199 美保関燈台 ~蚊地獄~

今日は美保関燈台(Mihonoseki Lighthouse)に行ってきた。

今日も天気がいい!
渡り前の小鳥が見られればいいなと美保関燈台へ行くことにした。

松江市内から島根半島に行くにつれ、どんどん空が青くなる。
今日はいい写真が撮れそうだ。

美保関燈台駐車場から馬着山登山道へ入る。

c0211532_15502671.jpg

いきなり目の前に現れる日本海の水平線。

c0211532_15504291.jpg

パステルカラーがとても優しげだ。
冬の厳しい日本海からは想像もつかない。

登山道はかなり急な勾配で、ちょうど歩きにくい歩幅の階段が作られている。
ああしんど・・・

尾根まで登った頃にはかなり疲れてしまった。
それほど人が来そうにないのに、登山道はちゃんと管理されていてとてもきれい。
木のトンネルが最高。

c0211532_1551328.jpg

地面を歩いていたコカマキリ (Ko Kamakiri)。

c0211532_15513739.jpg
■ コカマキリ (Ko Kamakiri) Statilia maculata

何年かぶりに見た。
顔のアップやいろいろと面白い写真を撮ってやろうと思ったが、この写真を撮影するだけで10箇所以上も蚊に噛まれてしまった。
かぃぃぃ~!

近寄ると網からぴょんっと飛び降りてしまったコガタコガネグモ (Kogata Koganegumo)。
驚くと逃げる習性があるらしい。
初撮影種。

c0211532_15524772.jpg
■ コガタコガネグモ (Kogata Koganegumo) Argiope minuta

逃げられる前に撮影できた個体。
c0211532_23441658.jpg
■ コガタコガネグモ (Kogata Koganegumo) Argiope minuta

馬着山から見下ろす境港市。
c0211532_2316146.jpg

肝心の鳥が全くいないが、景色だけはいい。

山頂でやっと鳥に出会えた。
ハシブトガラス (Jungle Crow)・・・
c0211532_23175578.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos

c0211532_232084.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos

飛び立つ瞬間。
c0211532_23202655.jpg
■ ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos

山頂のベンチで休んでいると、ツマグロヒョウモン (Indian Fritillary)の雄がひらひらと飛んできた。
c0211532_2321239.jpg
■ ツマグロヒョウモン (Indian Fritillary) Argyreus hyperbius

ベンチの下に網を張っていたワキグロサツマノミダマシ (Wakiguro Satsuma Nomidamashi)。
緑色の腹部がとてもきれいだ。
c0211532_23332289.jpg
■ ワキグロサツマノミダマシ (Wakiguro Satsuma Nomidamashi) Neoscona mellotteei

キノコたち。
c0211532_23432286.jpg

c0211532_23433736.jpg

ハアハア・・・
3時間くらい歩いただろうか。
10kgくらいするカメラバックを背負い、汗だく。
そして体は蚊に刺された跡だらけ。
ここまでがんばったにもかかわらず、鳥が全然いない。
鳴き声すら聞こえない・・・
もうやだ。
帰ろう。

それでも何かいるかもしれないので、燈台を経由して帰った。
ハラビロカマキリ (Giant Asian Mantis)を発見。
去年もここで撮影したなあ。
c0211532_23451566.jpg
■ ハラビロカマキリ (Giant Asian Mantis) Hierodula patelifera


最後は珍しくもなんともないトビ (Black Kite)でしめ。
c0211532_23542817.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans

いい運動になったけど疲れた~。


<撮影種一覧> 6種
<クモ類>
■ ワキグロサツマノミダマシ (Wakiguro Satsuma Nomidamashi) Neoscona mellotteei
■ コガタコガネグモ (Kogata Koganegumo) Argiope minuta
<昆虫類>
■ ツマグロヒョウモン (Indian Fritillary) Argyreus hyperbius
■ ハラビロカマキリ (Giant Asian Mantis) Hierodula patelifera
■ コカマキリ (Ko Kamakiri) Statilia maculata
<鳥類>
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-09-26 21:10 | 島根県 | Comments(2)

198 家 ~住人ハエトリグモ その2~

今日は家(Home)で写真を撮った。

今朝もハエトリグモが寝室に現れた。
先日撮影したのと同じクモだろうと思ったが、よくみると模様が違う。
ミスジハエトリ (Misuji Haetori)の若グモようだ。
クモ画像集のきどばんさんに見ていただいた。)
雄の成体と違って縦線がみられない。
c0211532_23265347.jpg

■ ミスジハエトリ (Misuji Haetori) Plexippus setipes

背中。
c0211532_23271718.jpg

■ ミスジハエトリ (Misuji Haetori) Plexippus setipes

カメラ目線も撮りたかったけど、全然こちらを見てくれなかったので断念。
次はどんなクモがいるかな。


<撮影種一覧> 1種
<クモ類>
■ ミスジハエトリ (Misuji Haetori) Plexippus setipes
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-09-26 21:00 | 島根県 | Comments(19)

197 島根県東部 ~魚を横撮り~

今日は島根県東部(East Shimane)に行ってきた。

今日は久々の休みだ!
海外疲れの体をゆっくり休めたいところだが、あいにく天気は快晴。
これは外に出ないと逆に疲れるパターンだ・・・

どこか撮影にいい場所がないかと友人に電話をすると、なんとこれから魚の調査に行くとのこと。
「一緒に行ってもいいですか・・・?」

現地で無事合流し、調査に同行する。
最高の天気。
この景色が見られただけでも出てきた価値はある!

まずは用水路に投網攻撃。
c0211532_210115.jpg

おみごと!
さすがは調査のプロ。
たっぷり捕獲できた。
c0211532_2104666.jpg

さっそく魚を拝借して標本写真の撮影を開始する。
まずはカワヒガイ (Kawahigai)。
c0211532_215011.jpg
■ カワヒガイ (Kawahigai) Sarcocheilichthys variegatus variegatus 9.4cm

愛嬌のある顔がかわいらしいカマツカ (Kamatsuka)。
c0211532_21105056.jpg
■ カマツカ (Kamatsuka) Pseudogobio esocinus 9.1cm

体側に一本の縦線が特徴のカワムツ (Dark Chub)。
c0211532_21162341.jpg
■ カワムツ (Dark Chub) Nipponocypris temminckii 10.2cm

背中から見るとおなじみの「はや」といった感じ。
c0211532_21184936.jpg
■ カワムツ (Dark Chub) Nipponocypris temminckii 10.2cm

*「はや・はえ」はコイ科の小型魚のことを指す地方名で、カワムツ (Dark Chub)の他、オイカワ (Pale Chub)、タカハヤ (Upstream Fat Minnow)など、おおざっぱに言えば川にいる10cmくらいの遊泳魚はすべて「はや・はえ」と呼ばれる。

密かに今日一番狙いのオイカワ (Pale Chub)。
婚姻色が撮りたかったのに終わっていた残念!
c0211532_21273027.jpg
■ オイカワ (Pale Chub) Zacco platypus 11.7cm

自分のジーンズめがけて飛んできたハチ。
スズメバチの仲間だと思ってあせったが、なんか違うぞ。
c0211532_21302449.jpg

パクリ?いや擬態?

小川の岸で鮮やかに咲き誇っていたヒガンバナ (Spider Lily)。
秋で一番インパクトのある花。
c0211532_21545060.jpg
■ ヒガンバナ (Spider Lily) Lycoris radiata

c0211532_2155078.jpg
■ ヒガンバナ (Spider Lily) Lycoris radiata

c0211532_215574.jpg
■ ヒガンバナ (Spider Lily) Lycoris radiata

眼が痛くなりそう!

かわって「ねこじゃらし」の俗称で有名なエノコログサ (Green Bristlegrass)。
優しげで秋っぽい。
c0211532_2205982.jpg
■ エノコログサ (Green Bristlegrass) Setaria viridis



調査地点を変え、今度はしかけたセル瓶を上げてみる。
何が入っているだろうか。

9月の終わりにもなると日が沈むのが早い。

セル瓶を上げる。
小さい魚がいっぱい入っている!
ヤリタナゴ (Yari Tanago)の雄が獲れた。
臀鰭がオレンジになっているのが特徴。
c0211532_2221316.jpg
■ ヤリタナゴ (Yari Tanago) Tanakia lanceolata 7.7cm

こちらはヤリタナゴ (Yari Tanago)の雌。
c0211532_2252222.jpg
■ ヤリタナゴ (Yari Tanago) Tanakia lanceolata 9.8cm

頭部のアップ。
口ひげが確認できる。
c0211532_221357.jpg
■ ヤリタナゴ (Yari Tanago) Tanakia lanceolata 9.8cm

日本列島の日本海側に限定的に生息するミナミアカヒレタビラ (Minami Akahire Tabira)の雄。
非常に珍しい魚。
c0211532_2291213.jpg
■ ミナミアカヒレタビラ (Minami Akahire Tabira) Acheilognathus tabira jordani 7.8cm

写真だけ見るとヤリタナゴ (Yari Tanago)とそっくりだが、口ひげは確認できないほど短い。
c0211532_22135839.jpg
■ ミナミアカヒレタビラ (Minami Akahire Tabira) Acheilognathus tabira jordani 7.8cm

c0211532_22183117.jpg

今日は何一つ手伝いもせず、魚を横撮りするだけだったが快く迎えてくれてありがとう!
また行きましょう。
というか連れて行ってください。


<撮影種一覧> 9種
<植物>
■ エノコログサ (Green Bristlegrass) Setaria viridis
■ ヒガンバナ (Spider Lily) Lycoris radiata
<魚類>
■ ミナミアカヒレタビラ (Minami Akahire Tabira) Acheilognathus tabira jordani
■ ヤリタナゴ (Yari Tanago) Tanakia lanceolata
コイ (Common Carp) Cyprinus carpio
カマツカ (Kamatsuka) Pseudogobio esocinus
■ カワヒガイ (Kawahigai) Sarcocheilichthys variegatus variegatus
■ オイカワ (Pale Chub) Zacco platypus
■ カワムツ (Dark Chub) Nipponocypris temminckii
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-09-25 21:00 | 島根県 | Comments(4)

196 鳥ヶ崎 ~秋の夕焼け~

今日は鳥ヶ崎(Torigasaki)に行ってきた。

出雲空港からの帰り道、あまりにも夕焼けがきれいなので車を停めた。
c0211532_224304.jpg

秋の島根は全てのものが美しく見える。

これほど美しい場所に暮らすことができて幸せ。
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-09-24 21:00 | 島根県 | Comments(0)

195 家 ~住人ハエトリグモ~

今日は家(Home)で写真を撮った。

昨晩リビングで見た一匹のハエトリグモが今朝寝室に現れた。
昔からハエトリグモが好きで、殺したことは一度もない。

そっと捕まえて写真を撮らせてもらった。
ミスジハエトリ (Misuji Haetori)の雄。
クモ画像集のきどばんさんに見ていただいた。)
c0211532_20281720.jpg
■ ミスジハエトリ (Misuji Haetori) Plexippus setipes

c0211532_2026195.jpg
■ ミスジハエトリ (Misuji Haetori) Plexippus setipes


サービスのカメラ目線。
c0211532_20281823.jpg
■ ミスジハエトリ (Misuji Haetori) Plexippus setipes

かわいいなあ。
またハエトリグモがいたら写真を撮ってみよう。


<撮影種一覧> 1種
<クモ類>
■ ミスジハエトリ (Misuji Haetori) Plexippus setipes
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-09-17 21:00 | 島根県 | Comments(4)

194 呉市 ~夜の貝たち~

今日は呉市(Kure)に行ってきた。

久々に実家に帰ったので夜は親友のRyojiと一緒に呉市の海岸へ出かけた。
まだいい写真を撮ったことがない、タチウオ (Largehead Hairtail)が釣りたい。

釣り場の足場は悪いらしいので、カメラを車に置き、釣り道具だけ持って釣り場まで歩いた。

満潮時には水の中にある捨石の上を歩くので、長靴ではつるつる滑る。
気を抜くとひっくり返りそうだ。
カメラがなくてよかった。

タチウオ (Largehead Hairtail)の鋭い歯でラインが切られないように、ワイヤーの先にルアーをつけて投げた。

1投、2投、3投・・・

釣れない。

釣れる気配がしない。

幸か不幸か自分の興味は全ての生き物が対象なので、興味は自然と魚から石に張り付いている巨大なマツバガイ (Matsubagai)へとうつってしまった。
ナイフでマツバガイ (Matsubagai)をはがして集める。

デカイ!
c0211532_15412460.jpg
■ マツバガイ (Matsubagai) Cellana nigrolineata
*写真は翌日撮影したもの


標本写真。
c0211532_1545116.jpg
■ マツバガイ (Matsubagai) Cellana nigrolineata

c0211532_1603956.jpg
■ マツバガイ (Matsubagai) Cellana nigrolineata



ひたすら竿を振っていたRyojiもあきらめたので、場所を移すことにした。
c0211532_065084.jpg

ここは前回スズキ (Japanese Seabass)を釣った実績のあるポイント。

期待をこめてルアーを投げる。

1投、2投、3投・・・

釣れる気配がない。

魚の調達はRyojiにまかせ、自分はあきらめて貝の撮影を開始した。
今まで広島の海岸で貝を意識したことはなかったのでなんか新鮮!

昼間は全然動かないカサガイ類やヒザラガイ類も、夜はけっこうなスピードで動き回っている。

ここにもいたマツバガイ (Matsubagai)。
c0211532_091685.jpg
■ マツバガイ (Matsubagai) Cellana nigrolineata


ケハダヒザラガイ (Kehada Hizaragai)。

c0211532_15543076.jpg
■ ケハダヒザラガイ (Kehada Hizaragai) Acanthochitona defilippii

c0211532_1611220.jpg
■ ケハダヒザラガイ (Kehada Hizaragai) Acanthochitona defilippii


ヒザラガイ (Hizaragai)?
c0211532_1623362.jpg


意外にもいろいろな種類がいることが分かった。
いい貝類図鑑をゲットしたら同定することにしよう。

c0211532_1634997.jpg

魚は釣れなかったが、色々な貝がみられたのはおもしろかった。
またRyojiと釣りに行きたいなあ。

>> Just Do It (加齢なる男の男塾!)


<撮影種一覧> 2種
<貝類>
■ マツバガイ (Matsubagai) Cellana nigrolineata
■ ケハダヒザラガイ (Kehada Hizaragai) Acanthochitona defilippii
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-09-07 23:59 | 広島県 | Comments(0)