027 Humber Bay Shores Park ~ついに出会えた~

今日はHumber Bay Shores Park(ハンバーベイショアズパーク)に行ってきた。

久しぶりに仕事が休みになった。
しかも天候は快晴!
気温は2℃(普段は-10℃)!
これは撮影に行きなさいと言われているようなものだ。
先週日本からやってきたルームメイトを誘って2人で出かけた。

先月High Parkで得た情報によると、オンタリオ湖沿いが良いらしいので、昔地元のバーダーに教えてもらったHumber Bay Shores Parkを選んだ。
この公園はトロントの南西部にあり、オンタリオ湖に面している。

バス、地下鉄、ストリートカーを乗り継ぎ、2時間弱もかかって公園へたどり着いた。
まずはカナダ製雪だるまがお出迎えだ。
c0211532_11581691.jpg

さすがカナダ。
ちゃんとネクタイをしている。

湖を見ると遠くにびっしりとカモが浮いている。
スズガモ (Greater Scaup)だ。
c0211532_136238.jpg
■ スズガモ (Greater Scaup) Aythya marila

あまり多くないが、Bufflehead (ヒメハジロ)も泳いでいる。
c0211532_1375599.jpg
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola

写真は雄。
頭の盛り具合がすごい。

餌をもらえると思ったのか、近くへ寄ってきたコブハクチョウ (Mute Swan)。
c0211532_13124862.jpg
■ コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor

とても美しいが残念なことに移入種。

氷の上でマガモ (Mallard)がくつろいでいた。
いろいろな種類のカモがいたが、氷の上にいたのはマガモ (Mallard)だけ。
c0211532_1316415.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

餌付けされているマガモ (Mallard)。人の姿をみて集まってきた。
c0211532_1318334.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

先月のHigh Parkのことを考えると、ここは水鳥の楽園だ。
複雑な形をした半島なので、鳥が集まりやすいのだろう。
初めてこの公園に来たが、とてもいい公園だ。
もっと早く来ておくべきだった。
設置してある巣箱がおしゃれ。
c0211532_13235210.jpg

対岸に同業者の姿を発見。
ごついレンズを持っている。
c0211532_1325720.jpg

遠くのカモ類に集中していると、変な黒いものが浮かんでいるのが見えた。
c0211532_1326165.jpg

何だろうか。
最初はゴミだと思っていたが、明らかに泳いでいる。
ヌートリアにそっくりだ。
謎の生物が泳いで行く方へ走る。
もしかして、もしかして・・・
謎の生物がどんどんこちらの方へ泳いでくる。
c0211532_1328492.jpg
c0211532_13282314.jpg
■ North American Beaver (アメリカビーバー) Castor canadensis

しっぽが大きい!
ビーバーだ!
カナダへ来て8ヶ月、ずっと見たい見たいと思っていたビーバーをついに見ることができた。
興奮してこのすごさをルームメイトに説明したが、カナダって普通にビーバーがいるのか程度にしか思わなかっただろう。
なんて運のいい男だろうか。
ドキドキがおさまらないでいると、右の方からパタパタと大きいシルエット。
c0211532_13344984.jpg
■ Trumpeter Swan (ナキハクチョウ) Cygnus buccinator

これまたレア鳥のTrumpeter Swan (ナキハクチョウ)だ。
希少種なので、タグがつけてある。
どうなっているんだ今日は?

もう帰ってもいいくらいだが、公園を散策してみる。
ビーバーにかじられた木がいたるところにある。
c0211532_1337437.jpg

ビーバーの巣もある。
c0211532_13385419.jpg
マガモと比べるとその大きさが分かると思う。
マンションのすぐ前にビーバーの巣があるというのも面白い。

その後は水辺を歩いて、いろいろなカモの撮影を楽しんだ。
c0211532_144031.jpg
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera

ホシハジロにそっくりなRedhead (アメリカホシハジロ)。
上が雄で、下が雌。
c0211532_1444331.jpg
■ Redhead (アメリカホシハジロ) Aythya americana

c0211532_145325.jpg
■ Redhead (アメリカホシハジロ) Aythya americana

初撮影種だ。
これほど満足の行く撮影は初めてだ。
彼の運がよっぽどいいのだろう。

そして移動中、またすごいものを見てしまった。
ハトよりも小さな鳥がホバリングしている。
風が強いのに、全く流されない。
c0211532_14113953.jpg
■ American Kestrel (アメリカチョウゲンボウ) Falco sparverius

これまた激レア種のAmerican Kestrel (アメリカチョウゲンボウ)だ。
興奮し、我を忘れて走り寄る。
おじさんが息を切らせて走り寄ってくれば、野生動物でなくても気持ちが悪いだろう。
数回ホバリングの位置を変え、木に止まった。
c0211532_14152045.jpg
■ American Kestrel (アメリカチョウゲンボウ) Falco sparverius

また走り寄ってしつこく撮影したので、嫌がって遠くの方へ飛んで行ってしまった。

そして30分後、ウミアイサ (Red-breasted Merganser)をみつけて撮影していると、遠くからAmerican Kestrel (アメリカチョウゲンボウ)が飛んでくるのが見えた。
カメラを構えいつでも撮影できるよう、セッティングした。
だんだん寄ってくる。
すごいすごいと思っていたら、なんと自分の真上に飛んできてホバリングしている。
さっきの変な生き物は何者だろうと調べに来たのだ!
c0211532_14212531.jpg
■ American Kestrel (アメリカチョウゲンボウ) Falco sparverius

20秒ほどホバリングしたあと、今度はルームメイトの頭上に飛んで行きホバリング。
そして首をかしげて、木がある方へ帰っていった。
バードウォッチングを始めて1年と少し、今までで1番衝撃的で感動的な経験だった。
ルームメイトはかわいいですね~という普通のコメントをしていた。

天気が悪くなってきたのでここで終了。
また2時間近くかけて家に戻った。

彼の運が強いのか、久しぶりの休みだったので天からのご褒美か分からないが、信じられないくらいいい撮影になった。
冬季は湖沿いで間違いないようだ。

ありがとう休み!
ありがとうHumber Bay Shores Park!


<撮影種一覧> 14種
<哺乳類>
■ North American Beaver (アメリカビーバー) Castor canadensis
<鳥類>
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera
American Black Duck (アメリカガモ) Anas rubripes
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
■ Redhead (アメリカホシハジロ) Aythya americana
■ スズガモ (Greater Scaup) Aythya marila
コブハクチョウ (Mute Swan) Cygnus olor
Trumpeter Swan (ナキハクチョウ) Cygnus buccinator
Long-tailed Duck (コオリガモ) Clangula hyemalis
■ Common Goldeneye (ホオジロガモ) Bucephala clangula
■ Bufflehead (ヒメハジロ) Bucephala albeola
■ ウミアイサ (Red-breasted Merganser) Mergus serrator
American Kestrel (アメリカチョウゲンボウ) Falco sparverius
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
American Herring Gull (アメリカセグロカモメ) Larus argentatus smithsonianus

[PR]

by takuyamorihisa | 2010-01-14 21:47 | Canada | Comments(6)

026 Happy New Year! ~あけましておめでとうございます。~

謹賀新年 平成22年元旦
c0211532_9231687.jpg
*Toronto Zooで撮影したトラとTorontoの空を合成。

[PR]

by takuyamorihisa | 2010-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)