182 壇之浦PA ~宮崎までの11時間ドライブ~

今日は壇之浦PA(Dannoura Parking Area)に行ってきた。

今日は島根県松江市から宮崎県宮崎市までの車の旅。
まだ6月だというのに、途中の休憩所では早くもセミの声が聞こえる。
気温は32℃。
真夏だ~!

本州から九州へ。
関門海峡を渡る直前で壇之浦PAに寄った。
c0211532_2056525.jpg

すぐ向こうは九州。
もっと離れているのかと思ったけど、意外と本州と九州の距離は短い。

かなり大きなカラスザンショウ (Japanese Prickly-ash)の木。
c0211532_20565420.jpg
■ カラスザンショウ (Japanese Prickly-ash) Zanthoxylum ailanthoides

花が咲いている。
c0211532_20571532.jpg
■ カラスザンショウ (Japanese Prickly-ash) Zanthoxylum ailanthoides

街頭の根元をよくみると一匹の蛾がとまっていた。
シルエットがドクガっぽい。
と思ったら大当たり。
ゴマフリドクガ (Gomafuri Dokuga)という種。
c0211532_20594155.jpg
■ ゴマフリドクガ (Gomafuri Dokuga) Somena pulverea

ドクガの仲間の毛には毒があり、皮膚に刺さるとかぶれてとてもかゆいらしい。
触らなくてよかった・・・

そして車は熊本県へ。
山江SAで降りて休憩しているとき、おもしろいものを見つけた。
「落とし文」
c0211532_2143526.jpg

葉っぱで丁寧に作られたこのかわいらしい小包、実は虫が作ったもの。
オトシブミ科の虫がこの中に卵を産み付けている。
「落とし文」の中でふ化した幼虫は葉っぱ小包に守られ、かつそれ自体を餌にして大きくなる。
素晴らしい繁殖方法をとっている。

少し古くなった「落とし文」があったので開いてみた。
c0211532_2182369.jpg
■ オトシブミ科の1種 (Leaf Rolling Weevils) Attelabidae sp.

いた!
ごめん!

お母さんのようには上手く作れないが、また「落とし文」を作り直してそっとしておいた。

もうどれくらい運転してきたのだろうか。
ついに宮崎市もあと少しというところまで来た。

ここで筆者と同僚が山の異変に気付く。
なにか煙っている感じ。

とりあえずよく見たいから、その霧島PAで降りよう。
と車を停めて山をみた。
c0211532_21154698.jpg
新燃岳

「あ!たしか宮崎で火山が噴火していたはず!」
思い出した。
新燃岳。
1月に大噴火した火山だ。
*新燃岳

あとで調べるとなんと前日にも噴火があったようだ。(この日の翌日も噴火している。2月の噴火ではこのPAで車の窓ガラスが割れる事故があった。)
ひえ~。

なんかすごいものを見た。

そしてついに事故もなく宮崎市に到着した。
ホテルに着いたのは午後9時。
松江市を午前10時に出発していたから、ちょうど11時間だ。

ああ疲れた~。


<撮影種一覧> 3種
<植物>
■ ゴマフリドクガ (Gomafuri Dokuga) Somena pulverea
<昆虫類>
■ オトシブミ科の1種 (Leaf Rolling Weevils) Attelabidae sp.
■ ゴマフリドクガ (Gomafuri Dokuga) Somena pulverea
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-29 22:00 | 山口県 | Comments(0)

181 大山町 ~大山ドライブ~

今日は大山町(Daisen)に行ってきた。

久しぶりにヨメと休みが一緒になったので、大山へドライブに行くことにした。
生き物の写真が撮れればもうけものだ。

まだ梅雨が明けていない山陰は雲が多い。
とりわけ大山は雲が多くてせっかく来たのに景色はいまいち。
まずは道路わきにあった池に車を停めた。
カイツブリの仲間なんかがいるかもしれない。
c0211532_23501470.jpg

何もいなかった・・・

ひらひらと飛んできて、地面の水を吸っているフレンドリーなヒョウモンチョウ (Marbled Fritillary)を発見!
高原に住むチョウだ。
c0211532_23524049.jpg
■ ヒョウモンチョウ (Marbled Fritillary) Brenthis daphne


しばらくこの池にいたが、特に収穫もなかったので移動することにした。

次は大野池という池に着いた。
c0211532_004850.jpg

普通の池だ。

池の周りを軽く歩く。
あ!
マメコガネ (Japanese Beetle)発見!
c0211532_011146.jpg
■ マメコガネ (Japanese Beelte) Popillia japonica

Toronto(トロント)のHigh Park(ハイパーク)にもたくさんいたっけ。
日本原産の虫だが、アメリカに移入され農作物に大被害を与えている悪名高き害虫だ。
いつみつけても交尾中なのは気のせいだろうか・・・

フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper)の幼虫。
翅が全く無いのが分かる。
c0211532_844016.jpg
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.


トラマルハナバチ (Tora Maruhanabachi)。
c0211532_845871.jpg
■ トラマルハナバチ (Tora Maruhanabachi) Bombus diversus diversus


オニグモの仲間。
ヌサオニグモ (Nusa Onigumo)。
c0211532_851056.jpg
■ ヌサオニグモ (Nusa Onigumo) Araneus ejusmodi


へんてこな顔をした毛虫を見つけた。
c0211532_86260.jpg
■ マイマイガ (Gypsy Moth) Lymantria dispar

北アメリカには移入され、森林を食害する虫として嫌われているらしい。
背中の2列の斑紋が紺と赤になっていて、色合いだけをみるとなかなかきれいなデザイン。

帰り道、チョウの写真でも撮れないかと車を停めて歩いていたら、ナナフシモドキ (Nanafushi Modoki)を発見!
子供のころのあこがれの虫。
c0211532_8272251.jpg
■ ナナフシモドキ (Nanafushi Modoki) Baculum irregulariterdentatum

虫ばかりの写真になってしまったが、初夏の山の空気を味わうことができて最高!


<撮影種一覧> 7種
<クモ類>
■ ヌサオニグモ (Nusa Onigumo) Araneus ejusmodi
<昆虫類>
■ マイマイガ (Gypsy Moth) Lymantria dispar
■ ヒョウモンチョウ (Marbled Fritillary) Brenthis daphne
■ トラマルハナバチ (Nusa Onigumo) Bombus diversus diversus
■ マメコガネ (Japanese Beelte) Popillia japonica
■ フキバッタ亜科の1種 (Grasshopper) Melanoplinae sp.
■ ナナフシモドキ (Nanafushi Modoki) Baculum irregulariterdentatum
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-27 21:00 | 鳥取県 | Comments(0)

180 空 ~梅雨の厚雲~

今日は空の写真を撮った。

東京羽田空港発、島根出雲空港行きの飛行機で空の写真を撮った。

日本は梅雨真っ只中。
空から見る雲はとても厚く、その下がいかに暗いかが想像できる。
c0211532_10302214.jpg

ずっと厚い雲に覆われる。
c0211532_1031135.jpg

空から見る夕焼けは光が強くてとても魅力的。
c0211532_1032846.jpg

次はどんな空が見れるのか楽しみだ。
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-25 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

179 空 ~台湾発見~

今日は空の写真を撮った。

東京羽田空港発、香港国際空港行きの飛行機で空の写真を撮った。
飛行機から見る空が大好きで、窓際に座れたら必ず写真を撮っている。
c0211532_115884.jpg

フライトが後半にさしかかったころ、陸地が見えてきた。
c0211532_10542665.jpg

飛行機のGPSのモニターを見ると台湾上空だということが分かった。
空気が澄んでいて地上が割とよく見える。
c0211532_1055409.jpg

雲とその影が見えておもしろい。
c0211532_1056614.jpg

海の色が作り物のよう!!!
c0211532_10562922.jpg

4時間までなら飛行機は大好き。
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-18 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

178 日御碕 ~ウミネコを撮影に~

今日は日御碕(Hinomisaki)に行ってきた。
今日のターゲットはウミネコ (Black-tailed Gull)。珍しく目的が決まっている撮影だ。

c0211532_21155992.jpg

ここの魅力はなんといってもこの断崖絶壁。
今時珍しく、柵も何もない完全自己責任型の観光地だ。

この場所は柱状節理の発達した流紋岩が特徴。

c0211532_2118459.jpg

アーティスティック。

c0211532_21211223.jpg

c0211532_2121524.jpg

すでにそこら中にウミネコ (Black-tailed Gull)が飛んでいるが、まずは彼らの聖地「径島」を目指す。

c0211532_21242982.jpg

この島はウミネコ (Black-tailed Gull)の繁殖地として有名な島で、昭和11年に国の天然記念物に指定されている。

昭和11年というと77年前。数え切れないほどの世代がここで繁殖したのだろう。
安心しきった彼らの表情から、いかに居心地がいいかが分かる。

c0211532_21274798.jpg
■ ウミネコ (Black-tailed Gull) Larus crassirostris

よっしゃこれからウミネコ (Black-tailed Gull)の撮影開始!

釣り人の餌をかっぱらうウミネコ (Black-tailed Gull)。

c0211532_21363387.jpg
■ ウミネコ (Black-tailed Gull) Larus crassirostris

海上を優雅に飛翔するウミネコ (Black-tailed Gull)。

c0211532_21375089.jpg
■ ウミネコ (Black-tailed Gull) Larus crassirostris

c0211532_21381830.jpg
■ ウミネコ (Black-tailed Gull) Larus crassirostris

ベストショット。

c0211532_21383232.jpg
■ ウミネコ (Black-tailed Gull) Larus crassirostris

トビ (Black Kite)のいい写真も撮れた!

c0211532_214096.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans

遠くに初めて撮影するクロサギ (Eastern Reef Heron) の姿を発見!!!
本当に黒い!
なかなかみられない鳥だ。

c0211532_21403716.jpg
■ クロサギ (Eastern Reef Heron) Egretta sacra

海岸でよくみられるタイトゴメ (Taitogome) が綺麗な花を咲かせていた。

c0211532_2142329.jpg
■ タイトゴメ (Taitogome) Sedum uniflorum subsp. oryzifolium

今日はいい撮影だったなぁ~。

撮影枚数が400枚を越えていた・・・


<撮影種一覧> 6種
<植物>
■ タイトゴメ (Taitogome) Sedum uniflorum subsp. oryzifolium
<哺乳類>
□ イエネコ (Domestic Cat) Felis silvestris catus
<鳥類>
クロサギ (Eastern Reef Heron) Egretta sacra
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
ウミネコ (Black-tailed Gull) Larus crassirostris
ハシブトガラス (Jungle Crow) Corvus macrorhynchos

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-15 21:00 | 島根県 | Comments(0)

177 呉市 ~誕生日プレゼント~

今日は呉市(Kure)に行ってきた。

今日は32歳の誕生日。
地元に帰って釣りでリフレッシュだ!

まずは釣友Ryojiと近くのため池へ。

c0211532_13464272.jpg

いかにも釣れそうな雰囲気だが、チビのオオクチバス (Largemouth Bass)が一匹釣れただけだった。

c0211532_13464781.jpg
■ オオクチバス (Largemouth Bass) Micropterus salmoides 25.0cm

30分で切り上げ、彼の家へ向かった。
小川に堂々としたウシガエル (American Bullfrog)の姿。

c0211532_13465037.jpg
■ ウシガエル (American Bullfrog) Rana catesbeiana

Ryojiの息子との初対面を果たし、夜に備える。

夜の部は海釣りだ。

真っ暗な砂浜にルアーを投げていると、Ryojiの竿にシロメバル (Shiro Mebaru)がヒットした。

c0211532_1347075.jpg
■ シロメバル (Shiro Mebaru) Sebastes cheni 24.0cm

自分の竿にもヒット。

二人で4匹のシロメバル (Shiro Mebaru)をあげた。

かなり楽しくなっているところ、今度は自分の竿に大物が来た。

ドラグがうなる。

やった~!!!
久々のスズキ (Japanese Seabass)だ。
55cmと小ぶりだが、最近雑魚しか釣っていないので嬉しいぜ。

今度はRyojiの竿にも!

c0211532_13465672.jpg
■ スズキ (Japanese Seabass) Lateolabrax japonicus 68.0cm

二人でウハウハ。

ゴールデンフィーバーが終わり、アタリがきれいになくなってしまったので生き物探し。
水面を漂うダンゴイカ科の1種を手づかみした。

潮溜まりに入れておいたら砂に潜ったダンゴイカ科の1種。

c0211532_1347361.jpg
■ ダンゴイカ科の1種 (Sepiolidae) Sepiolidae sp.

最高の誕生日プレゼントをもらい大満足!


<撮影種一覧> 6種
<頭足類>
■ ダンゴイカ科の1種 (Sepiolidae) Sepiolidae sp.
<甲殻類>
カクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani) Parasesarma pictum
<魚類>
オオクチバス (Largemouth Bass) Micropterus salmoides
スズキ (Japanese Seabass) Lateolabrax japonicus
シロメバル (Shiro Mebaru) Sebastes cheni
<両生類>
■ ウシガエル (American Bullfrog) Rana catesbeiana
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-11 23:59 | 広島県 | Comments(0)

176 八雲村 ~ゲンジボタルの里~

今日は八雲村(Yakumo)に行ってきた。

毎年6月になるとホタルのことを考えてしまう。
それほど長く見られるわけではないので、見たい見たいと思っている内にシーズンが終わってしまうことが多い。

今年こそはホタルを見ようと、ヨメと一緒に八雲村(Yakumo)へ向かった。

いたいたゲンジボタル (Japanese Firefly)。
とても弱い光なので撮影が結構難しい・・・

c0211532_16402918.jpg
■ ゲンジボタル (Japanese Firefly) Luciola cruciata

田んぼの上を舞うゲンジボタル (Japanese Firefly)。

c0211532_16413571.jpg
■ ゲンジボタル (Japanese Firefly) Luciola cruciata

夜空をキャンパスにする光の芸術家。

こんな小さな体に一体どれだけ沢山のエネルギーを持っているんだろう。

c0211532_16442656.jpg
■ ゲンジボタル (Japanese Firefly) Luciola cruciata

今度は三脚を使ってもっと魅力的な写真を撮りたい!。


<撮影種一覧> 1種
<昆虫類>
■ ゲンジボタル (Japanese Firefly) Luciola cruciata
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-05 21:00 | 島根県 | Comments(0)

175 松江市 ~大アオリイカ~

今日は松江市(Matsue)で買い物をした。

今日はスーパーの鮮魚売り場で大きなアオリイカ (Bigfin Reef Squid)を発見した。

c0211532_166882.jpg
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana 外套長28.0cm

島根半島では晩春に大きなアオリイカが産卵のために接岸してくる。
釣ったものと比べると明らかに鮮度が悪いが、この時期にアオリイカ (Bigfin Reef Squid)を釣る技術など到底持っていないので食べたかったら買うしかない。

せっかくなので捌いた後に各部位の写真を撮影してみた。

体表の色素細胞。

c0211532_1615431.jpg
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana 外套長28.0cm

それぞれ色の異なる色素細胞が、大きくなったり小さくなったりすることで全体の色を調節している。

アオリイカ (Bigfin Reef Squid)の軟甲。
透明度が非常に高い。

c0211532_16175111.jpg
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana 外套長28.0cm

アオリイカ (Bigfin Reef Squid)の口。
まるで鳥のようなクチバシ状の鋭い口だ。

c0211532_1618591.jpg
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana 外套長28.0cm

最後にアオリイカ (Bigfin Reef Squid)の眼球の中にある硝子体。
まるで宝石のような美しい輝き。

c0211532_16201768.jpg
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana 外套長28.0cm

ヨメと二人でアオリイカ (Bigfin Reef Squid)を食したが、ちょっと大味で固い。
やっぱりアオリイカ (Bigfin Reef Squid)は小さいものほど美味しいと思った。


<撮影種一覧> 1種
<頭足類>
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-04 21:00 | 島根県 | Comments(0)

174 空 ~雲の隙間からのぞく山々~

今日は空の写真を撮った。
東京羽田空港発、島根出雲空港行きの飛行機で空の写真を撮った。

c0211532_1551164.jpg

果てしなく広がる雲海。

c0211532_1553760.jpg

窓にへばりつくようにして外を見ていると、雲の下の山々が薄っすらと見えた。

c0211532_1562182.jpg

やっぱり何度見ても空からの眺めはサイコー!
[PR]

by takuyamorihisa | 2011-06-02 21:00 | 飛行機 | Comments(0)