142 松江城 ~城マニアのカナダ人と~

今日は松江城(Matsue Castle)に行ってきた。

今、Toronto(トロント)の友達Shyamが自分の家に来ている。
日本に来たら絶対に島根に来いと言っていたが、意外に早くなった再開にとても喜んでいる。
もちろん彼は自分に会いに来てくれたのだが(多分)、それ以外にも島根に大きな目的があったようだ。
それが松江城(Matsue Castle)。
日本の城が大好きなShyamに語らせると、日本にはオリジナル(江戸時代以前から続く)の城は全部で12城のみで、その中でも松江城はかなりいい城なんだそう。
ほう~。我らが松江にそんなすごいものがあったとは。それをカナダ人に教えてもらうとは・・・

c0211532_22555097.jpg

確かにこうやってみると、本当に美しい建造物だ。
これを人間の力だけで攻め落とせるなんて普通は思わないだろう・・・

c0211532_22575154.jpg

おっと、メインの生物の写真を忘れそうになった。
寒いので生き物の気配は少ないが、元気なジョウビタキ (Daurian Redstart)とセグロセキレイ (Japanese Wagtail)の姿を見ることができた。

c0211532_2363732.jpg
■ ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus

c0211532_2365332.jpg
■ セグロセキレイ (Japanese Wagtail) Motacilla grandis

今日はカナダ人から見た松江を楽しむことができて最高に楽しかった。
Shyamまた来いよ~!


<撮影種一覧> 2種
<鳥類>
ジョウビタキ (Daurian Redstart) Phoenicurus auroreus
■ セグロセキレイ (Japanese Wagtail) Motacilla grandis
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-12-29 21:00 | 島根県 | Comments(0)

141 島根町 ~島根産水晶~

今日は島根町(Shimane)に行ってきた。

生物ならなんでも興味がある(無理やり興味を持つよう努力している)自分だが、実は鉱物にも興味がある(専門的な知識は全くなし)。
鉱物といえば水晶とかルビーのような宝石から、そこらへんの石ころまでさまざまだが、どれも元々は地球から生まれた自然のもの。Nature Photographerならこれらも知っておかなければ。

ということで、今日は島根町に鉱物撮影に行ってきた。

実は昔、GalleryKISEKI 標本室のSHINGUUさんに鉱物のことで何度か質問させていただいたことがあり、今日の場所はそのときこっそり教えていただいたポイント。果たして何か見つかるだろうか。

ポイントらしき場所に到着し、さっそくクモの写真を撮影。
カチドキナミハグモ (Cybaeus nipponicus)というクモで、崖地や岩場のくぼみに管状の巣をつくる。

c0211532_14221767.jpg

■ カチドキナミハグモ (Cybaeus nipponicus) Cybaeus nipponicus


水晶を探す。
どこだ~水晶!
水晶は晶洞と呼ばれる穴の中で見られるらしいが・・・

まさかこれか!

c0211532_14342614.jpg

こっちにも!

c0211532_1434596.jpg

おおお!

初めてみる自然の中の水晶。
マクロレンズで接写してみる。

これは水晶じゃなくて方解石 (Calcite)?

c0211532_14363931.jpg

結晶が1mmくらいの小さな小さな水晶。
何度も撮影してやっと撮れた。

c0211532_14402081.jpg
■ 石英 (Quartz)

光の干渉により中央の水晶には虹色が見える。

c0211532_14414897.jpg
■ 石英 (Quartz)

立派な結晶に見えるが、どの写真の結晶も5mm程度。

c0211532_14471468.jpg
■ 石英 (Quartz)

一番大きな晶洞の奥に見えた水晶。
めちゃくちゃきれい!

c0211532_14475285.jpg
■ 石英 (Quartz)


c0211532_14481573.jpg
■ 石英 (Quartz)

鉱物も本当にきれいでおもしろい!
また機会があったら写真を撮ってみよっと。


>>GalleryKISEKI 標本室


<撮影種一覧> 1種
<クモ類>
■ カチドキナミハグモ (Cybaeus nipponicus) Cybaeus nipponicus


[PR]

by takuyamorihisa | 2010-12-20 21:00 | 島根県 | Comments(0)

140 宍道湖自然館ゴビウス ~久しぶりの地元水族館~

今日は宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)に行ってきた。

今日はヨメとヨメ友と3人で宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)に行った。

宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)は出雲市平田町にある施設。普通の水族館に比べるととても小規模だが、アマゾンから入れた熱帯魚などは展示せず、地元で取れた生物だけを展示している硬派な水族館だ。
本当に好きな人は必ず満足する生物のラインナップ。

入り口で出迎えてくれたのは、色素が薄い金色のウナギ (Japanese Eel)。
かなり珍しい。

c0211532_22174755.jpg
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica

小さなパイプにぎゅうぎゅうにつまっているダイナンギンポ (Dainan Ginpo)。
気持ちわる~!

c0211532_22251595.jpg
□ ダイナンギンポ (Dainan Ginpo) Dictyosoma burgeri

同じくパイプシリーズでウロハゼ (Uro Haze)。

c0211532_22443290.jpg
□ ウロハゼ (Uro Haze) Glossogobius olivaceus

ありふれた魚だが、水族館では恐らくレアのネンブツダイ (Half-lined Cardinal)。

c0211532_22475131.jpg
□ ネンブツダイ (Half-lined Cardinal) Apogon semilineatus

イワナ (Whitespotted Char)の亜種、ゴギ (Gogi)。
中国山地の渓流にしか生息しない幻の魚。

c0211532_22594025.jpg
□ ゴギ (Gogi) Salvelinus leucomaenis imbrius

アカテガニ (Red-clawed Crab)。
何か考えているような考えていないような。

c0211532_23163746.jpg
□ アカテガニ (Red-clawed Crab) Chiromantes haematocheir

最後はタゴガエルの写真でシメ!

c0211532_23294976.jpg
□ タゴガエル (Tago's Brown Frog) Rana tagoi tagoi

久々のゴビウス楽しかった~!
また行きたいな。

c0211532_23383475.jpg



<撮影種一覧> 7種
<甲殻類>
アカテガニ (Red-clawed Crab) Chiromantes haematocheir
<魚類>
ウロハゼ (Uro Haze) Glossogobius olivaceus
ネンブツダイ (Half-lined Cardinal) Apogon semilineatus
ダイナンギンポ (Dainan Ginpo) Dictyosoma burgeri
サクラマス/ヤマメ (Masu Salmon) Oncorhynchus masou
□ ゴギ (Gogi) Salvelinus leucomaenis imbrius
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica
<両生類>
□ ニホンアカガエル (Japanese Brown Frog) Rana japonica
オキタゴガエル (Oki Tago's Brown Frog) Rana tagoi okiensis
タゴガエル (Tago's Brown Frog) Rana tagoi tagoi
□ オキサンショウウオ (Oki Salamander) Hynobius okiensis


□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-12-06 21:00 | 島根県 | Comments(0)