416 ウトナイ湖 ~北海道のバードサンクチュアリ~

今日はウトナイ湖(Lake Utonai)に行ってきた。

今日は北海道旅行最終日。
移動メインなので時間が少ししかないが、最後の悪あがきで親父と二人でリクエストした、バードサンクチュアリ(野生の聖域)のウトナイ湖(Lake Utonai)へと足を運んだ。

見たこともない珍しい水鳥がウヨウヨ・・・
を想像していたが、意外にも水面は静かだった・・・

c0211532_116445.jpg

湖のどの場所へ行くか、いつの時期がいいか、それを調べてから行かないと空振りすることもある。

モデルがおらず、しょんぼりしていたが、ブッシュで一羽の小鳥の姿を見つける事ができた。
ノビタキ (African Stonechat)のメスだ!

c0211532_11838100.jpg
■ ノビタキ (African Stonechat) Saxicola torquata

初撮影種ではなかったが、野鳥の姿を見る事ができてよかった。

3日間、家族と北海道を満喫することが出来て最高だった!


<撮影種一覧> 1種
<鳥類>
ノビタキ (African Stonechat) Saxicola torquata
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-07-07 21:00 | 北海道 | Comments(0)

415 旭岳 ~北海道最高峰の山~

今日は旭岳(Mount Asahi)に行ってきた。

北海道旅行2日目。青い池の次は北海道最高峰の旭岳(Mount Asahi)だ。
小さな甥っ子たちが一緒だったのだが、ここは標高1,600mのところまでロープウェイで行くことが出来て、手軽に高山植物を観察することが出来る山なのだ。

想像以上のスピードでグイグイ登ってゆくロープウェイ。

c0211532_18173722.jpg

ロープウェイの途中までは木が茂っていたのに、よく考えたら周りに木がない!
森林限界といって、ある標高以上になると環境が悪くて森が出来ないという境界線よりも高い場所に来たようだ。
視界が良くて気持ちがいい。

さすがは北海道!7月なのにまだ雪が残っている。

c0211532_1821899.jpg


c0211532_1822264.jpg


c0211532_1822404.jpg

標高1600mだけあって遠くまで見渡せる。

c0211532_2195817.jpg


最初に撮影した野鳥はカヤクグリ (Japanese Accentor)。
初撮影種だ!

c0211532_2154955.jpg
■ カヤクグリ (Japanese Accentor) Prunella rubida

喉が赤い美しい鳥、ノゴマ (Siberian Rubythroat)もみることができた!
本州では滅多にみられない鳥だからとても嬉しい!!!

c0211532_2175991.jpg
■ ノゴマ (Siberian Rubythroat) Luscinia calliope

緯度が高く気温の低い北海道。ここでは標高1600mでも本州の標高3000mあたりでみられる高山植物までみることが出来るらしい。

ピンク色がとってもきれいなエゾノツガザクラ (Blue Mountainheath)。

c0211532_211293.jpg
■ エゾノツガザクラ (Blue Mountainheath) Phyllodoce caerulea


c0211532_21125560.jpg
■ エゾノツガザクラ (Blue Mountainheath) Phyllodoce caerulea

名前がおもしろいチングルマ (Aleutian Avens)。

c0211532_21131631.jpg
■ チングルマ (Aleutian Avens) Geum pentapetalum

白い花が美しいイソツツジ (Marsh Labrador Tea)。

c0211532_2114613.jpg
■ イソツツジ (Marsh Labrador Tea) Rhododendron tomentosum

紫がかったピンクの花がいっぱい咲いている。
エゾコザクラ (Pixie-Eye Primrose)の花畑だ。

c0211532_21154774.jpg
■ エゾコザクラ (Pixie-Eye Primrose) Primula cuneifolia


c0211532_2117294.jpg
■ エゾコザクラ (Pixie-Eye Primrose) Primula cuneifolia


c0211532_21175113.jpg
■ エゾコザクラ (Pixie-Eye Primrose) Primula cuneifolia

毒を持つ植物として有名なユリ科のバイケイソウ (False Helleborine)。

c0211532_2118963.jpg
■ バイケイソウ (False Helleborine) Veratrum album oxysepalum

湿った場所がお好きなようだ。

c0211532_21191478.jpg
■ バイケイソウ (False Helleborine) Veratrum album oxysepalum

地面からもくもくと噴煙があがっている場所がいくつかある。
この旭岳はまだ活動中の活火山。噴出しているのは火山性ガスだ。

c0211532_2131326.jpg

気になるので近づいてみた。
噴出孔の周りに黄色いものがみえる。
火山性ガスから産出した硫黄 (Sulphur)だ!!!
ものすごい量!

c0211532_21355141.jpg
■ 硫黄 (Sulphur)

1時間半のちょうどよい量のハイキングを楽しみ旭岳(Mount Asahi)を後にした。

楽しかったなぁ~!


<撮影種一覧> 9種

<植物>

■ エゾノツガザクラ (Blue Mountainheath) Phyllodoce caerulea
■ キバナシャクナゲ (Yellow-Flowered Rhododendron) Rhododendron aureum
■ イソツツジ (Marsh Labrador Tea) Rhododendron tomentosum
■ エゾコザクラ (Pixie-Eye Primrose) Primula cuneifolia
■ ミヤマリンドウ (Miyama Rindou) Gentiana nipponica
■ チングルマ (Aleutian Avens) Geum pentapetalum
■ バイケイソウ (False Helleborine) Veratrum album oxysepalum
<鳥類>

ノゴマ (Siberian Rubythroat) Luscinia calliope
■ カヤクグリ (Japanese Accentor) Prunella rubida
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-07-06 21:10 | 北海道 | Comments(0)

414 青い池 ~コロイドが作る美しい青色~

今日は青い池(Aoi Ike)に行ってきた。

北海道旅行2日目。この日はまず北海道上川郡美瑛町にある青い池へと向かった。
元々ただの池なのだが、水の色が青く美しい事が口コミで広がり、観光スポットとなった場所だ。

特に何もビジネスの要素が入っていないにも関わらず、駐車場の整備、警備員が配置されているほどのおもてなし。
車を停めて、トレイルを少し歩くと目の前に素晴らしい景色が広がっていた。

c0211532_110620.jpg


c0211532_1101688.jpg


c0211532_1102921.jpg

水が本当に青い!!!

Wikipediaによると川に堰堤を造ったところ水が溜り、池となり、水中に含まれるコロイドが光を散乱させて青い水のように見えるようになったらしい。
偶然できた人口的な池なのだ。

この青い水の原理はカナダのロッキーマウンテンにある湖のものと同じ。
Lake Luise
Moraine Lake
Peyto Lake

少しカナダが恋しくなってきた。

せっかく来たのだからと、生き物も忘れずに撮影。
北海道固有種のサッポロフキバッタ (Sapporo Huki Batta)。

c0211532_1124848.jpg
■ サッポロフキバッタ (Sapporo Huki Batta) Podisma sapporensis

種類が分からないバッタ。
ちょっと赤っぽくて特徴的なのだが・・・

c0211532_1132894.jpg
■ バッタ目の1種 (Grasshopper) Orthoptera sp.

こちらは何の仲間かすら不明。
幼少の頃、虫博士と呼ばれていた頃はすぐに名前が出てきたのだろうが悲しい・・・

c0211532_1184684.jpg
■ 外顎綱の1種 (Insect) Insecta sp.

天気もいいし、気温も快適。

北海道最高!


<撮影種一覧> 3種
<昆虫類>
■ サッポロフキバッタ (Sapporo Huki Batta) Podisma sapporensis
■ バッタ目の1種 (Grasshopper) Orthoptera sp.
■ 外顎綱の1種 (Insect) Insecta sp.
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-07-06 21:00 | 北海道 | Comments(0)

413 旭山動物園 ~家族で動物園~

今日は旭山動物園(Asahiyama Zoo)に行ってきた。

今日から両親・弟家族との家族旅行だ。
行先はこの季節最高の北海道。

最初の目的地は旭川にある旭山動物園(Asahiyama Zoo)。
この動物園は何かとテレビで目にする機会も多いので一度行ってみたかった動物園だ。
広大な風景にさすが北海道と歓声があがる。
日本だとなかなかこれほど解放感のある景色は少ない。

c0211532_22452147.jpg

動物園定番のサル山。
赤ちゃんを抱っこしたニホンザル (Japanese Macaque)を撮影した。
どの動物園でもみられると思うが、この猿は実は日本の固有種。日本にしか生息していないのだ。
海外では温泉に入るサルとして知られている。

c0211532_22472452.jpg
□ ニホンザル (Japanese Macaque) Macaca fuscata

目線が同じになるように展示されているReticulated giraffe (アミメキリン)。

c0211532_2250343.jpg
□ Reticulated giraffe (アミメキリン) Giraffa camelopardalis reticulata

この動物園の目玉のひとつ、頭上を移動するBornean Orangutan (ボルネオオランウータン)のための施設。この日は残念ながらここに出てくるのを見ることができなかった。

c0211532_2251396.jpg

この動物園に来たのならば、この動物もよく見ておかなければならない。
Polar Bear (ホッキョクグマ)だ。
暑くてイライラしている様子。

c0211532_22541862.jpg
□ Polar Bear (ホッキョクグマ) Ursus maritimus


c0211532_2304774.jpg
□ Polar Bear (ホッキョクグマ) Ursus maritimus


c0211532_2342168.jpg
□ Polar Bear (ホッキョクグマ) Ursus maritimus

北極の動物の次は南極の動物King Penguin (オウサマペンギン)。

c0211532_2344467.jpg
□ King Penguin (オウサマペンギン) Aptenodytes patagonicus

泳いでいる姿を撮影したが、眼がかなり怖い。
頭部はまるでプラスチックかゴムで出来ているような質感だが、羽毛で覆われている。

c0211532_2374381.jpg
□ King Penguin (オウサマペンギン) Aptenodytes patagonicus

続いて爬虫類・両生類コーナー。
アズマヒキガエル (Azuma Hikigaeru)。

c0211532_2394161.jpg
□ アズマヒキガエル (Azuma Hikigaeru) Bufo japonicus formosus

ニホンマムシ (Mamushi) 。

c0211532_231129100.jpg
□ ニホンマムシ (Mamushi) Gloydius blomhoffii

シマヘビ (Japanese Striped Snake) の黒化個体。カラスヘビと呼ばれる。

c0211532_2319749.jpg
□ シマヘビ (Japanese Striped Snake) Elaphe quadrivirgata

エゾサンショウウオ (Ezo Salamander) 。

c0211532_23271291.jpg
□ エゾサンショウウオ (Ezo Salamander) Hynobius retardatus

Giant African Millipede (アフリカオオヤスデ) 。

c0211532_23275224.jpg
□ Giant African Millipede (アフリカオオヤスデ) Archispirostreptus gigas

大好きな魚類コーナーもあった。
ものすごい形相のオオカミウオ (Bering Wolffish)。

c0211532_23291464.jpg
□ オオカミウオ (Bering Wolffish) Anarhichas orientalis

美味しそうなシマゾイ (Shimazoi)。

c0211532_23324211.jpg
□ シマゾイ (Shimazoi) Sebastes trivittatus

人気者のフウセンウオ (Fusen Uo)。

c0211532_23332783.jpg
□ フウセンウオ (Fusen Uo) Eumicrotremus pacificus

ずっと行ってみたいと思っていた旭山動物園(Asahiyama Zoo)、ついに行くことができて大満足!


<撮影種一覧> 14種
<節足動物>
□ Giant African Millipede (アフリカオオヤスデ) Archispirostreptus gigas
<魚類>
□ シマゾイ (Shimazoi) Sebastes trivittatus
□ フウセンウオ (Fusen Uo) Eumicrotremus pacificus
□ オオカミウオ (Bering Wolffish) Anarhichas orientalis
□ フサギンポ (Fringed Blenny) Chirolophis japonicus
<両生類>
アズマヒキガエル (Azuma Hikigaeru) Bufo japonicus formosus
□ エゾアカガエル (Ezo Brown Frog) Rana pirica
□ エゾサンショウウオ (Ezo Salamander) Hynobius retardatus
<爬虫類>
シマヘビ (Japanese Striped Snake) Elaphe quadrivirgata
ニホンマムシ (Mamushi) Gloydius blomhoffii
<哺乳類>
ニホンザル (Japanese Macaque) Macaca fuscata
□ Reticulated giraffe (アミメキリン) Giraffa camelopardalis reticulata
□ Polar Bear (ホッキョクグマ) Ursus maritimus
<鳥類>
□ King Penguin (オウサマペンギン) Aptenodytes patagonicus

□・・・飼育個体
[PR]

by takuyamorihisa | 2014-07-05 21:00 | 北海道 | Comments(0)