025 York University ~かろうじて~

今日はYork University(ヨーク大学)に行ってきた。

今日は近所の子が洗礼を受けるので、3時から教会へ行くことになった。
久しぶりの休み、しかし中途半端な時間。
こういうときはあそこしかない。と、York Universityの池へ向かった。

ここ2週間はずっと最高気温が-5℃程度だったが、昨日今日は2℃もあって雨が降っている。
もしかしたら池の氷が溶けて鳥がいるかもしれない。
あまり期待はせず池へ向かった。

ちょうど池行きのバスが通りかかったので乗りこむ。
さすがはバス、速い。時間がないときは助かる。
バスが池の脇を通ったときに、数羽のカモの姿を発見した。
よしよし。読みは正しかったぞ。
バスを降りて池へ向かう。

昨日の雨で雪はほとんど溶けている。
歩きやすい。

そして池へ着いた。
c0211532_937245.jpg

近づくにつれ、水面の様子が分かってくる。
光の反射具合がおかしい
全然動かない
断層がみえる

まだガチガチに凍っていた・・・
c0211532_953599.jpg

しかしカモがいるはずだ。
たしか池の中央あたりだったが・・・
注意して見ると池の中央に石が2つ。
誰かが投げ込んだものだろう。
どうやらこの石をカモに見間違えたようだ・・・
非常に紛らわしい。

今まで100%の確立で姿を見ることができたCanada Goose (カナダガン)も今日はいない。
High Park同様、完全に凍った池には来ないようだ・・・

池の周りの木を調べてみることにした。
チッチッチッチッ
モミの木の周りでBlack-capped Chickadee (アメリカコガラ)の鳴き声が聞こえる。
鳴き声は聞こえるが姿が見えない。
やはりHigh Parkの鳥は特別警戒心が少ないようだ。普通はこんなものだろう。

Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス)でさえも、撮影しようと近づいたら一目散に逃げられてしまった。

やばい。
今日はボウズだ・・・

撮影できないくらい上空をドバト (Rock Pegion)がいやらしく飛んでいく。
ぼぉっと空を見ていると、Ring-billed Gull (クロワカモメ)がパンをくわえて飛んできた。
しかも思いが通じたのか池の真ん中に降りてきてくれた。
c0211532_9411660.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

Ring-billed Gull (クロワカモメ)でこれほど嬉しくなるとは思わなかった。
ありがとう!
これで帰れる。

雪が強くなってきたので、ちょうどよいタイミングだった。
写真は大学経営のアパート。看板のBIRDは鳥とは関係なし。
c0211532_10362913.jpg

これからの時期は湖畔の公園に行くしかないのかもしれない。


<撮影種一覧> 1種
<鳥類>
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
[PR]

by takuyamorihisa | 2009-12-27 19:23 | Canada | Comments(0)

024 High Park ~水鳥はどこへ?~

今日はHigh Park(ハイパーク)に行ってきた。

今日は休み。しかも天気は快晴!
外へ出ないでいられるわけがない。
Tommy Thompson ParkとHigh Parkで迷ったが、簡単に行けるHigh Parkへ行くことにした。

昨日の気温は-10℃。
完全武装し外へ飛び出したが、思いのほか暖かくてびっくりした。
それでも気温は0℃しかない。
寒さへの耐性がついてきたようだ。

真っ白な雪、真っ青な空、そして雪の上にできる影は空の色を反射して青く写る。
どこをみても美しい。

バス、電車ともそれほど待たされることなく、1時間弱でHigh Parkに到着した。

自分の住んでいるNorrh Yorkは積雪20cmくらいだったが、こちらは5cmくらいしか積もっていない。
歩きやすくて助かる。まさに撮影日和だ。
c0211532_355447.jpg

c0211532_3552120.jpg

この厳しい気候の中、Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス)はいつもと変わらずエサを求め動き回っていた。
白い地面とのコントラストが本当に美しい。
このリスの美しさを再認識した。
c0211532_6284982.jpg
■ Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis

なぜこんなポーズになったのか分からないが、おもしろ写真をゲット。
リス忍者参上!
c0211532_492091.jpg
■ Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis

きれいだったので、Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス)をしつこく撮影。
上の2枚はメラニスティク(黒化変異)で、こちらが本来の体色。
黒化変異の方が明らかに多いが・・・
c0211532_4104447.jpg
■ Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis

c0211532_4111558.jpg
■ Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis

先月Black-capped Chickadee (アメリカコガラ)がたくさんいたポイントに向かう。
見回すが、鳥の姿はない・・・
しかししばらくすると、わざわざむこうからこちらへ飛んできてくれた。
誰かが餌付けでもしているのだろう。フレンドリーな鳥だ。
c0211532_4212266.jpg
■ Black-capped Chickadee (アメリカコガラ) Parus atricapillus

せっかく来てくれたが、あげるものがない・・・
昔High Park用に買ったピーナッツが引き出しにしまってあるままだ。
今度は持ってこよう。

この林のあとは、Zooへ行くのがいつものコース。
この寒さの中、動物たちはどうしているのか気になるところ。

まずはFallow Deer (ダマジカ)。
日向ぼっこをしている。とても気持ちよさそうだ。
c0211532_5201720.jpg
■ Fallow Deer (ダマジカ) Dama dama

ほとんどの動物がいつもどおりに展示されていて驚いた。
それどころか、いままでいなかったEmu (エミュー)が展示されている!
写真を撮ろうと近寄ったが、Emu (エミュー)自体がフェンスの前をくるくる回っているので撮影できなかった。
犬のうなり声のような低い鳴き声に驚いた。
Capybara (カピバラ)は寒さのため展示されていなかった。

Zooのあとは池。
さすがにいつもいるホットドッグの屋台はない。
小腹がすいていたのでショックだ。

そして池の姿をみてさらにショックをうけた。

ガチガチに凍っている。
この気温なら無理もないが、マガモすらいない状況だ。
c0211532_5291537.jpg
c0211532_5293269.jpg

公園西の大きな池、Grenadier Pondはどうだろう。
先月水鳥だらけだった場所だが・・・

案の定、池中央のわずかな範囲を除いて全部凍っていた。
c0211532_5394798.jpg

今はまだ危ないが、あと1ヶ月もすれば普通に池でスケートができるようになるだろう。
カナダにいるんだなと実感が湧いてくる。

さて、ひと通り公園を回ったので、いつもならこのまま帰るのだが、あまりにも成果が乏しいのでこのままでは帰れない。
しばらくふらふらすることにした。
いつも餌が置いてあるエリアで待ってみる。

おなじみHouse Sparrow (イエスズメ)、Black-capped Chickadee (アメリカコガラ)、Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ)の姿が見える。
茂みの奥にいて、なかなか表へでてきてくれない。

しかし1羽、2羽と茂みの奥からこちらの方へ飛んできた。
人の気配がするので振り返ると、ひとりのおっさんが餌を撒いていた。
いつもある餌はこの人が撒いているのか~!
と思ったら見たことある顔。
TOCのメンバー、スティーブさんだ!
「こんにちはスティーブさん!」
と声をかけ、自分が何者か説明する。
覚えてくれていたようだ。
スティーブさんによれば、この時期High Parkの池は凍りついてしまい、今いるような小鳥は見られるものの、水鳥は見られないとのこと。
オンタリオ湖沿いでたくさん水鳥がみられるから、そちらへ行くといいらしい。
最高のタイミングでいい情報をゲットできた。

このあとはスティーブさんの餌のおかげで楽に撮影ができた。
ありがとうスティーブさん!

Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) のオス。
c0211532_603610.jpg
■ Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis

メスは体色が灰色で地味。
c0211532_611845.jpg
■ Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis

チッチッ、ジージージーと餌にありつけて喜びの歌を披露するBlack-capped Chickadee (アメリカコガラ)。
名前のチッカディーは鳴き声由来。
c0211532_6195711.jpg
■ Black-capped Chickadee (アメリカコガラ) Parus atricapillus

高い木に群がっているEuropean Starling (ホシムクドリ)。
c0211532_6215059.jpg
■ European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris

池のほとりでみつけたHouse Sparrow (イエスズメ)。
この寒さの中でみるとたくましく見える。
c0211532_6234792.jpg
■ House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus

帰り道、池上流の水路でマガモ (Mallard)のペアを発見した。
日没後、さらに林の中なので暗い写真になってしまった。
いかにも寒そう。
c0211532_626795.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

珍しい種には出会えなかったものの、雪のおかげで生き物の美しさが際立っていたと思う。
今日も自然を満喫することができた。

ありがとうHigh Park!

今度は水鳥ねらいで湖畔の公園を攻めるぞ!


<撮影種一覧> 10種
<哺乳類>
Eastern Gray Squirrel (トウブハイイロリス) Sciurus carolinensis
□ Llama (リャマ) Lama glama
□ Fallow Deer (ダマジカ) Dama dama
<鳥類>
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
■ Downy Woodpecker (セジロコゲラ) Picoides pubescens
■ Black-capped Chickadee (アメリカコガラ) Parus atricapillus
European Starling (ホシムクドリ) Sturnus vulgaris
Northern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ) Cardinalis cardinalis
House Sparrow (イエスズメ) Passer domesticus
□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2009-12-12 22:36 | Canada | Comments(0)

023 Home ~またクモ現る~

今日はHome(家)で写真を撮った。

4日前天井にいるクモを撮影したばかりだが、また天井にクモが現れた。
同じクモだろうか。今回は巣を作っている。
c0211532_12464366.jpg
■ Cheiracanthium mildei (ケイラカンシウム・ミルデイ) Cheiracanthium mildei

ハシでつついてビンに落とし、捕獲に成功した。
前回と同じ属のクモなら、毒をもっている。
咬まれないように細心の注意を払いながら撮影。
c0211532_12501274.jpg
■ Cheiracanthium mildei (ケイラカンシウム・ミルデイ) Cheiracanthium mildei
c0211532_12502457.jpg
■ Cheiracanthium mildei (ケイラカンシウム・ミルデイ) Cheiracanthium mildei

撮影方法が違うのもあるが、前回のクモとちょっと雰囲気が違うような気がする。
調べてみると、腹部の十字架模様が特徴の毒グモ、Cheiracanthium mildei (ケイラカンシウム・ミルデイ)だった。

日本に毒グモなんていないから、天井にいる小さなクモが毒グモだったことにびっくりだ。
しかし毒グモといっても、こんな小さなクモを手で捕まえて咬まれる人はいないだろうから、ムカデの方がよっぽど怖い。
咬まれるとどうなるかちょっと興味があるが、大の大人なのでやめておいた。

かわいそうだが今回は強制退去の措置をとらせてもらった。


<撮影種一覧> 1種
<クモ類>
■ Cheiracanthium mildei (ケイラカンシウム・ミルデイ) Cheiracanthium mildei
[PR]

by takuyamorihisa | 2009-12-10 23:38 | Canada | Comments(0)

022 York University ~真っ白~

今日はYork University(ヨーク大学)に行ってきた。

今日は久々の平日休み。
しかし外は真っ白。おまけに風がすごく、気温は-4℃、体感温度-11℃という悪条件。
High Parkまで行く気合がなかったので、先月同様York University (ヨーク大学)の池へ行くことにした。

タイツ、マフラー、手袋、ダウンジャケットで完全武装し池へ向かう。
おかげで体は全く寒くないのだが、露出した部分が冷える。
風がすごく強いので、皮膚表面から水分と体温がどんどん奪われていくのが分かる。
道がガリガリに凍っているから歩くのにも神経を使う。
カメラを持っているからころぶわけには行かない。

ペンギンのように歩くこと10分、無事池に到着した。

ちょっとした堤を登って見えてきた池を見てびっくり。
凍っている!
c0211532_723403.jpg

そしておなじみのCanada Goose (カナダガン)。
寒くないのだろうか・・・
c0211532_723127.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

他の種類はいないかと見回す。
しかしこれまたおなじみのRing-billed Gull (クロワカモメ)が数匹いるだけだった・・・
c0211532_7281038.jpg
■ Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis

しかし今日のCanada Goose (カナダガン)の数はものすごい。
どこからともなく次々この池へやってくる。
c0211532_7392761.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

人間でいうと最近人気のカフェなのだろうか。

風が強いので、着地が大変そうだ。
ランディング前の間抜けな姿勢。
c0211532_737349.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

いつも見るCanada Goose (カナダガン)に比べ、首が短いので、もしかしたら別亜種かも!
と思って興奮したが、よく考えたら寒いので首をひっこめているだけだった。
c0211532_7475498.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

観察していて思ったが、一羽が羽をパタパタとやると、つられて他の鳥もパタパタする法則があるようだ。
あくびと同じように。
c0211532_7505919.jpg
■ Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis

30分ほど彼らの撮影をし、さすがに指が痛くなって来たので移動することにした。
c0211532_7523126.jpg

続いて大学西側の林に向かう。
ひょっとしたら小鳥か、運がよければ哺乳類に出会えるかもしれない。
春は雑草が茂って行きづらかったこの林も、冬は何もないので簡単に入っていける。
c0211532_757163.jpg

奥へ奥へと進んでいく。
道がないので足あとが命綱だ。
時おり風に飛ばされた落ち葉が虫に見えて驚くが、それ以外に動くものが全く見当たらない。
倒木の穴などいろいろ調べたが、生き物の気配が全くなかった。

帰り道、吹きさらしの場所を5分くらい歩いたが、まさに体感温度-11℃だった。
顔が痛すぎる・・・
c0211532_823322.jpg

日本の冬でも寒いと文句を言っているくらいなのに、これからの撮影はどうなるのだろうか・・・
この冬を乗り越えれば日本の冬なんてなんともなくなるだろう。


<撮影種一覧> 2種
<鳥類>
Canada Goose (カナダガン) Branta canadensis
Ring-billed Gull (クロワカモメ) Larus delawarensis
[PR]

by takuyamorihisa | 2009-12-10 22:58 | Canada | Comments(0)

021 Home ~天井にクモ~

今日はHome(家)で写真を撮った。

先週末に続き、今週末も撮影にでかけられずストレスがたまっている。
そんな姿を見て哀れに思ったのか、家の中にクモが現れた。
仕事帰りに買ったBBQポークをむさぼっているときだった。
急いでカメラをとってきて天井にむけた。

日本にいるアシダカグモのようなクモだ。
恐らく害虫を食べてくれる益虫なのだろう。
c0211532_9391789.jpg
■ Cheiracanthium属の1種 (Longlegged Sac Spider) Cheiracanthium sp.
c0211532_935496.jpg
■ Cheiracanthium属の1種 (Longlegged Sac Spider) Cheiracanthium sp.

と思いきや調べてみると毒グモであった。
うっかりつかまなくてよかった・・・

この寒さで外に出したら死んでしまうので、そっとしておいたが、毒グモなら外に出すべきだった。
時すでに遅し。


<撮影種一覧> 1種
<クモ類>
■ Cheiracanthium属の1種 (Longlegged Sac Spider) Cheiracanthium sp.
[PR]

by takuyamorihisa | 2009-12-06 22:40 | Canada | Comments(0)