100%。

キーモンさんありがとうございました!

また行きましょう!!!

c0211532_16424653.jpg



>>山陰すてき女子


<撮影種一覧> 3種
<鳥類>
ツグミ (Dusky Thrush) Turdus naumanni
ハシボソガラス (Carrion Crow) Corvus corone
ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-28 21:00 | 島根県 | Comments(0)

286 神戸市 ~タチウオ釣り~

今日は神戸市(Kobe)に行ってきた。

今日は大阪に住む友人コウティと神戸(Kobe)でオールナイト夜釣りだ!
夜の8時半に松江(Matsue)を出発し、深夜12時過ぎに神戸(Kobe)へ到着した。

狙いはタチウオ (Largehead Hairtail)。
まだ綺麗な標本写真を撮っていないということで今回のターゲットとなった。
果たしてタチウオ (Largehead Hairtail)は釣れるだろうか???

神戸の夜景を見ながらの贅沢な釣り。

c0211532_23215257.jpg

コウティとは5年ぶりの再会となるので、色々と話が尽きない。

さてそろそろ釣りでも始めましょうかと、コウティがルアーをキャストしてアクションの仕方を実演してくれた。
竿を返してもらい、自分も習ったようにアクションしようとしたところで・・・

ブルブルブルっ。

「あれ?これ何か釣れてるかも?」
とあがってきたのは本命のタチウオ (Largehead Hairtail)!!!
自分で釣ったのか、コウティが釣ったのか微妙なところだが、写真が撮れるので嬉しい!!!

光の反射を抑えるため、ストロボのリモート発光で撮影した。

c0211532_23253124.jpg
■ タチウオ (Largehead Hairtail) Trichiurus lepturus 84.0cm

このギラギラ感がたまらなくかっこいい!!!

顔のアップ。

c0211532_23271555.jpg
■ タチウオ (Largehead Hairtail) Trichiurus lepturus 84.0cm


鋭い歯。なんと歯にかえしがある。これでズブっとやられると縫わなければならないほどの大怪我になるだろう・・・
恐ろしい・・・

c0211532_23282369.jpg
■ タチウオ (Largehead Hairtail) Trichiurus lepturus 84.0cm


尾部のアップ。
英名のLargehead Hairtailは「大きな顔のヘアテイル」という意味。ヘアテイルは「髪の毛のような尾」という意味。なるほどそのまんまだ。

c0211532_23291370.jpg
■ タチウオ (Largehead Hairtail) Trichiurus lepturus 84.0cm


いきなり本命を釣り、写真も撮れたのでほっとする。
が、しかしここからが辛い時間帯となった。
周りの餌釣り師含め全然釣れない。群れが回って来ていないようす。

明け方に何とか1匹追加できた。

c0211532_2333133.jpg
■ タチウオ (Largehead Hairtail) Trichiurus lepturus 72.0cm

こいつもかっこよく撮れたぜ。

その後は反応もなく、終了。
しかし、写真が撮れて大満足!

マイメンの勇姿を撮影してお別れをした。

途中高速のパーキングで仮眠を取り、松江(Matsue)へは3時に戻った。
疲れきった体に鞭を打ちタチウオ (Largehead Hairtail)を解体する。

タワシで体表をこすりグアニンという物質を取り除いた。
タチウオ (Largehead Hairtail)には鱗がなく、ピカピカと光っているのはグアニンという物質に覆われているため。
これがなくなると筋肉が丸見えだ。

c0211532_23424936.jpg

Wikipediaによると、この物質はかつて模造真珠やマニキュアのラメに使われていたということだ。
グアニンを集めて茶碗に入れてみた。
なるほど!これは確かにラメだ!

c0211532_23453741.jpg

思ったよりもグアニンの層は厚く、1匹から結構の量がとれそうだ。
まさかマニキュアの原料がタチウオ (Largehead Hairtail)だったなんて・・・

タチウオ (Largehead Hairtail)はニンニクとオリーブオイルでソテーにして食べた。
あっさりしてうまい。ヨメにも好評だった。

充実した休日をありがとう!コウティまた釣りに行きましょう!


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
タチウオ (Largehead Hairtail) Trichiurus lepturus
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-24 21:00 | 兵庫県 | Comments(0)

285 島根町 ~漁火光柱~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

今日も仕事終わりにノリで釣りに行くことになった。体調不良で顔色が悪いが、今を精一杯楽しみたい!!!

一度着替えて集合し、最近よく行く島根町のポイントへ。煮つけでおいしい根魚狙いだ。

釣りをしていると夜空に光の柱が立っているのが見えた。
なんだあれは???
まさかオーロラ???

残念ながら今日は90mmのレンズしか持っていなかったので、その景色の一部を撮影。

c0211532_15492936.jpg


どうやら海にいる漁船の光が空中の氷の結晶に反射して光る「漁火光柱」という現象らしい。
ひょっとしたら全国の神様が出雲大社へ向かう途中なのかも!(神無月は出雲では神在月。出雲大社に八百万の神が集まるため。その神々が集まるのが明後日11月23日の夜)
なんで広角のレンズを持ってこなかったんだと後悔する・・・

神秘的な景色につつまれ釣りをする。

今日は潮が悪いのか、釣り過ぎて魚がいなくなってしまったのか、なかなか魚が釣れない。

彼氏と来ていた女子にアオハタ (Banded Grouper)の幼魚が釣れた。やっとカメラを出す気になる魚ゲット!

c0211532_15553645.jpg
■ アオハタ (Banded Grouper) Epinephelus awoara 6.5cm


自分もカサゴ (False Kelpfish)を2匹釣る。

c0211532_15562665.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 14.0cm


そしてキャプテンのキジハタ (Hong Kong Grouper)。

c0211532_1557321.jpg
■ キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara 17.5cm


魚種としてはいいものばかりだが、いかんせんサイズが小さい。
やっぱり根魚は一度釣りつくすとそのエリアから魚がいなくなってしまうようだ。
乱獲はいかんっ!

その後、ソバ嬢とテトラポットでエビ獲りに夢中になった。
ライトで水中を照らすと無数の光る目玉。
網ですくうとサラサエビ (Camelback Shrimp)がわんさか獲れる。

最後に大型のヤドカリをゲットした。

体色が赤いベニホンヤドカリ (Beni Honyadokari)。

c0211532_1622057.jpg
■ ベニホンヤドカリ (Beni Honyadokari) Pagurus similis

c0211532_1622948.jpg
■ ベニホンヤドカリ (Beni Honyadokari) Pagurus similis


体色は赤くないが良く似ているヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari)。

c0211532_1631819.jpg
■ ヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari) Pagurus japonicus


抱卵していたメス。
c0211532_1633186.jpg
■ ヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari) Pagurus japonicus

c0211532_1634095.jpg
■ ヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari) Pagurus japonicus


撮影のために持って帰ったので、煮付けにして食べてみた。

c0211532_164064.jpg
■ ヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari) Pagurus japonicus

さすが甲殻類だけあって味はいい。エビのような味。
しかし可食部はぶにょぶにょの内臓が詰まっている部分のため、ちょっと気持ちが悪い。
素揚げの方が食べやすいかな?


<撮影種一覧> 5種
<甲殻類>
■ ヤマトホンヤドカリ (Yamato Honyadokari) Pagurus japonicus
ベニホンヤドカリ (Beni Honyadokari) Pagurus similis
<魚類>
キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara
アオハタ (Banded Grouper) Epinephelus awoara
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-21 23:59 | 島根県 | Comments(0)

284 鹿島町 ~ソラスズメダイの撮影に成功!~

今日は鹿島町(Kashima)に行ってきた。

今日は職場の海遊部釣り大会。
9人という大人数なので、静かな鹿島町(Kashima)で遊ぶことにした。
前日まで大荒れだった天気がウソのように回復!

c0211532_17422519.jpg

何をしなくても満足できるほどの気持ちよさ!

おのおのが竿を出す。
人数が多いとそれだけ変なものが釣れる可能性がある。こういうとき撮影メインの自分は楽できて嬉しい。

しかし今日も渋い。

c0211532_17443076.jpg

瀬戸内海などに比べると栄養塩の乏しい日本海は、自然の磯よりも漁港など人間が排出する栄養塩のある場所の方が安定して魚が釣れる(ような気がする)。

いくらやっても釣れないので、とりあえずカメノテ (Japanese Goose Barnacle)を探すことにした。
大きいの発見!

c0211532_17473963.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

イワガニ (Striped Shore Crab) もいた。

c0211532_17492848.jpg

炭火を起こしてカメノテ (Kamenote)の酒蒸しを作る。
ウマイっ!

メンバーがポツポツと魚を釣り始めた。
ある程度たまったので撮影開始だ!

ヒガンフグ (Panther Puffer)。
境港では「すなぶく」と呼ばれ、人気の大衆魚。

c0211532_1752040.jpg
■ ヒガンフグ (Panther Puffer) Takifugu pardalis 17.5cm

クロメバル (Kuro Mebaru)の幼魚。

c0211532_1756331.jpg
■ クロメバル (Kuro Mebaru) Sebastes ventricosus 14.5cm

ムラソイ (Murasoi)。こいつが釣れ始めると冬を感じるなぁ。

c0211532_17565551.jpg
■ ムラソイ (Murasoi) Sebastes pachycephalus 11.5cm

キャプテンが釣ったキジハタ (Hong Kong Grouper)。
小さいけど嬉しい。

c0211532_17575063.jpg
■ キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara 13.0cm

バヤシ先輩が釣ったオヤビッチャ (Indo-Pacific Sergeant)。

c0211532_17595162.jpg
■ オヤビッチャ (Indo-Pacific Sergeant) Abudefduf vaigiensis

写真撮影をしていると、ソバ嬢から声をかけられた。
「青い魚とったよっ!」
なんとソラスズメダイ (Neon Damselfish)の捕獲に成功したそうだ!
ソラスズメダイ (Neon Damselfish)は10年前に初めて島根の海で見て感動し、それ以来なんとかして捕まえてやろうと小さい針を使ったり、いろいろと試みたが未だ捕獲に成功していない幻の魚なのだ。
嬉しいっス!!!

しかし残念なことに真っ黒!

c0211532_1810639.jpg
■ ソラスズメダイ (Neon Damselfish) Pomacentrus coelestis

ソラスズメダイ (Neon Damselfish)の体色は精神状態などによってすぐ変わる。捕まえるとすぐに黒くなってしまうのだ。

せっかく獲ってくれたのに・・・

しかし捕獲方法をマスターしたソバ嬢がどんどん捕まえてくれた。
水から揚げたとたん黒くなるソラスズメダイ (Neon Damselfish)。
しかし1匹だけ、青いままの個体がいた。
シャッターチャンス!

c0211532_18152281.jpg
■ ソラスズメダイ (Neon Damselfish) Pomacentrus coelestis

頭部。

c0211532_18153954.jpg
■ ソラスズメダイ (Neon Damselfish) Pomacentrus coelestis

なんて美しい魚なんだろう!!!

青いままの個体がもう1匹。
c0211532_18173174.jpg
■ ソラスズメダイ (Neon Damselfish) Pomacentrus coelestis

泳ぐ姿も美しい。

c0211532_18175653.jpg
■ ソラスズメダイ (Neon Damselfish) Pomacentrus coelestis

長年追い求めていた魚の写真。しかもクォリティ高し!
泣きそうなくらい嬉しいぜ~。

自分的にはこれで思い残すことはなかったが、釣果の方があまりにも寂しいので島根町のポイントへ移動した。

カサゴ (False Kelpfish)がポツポツ釣れるが、もう写真はかなり持っているのでスルー。
ロープにひっついていた小さなカニをゲット。
なんという種なのか全く不明。

c0211532_18221672.jpg
■ 十脚目の1種 (Decapoda) Decapoda sp. 甲幅0.4cm


最後はキャプテンの輝かしいアオリイカ (Bigfin Reef Squid)でシメ!

c0211532_18243978.jpg
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana 外套長14.0cm


なんと朝の9時から夜の10時までぶっ通しで遊んでいた・・・


<撮影種一覧> 11種
<頭足類>
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana
<甲殻類>
カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella
イワガニ (Striped Shore Crab) Pachygrapsus crassipes
■ 十脚目の1種 (Decapoda) Decapoda sp.
<魚類>
オヤビッチャ (Indo-Pacific Sergeant) Abudefduf vaigiensis
ソラスズメダイ (Neon Damselfish) Pomacentrus coelestis
キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara
マダイ (Red Sea Bream) Pagrus major
クロメバル (Kuro Mebaru) Sebastes ventricosus
■ ムラソイ (Murasoi) Sebastes pachycephalus
■ ヒガンフグ (Panther Puffer) Takifugu pardalis
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-16 23:59 | 島根県 | Comments(0)

283 島根町 ~アフター5は部活~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

昨晩の余韻が残る今日、珍しく定時で仕事を切り上げ海遊部キャプテン、ソバ大将の3人で同じスポットへ向かった。
うまい魚が手軽に釣れるので、釣れるうちに釣っておきたい。

まずは島根町最初のポイント。
いきなりググっと竿を曲げる大きな引き。
カサゴ (False Kelpfish)だ!

c0211532_11564750.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 24.0cm

これは大きいっ!立派なカサゴ (False Kelpfish)だ。今日もいい釣りになりそうな予感!

続いて小さなカサゴ (False Kelpfish)がポツポツ釣れる。
c0211532_1202949.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 16.0cm

同じ場所、同じ時間に釣ったものでも体色に違いが見られる。

c0211532_1212373.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus

あたりが渋くなってきたので場所を移動。

昨晩の場所へ。

ここではカサゴ (False Kelpfish)に加えてシロメバル (Shiro Mebaru)も釣れた。
c0211532_1234890.jpg
■ シロメバル (Shiro Mebaru) Sebastes cheni 16.0cm


c0211532_1261779.jpg
■ シロメバル (Shiro Mebaru) Sebastes cheni 15.0cm


みんな途切れることなく魚を釣っていくので面白い。
水中の様子が全く分からない夜釣りは余計に面白く感じる。

ここでキャプテンがキジハタ (Hong Kong Grouper)をゲット!
これはうまそう!!!

c0211532_128593.jpg
■ キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara


c0211532_1282326.jpg
■ キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara


2時間半でこれだけの釣果。釣り下手な自分達にとっては上出来だ!
うまそ~っ!

c0211532_1210415.jpg


釣りが日常のルーティーンの一部に入るだけで最近すごく楽しくなったなぁ!

c0211532_1211391.jpg



<撮影種一覧> 3種
<魚類>
キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara
シロメバル (Shiro Mebaru) Sebastes cheni
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-10 23:59 | 島根県 | Comments(0)

282 島根町 ~やっぱり夜釣りのもんだわ~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

今日は休みが同僚とかぶったので、海遊部キャプテン、ソバ先輩夫妻、海ビギナーと5人で海で遊んだ。
昼過ぎに出発して、まずは松江市鹿島町にあるキャプテンオススメスポットへ。

c0211532_12511075.jpg


c0211532_12513352.jpg

全然寒くはないが、あいにくの天気。釣り日和と言えば釣り日和だが、写真日和ではない。

風が強く、頭上にはトビ (Black Kite)の群れとハシボソガラス (Carrion Crow)。

c0211532_22534568.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans


c0211532_22542424.jpg
■ ハシボソガラス (Carrion Crow) Corvus corone


岩に張り付いているべべ貝ことベッコウガサ (Bekko Gasa)。

c0211532_2327749.jpg
■ ベッコウガサ (Bekko Gasa) Cellana grata


そして肝心の釣りだが、ソバ嬢のサビキがアイゴ (Mottled Spinefoot)地獄だ。
仕掛を投入したとたんに海面が銅褐色に染まる異様な風景。

c0211532_2331732.jpg
■ アイゴ (Mottled Spinefoot) Siganus fuscescens

このアイゴ (Mottled Spinefoot)、棘に毒があるのでとてもやっかいだ。
慣れると素手でも平気だが、それでも気を抜くとやられてしまうので注意。

c0211532_2332233.jpg
■ アイゴ (Mottled Spinefoot) Siganus fuscescens


その他見慣れたベラ類など、釣れてもあまり嬉しくないものばかりが続く。
これではさすがに面白みにかける。

道具を片付けて島根町へ移動することにした。

それにしても今日は強烈な北風が吹いているおかげで北向きの島根半島ではなかなかいいスポットが見つからない。
辺りが真っ暗になった頃、風影を探して小さな漁港にたどり着いた。

船着場の水際に仕掛けを入れてみると・・・

ぐぐっ
元気いっぱいのカサゴ (False Kelpfish)が釣れた。

c0211532_0135164.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 17.5cm


c0211532_0144856.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 17.5cm

ここはいけそうな気がする。

カサゴ (False Kelpfish)を数匹釣ったあと、あかみずことキジハタ (Hong Kong Grouper)をゲット!
やったぁ!どうやら今年はキジハタ (Hong Kong Grouper)の当たり年みたいだ。

c0211532_0161719.jpg
■ キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara 21.5cm


キジハタ (Hong Kong Grouper)が吐き出した胃内容物。どうやらカタクチイワシ (Japanese Anchovy)の稚魚を食べているようだ。

c0211532_0182766.jpg
■ カタクチイワシ (Japanese Anchovy)Engraulis japonica


サビキをしていたソバ嬢も水面を観察してカタクチイワシ (Japanese Anchovy)の稚魚に気付いていたようで、気がつくと網で捕獲を始めていた。

水の上からみたカタクチイワシ (Japanese Anchovy)の稚魚。

c0211532_021494.jpg
■ カタクチイワシ (Japanese Anchovy)Engraulis japonica


ソバ嬢が捕獲に成功したカタクチイワシ (Japanese Anchovy)の稚魚。
綺麗な写真が撮れて大満足!ソバ嬢ありがとう!

c0211532_0221667.jpg
■ カタクチイワシ (Japanese Anchovy)Engraulis japonica


キャプテンも写真に貢献してくれた。
アオハタ (Banded Grouper)の幼魚とは珍しい。

c0211532_024999.jpg
■ アオハタ (Banded Grouper) Epinephelus awoara 10.0cm


c0211532_0245070.jpg
■ アオハタ (Banded Grouper) Epinephelus awoara 10.0cm


今度はなかなか釣れなかった海ビギナーが嬉しそうに魚を持ってきた。
20cmオーバーのカサゴ (False Kelpfish)。これは美味いだろう!やったね!

c0211532_0272243.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 22.0cm


最後はみんな楽しい笑顔で終了。
先月はほとんど日本にいなかったので1ヶ月ぶりの釣りだったが、釣りの楽しさを再認識!
今年は仲間がいるので行きまくりますぞ~!


<撮影種一覧> 8種
<貝類>
■ ベッコウガサ (Bekko Gasa) Cellana grata
<魚類>
アイゴ (Mottled Spinefoot) Siganus fuscescens
キジハタ (Hong Kong Grouper) Epinephelus akaara
アオハタ (Banded Grouper) Epinephelus awoara
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus
■ カタクチイワシ (Japanese Anchovy)Engraulis japonica
<鳥類>
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
ハシボソガラス (Carrion Crow) Corvus corone
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-09 23:59 | 島根県 | Comments(0)

281 境港市 ~お買い得のホウボウ~

今日は境港市(Sakai Minato)で買い物をした。

米子水鳥公園(Yonago Waterbird Sanctuary)の帰り、今晩のおかずはないかと境港市(Sakai Minato)のスーパーに寄った。
車を駐車場に停め、店内に入ろうと近寄ると店の前で発泡を広げ魚が販売されていた。
おおっ面白そう。

ブリ (Japanese Amberjack)の子供、ツバス(境港での呼び名)やスズキ (Japanese Seabass)、マゴチなどいろいろな魚がいる。
その中でも目を引いたのがキジハタ (Hong Kong Grouper)。
20cmくらいと小型だが、なんと50円!あの高級魚が50円だと~!
その隣にあったおいしそうなホウボウ (Spiny Red Gurnard)と一緒にお買い上げ。
ホウボウ (Spiny Red Gurnard)も激安で100円だった。

調理の前に撮影。

c0211532_0541379.jpg
■ ホウボウ (Spiny Red Gurnard) Chelidonichthys spinosus

煮つけと刺身でいただいた。

初めて食べたけど、脂の乗った刺身が美味しい。
自分で釣り上げた新鮮なものだったらもっと美味しいだろうなぁ!


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
■ ホウボウ (Spiny Red Gurnard) Chelidonichthys spinosus
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-07 21:10 | 鳥取県 | Comments(0)

280 米子水鳥公園 ~オナガガモ激写~

今日は米子水鳥公園(Yonago Waterbird Sanctuary)に行ってきた。

今年は久しぶりにデジスコを使いたくなったので、米子水鳥公園(Yonago Waterbird Sanctuary)へ水鳥を撮影しにいった。

今日は天気はいいが結構風があって肌寒い。

公園奥の撮影ポイントへ向かう。
思ったとおり、オナガガモ (Northern Pintail)がたくさんいる。

c0211532_23383494.jpg
■ オナガガモ (Northern Pintail) Anas acuta

やっぱりデジスコはいいぜ~。300mmのレンズとは比べ物にならない。
中央の頭が茶色で体がグレーの個体がオス。
その周りにいる茶色の個体がメス。
同じ鳥なのに雌雄で全然模様が違う。

口をあけると本当にかわいらしい。

c0211532_23393243.jpg
■ オナガガモ (Northern Pintail) Anas acuta

換羽中のオス。
非繁殖期の間はオスもメスも同じ様な模様をしているらしい。

c0211532_2340533.jpg
■ オナガガモ (Northern Pintail) Anas acuta

もういっちょオス。

c0211532_2342197.jpg
■ オナガガモ (Northern Pintail) Anas acuta

こちらがメス。
誰だ~あたしの鼻にウンコしたのは!!!

c0211532_23425270.jpg
■ オナガガモ (Northern Pintail) Anas acuta

ホシハジロ (Common Pochard)のオス。

c0211532_23435312.jpg
■ ホシハジロ (Common Pochard) Aythya ferina

餌を探すコサギ (Little Egret)。

c0211532_23524475.jpg
■ コサギ (Little Egret) Egretta garzetta


約1時間半の撮影だったが、綺麗なオナガガモ (Northern Pintail)の写真が撮れて大満足!

c0211532_23545148.jpg


>> 米子水鳥公園


<撮影種一覧> 4種
<鳥類>
アオサギ (Grey Heron) Ardea cinerea
■ コサギ (Little Egret) Egretta garzetta
■ オナガガモ (Northern Pintail) Anas acuta
■ ホシハジロ (Common Pochard) Aythya ferina
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-11-07 21:00 | 鳥取県 | Comments(0)