カテゴリ:お知らせ( 19 )

558 Happy New Year! ~あけましておめでとうございます~

謹賀新年 平成28年元旦

c0211532_18310015.jpg

*セドナ国立公園で撮影




[PR]

by takuyamorihisa | 2017-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)

485 Happy New Year! ~あけましておめでとうございます。~

謹賀新年 平成28年元旦

c0211532_19113493.jpg
*ヘラブルン動物園で撮影

[PR]

by takuyamorihisa | 2016-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)

435 Happy New Year! ~あけましておめでとうございます。~

謹賀新年 平成27年元旦

c0211532_17204010.jpg
*バンフ国立公園で撮影。

[PR]

by takuyamorihisa | 2015-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)

380 Happy New Year! ~あけましておめでとうございます。~

謹賀新年 平成26年元旦

c0211532_0332620.jpg
*スミソニアン動物園で撮影。

[PR]

by takuyamorihisa | 2014-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)

354 干潟の絶滅危惧動物図鑑 ~干潟のバイブル~

今日「干潟の絶滅危惧動物図鑑」が届いた。

編集は日本ベントス学会、出版社は東海大出版社ということで、前々から欲しいと思っていた一冊。

c0211532_2393125.jpg
干潟の絶滅危惧動物図鑑(日本ベントス学会編)

本書は海岸ベントスのレッドデータブックという位置づけとなっており、干潟に生息する絶滅が心配される貝類~甲殻類651種が掲載されている。
最新の図鑑だけあって、写真がとても綺麗。
もっともっと腕を磨かなきゃなぁと思い知らされる。

本書をパラパラとめくっていると、干潟にはこれほど沢山の種類の生き物が生息しているんだなぁと感動せずにはいられない。

多分、年内にどこかの干潟に行って泥を掘っているだろうなぁ・・・
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-08-31 21:10 | お知らせ | Comments(0)

353 日本近海産貝類図鑑 ~最高の貝類図鑑~

今日「日本近海産貝類図鑑」が届いた。

この「日本近海産貝類図鑑」は日本の近海に生息しているヒザラガイの仲間、巻貝の仲間、二枚貝の仲間、ウミウシの仲間、頭足類などをなんと5000種も収録している世界でも最高の貝類図鑑。
何年も前からず~っと欲しかったあこがれの本なのだが、価格は39,900円と、本としてはものすごく高額なため、これまで本気で欲しいと思うことはなかった。

しかし最近、貝類の写真を撮影する機会が多くなり、徐々に欲しい気持ちが高まった結果、ついに我慢できないという領域まで達してしまった。
c0211532_22434829.jpg
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司 編著)

誰もまさか本が入っているだろうとは思わないような重たいダンボールの中に入っていた箱入りの大きな本。
昔、宍道湖・中海の生態系調査をしていたころにはよくお世話になっていた本なので、初めての感動はなかったが、ついにこの本のオーナーになれたという何とも言えない充実感に満たされた。

本書は約5000種の貝の貝殻の写真と解説から構成される。
写真は美しく、同定の助けになるよう生態写真も掲載されている種もある。
図鑑なので分布域もしっかりと掲載されていて、貝類の同定に本当心強い味方だ。

これから貝類もどんどん写真を撮っていこう!!!
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-08-31 21:00 | お知らせ | Comments(0)

314 日本産魚類検索 第三版 ~最高の魚類図鑑~

今日「日本産魚類検索 第三版」が届いた。

日本の魚類分類学の頂点に立つ研究者たちが総力を結集して制作した最高の魚類図鑑。
日本に生息する全ての魚4213種が掲載されている。
第二版から13年ぶりにリニューアルされ、約350種が増えたようだ。

c0211532_1952553.jpg
日本産魚類検索 第三版(中坊徹次編)


普通図鑑はカラーの写真や絵が並ぶが、本書は全てモノクロのイラスト。
特徴が分かるように簡素に書かれている。
この図鑑の画期的なところは「目の前にいる魚の名前が必ず分かる」ように作られていること。

背びれの筋が15本ならAに進む、尾びれの形が丸ければBへ進むというように魚の部分部分の特徴で少しずつ種を絞っていき、最終的には必ず種が分かる仕組み。

前に宍道湖・中海の生態系調査をしていたころは会社にあったので、見たことのない魚が出たときは必ず本書をめくっていた。
そして必ず種が分かるというすごい本だった。

魚好きなら誰もが欲しがる素晴らしい図鑑だが、制作コストが非常に高いためか、お値段36,750円。桁がひとつ違う。
しかし、よく考えてみると生き物を確実に同定(種類を判断すること)するには論文を片っ端から調べて、スキルを磨いた上で初めて出来るようになる。
それが36,750円で研究者と同じレベルのスキルを得ることができるのだ。安いと言えば安い!

これを手にした今、これまで以上の何かをこなさなければ宝の持ち腐れになってしまう。

がんばろっ!!!
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-03-14 21:00 | お知らせ | Comments(0)

297 Happy New Year! ~あけましておめでとうございます。~

謹賀新年 平成25年元旦

c0211532_18121825.jpg
*島根県松江市八雲町で撮影。

[PR]

by takuyamorihisa | 2013-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)

221 Kowa TSN774 + Canon Powershot S100 ~ついにこのときが・・・~

今日はKowa TSN774 + Canon Powershot S100を買った。

ここ数ヶ月、デジスコが欲しいという欲求と闘い続けていたのだが、ついに我慢ができなくなってしまった。
デジスコとは超望遠のスコープにデジカメをセットしたシステムのことで、なかなか近寄れない鳥などの撮影にはとても適している。

インターネットで調べて、予算から一番いいと思われる組み合わせを購入した。
megさん、ありがとうございました!)
c0211532_2140819.jpg
Kowa TSN774 + Canon Powershot S100

さっそくどれくらいの望遠なのか試してみる。

まずはPowershot G12のワイド側で撮影した風景。
*焦点距離は28mm相当。
c0211532_21441098.jpg
Canon Powershot G12 焦点距離28mm

Powershot G12のズーム側で撮影した風景。
*焦点距離は140mm相当。
c0211532_21475286.jpg
Canon Powershot G12 焦点距離140mm

EOS40D + EF70-300mm F4-5.6 IS USMの300mmズームで撮影した風景。
c0211532_21505638.jpg
Canon EOS40D + EF70-300mm F4-5.6 IS USM 焦点距離300mm

そして今回購入したKowa TSN774 + Canon Powershot S100で撮影した風景。
*焦点距離は2077mm相当。
c0211532_21515591.jpg
Kowa TSN774 + Canon Powershot S100 焦点距離2077mm

おおお!

なんという倍率!!!
想像以上だ。

これでいい写真が撮れないのを機材のせいにできなくなった。
ウシシ・・・
[PR]

by takuyamorihisa | 2012-02-26 21:00 | お知らせ | Comments(2)

212 Happy New Year! ~あけましておめでとうございます。~

謹賀新年 平成24年元旦

c0211532_183252100.jpg
*Texas(テキサス)州 Texas State Aquarium(テキサス州立水族館)で撮影。

[PR]

by takuyamorihisa | 2012-01-01 00:00 | お知らせ | Comments(4)