187 島根町 ~唇むらさき~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

休日になると海に行って写真を撮るという楽しみが生活に加わり、休みが待ち遠しい毎日。
前回の休みは台風のせいで何もできなかったので今日こそは海に行ってやる!

気温は28℃。
暑さになれたのか、これぐらいの気温では全然暑いと思わない。
雲って風も強いし、長くは入っていられないだろうなと覚悟して島根町の磯へ行った。
c0211532_22483728.jpg

今日は赤潮はなく水が超きれい!

メジナ (Largescale Blackfish)の幼魚が群れいている。
透明度はどのくらいだろうか。
水平方向でも10mは確実に見えるだろう。
c0211532_2249343.jpg
■ メジナ (Largescale Blackfish) Girella punctata

アゴハゼ (Forktongue Goby)。
タイドプールにうじゃうじゃいる。
c0211532_22525086.jpg
■ アゴハゼ (Forktongue Goby) Chaenogobius annularis

隙間にいるムラサキウニ (Murasaki Uni)の写真を撮って後で見ると下に魚が写っていた。
ダイナンギンポ (Dainan Ginpo)?
あれ?
小さな赤い点が見える。
これはもしかしてベニツケギンポ (Benitsuke Ginpo)では?
初撮影種。
c0211532_22535177.jpg
■ ベニツケギンポ (Benitsuke Ginpo) Dictyosoma rubrimaculatum

かわいらしい魚を発見。
昔釣ったことのあるホシギンポ (Stellar Rockskipper)だ。
c0211532_2382791.jpg
■ ホシギンポ (Stellar Rockskipper) Entomacrodus stellifer

前回多かったウミウシ類が今日は少ない。
唯一みられたミドリアメフラシ (Midori Amefurashi)。
c0211532_23163089.jpg
■ ミドリアメフラシ (Midori Amefurashi) Aplysia oculifera

たぶんアヤアナハゼ (Aya Anahaze)。
c0211532_2319869.jpg
■ アヤアナハゼ (Aya Anahaze) Pseudoblennius marmoratus

海藻を食べるメジナ (Largescale Blackfish)の幼魚。
c0211532_23201198.jpg
■ メジナ (Largescale Blackfish) Girella punctata

アサヒアナハゼ (Asahi Anahaze)。
磯でよく釣れる魚のひとつ。
c0211532_23211139.jpg
■ アサヒアナハゼ (Asahi Anahaze) Pseudoblennius cottoides


前回同様ヘビギンポ (Hebi Ginpo)はあちこちで見られる。
釣りではまず見る機会がないが、ものすごい生息数だ。
c0211532_23324462.jpg
■ ヘビギンポ (Hebi Ginpo) Enneapterygius etheostomus

c0211532_2333741.jpg
■ ヘビギンポ (Hebi Ginpo) Enneapterygius etheostomus

今日の大物。
カサゴ属の1種。
最初はカサゴ (False Kelpfish)に間違いないと思ったが、白斑が黒く縁取られているのでウッカリカサゴ (Ukkari Kasago)の可能性大。
c0211532_2335638.jpg


波打ち際で触手を伸ばしているカメノテ (Japanese Goose Barnacle)。
c0211532_23562044.jpg
■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella


■ カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella

今日は寒くて30分くらいしか水の中にいられなかったが、水中の写真をとるのはやっぱり楽しい。
次の休みも行くことになりそう・・・
c0211532_094624.jpg



<撮影種一覧> 10種
<貝類>
■ レイシガイ (Reishi Gai) Thais bronni
■ ミドリアメフラシ (Midori Amefurashi) Aplysia oculifera
<フジツボ類>
カメノテ (Japanese Goose Barnacle) Capitulum mitella
<魚類>
ホシギンポ (Stellar Rockskipper) Entomacrodus stellifer
■ ヘビギンポ (Hebi Ginpo) Enneapterygius etheostomus
■ アゴハゼ (Forktongue Goby) Chaenogobius annularis
■ メジナ (Largescale Blackfish) Girella punctata
■ ベニツケギンポ (Benitsuke Ginpo) Dictyosoma rubrimaculatum
■ アサヒアナハゼ (Asahi Anahaze) Pseudoblennius cottoides
■ アヤアナハゼ (Aya Anahaze) Pseudoblennius marmoratus
カワハギ (Thread-sail Filefish) Stephanolepis cirrhifer
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-07-27 21:00 | 島根県 | Comments(0)

186 島根町 ~初シュノーケリング~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

G12用のウォータープルーフケースを買ったので、さっそく試し撮りだ!
ヨメを連れ、島根町へ向かう。
気温は35℃で今にでも泳ぎたいくらい暑い。
お目当ては2月に発見した無人のいい感じの磯。

クーラーを切り、泳ぎたい気分を高めながら目的地までドライブした。
c0211532_1374544.jpg

天気もいいし、最高!

「今からこの谷を降りて行きます。」
「えええ?!」
「大丈夫大丈夫。」
と得意げに獣道へ案内すると・・・
c0211532_1384798.jpg

茂りすぎで道がない!!!
くそ~!
なんということだ。

しかたがないので、先週発見した磯へ行くことにした。

こちらはぎりぎりまで車で来れるのでかなり便利。
気分は高鳴る。
しかし水を見ると・・・
c0211532_13121385.jpg

汚ない!
赤潮だ!
泳ぎたくね~

まて、沖の方はそれでもましかもしれない。
かすかな希望を胸に斜めになった地層の上を進んで行った。
c0211532_1313717.jpg

水がきれいなら最高なのに。
c0211532_1314626.jpg

きれいな水ではないが、泳げないほどでもないと判断しさっそく泳ぐことにした。
まずはアメフラシ (Kuroda's Sea Hare)。
c0211532_13205588.jpg
■ アメフラシ (Kuroda's Sea Hare) Aplysia kurodai

そして水の中へダイブ!
c0211532_13214229.jpg

さっそくきれいなウミウシを発見!
アオウミウシ (Sea Slug)という種類だ。
カイメンを食べているらしい。
c0211532_1325453.jpg
■ アオウミウシ (Ao Umiushi) Hypselodoris festiva

もっともよく見られるヒトデのイトマキヒトデ (Itomaki Hitode)。
c0211532_13273793.jpg
■ イトマキヒトデ (Itomaki Hitode) Asterina pectinifera

続いてアヤアナハゼ (Aya Anahaze)。
c0211532_13312853.jpg
■ アヤアナハゼ (Aya Anahaze) Pseudoblennius marmoratus

シロウミウシ (Sea Slug)。
ごく普通に見られる種のようだが、普段海でシュノーケリングすることなんてないので、ウミウシ類を見るのはとても新鮮で嬉しくなる。
c0211532_13382417.jpg
■ シロウミウシ (Shiro Umiushi) Chromodoris orientalis

クロヘリアメフラシ (Little Sea Hare)。
背中に貝殻をしょっているのが見える。
ウミウシの仲間はもともと貝の仲間で貝殻が退化したもの。
体の中に貝殻を持つ種も少なくない。
c0211532_1340264.jpg
■ クロヘリアメフラシ (Little Sea Hare) Aplysia parvula

ミドリアメフラシ (Midori Amefurashi)。
c0211532_13434292.jpg
■ ミドリアメフラシ (Midori Amefurashi) Aplysia oculifera

これだけ多くのウミウシ類がいるなんてびっくり。

ヘビギンポ (Hebi Ginpo)。
c0211532_13461167.jpg
■ ヘビギンポ (Hebi Ginpo) Enneapterygius etheostomus

青色に怪しく光る海藻を発見。
どうやらワツナギソウ (Barrel Weed)のようだ。
それにしてもすごい色!
c0211532_13472370.jpg
■ ワツナギソウ (Barrel Weed) Champia parvula

ぽつぽつと海底に生えている。
すごい色なのでめちゃくちゃ目立つ。
c0211532_13491041.jpg
■ ワツナギソウ (Barrel Weed) Champia parvula

いったいどうなっているのだろうと、手に取ってみた。

元の色は赤いみたいだ。
光を反射してあの色になっているようだが、なぜ?どうやって?など考え出したらとまらないのでそういう生き物なんだと自分に言い聞かせた。

この磯で目立っていたホンベラ (Motleystripe Rainbowfish)。
昔から釣りでおなじみの魚だ。
c0211532_145153.jpg
■ ホンベラ (Motleystripe Rainbowfish) Halichoeres tenuispinnis

クロメジナ (Smallscale Blackfish)の幼魚。
鰓蓋の縁が黒くなっている点で良く似るメジナ (Largescale Blackfish)と見分けることができる。
c0211532_1494470.jpg
■ クロメジナ (Smallscale Blackfish) Girella melanichthys

タイドプールで見つけたイワガニ (Striped Shore Crab)。
c0211532_14124366.jpg
■ イワガニ (Striped Shore Crab) Pachygrapsus crassipes

大きめのイワガニ (Striped Shore Crab)を捕まえてみた。

c0211532_14134971.jpg
■ イワガニ (Striped Shore Crab) Pachygrapsus crassipes 甲幅3.4cm

石に張り付いていたヒザラガイ (Hizaragai)の標本写真も撮ってみた。
c0211532_1420588.jpg
■ ヒザラガイ (Hizaragai) Acanthopleura japonica

タイドプールにたくさんいたアゴハゼ (Forktongue Goby)。
ドロメ (Dorome)に良く似ているが、アゴハゼ (Forktongue Goby)の方は体色がやや緑がかっている。
c0211532_1422408.jpg
■ アゴハゼ (Forktongue Goby) Chaenogobius annularis

同じくタイドプールにたくさんいたメジナ (Largescale Blackfish)の稚魚。
c0211532_14243575.jpg
■ メジナ (Largescale Blackfish) Girella punctata


約2時間のシュノーケリングだけでこれだけのボリューム!
やっぱり夏は海のもんですな~。


<撮影種一覧> 18種
<植物>
■ ワツナギソウ (Barrel Weed) Champia parvula
■ コオニユリ (Ko Oni Yuri) Lilium leichtlinii var. tigrinum
<貝類>
■ アメフラシ (Kuroda's Sea Hare) Aplysia kurodai
■ ミドリアメフラシ (Midori Amefurashi) Aplysia oculifera
■ クロヘリアメフラシ (Little Sea Hare) Aplysia parvula
■ シロウミウシ (Shiro Umiushi) Chromodoris orientalis
■ アオウミウシ (Ao Umiushi) Hypselodoris festiva
■ ヒザラガイ (Hizaragai) Acanthopleura japonica
<甲殻類>
イワガニ (Striped Shore Crab) Pachygrapsus crassipes
<ウニ・ヒトデ類>
■ イトマキヒトデ (Itomaki Hitode) Asterina pectinifera
■ ムラサキウニ (Murasaki Uni) Anthocidaris crassispina
<魚類>
■ ヘビギンポ (Hebi Ginpo) Enneapterygius etheostomus
■ アゴハゼ (Forktongue Goby) Chaenogobius annularis
■ チャガラ (Chagara) Pterogobius zonoleucus
ホンベラ (Motleystripe Rainbowfish) Halichoeres tenuispinnis
■ クロメジナ (Smallscale Blackfish) Girella melanichthys
■ メジナ (Largescale Blackfish) Girella punctata
■ アヤアナハゼ (Aya Anahaze) Pseudoblennius marmoratus
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-07-11 21:00 | 島根県 | Comments(0)

185 Canon WP-DC34 ~水中箱ゲット~

今日はCanon WP-DC34を買った。

前に買ったCanon PowerShot G12用のウォータープルーフケースだ。
これで水中写真が撮れるぞ~!
c0211532_8101759.jpg

今日はさっそく海へ試し撮りだ!!!
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-07-11 08:00 | お知らせ | Comments(0)

184 島根町 ~夏真っ盛り~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

昨日まで雨だったのに今日は快晴。
ニュースで梅雨明けしたといっていたらしい。

今日はこれといって行きたいところもなかったので、海へ行ってみることにした。
冷房の効いた家を出る。
暑い!!!
なんだこれは!

クーラーのスイッチを入れるのを我慢して、夏らしく窓全開でドライブだ。
島根町の海へ向かう途中、道路わきの温度計が35℃を表示していた。
7月上旬でこれか・・・

特に目的地はなかったが、なんとなく気になったので車を停めて歩き回ることにした。
何年かぶりに見たキアゲハ (Old World Swallowtail)の五齢幼虫。
c0211532_2231358.jpg
■ キアゲハ (Old World Swallowtail) Papilio machaon

翅を持たないバッタ、フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper)。
c0211532_22351921.jpg
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.

車が通れるか通れないかくらいの小さな道を降りる。
海岸につながっていそうだ。

何か獣臭い。
獣道も確認できるし、イノシシでもいるのだろうか・・・

と思ったらガサガサと音がしたので振り返ると、
ウシ (Cattle)!
c0211532_22501577.jpg
□ ウシ (Cattle) Bos taurus

c0211532_22522565.jpg
□ ウシ (Cattle) Bos taurus

このあたりはウシの放牧をしているらしい。
ああびっくりした。

そして海岸まで降りてきた。
c0211532_22533565.jpg

潮風が気持ちいい。
このあたりの地形は風化した堆積岩の層がおもしろい模様を作っている。
雄大で素晴らしい。
c0211532_22543024.jpg

c0211532_2255492.jpg

もろ溶岩が固まったであろう岩。
c0211532_22562253.jpg

かわいらしいコオニユリ (Ko Oni Yuri)の花。
c0211532_2257267.jpg
■ コオニユリ (Ko Oni Yuri) Lilium leichtlinii var. tigrinum

空にはたくさんのトビ (Black Kite)が飛んでいる。
c0211532_22571345.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans

動きが速すぎて子供の頃つかまえるのが夢だったアオスジアゲハ (Common Bluebottle)。
カメラですらとらえることができない・・・
c0211532_23641.jpg
■ アオスジアゲハ (Common Bluebottle) Graphium sarpedon

藪でガサガサ音がすると思ったら、アカテガニ (Red-Clawed Crab)がいた。
c0211532_2365565.jpg
■ アカテガニ (Red-Clawed Crab) Chiromantes haematocheir

木の上で一生懸命鳴いていたホオジロ (Meadow Bunting)の写真で今日はしめ。
c0211532_2312363.jpg
■ ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides

子供の頃のワクワク感がたまらない夏のはじまりだった。
ありがとう島根町!


<撮影種一覧> 8種
<植物>
■ コオニユリ (Ko Oni Yuri) Lilium leichtlinii var. tigrinum
<昆虫類>
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.
■ キアゲハ (Old World Swallowtail) Papilio machaon
■ アオスジアゲハ (Common Bluebottle) Graphium sarpedon
<甲殻類>
アカテガニ (Red-Clawed Crab) Chiromantes haematocheir
<哺乳類>
□ ウシ (Cattle) Bos taurus
<鳥類>
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
ホオジロ (Meadow Bunting) Emberiza cioides

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-07-08 22:00 | 島根県 | Comments(0)

183 高千穂町 ~天岩戸神社~

今日は高千穂町(Takachiho)に行ってきた。

宮崎市から島根までの道中、どうしても行ってみたかった天岩戸神社へ寄り道した。

宮崎市を北上して延岡市まで行き、そこから西へと向かった。
標高が高くなりどんどん深くなる谷。

絶景の連続だ。
雨が降っていなければ最高なのだが・・・

宮崎を6時に出発して3時間、やっと高千穂町へついた。
山々に霧がかかっていて神々しい。
c0211532_23103266.jpg

そして念願の天岩戸神社へ着いた。

天岩戸神社は古事記・日本書紀の中で天照大御神が引きこもったといわれる天の岩戸が祭られている。

神主さんにご案内していただき、天の岩戸をお参りし、神話や神社のお話を聞かせてもらった。

古来日本人の信仰とは何かがほんの少しだけ知ることができてとても興味深かった。

その後は八百万の神々が相談したという天安河原へ向かった。
河原にある大きな大きな洞窟は、積まれた石で地面がびっしり埋まっている。
本当に八百万あるのではないかと思うくらいだ。
酒の香りがただよう神秘的な空間でお参りする。

天安河原と天岩戸神社。
せわしない日常で最近すっかり忘れていた日本人の心「自然を恐れ敬う」を少しは取り戻せたような気がした。

車までの道中、お土産屋さんでおもしろいものを見つけた。
なんとすぐそこの山で採れたという水晶が売られているではないか。
水晶マニアとしては買わないわけにはいかないだろう。
透明の高くきれいな結晶をゲット。
すごく嬉しい。
c0211532_23451524.jpg
■ 石英 (Quartz)

小指くらいの大きさの結晶。
c0211532_23462169.jpg
■ 石英 (Quartz)

こちらの透明度の高い結晶は両剣になっている。
c0211532_2346356.jpg
■ 石英 (Quartz)

いやあ、いい買い物をした。
大満足の天岩戸神社参拝だった。

素晴らしい景色の高千穂峡へも行きたかったが、あいにく大雨のため断念。
いつかまた来てやる!

高千穂を11時に出発し、南阿蘇を通り熊本へ抜けた。
大雨警報が出ている九州を北上、本州に上陸、山口から広島へ、そしてついに松江へと戻って来た。

宮崎を出発してから13時間が経過していた。
ああ疲れた・・・

家を出て8日ぶりの帰宅。
ニホンヤモリ (Schlegel's Japanese Gecko)がお出迎えしてくれた。
c0211532_08504.jpg
■ ニホンヤモリ (Schlegel's Japanese Gecko) Gekko japonicus

留守番してくれてありがとう!


<撮影種一覧> 1種
<爬虫類>
ニホンヤモリ (Schlegel's Japanese Gecko) Gekko japonicus
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-07-06 22:00 | 宮崎県 | Comments(0)