193 鬼の舌震 ~久しぶりの毒蛇~

今日は鬼の舌震(Oni No Shitaburui)に行ってきた。

今日は近場で有名な渓流を攻めようと、ヨメをつれて奥出雲の鬼の舌震(Oni No Shitaburui)へ行くことにした。
鬼の舌震とは名前からしてすごそうだ。

松江市から南へ約1時間半のドライブで目的地へ到着した。
車から降りると山の上とは信じられないくらいの暑さ。
しかも虫が多い!
ブユかくろめまといかは分からないが、虫との闘いだ。

低めのテンションでトレイルを歩き始めた。
c0211532_10455048.jpg

川に転がる岩の大きさがはんぱない!
c0211532_1152651.jpg

虫に刺されたくないので立ち止まって写真を撮ることができず、二人で黙々と歩き続ける。
何か生き物の写真を撮りたいなあと思っていたら、ひらひらと舞うモンキアゲハ (Red Helen)に出会った。
c0211532_118413.jpg
■ モンキアゲハ (Red Helen) Papilio helenus

初撮影種なので嬉しい。

再び黙々と歩き始める。
写真に写してもその大きさが分からないので撮らなかったが、巨石がごろごろと転がっている。
さすがは鬼の舌震。

天狗橋からの眺め。
水流によって岩が滑らかに浸食されているのが分かる。
c0211532_11133389.jpg

c0211532_11142949.jpg

残念ながらヨメがバテてしまい、ここまでで引き返すことになった。

翅を持たないバッタ、フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper)。
c0211532_11163310.jpg
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.


ウバタマムシ (Uba Tamamushi)の死骸に集まっていたアリ。
ニシムネアカオオアリ (Nishi Muneaka Ooari)だ。

c0211532_1127628.jpg
■ ニシムネアカオオアリ (Nishi Muneaka Ooari) Camponotus hemichlaena

黙々と歩き続け、駐車場に近づいたところで先を歩いていたヨメがキャっと叫んだ。
c0211532_11442953.jpg
■ ニホンマムシ (Mamushi) Gloydius blomhoffii

ニホンマムシ (Mamushi)だ。
何年かぶりに見る。

逃げるニホンマムシ (Mamushi)を追いかけて写真を撮った。
c0211532_11513168.jpg
■ ニホンマムシ (Mamushi) Gloydius blomhoffii

毒蛇らしい精悍な顔つき。

どこかに出かけると、だいたいなんらかの嬉しい出会いがある。
今日も最後の最後で満足のいくハイキングになった。

だけど、鬼の舌震は夏より秋がいいのかも。


<撮影種一覧> 6種
<ヤスデ類>
■ ニクイロババヤスデ (Nikuiro Babayasude) Parafontaria acutidens
<昆虫類>
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.
■ モンキアゲハ (Red Helen) Papilio helenus
■ ウバタマムシ (Uba Tamamushi) Chalcophora japonica
■ ニシムネアカオオアリ (Nishi Muneaka Ooari) Camponotus hemichlaena
<爬虫類>
ニホンマムシ (Mamushi) Gloydius blomhoffii
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-08-29 21:00 | 島根県 | Comments(1)

192 松江市 ~禁断のあおでがに~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

急にベトナム料理のフォーが食べたくなり、輸入食材も取り扱っているいつもと違うスーパーへ行ってみた。
いかなる状況であろうが、スーパーに行くとまずチェックするのが鮮魚売り場。
魚の種類と鮮度を見て、にやにやするのが習慣となっている。

このスーパーはいかがなものかと物色していると・・・
なんと幻の「あおでがに」を発見してしまった。
しかも中海産!!!

おおおおおお!!!!

「あおでがに」とは夏に中海~美保湾で漁獲されるワタリガニ科のカニで、雄がきれいな青色をしている最高にうまいカニだ。
標準和名はタイワンガザミ(別に外来種ではなく、れっきとした日本の在来種)
近年漁獲量が激減し、幻のカニとなっている。

そんなカニがこんなところに!!!

甲羅は握りこぶし大。
甲羅の中の身をかぶりつく程度で、このカニは可食部がほとんどない。
なのに¥528!
c0211532_2111955.jpg

高すぎる!

が買わないわけにはいかないだろう!
Why not?

せっかくなので標本写真を撮ることにした。
c0211532_21125937.jpg
■ タイワンガザミ (Flower Crab) Portunus pelagicus 甲幅12.0cm

はさみのアップ。
c0211532_21153473.jpg
■ タイワンガザミ (Flower Crab) Portunus pelagicus 甲幅12.0cm

美しすぎる遊泳脚の模様。
自然が生み出した芸術だ。
c0211532_21161672.jpg
■ タイワンガザミ (Flower Crab) Portunus pelagicus 甲幅12.0cm

そして塩茹で。
c0211532_21204186.jpg

これがうまいんだな~へへへ。


<撮影種一覧> 1種
<甲殻類>
タイワンガザミ (Flower Crab) Portunus pelagicus
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-08-26 21:00 | 島根県 | Comments(4)

191 三段峡 ~夏の渓流~

今日は三段峡(Sandan-kyo)に行ってきた。

ヨメを連れて広島県の大渓谷(特別名勝にも指定されている)、三段峡へプチ旅行だ。

天気予報はあいにくの雨になっているが、なんとかなるだろうととりあえず向かってみた。
途中前が見えなくなるほどの大雨に見舞われたが、到着してみると三段峡の天気は意外にも晴れていた。

三段峡入り口のレストランで食事をし、歩くことに拒否反応を見せるヨメの気持ちを盛り上げながら奥へ進んだ。
「キレイ!泳ぎたい!」
橋の下に広がる大田川支流柴木川の水はとても澄んでいて、エメラルドグリーン。
子供をつれた家族が楽しそうに川遊びをしている。
よく分からないところに無理やり連れてこられた感のあるヨメだが、この景色で一気に三段峡を気に入ったようだった。

整備された遊歩道から見える渓流は見事。

c0211532_16372532.jpg

c0211532_16372987.jpg

c0211532_16373157.jpg

鳥との遭遇に備えて、カメラ機材一式持ってきているので重い!
Tシャツの上にきたシャツまでびちゃびちゃになるほど汗をかいてしまっている。

そういうときに限って鳥はいない。

遊歩道脇で見つけた変わったきのこ。
キヌガサタケ (Long Net Stinkhorn)に良く似たウスキキヌガサタケ (Usuki Kinugasatake)。
*「季節と発生場所ですぐわかるきのこ」の著者、小宮山勝司さんにみていただいた。

c0211532_16375220.jpg
■ ウスキキヌガサタケ (Usuki Kinugasatake) Dictyophora indusiata f. lutea

しゃがみこんで写真を撮っていると・・・
「くさい!」
なんとも言えない腐ったような臭いがする。
近似種のきのこは先端に臭くて黒い粘液を出し、昆虫を集める習性をもつ。
ショウジョウバエがいっぱいたかっているので恐らく黒い粘液は食べつくされてしまったのだろう。
珍しいきのこらしく、広島県、愛媛県のレッドデータブックで絶滅危惧II類とされている。
おもしろいものを見させてもらった。

道中にあった赤滝。
本当に赤い。

c0211532_1638629.jpg

立ててあった看板によると、滝が赤く見えるのはタンスイベニマダラ (Tansui Benimadara)という紅藻類が岩に生えているかららしい。

歩けどなかなかゴールが見えてこない。
こうして見ると日本ではないような規模の大きさ。

c0211532_16382363.jpg

またきのこを発見。

c0211532_16383850.jpg
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.

二人で汗だくになりながら、ついに黒淵の渡し舟まできた。
この先の三段滝まではあと2時間半かかるようなので、ここで引き返すことにした。

巨大な岩が水で浸食されてできた渓谷。
すごいとしか言いようがない。

c0211532_16385652.jpg

帰り道は基本的に下りなので楽だ。
いかにも歩きなれているおばちゃんのあとをつけながら入り口まで戻ってきた。

せっかくなので、河原にいってみる。
水が冷たくとてもクリア。

c0211532_16513926.jpg

水際ではおたまじゃくしが藻類を食べていた。
カジカガエル (Kajika Frog)だ!

c0211532_16534138.jpg
■ カジカガエル (Kajika Frog) Buergeria buergeri

河原にいた小さなカエル。
カジカガエル (Kajika Frog)の成体だ。

c0211532_16554219.jpg
■ カジカガエル (Kajika Frog) Buergeria buergeri

石をはぐるとタイリククロスジヘビトンボ (Tairiku Kurosuji Hebitonbo)の幼虫がいた。

c0211532_1734675.jpg
■ タイリククロスジヘビトンボ (Tairiku Kurosuji Hebitonbo) Parachauliodes continentalis

今回は黒淵までしか行くことができなかったが、次回は猿飛の渡し船まで行ってやる!

今年の夏の思い出がまた増えた。


<撮影種一覧> 4種
<菌類>
■ ウスキキヌガサタケ (Usuki Kinugasatake) Dictyophora indusiata f. lutea
■ イグチ科の1種 (Boletaceae) Boletaceae sp.
<昆虫類>
■ タイリククロスジヘビトンボ (Tairiku Kurosuji Hebitonbo) Parachauliodes continentalis
<両生類>
■ カジカガエル (Kajika Frog) Buergeria buergeri
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-08-15 21:00 | 広島県 | Comments(0)

190 美保関町 ~夜のタイドプール~

今日は美保関町(Mihonoseki)へ行ってきた。

仕事帰りに同僚と磯で夜釣りという思い切った行動をしてみた。
満月に近く、今夜は月明かりで結構明るい。
c0211532_2037147.jpg

水は限りなく透明!!!
c0211532_20375882.jpg

よって全く釣れる気がしない!

すぐに釣りに飽きたので夜のタイドプールを探索することにした。
おなじみミドリアメフラシ (Midori Amefurashi)。
c0211532_20385676.jpg
■ ミドリアメフラシ (Midori Amefurashi) Aplysia oculifera


見たことのないウミウシの仲間。
手元の図鑑にものっていなかったのでお手上げ・・・
*後で今本淳さんにみていただいた。
c0211532_20411170.jpg
■ クサモチアメフラシ (Kusamochi Amefurashi) Syphonota geographica


海藻かと思っていたら、体をくねくねさせながら泳いで度肝を抜かされた変なウミウシ。
ムカデメリベだ。
*後で今本淳さんにみていただいた。
c0211532_20415577.jpg
■ ムカデメリベ (Mukade Melibe) Melibe viridis


結局夜釣りが磯の観察会となり、次は昼間に泳ぎに行きましょうといってお開きとなった。


<撮影種一覧> 3種
<貝類>
■ ミドリアメフラシ (Midori Amefurashi) Aplysia oculifera
■ クサモチアメフラシ (Kusamochi Amefurashi) Syphonota geographica
■ ムカデメリベ (Mukade Melibe) Melibe viridis
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-08-13 23:00 | 島根県 | Comments(0)

189 鹿島町 ~バッテリー充電は大事です~

今日は鹿島町(Kashima)に行ってきた。

島根町方面は天気が悪そうなので、平田方面から海岸線をドライブしてみた。
こちらは天気がよく、セミの声と海の景色が夏っぽさを盛り上げて気持ちがいい。
鹿島町で良さそうな場所があったので車を停めてみた。

いいじゃないですか!
c0211532_21164269.jpg

草をかきわけ降りていく。
意外と簡単に水辺までたどり着いた。

さっそく泳ぐぞ!
c0211532_1815445.jpg

波があるので写真が撮りづらいが水中はきれいだ。

ウミタナゴ (Umitanago)。
c0211532_1816027.jpg
■ ウミタナゴ (Umitanago) Ditrema temmincki temmincki


毎度おなじみのホシギンポ (Stellar Rockskipper)。
何度見てもかわいい。
c0211532_182237.jpg
■ ホシギンポ (Stellar Rockskipper) Entomacrodus stellifer


初めてみるサラサウミウシ (Sarasa Umiushi)。
すごくきれい。
c0211532_1824446.jpg
■ サラサウミウシ (Sarasa Umiushi) Chromodoris tinctoria

捕獲に成功したので次は標本写真を撮ろうと一度陸にあがる。
カメラを構えるとモニターにあるメッセージが現れ鳥肌が立った。

「バッテリーがありません」

なに~!
こういうときは電源を切って10分くらいしたら復活するもの。

10分後、何もかもセッティングし、電源が入ったら1枚でしとめられるくらいの気合で電源ボタンを押した。

「バッテリーがありません」

頼む!
1枚だけでいいから撮らせてくれ~!!!

「バッテリーがありません」

その後、あきらめてカメラなしで泳いでいたが、オヤビッチャ (Indo-Pacific Sergeant)はいるわアオリイカ (Bigfin Reef Squid)の幼生はいるわ、最後にはカタクチイワシ (Japanese Anchovy)の大群に囲まれるわで自分のミスを恨んだ。

バッテリー充電は大事です。


<撮影種一覧> 3種
<貝類>
■ サラサウミウシ (Sarasa Umiushi) Chromodoris tinctoria
<魚類>
ホシギンポ (Stellar Rockskipper) Entomacrodus stellifer
■ ウミタナゴ (Umitanago) Ditrema temmincki temmincki
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-08-09 21:00 | 島根県 | Comments(0)

188 島根町 ~マダコと格闘~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

今日も海へ行かなければ!

ヨメ、友人2人の4人でいつもの島根町へ向かった。
気温が高く、泳ぐには最高の天気だ。
海岸へ降り足場の悪い磯を歩くこと20分、女性陣のブーイングをうまくかわしながらお目当ての場所へとついた。
c0211532_2036354.jpg

さっそく岩陰にイワガニ (Striped Shore Crab)。
c0211532_2037156.jpg
■ イワガニ (Striped Shore Crab) Pachygrapsus crassipes

こちらの様子をずっとうかがっている。
味噌汁にするといいダシがでるのだが、はさまれると痛いのでそっとしておいた。

海へダイブ。
初めて見るウミウシを発見した。
クロシタナシウミウシ (Kuro Shitanashi Umiushi)だ。
c0211532_2042799.jpg
■ クロシタナシウミウシ (Kuro Shitanashi Umiushi) Dendrodoris fumata

触覚の先端が白いのが特徴らしい。
c0211532_20434310.jpg
■ クロシタナシウミウシ (Kuro Shitanashi Umiushi) Dendrodoris fumata

アナハゼ (Sunrise)の頭部どアップ。
近づいても全然逃げないので撮影が楽。
c0211532_2047661.jpg
■ アナハゼ (Sunrise) Pseudoblennius percoides

いっぱいいるのだが、小さい上になかなか近づけず撮影に苦労するチャガラ (Chagara)。
c0211532_20503876.jpg
■ チャガラ (Chagara) Pterogobius zonoleucus

今日はアメフラシ (Kuroda's Sea Hare)が多い。
触っても紫色の汁を出してくれなかった。
c0211532_20513560.jpg
■ アメフラシ (Kuroda's Sea Hare) Aplysia kurodai

今日の感動の対面その1、クロダイ (Japanese Black Porgy)。
c0211532_20533077.jpg
■ クロダイ (Japanese Black Porgy) Acanthopagrus schlegelii

全長40cm程のクロダイ (Japanese Black Porgy)が20匹くらいの群れを作っていた。
釣りで狙っても全然釣れないのにこんなにいるんだ・・・

ユニークな顔がなんともいえないホシギンポ (Stellar Rockskipper)。
c0211532_20591260.jpg
■ ホシギンポ (Stellar Rockskipper) Entomacrodus stellifer

イソギンポ科の魚の中でもダントツに美しいナベカ (Nabeka)。
c0211532_2122510.jpg
■ ナベカ (Nabeka) Omobranchus elegans

緑色に光るワツナギソウ (Barrel Weed)。
普通は青く光っているのだが、この株だけ緑色だった。
c0211532_2134883.jpg
■ ワツナギソウ (Barrel Weed) Champia parvula

こんなに美しいのにあまり知られていないのはもったいないなと思う。

狙うと釣れないキヌバリ (Kinubari)。
まだ標本写真を撮っていないので、釣らなければと思うのだが・・・
c0211532_217040.jpg
■ キヌバリ (Kinubari) Pterogobius elapoides

ヨメがゲットしてくれたアカヒトデ (Aka Hitode)。
目が痛くなりそうな見事なオレンジ。
c0211532_21162511.jpg
■ アカヒトデ (Aka Hitode) Certonardoa semiregularis

10年近く探し求めていた念願のカゴカキダイ (Stripey)を発見。
嬉しい初撮影!
c0211532_21183048.jpg
■ カゴカキダイ (Stripey) Microcanthus strigatus


イソハゼ (Isohaze)。
何匹か見かけたので普通種だと思われる。
c0211532_21195623.jpg
■ イソハゼ (Isohaze) Eviota abax


最後に今日の感動の対面その2、マダコ (Common Octopus)。
c0211532_21215540.jpg
■ マダコ (Common Octopus) Octopus vulgaris

これは何としても捕まえたい!

マダコ (Common Octopus)も色を変えながら応戦の態度をとる。
墨の煙幕にもめげず、しつこく追いかけてついに捕まえた。
ものすごい力で腕に絡み付いてくる。
噛まれたら痛いので必死で引き剥がす。
なんども逃げられそうになったが、ついにマダコ (Common Octopus)の捕獲に成功した。
c0211532_21331485.jpg
■ マダコ (Common Octopus) Octopus vulgaris


今日はこのマダコ (Common Octopus)と、ヨメががんばってとってくれた「べべ貝」(ベッコウガサ (Bekko Gasa)のこと)とカメノテが晩御飯となった。
楽しい上に最高にうまい!
やっぱり海は最高ですな~。


<撮影種一覧> 26種
<植物>
■ ワツナギソウ (Barrel Weed) Champia parvula
■ フサイワヅタ(Fusa Iwazuta) Caulerpa okamurae
■ ミル(Dead Man's Fingers) Codium fragile
<頭足類>
■ マダコ (Common Octopus) Octopus vulgaris
<貝類>
■ ベッコウガサ (Bekko Gasa) Cellana grata
■ アメフラシ (Kuroda's Sea Hare) Aplysia kurodai
■ クロヘリアメフラシ (Little Sea Hare) Aplysia parvula
■ クロシタナシウミウシ (Kuro Shitanashi Umiushi) Dendrodoris fumata
■ ヒザラガイ (Hizaragai) Acanthopleura japonica
<甲殻類>
イワガニ (Striped Shore Crab) Pachygrapsus crassipes
<ウニ・ヒトデ類>
■ アカヒトデ (Aka Hitode) Certonardoa semiregularis
■ ムラサキウニ (Murasaki Uni) Anthocidaris crassispina
<魚類>
ホシギンポ (Stellar Rockskipper) Entomacrodus stellifer
ナベカ (Nabeka) Omobranchus elegans
■ ヘビギンポ (Hebi Ginpo) Enneapterygius etheostomus
■ イソハゼ (Isohaze) Eviota abax
■ キヌバリ (Kinubari) Pterogobius elapoides
■ チャガラ (Chagara) Pterogobius zonoleucus
オハグロベラ (Ohaguro Bera) Pteragogus aurigarius
スズメダイ (Pearl-spot Chromis) Chromis notata
■ カゴカキダイ (Stripey) Microcanthus strigatus
■ イシダイ (Striped Beakfish) Oplegnathus fasciatus
■ クロダイ (Japanese Black Porgy) Acanthopagrus schlegelii
■ アナハゼ (Sunrise) Pseudoblennius percoides
クジメ (Spotbelly Greenling) Hexagrammos agrammus
ハコフグ (Hakofugu) Ostracion immaculatus
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-08-01 21:00 | 島根県 | Comments(2)