115 空 ~ただいま日本~

今日は空の写真を撮った。

今日、とうとう帰国の日が訪れた。
日本に帰れることも少しは嬉しいが、やはり辛い・・・

複雑な胸の内はこの曇り空のようだ・・・
c0211532_19344357.jpg

Toronto Pearson International Airport(トロント・ピアソン国際空港)発、成田国際空港(Narita International Airport)行きの飛行機で無事、Toronto(トロント)を出発した。

そして成田国際空港(Narita International Airport)に到着、そこから広島空港(Hiroshima Airport)へ。

雲の上へ出て行く瞬間。
ナウシカになったみたい!
c0211532_19384968.jpg

雲の上はToronto(トロント)にも負けないくらい空が青い。
c0211532_1939468.jpg


複雑な心境ですが、日本ただいま!!!
1年半ぶりにみたジュースの自動販売機に感動した自分に驚いた。
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-29 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

114 Humber River ~溯上するサーモンを求めて~

今日はHumber River(ハンバー川)に行ってきた。

先日、ルームメイト情報でHumber River(ハンバー川)にサーモンが溯上していると知った。
これは何としてでも帰国前にサーモンを撮影しておきたい!
今日は時間が作れたのでHumber River(ハンバー川)へ行くことにした。

帰国は明後日。
これがカナダでの最後の撮影になるだろう。悔いの残らないように思い切り楽しむぞ!

玄関を出ると目の前に広がるいつもの光景。
この景色ともお別れか・・・
今日も最高の天気だ。
c0211532_15181858.jpg


地下鉄でOld Mill(オールドミル)ステーションまで行き、Humber River(ハンバー川)を上流に歩く。
橋の上から見た感じではサーモンはいない。

川辺まで来た。
c0211532_15314312.jpg

こんな浅い川に本当にサーモンがいるのだろうか・・・

高校生くらいの集団が川に入って何かしている。
魚道を作っているようだ。
c0211532_15514677.jpg

これって意味ある・・・?
それとも観察しやすくするため?

今日はやたらと川に鳥が多い。
溯上する魚を狙っているのだろうか。

白鷺の親分Great Egret (ダイサギ)。
c0211532_17191563.jpg
■ Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta

American Herring Gull (アメリカセグロカモメ)。
c0211532_1720660.jpg
■ American Herring Gull (アメリカセグロカモメ) Larus argentatus smithsonianus

獲物を狙うGreat Blue Heron (オオアオサギ)。
c0211532_17204322.jpg
■ Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias

おなじみRing-billed Gull (クロワカモメ)。
c0211532_17214043.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

魚ハンターのDouble-crested Cormorant (ミミヒメウ)まで。
大丈夫かサーモン!
c0211532_17322865.jpg
■ Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus

このHumber River(ハンバー川)には砂防の堰堤があって、サーモンの溯上を阻んでいる(ような気がする)。
こういうところで待っていたらサーモンが見られるかな・・・?
c0211532_17352264.jpg

カメラを堰堤へむけ、設定、そしてピントを合わせる。
2kg近いカメラを構え、待つこと10分・・・

何も現れない・・・

手が痺れてきた。

ここにはいないのだろうか。
もっと下流?
それとも上流?

まさか一足遅くてサーモンの溯上は終わったのだろうか?
いかにも素人っぽく、ただ竿を振っているだけの若い釣り人が何人かいる。

不安がつのる。
ルームメイトの情報からまだ1週間なのでいるはずだがなあ・・・

上流へ向かうことにした。
歩きながらいろいろな生物を撮影する。
黄色く元気な花を咲かせたWoodland Sunflower (ウッドランドサンフラワー)。
c0211532_17563333.jpg
■ Woodland Sunflower (ウッドランドサンフラワー) Helianthus divaricatus

初めて見たヤンマ科のトンボ、Shadow Darner (シャドーダーナー)。
すごく変わった模様だ。
c0211532_183569.jpg
■ Shadow Darner (シャドーダーナー) Aeshna umbrosa

ひたすら草を食べるCanada Goose (カナダガン)。
c0211532_1871517.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

上空を舞うRed-tailed Hawk (アカオノスリ)。
c0211532_1874344.jpg
■ Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis

カメラを空へ向け撮影していると、一眼レフを持ったおじさんが話しかけてきた。
「あのタカは何だろう?」
「Red-tailedだね。Red-tailed Hawk。」
カナダへ来たばかりの頃だったら絶対に答えられなかっただろう。
カナダ人にカナダの鳥を教えてあげられるようになった自分の成長を感じた。

堰堤をひとつ、またひとつと通りすぎていくが、一向にサーモンの姿は見えない。
次の堰堤でいなかったら今度は下ってみよう。
堰堤に近づいていくと、ウェダーを履いたおっさんが釣りをしているのが見えてきた。
ルアーを投げている。
と思ったら、水しぶきがあがった。
相当大きな魚がかかったようだ。
まさかサーモン?

大きな大きな魚を抱えておっさんがこちら側の岸へと歩いてくる。
c0211532_18153991.jpg

撮影のチャンス!!!

ポルトガル人っぽいおっさんに、頼むから魚の写真を撮らせてくれとお願いし、見事魚の撮影に成功した。
c0211532_18171457.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha ♀ 98.0cm

でかい!!!

ものすごい顔。
c0211532_18192888.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha ♀ 98.0cm

溯上するときに痛めた尾鰭。
c0211532_18201013.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha ♀ 98.0cm

あとで図鑑で調べるとマスノスケ (Chinook salmon)、なんとキングサーモンであった。
いつかは生きた個体を撮影したいと思っていたが、最後の最後に夢が叶うなんて!
(その後、五大湖へは昔太平洋岸から移入されたと知りショックを受ける。)

やりましたぜ師匠!

ここでサーモンが釣れたということは、この堰堤の下にいるはず。
よい場所を見つけてに座り込んだ。

飛んだっ!

サーモンがジャンプしている。
カメラをセットしてシャッターチャンスを待った。
そして撮影できたのがこちら。
ジャンプ後に激流で押し戻されるマスノスケ (Chinook salmon)。
c0211532_18243865.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha

こちらも流れの中でがんばって泳いだが、最終的には押し戻された。
c0211532_18253168.jpg
■ マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha

カナダ最後の撮影で思ってもみないミラクルが待っていた。

Toronto(トロント)!
長い間お世話になりました。
いつか必ずまた遊びに、いや、住むために戻ってきます。

ありがとう!


<撮影種一覧> 10種
<植物>
■ Woodland Sunflower (ウッドランドサンフラワー) Helianthus divaricatus
<昆虫類>
■ Shadow Darner (シャドーダーナー) Aeshna umbrosa
<魚類>
マスノスケ (Chinook salmon) Oncorhynchus tshawytscha
<鳥類>
Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) Phalacrocorax auritus
Great Blue Heron (オオアオサギ) Ardea herodias
Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
Red-tailed Hawk (アカオノスリ) Buteo jamaicensis
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
American Herring Gull (アメリカセグロカモメ) Larus argentatus smithsonianus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-26 21:00 | Canada | Comments(9)

113 Home ~トロントの満月~

今日はHome(家)で写真を撮った。

今日は月がきれいだ。
ルームメイトの部屋を通ってバルコニーまで行き、写真を撮った。
やや黄色がかった中秋の名月?
c0211532_20133237.jpg
月 (Moon)

帰国まであと5日・・
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-23 22:00 | Canada | Comments(0)

112 空 ~大陸の空~

今日は空の写真を撮った。

Dallas Fort Worth International Airport(ダラス・フォートワース国際空港)発、Toronto Pearson International Airport(トロント・ピアソン国際空港)行きの飛行機で空の写真を撮った。

雲の上にさらに伸びた雲。
「竜の巣だ!あの中に天空の城ラピュタが!」
c0211532_19422785.jpg

「行こう!父さんはあの中でラピュタを見たんだ!」
*実際は飛行船を操縦していません。
c0211532_1946071.jpg

気のせいか、空の上の世界も日本とは違うような気がする。
大陸っぽい。
c0211532_19463468.jpg

カナダ滞在もあとわずか。
最後の最後に素敵な同僚とアメリカ旅行ができて(させてもらって)本当によかった。
本当に幸せものだ。

Temple(テンプル)を出発して10時間、夜10時半にやっと家に着いた。
ゆっくりしようと思ったら、家の前のストリートにパトカー20台が来ていて大騒ぎだった。
c0211532_1948252.jpg

車の盗難があったのでブロック丸ごと封鎖したらしい。
この荒れくれた街ともあと少しでお別れか・・・
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-21 21:00 | 飛行機 | Comments(0)

111 Texas State Aquarium ~メキシコ湾の魚たち~

今日はTexas State Aquarium(テキサス州立水族館)に行ってきた。

昨日に引き続きCorpus Christi(コーパスクリスティ)の天気は悪い・・・
c0211532_21585146.jpg
しかし、水族館なら雨でも関係なく楽しめる!

Corpus Christi(コーパスクリスティ)でのメインディッシュ、Texas State Aquarium(テキサス州立水族館)に到着した。

さっそく中に入ってみる。
う~ん。
日本の地方にある古い感じの水族館だ。
暗くて撮影は難しそう・・・

まずはシクリッド類で唯一北米原産のRio Grande Cichlid (リオグランデシクリッド)。
テキサス州とメキシコの間にあるRio Grande(リオグランデ川)原産らしい。
いきなり超ローカルで興奮!
c0211532_2225744.jpg
□ Rio Grande Cichlid (リオグランデシクリッド) Herichthys cyanoguttatus

定番のタツノオトシゴ、Lined Seahorse (ラインドシーホース)。
c0211532_22104851.jpg
□ Lined Seahorse (ラインドシーホース) Hippocampus erectus

これも説明の札にLined Seahorse (ラインドシーホース)との表記。
ほんまかいな?
違う風に見えますけど・・・
c0211532_2212866.jpg
□ Lined Seahorse (ラインドシーホース) Hippocampus erectus

こちらのエビは札によるとSlipper Lobster。

「セミエビ科」?
それくらい分かるわ!種名を教えてくれ~!
c0211532_22124770.jpg
□ セミエビ科の1種 (Slipper Lobster) Scyllaridae sp.

このあたりまできて、この水族館の説明の札がかなりいい加減なことが分かってきた。
ひどいものだとShrimp(エビ)とだけ書いてあったり。
日本じゃ考えられない・・・

薄暗い室内プールにRoseate Spoonbill (ベニヘラサギ)がいた。
かわいそうに・・・
野外ではここまで接近することはできないので、しっかりと姿を記録させてもらいます。
c0211532_22163271.jpg
□ Roseate Spoonbill (ベニヘラサギ) Platalea ajaja

羊の頭ことSheepshead (シープスヘッド)。
タイの仲間だ。
c0211532_22181120.jpg
□ Sheepshead (シープスヘッド) Archosargus probatocephalus

この水族館で一番きれいに撮れた写真。
Rock Beauty (ロックビューティー)というだけはある。
c0211532_2219325.jpg
□ Rock Beauty (ロックビューティー) Holacanthus tricolor

色鮮やかなRoyal Gramma (ロイヤルグラマ)。
c0211532_22201761.jpg
□ Royal Gramma (ロイヤルグラマ) Gramma loreto

縞模様がかわいらしいZebra Moray (ゼブラモーレイ)。
c0211532_22211636.jpg
□ Zebra Moray (ゼブラモーレイ) Gymnomuraena zebra

イスズミの仲間、Bermuda Chub (バミューダチャブ)。
c0211532_22214993.jpg
□ Bermuda Chub (バミューダチャブ) Kyphosus sectatrix

日本近海でもみられるソウシハギ (Scrawled Filefish)。
内臓にパリトキシンと呼ばれる猛毒を持っている。
知っている顔を見ると落ち着くなあ・・・
c0211532_222218100.jpg
□ ソウシハギ (Scrawled Filefish) Aluterus scriptus

Lookdown (シロガネアジ)。
Lookdown、ルックダウン、見下ろす、見下す。
そのまんまやないか!
c0211532_22241977.jpg
□ Lookdown (シロガネアジ) Selene vomer

うすっぺらっ!
c0211532_22254515.jpg
□ Lookdown (シロガネアジ) Selene vomer

全長2mは優にある巨大なAtlantic Tarpon (ターポン)。
有名なゲームフィッシュだ。
こんな化け物と戦ったらすごいエキサイティングだろうな・・・
c0211532_22262259.jpg
□ Atlantic Tarpon (ターポン) Megalops atlanticus

ヤドクガエル科の1種 (Poison Dart Frog)までいた。
彼らの模様は本当に芸術だ。影響を受けているアートもかなり多いだろう。
c0211532_22292634.jpg
□ ヤドクガエル科の1種 (Poison Dart Frog) Dendrobatidae sp.

屋外プールではおなじみバンドウイルカ (Common Bottlenose Dolphin)のショー。
c0211532_22303418.jpg
□ バンドウイルカ (Common Bottlenose Dolphin) Tursiops truncatus

日本人のトレーナーと比べると相当堂々としている。そのためなのか人とイルカの信頼関係も強そうなイメージだ。

隣のステージではタカのショーだ。
何でもあり!
c0211532_2232568.jpg
□ Harris's Hawk (モモアカノスリ) Parabuteo unicinctus

それを見物するHouse Sparrow (イエスズメ)。
c0211532_22355629.jpg
■ House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

最後に撮影したのはTexas Diamondback Terrapin (テキサスキスイガメ)。
カメらしからぬかわいい顔。
c0211532_22364448.jpg
□ Texas Diamondback Terrapin (テキサスキスイガメ) Malaclemys terrapin littoralis

日本の水族館では絶対に見られない魚達がたくさんで、最高に面白かった!

そしてついにTexas(テキサス)南部横断の旅が終わり、Temple(テンプル)へ戻ることになった。
ああ寂しい・・・
c0211532_22392993.jpg
どこまでも平らな大地。
こんなところに住んでいたら、のんびりになるに決まってる。
いいなあ・・・

限りなく平地なので、いたるところに避雷針がある。
c0211532_22415247.jpg

ここでもアマサギ (Cattle Egret)にたかられるウシ (Cattle)。
c0211532_22423343.jpg
□ ウシ (Cattle) Bos taurus

こんなに素晴らしい旅行に連れて行ってくれたChikaさん、Hiroさん、本当にありがとうございました!
おかげでTexas(テキサス)の大ファンになりました。
また日本で会いましょう!
c0211532_22464427.jpg



>>Chika's Photos
>>Texas State Aquarium



<撮影種一覧> 21種
<甲殻類>
□ セミエビ科の1種 (Slipper Lobster) Scyllaridae sp.
<魚類>
□ Lookdown (シロガネアジ) Selene vomer
□ Rio Grande Cichlid (リオグランデシクリッド) Herichthys cyanoguttatus
□ Royal Gramma (ロイヤルグラマ) Gramma loreto
□ Bermuda Chub (バミューダチャブ) Kyphosus sectatrix
□ Rock Beauty (ロックビューティー) Holacanthus tricolor
□ Sheepshead (シープスヘッド) Archosargus probatocephalus
□ Gulf Flounder (ガルフフランダー) Paralichthys albigutta
□ ソウシハギ (Scrawled Filefish) Aluterus scriptus
□ Lined Seahorse (ラインドシーホース) Hippocampus erectus
□ Gulf Pipefish (ガルフパイプフィッシュ) Syngnathus scovelli
□ Gafftopsail Catfish (ガフトップセイルキャットフィッシュ) Bagre marinus
□ Zebra Moray (ゼブラモーレイ) Gymnomuraena zebra
□ Atlantic Tarpon (ターポン) Megalops atlanticus
<両生類>
□ ヤドクガエル科の1種 (Poison Dart Frog) Dendrobatidae sp.
<爬虫類>
□ Texas Diamondback Terrapin (テキサスキスイガメ) Malaclemys terrapin littoralis
<哺乳類>
□ ウシ (Cattle) Bos taurus
□ バンドウイルカ (Common Bottlenose Dolphin) Tursiops truncatus
<鳥類>
□ Roseate Spoonbill (ベニヘラサギ) Platalea ajaja
□ Harris's Hawk (モモアカノスリ) Parabuteo unicinctus
House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-20 21:00 | USA | Comments(7)

110 Goose Island State Park ~大移動後半~

今日はGoose Island State Park(グースアイランド州立公園)に行ってきた。

Le Tulle Park(ル・チュールパーク)を後にし、引き続きCorpus Christi(コーパスクリスティ)を目指す。
道路はひたすら真っ直ぐで、まさにTexas(テキサス)という雰囲気!
c0211532_21315794.jpg

このあたりはほとんどがウシ (Cattle)の放牧場。
アマサギ (Cattle Egret)がウシ (Cattle)の周りに群れていたので車を停めてもらって写真を撮影した。
c0211532_21363084.jpg
□ ウシ (Cattle) Bos taurus
■ アマサギ (Cattle Egret) Bubulcus ibis

まさにCattle Egret(うしのサギ)!
滑稽な光景だ。

もっと近寄って写真を撮ろうとすると、アマサギ (Cattle Egret)が一斉に飛び去った。
ウシ (Cattle)達もとりあえず逃げようかと逃げる。
c0211532_21391460.jpg
□ ウシ (Cattle) Bos taurus

なんだよお前!
と遠くからにらみつけるウシ (Cattle)。
c0211532_2140131.jpg
□ ウシ (Cattle) Bos taurus

こんなに広い敷地でのんびり育ったウシはおいしいに決まっている。
事実本場テキサスのステーキは和牛より全然うまい。

ここまではなんとか天気が持ちこたえていたものの、再び雨が降り始める。
c0211532_21443973.jpg

TX-35を南西へ。
c0211532_21451277.jpg

White Ibis (シロトキ)が群れで飛んでいる。
c0211532_21454246.jpg
■ White Ibis (シロトキ) Eudocimus albus

長いドライブが続き、いよいよCorpus Christi(コーパスクリスティ)まで1時間となった。
州立公園の場所を記したマップによると、Goose Island State Park(グースアイランド州立公園)といういかにも鳥のいそうな州立公園が近くにあるようだ。
もうあたりは薄暗いが、ちょっとだけ寄ってもらうことにした。

看板の前で記念撮影をするまではよかったが、道に水が溢れていてとてもではないが進めない。
残念だがスルーすることにした。
と思ったら、受付のフィーダーにハチドリが来ている!
これだけ撮影させて~!
と車を降りた。
c0211532_21525179.jpg
■ Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris

かわいい~。
c0211532_220380.jpg
■ Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris

かなりの至近距離で観察することができた。
幸せ~。

車は雨の道をさらに進む。
c0211532_2202656.jpg

街の明かりが見えてきた。
c0211532_2213449.jpg

ついにCorpus Christi(コーパスクリスティ)に到着!
c0211532_2222225.jpg

3日目も無事終了!

HIROさん、本当に長い間運転ありがとうございました~!
おかげで大満足です!


>>Chika's Photos


<撮影種一覧> 4種
<哺乳類>
□ ウシ (Cattle) Bos taurus
<鳥類>
■ アマサギ (Cattle Egret) Bubulcus ibis
■ White Ibis (シロトキ) Eudocimus albus
Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-19 21:20 | USA | Comments(0)

109 Le Tulle Park ~あこがれのハチドリ~

今日はLe Tulle Park(ル・チュールパーク)に行ってきた。

ワニの楽園Brazos Bend State Park(ブラゾスベンド州立公園)を出発し、次なる目的地はCorpus Christi(コーパスクリスティ)だ。
距離は180マイル、290km、4時間のドライブ。

Hiroさんの運転で車は南西へと進んでいく。

途中でバードウォッチングのできそうな公園を発見したので入ってもらった。
Le Tulle Park(ル・チュールパーク)だ。

いきなり水路の土手にへんてこな鳥を発見。
ノバリケン (Muscovy Duck)というなんとも不思議なカモ。
これの家禽種バリケンは世界各地で飼育されているらしい。
c0211532_21455241.jpg
■ Muscovy Duck (ノバリケン) Cairina moschata

そのまま車で公園内に入り、未舗装の駐車場へ車を停めた。
熱と二酸化炭素をかぎつけたのか、蚊がすごく集まってきている。
いやだな~
念入りに虫除けスプレーをふり、いざバードウォッチングへ。

マメ科だと思われる植物がとても美しい花を咲かせている。
c0211532_21491750.jpg

ひょっとしたらハチドリが飛んでくるかも。
なんて思っていたら本当に飛んできた。

Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ)だ!
かわいい!!!
c0211532_21501484.jpg
■ Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris

写真ではあまりその小ささが分からないが、5cmくらいの虫のような鳥。

ホバリングしながら花の蜜を吸う。
c0211532_2156950.jpg
■ Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris

疲れたら枝に止まって休憩。
c0211532_21565612.jpg
■ Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris

また食事。
次から次へとRuby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ)がやってくる。
c0211532_2157183.jpg
■ Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris

地球上でもっとも癒し力の高い鳥だといっても間違いないだろう。
c0211532_2159146.jpg
■ Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris


Giant Swallowtail (ジャイアントスワローテイル)も花の蜜を吸いにやってきた。
c0211532_2201940.jpg
■ Giant Swallowtail (ジャイアントスワローテイル) Papilio cresphontes

花の蜜を吸うものは「餌を探す」=「花を探す」=「緑の中から綺麗なものを探す」=「美しいものを追い求める」=「美の感性を確立」=「種内でもより美しい個体が人気となる」=「ほかより美しいものが多く子孫を残す」=「美しく進化」ということではないだろうか。
また、変な妄想が始まってしまった。

写真だけ見ると楽園のような場所だが、実際は数百の蚊が顔の周りを乱舞する吸血地獄だ。
虫除けスプレーもきかないくらいの勢い。
もう限界だ。
今朝のBrazos Bend State Park(ブラゾスベンド州立公園)もすごかったが、今はそれの数倍の蚊に追われている。
蚊の集合体が真っ黒な塊となって襲ってくる。

キャーと悲鳴をあげながら車まで逃げた。

駐車場へつくと、今度は車に千匹以上の蚊が止まっている。
車から出る熱で集まってきたのだろう。

怖すぎる!!!

スプレーを振りながら蚊を入れないように車に乗り込んだ。
窓ガラスには蚊がうじゃうじゃ。
おえ~!

テキサスは蚊の量が尋常じゃない。
残念だが20分程度の滞在でLe Tulle Park(ル・チュールパーク)を後にした。


>>Chika's Photos


<撮影種一覧> 3種
<昆虫類>
■ Giant Swallowtail (ジャイアントスワローテイル) Papilio cresphontes
<鳥類>
Muscovy Duck (ノバリケン) Cairina moschata
Ruby-throated Hummingbird (ノドアカハチドリ) Archilochus colubris
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-19 21:10 | USA | Comments(2)

108 Brazos Bend State Park ~ワニの楽園~

今日はBrazos Bend State Park(ブラゾスベンド州立公園)に行ってきた。

Brazos Bend State Park(ブラゾスベンド州立公園)は今回のTexas(テキサス)ツアーの目玉だ。
なんと、Sheldon Lake State Park (シェルドンレイク州立公園)でもみたAmerican Alligator (アメリカアリゲーター)が数多く生息することで有名な州立公園らしい。
今回もいい写真が撮れるかも。

朝一番で公園内に入り、入り口近くの池へと到着した。
池というよりも、Texas(テキサス)南部特有のSwamp(沼地)だ!
いい雰囲気。
c0211532_16354350.jpg

c0211532_1638542.jpg

c0211532_1639344.jpg

American Alligator (アメリカアリゲーター)がいないかと水の中を覗き込む。
いた!
いきなりいたAmerican Alligator (アメリカアリゲーター)。
c0211532_1641188.jpg
■ American Alligator (アメリカアリゲーター) Alligator mississippiensis

向こうからこちらへ泳いでくる個体もいる。
c0211532_16421783.jpg
■ American Alligator (アメリカアリゲーター) Alligator mississippiensis

こんなに近くで野生のワニを見られるなんてすごい!
c0211532_16422648.jpg
■ American Alligator (アメリカアリゲーター) Alligator mississippiensis

ワニ皮。
c0211532_16423672.jpg
■ American Alligator (アメリカアリゲーター) Alligator mississippiensis

この場から見るだけでも4匹のAmerican Alligator (アメリカアリゲーター)が確認できる。
さすがはワニの楽園。
生息数がすごい!

ワニだけでなく、鳥の姿も多い。
ハスの上にのって餌を探すLittle Blue Heron (スミレサギ)。
c0211532_16472946.jpg
■ Little Blue Heron (スミレサギ) Egretta caerulea

このままここにずっといても飽きないほど面白いところだが、せっかく来たのでいろいろ回ってみよう。
木の上で休むRed-shouldered Hawk (カタアカノスリ)を発見。
初撮影種だ。
c0211532_16544627.jpg
■ Red-shouldered Hawk (カタアカノスリ) Buteo lineatus

水辺から離れ、木が覆い茂る道を歩く。
日陰では蚊の数が尋常じゃなく、直径1mくらいのボール状になって追いかけてくる。
怖すぎる!
まるでアニメの世界だ。

木々の隙間から見えたNorthern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ)の雄。
なんて美しい鳥なのだろうか。
c0211532_16553361.jpg
■ Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis

蚊のことなどお構いなしで写真を撮り続けた。
虫除けスプレーがなかったらボコボコになっていただろう・・・

道は再び水辺につながった。
この池で一番多い鳥、バン (Common Moorhen)Common Gallinule (コモンガリニュー)。
*Common Gallinule (コモンガリニュー)は2011年にバン (Common Moorhen)の亜種から独立した種とされた。
c0211532_1743279.jpg
■ バン (Common Moorhen) Gallinula chloropus
■ Common Gallinule (コモンガリニュー) Gallinula galeata

続いてGreen Heron (アメリカササゴイ)。
餌をまいて魚をおびきよせる頭のかしこい鳥。
c0211532_1755113.jpg
■ Green Heron (アメリカササゴイ) Butorides virescens

Tricolored Heron (サンショクサギ)。
名前の通り白・青・黄色の三色をしたサギ。
c0211532_1773100.jpg
■ Tricolored Heron (サンショクサギ) Egretta tricolor

Anhinga (アメリカヘビウ)。
現地の発音でアンヒンガ。
とても変わった名前だ。
ウの仲間にそっくりだが、ヘビウ科に属し、ウの仲間とは別の科になる。(ウの仲間はウ科)
首が細くて顔もかっこいい。
c0211532_1781477.jpg
■ Anhinga (アメリカヘビウ) Anhinga anhinga

これだけ色々な種類の鳥が見られるということはこの池の生態系が豊かな証拠だろう。

レア種のRoseate Spoonbill (ベニヘラサギ)までみることができた。
c0211532_17153833.jpg
■ Roseate Spoonbill (ベニヘラサギ) Platalea ajaja

日本人3人で写真を撮ってきゃっきゃしていると、帽子を被ってサファリシャツを着た中年男性に声をかけられた。
「どうだい?アリゲーターには出会えたかな?」
フレンドリーなリチャードさんはどうやらボランティアのガイドらしい。
American Alligator (アメリカアリゲーター)の生態についていろいろと解説してくれた。

鳥にも興味があることが分かると、今度は鳥の解説。
解説はとまらない。
たくさんの興味深い話をしてくれた。

中でも印象に残ったのが、Yellow-crowned Night Heron (ミノゴイ)の話。
Yellow-crowned Night Heron (ミノゴイ)はアメリカザリガニ (Red Swamp Crawfish)が大好物だが、捕まえると首を振って脚を全てもぎとり丸呑みにするらしい。
甲羅は消化できないので、しばらくして口から甲羅のペレットを吐き出すというのだ。

そういえばSheldon Lake State Park (シェルドンレイク州立公園)でもみたYellow-crowned Night Heron (ミノゴイ)が赤いものを吐き出していた!
その話をすると、彼もまだ吐き出す瞬間は見たことがないとうらやましがっていた。

これがYellow-crowned Night Heron (ミノゴイ)によるアメリカザリガニ (Red Swamp Crawfish)の残骸。
c0211532_1744973.jpg

吐き出されたペレット。
c0211532_1744256.jpg

*ボランティアガイド リチャードさんが撮影したYellow-crowned Night Heron (ミノゴイ)の捕食の様子

ペレットのエキスをおいしそうに吸うBlack Swallowtail (ブラックスワローテイル)。
c0211532_17505117.jpg
■ Black Swallowtail (ブラックスワローテイル) Papilio polyxenes

初撮影種。

リチャードさんはこの後も色々と案内してくれ、最後にGolden Silk Orbweaver (ゴールデンシルクオーブウィーバー) を紹介してくれた。
c0211532_1753107.jpg
■ Golden Silk Orbweaver (ゴールデンシルクオーブウィーバー) Nephila clavipes

このクモの糸は名前がさすように、金色をしている。
c0211532_1756417.jpg
■ Golden Silk Orbweaver (ゴールデンシルクオーブウィーバー) Nephila clavipes

そしてリチャードさんも話し疲れたようで、「もう僕が持っている知識の全てを話し尽くしたよ。」
といって去って行った。

展望台を見つけたので登って写真を撮影する。
奥にはさらにSwamp(沼地)が広がる。
大自然!
c0211532_1759414.jpg

今まで歩いてきた道。
c0211532_17593439.jpg

右側の道にある一本の木の脇、草むらにAmerican Alligator (アメリカアリゲーター)がみえる。
展望台を降りてAmerican Alligator (アメリカアリゲーター)を撮影した。
c0211532_1853244.jpg
■ American Alligator (アメリカアリゲーター) Alligator mississippiensis

American Alligator (アメリカアリゲーター)にとって人を殺すことなど簡単なので、慎重に近寄らなければいけない。
それにしても、こんな猛獣がうようよいる自然公園に普通に行けるというのがおもしろい。
実際この公園では、American Alligator (アメリカアリゲーター)の尾びれ攻撃で骨折する被害にあった人もいるようだ。

しかし、Texas(テキサス)でAmerican Alligator (アメリカアリゲーター)よりもさらに恐れられているのがこのFire Antだ。
Fire Antが作った巣があちこちで見られるが、コレを間違って踏むともっと恐ろしいことになる。
c0211532_189755.jpg
■ Solenopsis属の1種 (Fire Ant) Solenopsis sp.

巣を壊されるとFire Antが一斉に中から出てくる。
そしてズボンの中などに大量に入り込む。
その後一匹が出す合図で全てのアリが同時に噛み付く。
毒を持っていて、被害にあうと死ぬこともあるとても恐ろしいアリだ。
c0211532_18142842.jpg
■ Solenopsis属の1種 (Fire Ant) Solenopsis sp.

ひえ~。
Fire Antに気をつけながら歩く。

とても鮮やかな青がきれいなCommon Green Darner (アメリカギンヤンマ)。
c0211532_18204222.jpg
■ Common Green Darner (アメリカギンヤンマ) Anax junius


小さなAmerican Alligator (アメリカアリゲーター)だと思ったらウシガエル (American Bullfrog)。
c0211532_18252238.jpg
■ ウシガエル (American Bullfrog) Rana catesbeiana

ちょうど池から本物がこちらを見ていた。
良く似ている。
c0211532_18261864.jpg
■ American Alligator (アメリカアリゲーター) Alligator mississippiensis

木の上にいたWhite Ibis (シロトキ)。
c0211532_1828117.jpg
■ White Ibis (シロトキ) Eudocimus albus

この池の周りを1周するだけで、もうお昼になっていた。
c0211532_18301979.jpg

そしてちょうどのタイミングで真っ黒な雨雲が近づいてきて、大雨になり終了。
もっともっと遊んでいたかったが、おなかいっぱいだ。
十分満喫した。

Brazos Bend State Park(ブラゾスベンド州立公園)は期待通りTexas(テキサス)の従来の自然の姿を見させてくれる素晴らしい公園だった。
ガイドのリチャードさんもありがとう!
また来る機会があればいいな。

>>Chika's Photos
>>Brazos Bend State Park




<撮影種一覧> 24種
<クモ類>
■ Golden Silk Orbweaver (ゴールデンシルクオーブウィーバー) Nephila clavipes
<昆虫類>
■ Black Swallowtail (ブラックスワローテイル) Papilio polyxenes
■ Solenopsis属の1種 (Fire Ant) Solenopsis sp.
■ Common Green Darner (アメリカギンヤンマ) Anax junius
■ Eastern Pondhawk (イースタンポンドホーク) Erythemis simplicicollis
<両生類>
Squirrel Tree Frog (リスアマガエル) Hyla squirella
■ ウシガエル (American Bullfrog) Rana catesbeiana
<爬虫類>
■ American Alligator (アメリカアリゲーター) Alligator mississippiensis
■ ミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider) Trachemys scripta elegans
Diamondback Water Snake ダイアモンドミズベヘビ) Nerodia rhombifer
<哺乳類>
Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis
<鳥類>
Anhinga (アメリカヘビウ) Anhinga anhinga
Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta
■ アマサギ (Cattle Egret) Bubulcus ibis
Green Heron (アメリカササゴイ) Butorides virescens
Little Blue Heron (スミレサギ) Egretta caerulea
Tricolored Heron (サンショクサギ) Egretta tricolor
Yellow-crowned Night Heron (ミノゴイ) Nyctanassa violacea
■ White Ibis (シロトキ) Eudocimus albus
■ Roseate Spoonbill (ベニヘラサギ) Platalea ajaja
■ Black-bellied Whistling Duck (アカハシリュウキュウガモ) Dendrocygna autumnalis
■ Red-shouldered Hawk (カタアカノスリ) Buteo lineatus
Common Gallinule (コモンガリニュー) Gallinula galeata
Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis
■ Red-winged Blackbird (ハゴロモガラス) Agelaius phoeniceus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-19 21:00 | USA | Comments(6)

107 Galveston Island State Park ~湿地に潜入できず~

今日はGalveston Island State Park(ガルベストンアイランド州立公園)に行ってきた。

Bolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)からフェリーでGalveston Island(ガルベストンアイランド)に上陸した。
この島もBolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)同様、細長い砂でできた島だ。

フェリー乗り場からまもなく目的地のGalveston Island State Park(ガルベストンアイランド州立公園)に到着した。
c0211532_940153.jpg

TX州(テキサス州)でこの時期普通に見られるというSalt Marsh Moth (ソルトマーシュモス)がこの公園第一号の写真になった。
c0211532_9412873.jpg
■ Salt Marsh Moth (ソルトマーシュモス) Estigmene acrea

道路を挟んで反対側の受付で入園料を払う。
天気が悪いからか、時間が遅いからか、全く人気がない。

車で駐車場まで行く途中にGreat Egret (ダイサギ)を発見。
c0211532_943041.jpg
■ Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta

Little Blue Heron (スミレサギ)発見と思ったが、よくみると初撮影種のTricolored Heron (サンショクサギ)!
やった~!
c0211532_12554759.jpg
■ Tricolored Heron (サンショクサギ) Egretta tricolor

車を駐車場にとめ、トレイルを歩いていく。
ちょっとした展望台があった。
c0211532_12584331.jpg

すごい眺め!!!
まさに湿地!
c0211532_12595173.jpg

これから橋を渡って奥へ行きたいが、橋が水没してる!
c0211532_1375564.jpg

長靴でも太刀打ちできそうにないほど水没しているので諦めることにした。
遠くに色々な鳥がいるので残念だ。
c0211532_1583321.jpg

頭の上を飛んでいったWhite Ibis (シロトキ)。
c0211532_1591525.jpg
■ White Ibis (シロトキ) Eudocimus albus

初めて見るRoyal Tern (アメリカオオアジサシ)。
c0211532_15103240.jpg
■ Royal Tern (アメリカオオアジサシ) Thalasseus maximus

同じく初撮影種Snowy Egret (ユキコサギ)。
c0211532_15473921.jpg
■ Snowy Egret (ユキコサギ) Egretta thula

雪のように真っ白だ。

Bolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)でもみたWillet (ハジロオオシギ)。
c0211532_1663635.jpg
■ Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata

餌を探すWhite Ibis (シロトキ)。
c0211532_1675521.jpg
■ White Ibis (シロトキ) Eudocimus albus

とてもカラフルな湿地。
c0211532_169353.jpg

ひとつひとつを見ると赤~黄色でかわいらしい。
c0211532_1693655.jpg

c0211532_1695818.jpg


最後はYellow-crowned Night Heron (ミノゴイ)。
c0211532_16102713.jpg
■ Yellow-crowned Night Heron (ミノゴイ) Nyctanassa violacea


ああ天気がよくて水も少なかったらどんなに楽しかっただろう!
ハリケーンが近づいているようなので、観察できただけラッキーかな。


>>Chika's Photos
>>Galveston Island State Park


<撮影種一覧> 11種
<昆虫類>
■ Salt Marsh Moth (ソルトマーシュモス) Estigmene acrea
<鳥類>
Brown Pelican (カッショクペリカン) Pelecanus occidentalis
Neotropic Cormorant (ナンベイヒメウ) Phalacrocorax brasilianus
Great Egret (ダイサギ) Ardea alba egretta
■ Snowy Egret (ユキコサギ) Egretta thula
Tricolored Heron (サンショクサギ) Egretta tricolor
Yellow-crowned Night Heron (ミノゴイ) Nyctanassa violacea
■ White Ibis (シロトキ) Eudocimus albus
Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata
■ Royal Tern (アメリカオオアジサシ) Thalasseus maximus
■ Scissor-tailed Flycatcher (エンビタイランチョウ) Tyrannus forficatus
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-18 21:20 | USA | Comments(9)

106 Bolivar Peninsula ~ペリカンだらけ~

今日はBolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)に行ってきた。

Houston(ヒューストン)からGalveston(ガルベストン)へ向かうため、Highway10(ハイウェイ10)を東へ行き、Trinity Bay(トリニティ湾)をかわしてから南へ下った。

奥に広がるのはAnahuac National Wildlife Refuge(アナワック国立野生動物保護区)。
c0211532_21175730.jpg

日本人のイメージだとTexas(テキサス)といえばカウボーイの国で砂漠というイメージだが、それはそのままArizona(アリゾナ)のことで、Texas(テキサス)はSwamp(沼地)の国。

このあたりは油田地帯のようで、あちこちに石油を採掘する機械がみられた。
数からして相当な資源量だ。
うらやましい・・・
c0211532_21134031.jpg

細長い半島のBolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)に着いた。
ハリケーンによる水害から間逃れるため、ペンションは全て高床式になっている。
c0211532_21163820.jpg

駐車場はどうするんだろう・・・

Rollover Bay(ロールオーバー湾)とGulf Of Mexico(メキシコ湾)を結ぶ運河に差し掛かったとき、たくさんの釣り人を発見したので車を停めた。
c0211532_2125308.jpg
c0211532_21253919.jpg

あれ?
なんだあのでかい鳥は?

おお!
Brown Pelican (カッショクペリカン)!
c0211532_21263942.jpg
■ Brown Pelican (カッショクペリカン) Pelecanus occidentalis

しかも多い。

野生のペリカンなんて初めて見たと3人で盛り上がるが、釣りをしている人は全く無関心のようだ。
むしろおかまいなしで、鳥めがけて仕掛けを投げているくらい。

手前で釣りをしているおばさんに何を釣っているのか尋ねた。
するとクーラーボックスを見せてくれた。
ふむふむ。
c0211532_2129536.jpg
■ Spotted Seatrout (スポッテドシートラウト) Cynoscion nebulosus

Spotted Seatrout (スポッテドシートラウト)という魚だ。
これが狙いのよう。
名前にトラウトと付くが、本当はニベ科の魚でトラウトでもなんでもない。
氷の下になっているのはGulf Kingfish (ガルフキングフィッシュ)という、これまたニベ科の魚だった。

おばさんにお礼を言い、Bolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)を西へ向かう。
今度はメキシコ湾側のビーチが気になった。
c0211532_101245100.jpg

初メキシコ湾!

「ウミガメを見つけたらただちに連絡すること」
c0211532_1014784.jpg

このあたりはウミガメも見られるようだ。

望遠レンズで海を覗いていると、何かの建造物が海上にあった。
c0211532_1016516.jpg

まっまさかあれが憎きBPの石油掘削施設!?
そうに違いない!
このやろう!
怒りがふつふつと湧き上がる。
2010年メキシコ湾原油流出事故

後で調べると事故を起こしたディープウォーター・ホライズンはルイジアナ州の沖合80Kmだから、全然違うものだったようだ。

幸いこの海岸へは石油がきていないようで、特に何も目立った被害は見られなかった。

砂浜で発見した初めて見る鳥Willet (ハジロオオシギ)。
c0211532_10222224.jpg
■ Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata

同じく初めて見るWestern Sandpiper (ヒメハマシギ)。
c0211532_18324785.jpg
■ Western Sandpiper (ヒメハマシギ) Calidris mauri

波打ち際をちょろちょろと歩き回り餌を探している姿がかわいらしい。

大きなタンカー。
c0211532_183633.jpg

ビーチを後にし、Bolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)先端へ向かう。
先端にはフェリー乗り場があった。
対岸のGalveston(ガルベストン)へ向かうフェリーだ。
c0211532_18393537.jpg

ここにもBrown Pelican (カッショクペリカン)がいっぱい。
c0211532_18405336.jpg
■ Brown Pelican (カッショクペリカン) Pelecanus occidentalis

対岸からフェリーがやってきた。
車を乗せることができる、一般的なフェリー。
これがなんと無料!
さすがは金を持っている国。気前がいいぜ。
c0211532_18414856.jpg

フェリーの周りにはLaughing Gull (ワライカモメ)がいっぱい。
c0211532_18442988.jpg
■ Laughing Gull (ワライカモメ) Leucophaeus atricilla

子供が投げたパンを見事キャッチしたLaughing Gull (ワライカモメ)。
c0211532_18451659.jpg
■ Laughing Gull (ワライカモメ) Leucophaeus atricilla

イルカまでいた!
c0211532_18571883.jpg
■ マイルカ科の1種 (Dolphin) Delphinidae sp.

ただの通り道になる予定だったのにしっかり楽しむことができた。

ありがとうBolivar Peninsula(ボリバーペニンシュラ)!
次はGalveston(ガルベストン)だ!


>>Chika's Photos


<撮影種一覧> 8種
<魚類>
■ Spotted Seatrout (スポッテドシートラウト) Cynoscion nebulosus
■ Gulf Kingfish (ガルフキングフィッシュ) Menticirrhus littoralis
<哺乳類>
■ マイルカ科の1種 (Dolphin) Delphinidae sp.
<鳥類>
Brown Pelican (カッショクペリカン) Pelecanus occidentalis
Neotropic Cormorant (ナンベイヒメウ) Phalacrocorax brasilianus
Western Sandpiper (ヒメハマシギ) Calidris mauri
Willet (ハジロオオシギ) Tringa semipalmata
Laughing Gull (ワライカモメ) Leucophaeus atricilla
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-18 21:10 | USA | Comments(4)