232 松江市 ~白魚豊漁~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

松江市周辺で今年の漁業関係のトップニュースはなんといっても白魚豊漁だろう。
宍道湖で漁獲され、宍道湖七珍味として地元では有名な魚だが、近年は漁獲量が激減して一般家庭の食卓にあがることはまずなかった。
それが今年はなぜか豊漁だ。
毎日のようにスーパーに白魚が並ぶ。

例年だとシーズンは終わりなので、写真が撮れるうちに撮っておきたいと思い購入してみた。
c0211532_1951536.jpg
■ シラウオ (Icefish) Salangichthys microdon

透き通る半透明の魚体が食欲をそそる。
c0211532_1954439.jpg
■ シラウオ (Icefish) Salangichthys microdon

お吸い物にすると柔らかくてふわふわの身がどの魚にもない極上の味わい。

来年も食べられるとは限らないから今のうちにしっかり味わっておこう。


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
■ シラウオ (Icefish) Salangichthys microdon
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-04-24 21:00 | 島根県 | Comments(3)

231 松江市 ~亀の手を食らう~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

仕事帰りにいつものスーパーに行くと、今日はなんとカメノテ (Japanese Goose Barnacle)を発見した。
スーパーで売っているのは初めてみる!
ためらうことなく購入した。
カメノテ (Japanese Goose Barnacle))は本当にうまい。へへへ。
c0211532_23102151.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

産地は島根半島沖だ。
c0211532_23122627.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

もちろん食べる前に標本写真の撮影。
c0211532_23125957.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

c0211532_2313662.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella
c0211532_23131167.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

さすがプロが採っただけはある。柄の部分が全く無傷だ。
岩の隙間に生息するので素人が採ると柄が半分でちぎれてしまうことが多い。
主に食べる部位は殻から下の柄の部分だから、ここをいかに傷つけずに採ることがカメノテ (Kamenote)狩りで重要なポイント。

お吸い物にすべく、まずは調理酒だけをふりかけて酒蒸しにする。
*貝のお吸い物でも同じだが汁より具を美味しく食べたいので、まずは酒蒸しにして煮立ったら水をいれてお吸い物にするのが好き。そうすると具に味が強く残る。

その間余裕をかましてカメラをかまっていると、

シャー・・・

シャ・・・

・・・

・・・

焦げ臭い。

まっまさか!

c0211532_23195895.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

がーん!
鍋が真っ黒焦げだ!!!

酒蒸しならぬ酒焼きになってしまった・・・残念。

火は通っているはずなのでそのまま食べるか・・・
焦げた香りと磯の香りのハーモニーでまさに味付け海苔の香り。
なんか美味しそう。
身をちぎらないようそっと殻と皮を剥ぐと、ぷっりぷりの身が出てきた。
c0211532_23215960.jpg
■ カメノテ (Kamenote) Pollicipes mitella

一番大きいのから口の中に入れてみる。

うっうまい!!!
なんじゃこりゃ!

今年もいろいろな海の幸をいただいたが、これはうまい!
まつばがにを抜いたかも!

味は「白いか」ことケンサキイカ (Swordtip Squid)の一夜干し。歯ごたえは「赤貝」アカガイ (Bloody Clam)の刺身。
お吸い物が一般的な食べ方だが、酒焼きの方が100倍うまい!
こんなにうまいのならもっと買っておくんだった・・・

最後にカメノテ (Japanese Goose Barnacle)の貝柱の写真を撮影。
c0211532_23321999.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

本当に不思議な生き物だ。

今度は自分で採りに行こうかな。


<撮影種一覧> 1種
<甲殻類>
カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-04-22 22:00 | 島根県 | Comments(0)

230 家 ~ゴマのような虫~

今日は家(Home)で写真を撮った。

やっと松江にも春が訪れ、灯油ファンヒーターを使わなくても済むようになってきた。
最高の季節の始まりだ。

食器を洗いながらふと家の壁を見ると3mmくらいのゴマのようなものがくっついていた。
なんだこれは。
c0211532_12422788.jpg
■ ヒメマルカツオブシムシ (Varied Carpet Beetle) Anthrenus verbasci

ゴマじゃない。虫だ。
テントウムシのようなハムシのような・・・

調べてみると、動物質の繊維や角質などを食害する害虫だということが分かった。
幼虫は毛糸や絹の服、鰹節などを食べるようだ。
うげ~。

c0211532_12431021.jpg
■ ヒメマルカツオブシムシ (Varied Carpet Beetle) Anthrenus verbasci

まあ、もうすぐ引っ越すからいっか。。


<撮影種一覧> 1種
<昆虫類>
■ ヒメマルカツオブシムシ (Varied Carpet Beetle) Anthrenus verbasci
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-04-20 21:00 | 島根県 | Comments(0)

229 松江市 ~島根の黒あわび~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

今日は行きつけのスーパーであわびを発見。
おお!
小ぶりながらもスーパーの鮮魚コーナーで地元のあわびが購入できるのはありがたい。
小判サイズのあわび3枚入りのパックを1400円で購入した。
産地は島根半島沖。
c0211532_13323121.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus

購入の目的はもちろん標本写真の撮影。
c0211532_13424556.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長6.2cm

c0211532_1344046.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長6.2cm

c0211532_13442567.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.8cm

c0211532_13444114.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.8cm

c0211532_13454090.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.7cm

c0211532_13455117.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.7cm

クロアワビ (Disk Abalone)の眼。
c0211532_13475565.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.7cm

クロアワビ (Disk Abalone)の口。
c0211532_1348761.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.7cm

側面から撮影したクロアワビ (Disk Abalone)。
薄い外套膜によって内臓が保護されている。
c0211532_13484189.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.7cm

殻の内側は真珠光沢があり美しい。
c0211532_14122813.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus 殻長8.7cm

インターネットで料理法をみて料理してみた。
刺身とバター焼き。
c0211532_14161727.jpg
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus

小さくてもあわびはあわび。

おいしくいただいた。


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ クロアワビ (Disk Abalone) Haliotis discus discus
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-04-18 21:00 | 島根県 | Comments(0)

228 宍道湖自然館ゴビウス ~甥をつれて水族館~

今日は宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)に行ってきた。

実は先日めでたく結婚式を行い、ヨメが正式に嫁となった。
広島から弟家族もやってきているので、今日は甥を喜ばせるために宍道湖自然館ゴビウスへGO。
甥は2歳児と0歳児のふたり。2歳児は魚が大好きなようなのでどう喜ぶか楽しみだ。

館内に入ると、円筒状の水槽にコノシロ (Dotted Gizzard Shad)とサッパ (Japanese Shad)の群れが泳いでいる。
いきなり2歳児のハートをつかんだようで、一気にテンションが高くなった。
続いてヒラスズキ (Blackfin Seabass)水槽。
「わー」と大喜びで水槽までダッシュ。
こいつはいい。

続いてチビッコが大好きなヘルメット水槽。
大好きな(美味しいから)アカアマダイ (Horsehead Tilefish)の登場だ!
生きた姿は初めて見る。
c0211532_1831999.jpg
□ アカアマダイ (Horsehead Tilefish) Branchiostegus japonicus

ヒイラギ(Spotnape Ponyfish)と泳ぐアカアマダイ (Horsehead Tilefish)。
c0211532_18355032.jpg
□ アカアマダイ (Horsehead Tilefish) Branchiostegus japonicus

有毒の棘が有名なミノカサゴ (Luna Lionfish)。ゆったりと漂うように泳ぐので撮影が楽。
c0211532_1837482.jpg
□ ミノカサゴ (Luna Lionfish) Pterois lunulata

隠岐の島後に生息するタゴガエル (Tago's Brown Frog)の固有亜種オキタゴガエル (Oki Tago's Brown Frog)。
c0211532_18432852.jpg
□ オキタゴガエル (Oki Tago's Brown Frog) Rana tagoi okiensis

その後魚の餌やりを見物して、最後の見せ場「巨大魚類の水槽」へ。
1m級のウナギ (Japanese Eel)、15kg級のコイ (Common Carp)など、とんでもないでかさの魚が目を引く水槽だが、2歳児はもう魚に飽きてしまったようだ。
最後に館の外で写真を撮って遊ぶ。

昨日に引き続き、今日もいい日だったなぁ。


<撮影種一覧> 3種
<魚類>
アカアマダイ (Horsehead Tilefish) Branchiostegus japonicus
□ ミノカサゴ (Luna Lionfish) Pterois lunulata
<両生類>
オキタゴガエル (Oki Tago's Brown Frog) Rana tagoi okiensis

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-04-15 21:00 | 島根県 | Comments(0)

227 美保関燈台 ~デジスコもって歩くのは辛い~

今日は美保関燈台(Mihonoseki Lighthouse)に行ってきた。

今日は休日。
天気がいいので美保関燈台で撮影することにした。
北へ渡る前の小鳥がたくさんいるらしい。

まずは腹ごしらえ。
美保神社前の干物屋さんで「しまめいか」ことスルメイカ (Japanese Flying Squid)のイカ焼きをご馳走になる。
美味い!
愛想のいいお姉さんと魚談議を交わすうち、「白いか」ケンサキイカ (Swordtip Squid)の一夜干し、カマスの一夜干し、マイワシのみりん干しも続けて購入した。
商売上手だな・・・
店の前にならぶ白いかの一夜干しが港町の雰囲気を出している。
c0211532_2020888.jpg
■ ケンサキイカ (Swordtip Squid) Photololigo edulis

c0211532_20214262.jpg
■ ケンサキイカ (Swordtip Squid) Photololigo edulis

腹も満たされたのでいざ美保関燈台へ。

平日なのに珍しく人が多い。
大きなカメラを持った人、デジスコを持った人までいる。
これは期待できるかも。

デジスコを担ぎ、EOS40DとPowershot G12を持っていざ登山。

島根半島最先端から日本海を望む。
c0211532_23155741.jpg

木のトンネルを歩く。
秋に大変な目にあわされた蚊も今日はいない。
快適だ。
c0211532_2316529.jpg

カメラの重さを除けば・・・


ホーホケキョ!
ウグイス (Japanese Bush Warbler)の声があちこちで聞こえてくる。
声はするがなかなか姿を現してくれないのがウグイス (Japanese Bush Warbler)の憎いところ。

鳴き声のする方へそっと近づき、気配を消しているとウグイス (Japanese Bush Warbler)をとらえることができた。
やっとデジスコの出番だ!
三脚を立ててレンズを鳥の方へ。
おお!すばしっこくて写真が撮れない!!!
しかも逆光!!!

10分くらいがんばったが1枚も撮れなかった。
まだまだ修行が足りない・・・

ここで山歩きとデジスコの相性は最悪と気付き、40Dを持って歩くことにした。
それにしても機材が重過ぎる・・・

鳥の写真が全然撮れないが、お昼寝中のアオダイショウ (Japanese Rat Snake)を発見。
c0211532_23435532.jpg
■ アオダイショウ (Japanese Rat Snake) Elaphe climacophora

初撮影種!

続いてニホンカナヘビ(Japanese Grass Lizard) の幼体。
c0211532_23501180.jpg
■ ニホンカナヘビ(Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides

c0211532_2350226.jpg
■ ニホンカナヘビ(Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides

よしっいい写真だ。

合計20kg以上の荷物を抱えて4kmくらい歩いただろうか。
もう、どうでもよくなってきた。

帰ろう。

周りの生物の気配に集中することもなくすたすたと歩いていたとき、斜面の下でガサガサっと音がした。
何だろうと思って覗き込むと、キジ (Green Pheasant)のような鳥がすくっと立ち上がった。
違う!
キジ (Green Pheasant)じゃない!
ヤマドリ (Copper Pheasant)だ!

仏教的な美術にみられるような赤・黄色の極彩色。
こんな美しい鳥が日本にもいるんだ!

こういうときに限ってカメラはバッグの中・・・
頼む!
逃げないでくれ!

アドレナリン全開でカメラを構えたがすでに姿は見えず・・・
ああ!
本当に残念・・・

今度はヤマドリ (Copper Pheasant)狙いで歩いてみよう。

最後に春の証拠としてオオイヌノフグリ (Persian Speedwell)の花を撮影。
c0211532_005454.jpg
■ オオイヌノフグリ(Persian Speedwell) Veronica persica

かわいくて大好きな花だ。

それにしても今日は何を撮りに来たんだろうか・・・

デジスコもって歩くのは辛い。
またひとつ賢くなった。


<撮影種一覧> 4種
<植物>
■ オオイヌノフグリ(Persian Speedwell) Veronica persica
<頭足類>
ケンサキイカ (Swordtip Squid) Photololigo edulis
<爬虫類>
ニホンカナヘビ(Japanese Grass Lizard) Takydromus tachydromoides
アオダイショウ (Japanese Rat Snake) Elaphe climacophora



[PR]

by takuyamorihisa | 2012-04-02 21:00 | 島根県 | Comments(2)