132 家 ~松江の月~

今日は家(Home)で写真を撮った。

今日はちょっと惜しい満月。
秋は空気が澄んでいるので月の撮影には最適だ。
c0211532_13163733.jpg
月 (Moon)

日本の月。
遠く離れたカナダで見ても、日本で見ても、一年中いつ見ても同じ顔の月。

不思議・・・
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-20 23:59 | 島根県 | Comments(0)

131 三次市 ~コウタケゲット~

今日は三次市(Miyoshi)に行ってきた。

松江(Matsue)で用事があり、その帰りに三次市(Miyoshi)にある祖父母の家に寄った。
「今日コウタケもらったんじゃけど、食べる?とりたてよ。」
叔母が見たこともないキノコを持ってきた。

おお!佃煮は食べたことあるけど、生は始めてだ!

もちろん遠慮なしにいただくことにした。
c0211532_1521084.jpg
■ コウタケ (Kotake) Sarcodon aspratus

かさの裏側にはひだがいっぱい!
c0211532_1525531.jpg
■ コウタケ (Kotake) Sarcodon aspratus

コウタケご飯にして食べたが、上品な香りで最高だった!
ありがとうおばちゃん!


<撮影種一覧> 1種
<菌類>
■ コウタケ (Kotake) Sarcodon aspratus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-18 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

130 呉市 ~イカ狙い~

今日は呉市(Kure)に行ってきた。

今日はRyojiとイカ釣りに出かけた。
Ryojiお気に入りの場所に連れて行ってくれるという。

親父から教えてもらったコウイカ (Golden Cuttlefish)釣りで今日はイカ漁だ!

エビを仕掛に巻いて遠投する。
夜の投げ釣りは趣があっていい。
c0211532_21132351.jpg

開始から1時間、誰にもあたりがこない。
しかし餌がかじられた跡はあるのでイカはいるようだ。下手なだけで・・・

それから30分後、自分の竿が曲がった。
重い!
これは玉網を使わないと無理そう。
「網を頼む!」
岸近くまで寄せ、水面を照らすとかなりの大物!
「デケ~!!!」
ともう少しで岸というところでふわっと軽くなった。

が~ん!
またしてもこのパターン・・・

しかしイカが釣れると分かったので、二人ともやる気モードになる。

Ryojiは餌からエギにかえ、竿を振りはじめた。
「タクちゃん釣れた!」

走ってかけよると、アオリイカ (Bigfin Reef Squid)を釣り上げていた。
お見事!
c0211532_21154232.jpg
■ アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana 外套長10.0cm

かなり小さいが正真正銘のアオリイカ (Bigfin Reef Squid)。
うまいに違いない。

波がなく穏やかな瀬戸内海。
c0211532_21213610.jpg

電車の軌跡を写真に収めてみる。
なかなかいい感じ。
c0211532_21272294.jpg

餌のエビに群がるウミホタル (Sea-firefly)がとても美しい。
c0211532_21294218.jpg
■ ウミホタル (Sea-firefly) Vargula hilgendorfii

ウミホタル (Sea-firefly)とは3mmくらいの小さな小さな貝とアザラシを足して2で割ったような生き物。
危険を感じるとルシフェリンという物質を分泌してそれが発光する。
青白く幻想的な美しい光だ。

イカは釣れないので他に何かネタになるような写真は撮れないかと探しているとカクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani)を見つけた。
c0211532_21491081.jpg
■ カクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani) Parasesarma pictum

想像以上にイワガニ科の仲間は多くややこしそうだが、甲羅が四角いことと甲羅の斑紋の様子、はさみが赤くない点などからカクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani)でよさそうだ。

最近釣果不振が続くが海でゆっくりできるのは本当に気持ちがいい。
次は何を釣ろうかな。


<撮影種一覧> 3種
<頭足類>
アオリイカ (Bigfin Reef Squid) Sepioteuthis lessoniana
<貝虫類>
ウミホタル (Sea-firefly) Vargula hilgendorfii
<甲殻類>
カクベンケイガニ (Kaku Benkei Gani) Parasesarma pictum
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-15 23:59 | 広島県 | Comments(0)

129 安浦町 ~タイワントビナナフシ~

今日は安浦町(Yasuura)に行ってきた。

夜、実家でゴロゴロとテレビを見ていると玄関先で親父に呼ばれた。
「ナナフシがおるで。写真はええんか?」

おお!
ナナフシ!
珍しい虫ときいたら撮影せずにはいられない。
カメラバッグを担いで外に出た。

褐色のナナフシだ。
翅があり、触角が長い。
これらの特徴からタイワントビナナフシ (Sipyloidea sipylus)ではないだろうかという結論にいたった。
c0211532_1131460.jpg
■ タイワントビナナフシ (Sipyloidea sipylus) Sipyloidea sipylus

初めて見た。
c0211532_114557.jpg
■ タイワントビナナフシ (Sipyloidea sipylus) Sipyloidea sipylus

ナナフシは昆虫博士だったころの憧れの虫。
次回は家の壁じゃなくて森の中で見たいなぁ。


<撮影種一覧> 1種
<昆虫>
■ タイワントビナナフシ (Sipyloidea sipylus) Sipyloidea sipylus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-12 22:00 | 広島県 | Comments(0)

128 呉市 ~のんびりと一人釣り~

今日は呉市(Kure)に行ってきた。

今日も釣りにでかけた。毎日釣りに行けて本当に幸せ。
この場所も昔から親父と通っている場所だ。
冬はマコガレイ (Marbled Flounder)も釣れるところなのでひょっとしたらいいことがあるかもしれない。

昨日のあまった餌をつけて投げる。

なかなか釣れない。
その間に景色を撮影する。
日本海と全然違う、優しい表情の瀬戸内海。
c0211532_14442046.jpg

300mmレンズでのぞく。
高校生が2人波止場の先でおしゃべりしているようだ。
c0211532_14455039.jpg

瀬戸内海は島が多く、距離の差で色が違ってみえるので面白い。

なかなか釣れないなあと竿をあげると、マハゼ (Yellowfin Goby)が釣れていた。
c0211532_1451137.jpg
■ マハゼ (Yellowfin Goby) Acanthogobius flavimanus 10.0cm

小さいのでリリース。

続いてコモンフグ (Komon Fugu)。
怒って体を膨らませている。
c0211532_14524496.jpg
■ コモンフグ (Komon Fugu) Takifugu poecilonotus 7.5cm
*オッシーさんにみていただいた。

イトヒキハゼ (Gafftopsail Goby)。
c0211532_14533012.jpg
■ イトヒキハゼ (Gafftopsail Goby) Myersina filifer 11.5cm

今日一番の大物だ!

暗くなるまでがんばったが、結局これだけだった。
それでもやっぱり釣り最高。


<撮影種一覧> 3種
<魚類>
イトヒキハゼ (Gafftopsail Goby) Myersina filifer
マハゼ (Yellowfin Goby) Acanthogobius flavimanus
コモンフグ (Komon Fugu) Takifugu poecilonotus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-12 21:00 | 広島県 | Comments(2)

127 蒲刈町 ~バディと夜釣り~

今日は蒲刈町(Kamagari)に行ってきた。

今晩は釣りに夢中のRyoji、高校時代のつれVonと夜釣りだ。
釣り三昧で幸せ。

まずは橋の下を狙ってみる。
c0211532_22442958.jpg

いかにも釣れそうな雰囲気で胸がドキドキする。

グイグイッ!

竿がおじぎした。

思い切りしゃくって合わせ、リールを巻く。
魚が抵抗しているのが分かる。
これは大物だ。

と、ここで
ふゎ~

急にテンションがなくなった。
痛恨のバラシ・・・

結局1時間くらい粘ったがが、何も釣れないので別の漁港へ行くことにした。
c0211532_22454165.jpg

雲に光が写り込んで瀬戸内海が幻想的な雰囲気だ。

この光景は島根では見られない。
c0211532_22493375.jpg

結局この漁港でもさっぱりで、お互いの近況など世間話に花が咲く。
じゃあ帰りましょうかと竿を上げるとカサゴ (False Kelpfish)が釣れていた。
おお。
ボウズは間逃れた・・・
c0211532_04226.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 19.0cm

c0211532_043127.jpg
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus 19.0cm

刺身で食べたが、可食部が少なくちょっともったいなかった。

やっぱり海はいいなぁ。


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
■ カサゴ (False Kelpfish) Sebastiscus marmoratus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-11 23:59 | 広島県 | Comments(0)

126 安浦町 ~懐かしい昆虫~

今日は安浦町(Yasuura)に行ってきた。

ハードな一日の疲れがでて実家でぐったりしていると、玄関先でおばあちゃんに呼ばれた。
「たくや!変な虫がおるよ!」

おお!
変な虫ときいたら撮影せずにはいられない。
カメラバッグを担いで外に出た。

「これ。なんじゃろうか。」
おばあちゃんの指の先を見ると、ゴマダラカミキリ (Gomadara Kamikiri)の姿が。
きも~。
c0211532_2283046.jpg
■ ゴマダラカミキリ (Gomadara Kamikiri) Anoplophora malasiaca

子供の頃、昆虫集めに夢中になっていた頃、ちびっこ昆虫博士の餌食とされていた虫だ。
懐かしい!

昔は平気で触っていたが、大人になった今見るとなんか気持ち悪い・・・
とは言え、写真でみると結構かっこいい虫だ。
c0211532_2295511.jpg
■ ゴマダラカミキリ (Gomadara Kamikiri) Anoplophora malasiaca

昔はいたるところにいたのだが、最近は少ないのだろうか?
それとも島根に少ないだけかな。

久々のゴマダラカミキリ (Gomadara Kamikiri)にちょっとだけ癒された。


<撮影種一覧> 1種
<昆虫>
■ ゴマダラカミキリ (Gomadara Kamikiri) Anoplophora malasiaca
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-11 21:00 | 広島県 | Comments(2)

125 呉市 ~親父と夜釣り~

今日は呉市(Kure)に行ってきた。

早朝はオオクチバス (Largemouth Bass)釣りを堪能し、昼間はブラジルから来た親戚と広島観光、そして今晩は親父と夜釣りだ。
我ながら20代並みの体力だと関心する。
仕事が始まるまでに遊びつくしておかないともったいない。

親父と出かけた地元の港。
かれこれ20年近くは通っている。
c0211532_2043551.jpg

雲ひとつない空で星が綺麗。
c0211532_20441795.jpg

親父は「ちぬ」ことクロダイ (Japanese Black Porgy)狙い。
自分は表面上「ちぬ」狙いだが、何でもウエルカムだ。
こんな不真面目な態度だと釣れないのは当たり前。

案の定釣れないので、網を持って何か獲れないかとうろうろしてみた。
さっそく小さなカニをゲット。
ヒメガザミ (Portunus hastatoides)という小さなワタリガニの仲間だ

c0211532_2151417.jpg
■ ヒメガザミ (Portunus hastatoides) Portunus hastatoides 2.8cm

弱った細長い魚をすくってみると・・・
マアナゴ (Whitespotted Conger)だ!
c0211532_2113322.jpg
■ マアナゴ (Whitespotted Conger) Conger myriastera 21.0cm

全長21.0cmの個体は初めてみる。弱っているので撮影も楽にできた。
*30cm以上の個体を釣り上げると、糸に絡まって撮影どころではない。

本命の「ちぬ」をそっちのけで遊んでいたら、ついにウキが沈んだ。
大きいかも!?
ビクンビクン、重たい引き。
これは「ちぬ」じゃないなぁ。
予想通りあがってきたのはヒガンフグ (Panther Puffer)。
c0211532_2116192.jpg
■ ヒガンフグ (Panther Puffer) Takifugu pardalis 20.0cm

境港周辺では「すなぶく」と呼び喜んで食べるが、ヒガンフグ (Panther Puffer)ぐらいでは自分の命を賭けたくない。
リリース。

日付が変わり、疲れもピークになった。
そろそろ帰ろうかというころ、親父が本命の「ちぬ」を釣り上げた。
とは言っても15cmのお子様・・・
c0211532_2119131.jpg
■ クロダイ (Japanese Black Porgy) Acanthopagrus schlegelii 15.0cm

釣果は寂しかったものの、海の生き物とふれあえるのは最高だ!

親父、また行きましょうや!


<撮影種一覧> 4種
<甲殻類>
■ クロダイ (Japanese Black Porgy) Acanthopagrus schlegelii
ヒガンフグ (Panther Puffer) Takifugu pardalis
マアナゴ (Whitespotted Conger) Conger myriastera

[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-10 23:59 | 広島県 | Comments(0)

124 呉市 ~日本のオオクチバス~

今日は呉市(Kure)に行ってきた。

今日はRyojiと彼の友人達と近所の野池へオオクチバス (Largemouth Bass)を釣りに出かけた。
日本のオオクチバス (Largemouth Bass)を撮影するのが目的だ。
カナダでは終盤毎週のようにバス釣りに出かけていたので、ブラックバス釣りといえばカナダを思い出す・・・
がんばって早起きし、日が昇る前から釣りを開始した。
c0211532_21582041.jpg

秋の空がとても綺麗。

先日のスズキ釣りでは見事にぼうずだったので今回はなんとしても挽回したいところ。

おのおのが自分の秘密兵器をラインの先に結びつけ、キャストし始めた。
水面は静まりかえっていかにも釣れそうな雰囲気だ。

水面を見ながら水中の様子を頭の中で思い描く。
うん。お前はここだな。
岸際でおこぼれを狙っているオオクチバス (Largemouth Bass)をイメージしながらルアーを投げる。
着水直後ラインが横に流れ始めた。

キタ~!!

こん身の力をこめてガンっと合わせる。
ものすごい重量感。
ジ、ジ~~~~~~
ドラグが出ていく。
こっこれはデカい!

5分くらい格闘しただろうか。
上がってきたのはなんと自己記録更新の50.0cmだった!

皮肉にもカナダで釣ったものよりも大きいものを釣ってしまった。
最高にうれしい!

直後、Ryojiの竿が曲がった。
Ryojiも大型のオオクチバス (Largemouth Bass)をゲット!
45.0cm。
c0211532_2211334.jpg
■ オオクチバス (Largemouth Bass) Micropterus salmoides 45.0cm

でかい!

そして友人の竿には48.0cmとこれまた大物がヒット!
いったいどうなっているんだ!
c0211532_22211816.jpg
■ オオクチバス (Largemouth Bass) Micropterus salmoides 48.0cm


日が昇るとあたりはピタっとなくなってしまったが、胸に広がっている充実感はじわ~っと長い余韻を残している。
今日は久しぶりに心から満足のいく楽しい釣りとなった。
Ryoji、最高の釣りをありがとう!


>> Just Do It (加齢なる男の男塾!)


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
オオクチバス (Largemouth Bass) Micropterus salmoides
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-10 21:00 | 広島県 | Comments(0)

123 呉市 ~父親になった日に行くシーバス釣り~

今日は呉市(Kure)へ行ってきた。

島根で仕事の面接など終え、広島へ帰ってきた。
仕事が始まるまでの間、遊びまくってやるぜ~!

さっそくRyojiを誘い、釣りに出かけた。
なんとこの日はめでたいことに彼が父親になった日だ。
これはお祝いフィッシングに行かなければ話にならない。
c0211532_1735676.jpg

ルアーを投げ、スズキ (Japanese Seabass)を狙う。

う~ん。
釣れない。
釣れそうな気配は十分あるのだが・・・

そこへRyojiの友人から電話がかかってきた。
1匹釣れたとのこと。

見に行ってみると、57.0cmのスズキ (Japanese Seabass)を釣っていた。
おお!
俺も釣りたい!
c0211532_18112056.jpg
■ スズキ (Japanese Seabass) Lateolabrax japonicus 57.0cm

がぜんやる気がでてきて集中してルアーを投げる。
今度はRyojiに魚がかかった。

やった~!大興奮のパパ。

釣れた魚はスズキ (Japanese Seabass)のようだが体側、背鰭に黒斑がある。
タイリクスズキ (Spotted Seabass)だ。
レンズが壊れているので、ピントがいまいち・・・
c0211532_1814766.jpg
■ タイリクスズキ (Spotted Seabass) Lateolabrax maculatus 50.0cm

c0211532_18143337.jpg
■ タイリクスズキ (Spotted Seabass) Lateolabrax maculatus 50.0cm

タイリクスズキ (Spotted Seabass)は中国原産のスズキ属の魚で、もともと日本にはいなかった種だ。
スズキ (Japanese Seabass)に比べると成長が早いので、養殖業者にとってはコストパフォーマンスが高く、瀬戸内海を中心に各地で養殖されている。
1990年代から各地で釣れ始め、在来種のスズキ (Japanese Seabass)の生存を脅かしているという問題ありの魚だ。
存在は知っていたが、実際に見るのは初めて。
これ以上増えないで欲しいものだ。

結局自分だけボウズで終了。
しかし竿を振るだけでも十分楽しかった。
c0211532_18322463.jpg

やっぱり釣りはいいねえ。


>> Just Do It (加齢なる男の男塾!)


<撮影種一覧> 2種
<魚類>
スズキ (Japanese Seabass) Lateolabrax japonicus
タイリクスズキ (Spotted Seabass) Lateolabrax maculatus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-10-07 23:59 | 広島県 | Comments(0)