カテゴリ:取り寄せ・市場購入( 67 )

603 島根県産 ~マイカのパスタ~

今日は家で写真を撮った。

今日スーパーで購入した海産物はマイカ。
サイズが小さいためか、とても安かったので購入した。

c0211532_21525373.jpg
■ ケンサキイカ (Swordtip Squid) Uroteuthis edulis

このマイカというは地方名で、標準和名はケンサキイカ。
山陰地方で白イカと呼ばれる高級イカと同じ種になる。

それがなぜマイカと呼ばれるのだろうか。
このスーパーでは白イカは白イカとして販売されているので謎が深まる・・・

ケンサキイカには3つの型が知られており、メヒカリイカ型、ゴトウイカ型、ブドウイカ型と呼ばれる。
形態も異なっていて、成体は外見でどの型か見分ける事ができる。
山陰地方に生息するケンサキイカの型については、一度授業で習った事があるのだが、残念なことに忘れてしまった。もったいない・・・

恐らく白イカとマイカは別の型になるのだろう。このあたりはもう少し勉強をしないと。

このイカは熱を通しても硬くならないのが魅力。
オリーブオイルとニンニク、そして白ネギとケンサキイカを入れたパスタを作った。

c0211532_21525343.jpg
■ ケンサキイカ (Swordtip Squid) Uroteuthis edulis


う~ん、美味いっ!
余ったイカは冷凍しておいた。

イカは冷凍しても味が落ちないのが魅力。


<撮影種一覧> 1種
<頭足類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-07-01 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

602 島根県産 ~クロウシノシタを食らう~

今日は家で写真を撮った。

近くのスーパーでヨメが舌びらめを買ってきたそうだ。
舌びらめというのは、まるで舌のような姿をしているカレイの仲間。

この仲間はなかなか釣りではお目にかかれないので、まだいい写真を撮っていない。
どの種類だろうかとワクワクしながら冷蔵庫を開けた。

c0211532_20371962.jpg
■ クロウシノシタ (Black Cow-tongue) Paraplagusia japonica


デカい!安い!これはお買い得!
定置網にたまたま入ったのだろうか、魚体がやたら綺麗で十分撮影に耐えうる状態だ。

c0211532_20371994.jpg
■ クロウシノシタ (Black Cow-tongue) Paraplagusia japonica


本種はウシノシタ科に属している。これは「牛の舌」の事。
ナイスネーミングだ!「これ牛の舌じゃん」と初めて言った人は、きっと遊び心がある人だったに違いない。

という訳で牛の舌っぽく撮影してみた。

c0211532_20372091.jpg
■ クロウシノシタ (Black Cow-tongue) Paraplagusia japonica


クロウシノシタの顔。
なんと間抜けな顔だろう。


c0211532_20371920.jpg
■ クロウシノシタ (Black Cow-tongue) Paraplagusia japonica


イシガレイ (Stone flounder)やマコガレイ (Marbled Sole)などカレイの仲間は有眼側に口がついているが、本種の口は無眼側にまでつながっている。

c0211532_20371970.jpg
■ クロウシノシタ (Black Cow-tongue) Paraplagusia japonica


背鰭、臀鰭、尾鰭の無眼側は黒くなっているのが本種の特徴。

c0211532_20372060.jpg
■ クロウシノシタ (Black Cow-tongue) Paraplagusia japonica


鱗を落としてムニエルにしてみた。
これがまた美味い!!!


c0211532_20372085.jpg
■ クロウシノシタ (Black Cow-tongue) Paraplagusia japonica


こんなに美味しい魚が398円だなんて!

写真も撮れたし、今日は最高!!!


<撮影種一覧> 1種
<魚類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-06-30 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

600 島根県産 ~カミナリイカのカラストンビ~

今日は家で写真を撮った。

夕飯は何にしようかと近くのスーパーへ行くと、大きなカミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) が破格で販売されていた。
670gで399円。安い!
カミナリイカは体表にキスマークのような斑紋があるので、コウイカ (Golden Cuttlefish)と簡単に区別ができる。

c0211532_01042864.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas

捌いていて面白いと思ったので写真撮影。

カミナリイカの眼の水晶体だ。
イカやタコの仲間はレンズ眼というタイプの眼を持っている。
これは我々脊椎動物の眼とほとんど同じ構造。
水晶体がレンズとなり、網膜に像を結びはっきりとピントを合わせてものを見る事ができる。

c0211532_01042996.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas

口には顎板(がくばん)という硬いクチバシのようなものが1対ある。
これは俗にカラストンビと呼ばれる。

写真右がカラスの形、左がトンビの形。
そういわれて見ると、とても上手く言い当てていると感動した!

c0211532_01042853.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas

カミナリイカはやっぱり刺身で食べたい。
ちょっと厚めに作ってみた。
美味いっ!
ねっとりとした食感がたまらない。
山陰地方でよく使われる、甘露醤油との相性がとてもいい!

c0211532_01042915.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas


ゲソやエンペラなど、刺身にしなかった部位はバター醤油炒めで。
これまた絶品。

c0211532_01042814.jpg
■ カミナリイカ (Kisslip Cuttlefish) Sepia lycidas

399円でこれだけ楽しませてもらって、とてもハッピーな気持ちになった。


<撮影種一覧> 1種
<頭足類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-06-24 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(5)

593 広州市 ~絶品の貝~

今日は広州市で食事をした。

香港からまた再び国境を越えて広東省へ。
仕事場からすぐ近くの安くて美味しいレストランで昼食をとる。

ここの味付けは本当に美味しくて、日本人の舌にもぴったりだと思う。
広東料理は本当に好きだ。

昨晩ここで食べた貝の炒めものが美味しすぎて、またリクエストしてみた。

c0211532_16212013.jpg
■ イヨスダレ (Undulate Venus) Paphia undulata


横に長い貝殻で、殻の表面には三角形の模様が入っている。
水管が長いのも特徴的。殻が黒くなっているところを見ると、泥の中にいたのだろう。

この貝はイヨスダレ (Undulate Venus)という貝で、東南アジアではとてもポピュラーな貝。
足が太く、食感がとてもいい。味も旨みがぎっしりで最高。
広東料理のように力強い味付けで、強力な火力でさっと炒めるような料理には非常に相性がいいと思う。
アサリ (Japanese Littleneck)も大好きな貝だが、どっちが好きかと聞かれるとコチラの方が好きだと答える。
いくらでも食べられる。

ボスをはじめ仕事仲間がみんな笑っていた。ひもじい子供のようにむさぼりついていたらしい・・・

レストランの入口にあった貝を撮影しておいた。
この貝は生命力が強くて、生かしたまま置いておけるため、レストラン側も取り扱いやすい食材のようだ。

c0211532_16212528.jpg
■ イヨスダレ (Undulate Venus) Paphia undulata


ああ、また食べたいなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<貝類>
■ イヨスダレ (Undulate Venus) Paphia undulata



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-06-11 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

592 Tai Kok Tsui ~お楽しみの南国フルーツ~

今日はTai Kok Tsui (大角咀)に行ってきた。

広東省での仕事を終え、香港へ戻ってきた。
お腹が減っているのか減っていないのか、よく分からない状態なので、とりあえずフルーツで身体をデトックス。
香港へ来ると南国のフルーツが安く買えるので毎回楽しみにしている。

今日買ったのはLychee (レイシ)ことライチと、Rambutan (ランブータン)。
Rambutan (ランブータン)は日本ではそれほどメジャーではないフルーツだろう。
果実がヒゲに覆われていてとても特徴的。

c0211532_15391768.jpg
□ Rambutan (ランブータン) Nephelium lappaceum


果皮を向くと、白くてしっかりとした果肉が入っている。

c0211532_15391750.jpg
□ Rambutan (ランブータン) Nephelium lappaceum


ライチに比べると、大人しいスッキリとした味で、いくらでも食べられそう。
残念なのが、種の周りに皮があって、その皮がどうしても果肉にひっついてくること。
それが硬くて、かなり食感が悪くなる・・・

これが回避できると言う事ないんだけどなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<植物>
□ Rambutan (ランブータン) Nephelium lappaceum

□・・・栽培



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-06-09 21:10 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

590 Haifeng ~トゲノコギリガザミを食らう~

c0211532_22482619.jpg

今日はHaifeng(海豊県)で食事をした。

出張で広東省に来ている。
午前中は香港からこちらへ来るときに、高速道路のトンネル内でタイヤがバーストしてしまうという、九死に一生を得るようなトラブルに見舞われた。いや一死に九生くらいかな。それでも自分の人生で10本の指に入る冷や汗事件だった。

そんなトラブルを経て、無事今日の仕事も終わり、チームみんなでディナー。
初めてのレストランだが、とっても美味しいこの地方の料理を味わえて最高。
広東料理は日本人には食べやすいというか、ドンピシャな味付けだ。

恐らくシジミの醤油漬け。食べると半生で、チーズのような食感。
貝にあたると怖いという先入観から、思いっきり楽しめない。恐らく食べ慣れると病み付きになると思う。

c0211532_22482596.jpg
■ シジミ属の1種 (Corbicula) Corbicula sp.

そして一番美味しかったのがこちら。
トゲノコギリガザミの蒸し。
このカニは中国、東南アジアで養殖されており、水がなくてもしばらくは活かしておける。レストランではポピュラーな食材のひとつだ。

c0211532_22482619.jpg
■ トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab) Scylla paramamosain

ちょっと味があるので、スープをかけながら蒸したのかもしれない。
これがまた極上の味であった。

メインはやはり大きな鉗脚(ハサミ)。

c0211532_22482646.jpg
■ トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab) Scylla paramamosain

ノコギリガザミ属は鉗脚の腕節の棘をみることで見分ける事ができる。
*詳しくは眼遊を参照してください。

c0211532_22482516.jpg
■ トゲノコギリガザミ (Green Mud Crab) Scylla paramamosain

今のところ、このカニが最も美味いカニだと思う。
美味しいものを食べて元気が出てきたぞ~!!!


<撮影種一覧> 2種
<貝類>
■ シジミ属の1種 (Corbicula) Corbicula sp.
<甲殻類>


[PR]

by takuyamorihisa | 2017-06-08 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

582 鳥取県産 ~地元の生シラス~

今日は家で写真を撮った。

最近、グルメな先輩フォトグラファーに教えていただいた、Sランクの鮮魚店へ行くのが楽しい。
この鮮魚店の大将は、どこで採れたか、どんな漁法で採れたか、どんな料理法だと美味しく食べられるか、質問したら即答してくれる、プロ中のプロ。
魚が好きな人ならたまらないと思う。

今日はふらっとそのSランクの鮮魚店に寄ってみた。

「まいど!」

毎回魚の事をうるさく聞くので、自分の事を覚えてくれていたようだ。
今回も魚のことをあれこれ聞いて教えてもらう。
本当にこの大将の知識はすごい・・・

「綺麗な魚が欲しいんなら、明日来たらいいよ。船が2隻かえってくるから。朝はプロが多いから昼くらいがおすすめ。」
そう、このお店はプロの料理人御用達のお店。
大将の目利きはこの街一番なのだと思う。

という訳で、今日は控えめに魚を買いたいと伝え、

「それならこの生シラス!境港で今朝採れたやつだよ。すくい網で獲っているから、とても綺麗でしょう。これをさっと湯に通して、ご飯にのせて、卵をかけて食べれば最高だよ。」

その言葉だけでよだれが出てきそう。

c0211532_22424809.jpg
■ カタクチイワシ (Japanese Anchovy) Engraulis japonicus

c0211532_22470991.jpg
■ カタクチイワシ (Japanese Anchovy) Engraulis japonicus


実はこのシラス、そのほとんどがカタクチイワシ (Japanese Anchovy)の稚魚からなる。
大きくなったカタクチイワシは煮干しになるし、とても美味しい魚なのだ。

英名はJapanese Anchovyで、日本のアンチョビ。そう、あの缶詰で有名なアンチョビはカタクチイワシの仲間なのだ。
やはりこの仲間は世界中で評価が高いようだ。

この生シラスにさっと湯を通し、ご飯の上にのせて卵をかけ、醤油を垂らして口に放り込む。
も~最高っ!!!

写真を撮っているヒマなどなかった。


<撮影種一覧> 1種
<魚類>
■ カタクチイワシ (Japanese Anchovy) Engraulis japonicus



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-18 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

581 島根県産 ~スルメイカを買って~

今日は家で写真を撮った。

最近アニサキスが話題のようだ。
アニサキスとは海に住む回虫の仲間で、色々な生物の身体に寄生しながら一生を送っている。
最初はオキアミに寄生し、そのオキアミを食べた魚やイカに寄生、そして最終的にその魚やイカを食べたクジラやイルカに寄生し、卵を産んで一生を終えるという、綱渡りのようなライフサイクルを持っている。

アニサキスに寄生されている魚やイカを生で食べ、生きたアニサキスが胃の中に入ると、それが胃や小腸の壁に穴をあけてしまうので激痛となるらしい。

そんな恐ろしいアニサキスは、見ようと思えば簡単に見る事ができる。有名なのがサバの仲間、イカにもいるが、イカの中でも多いと言われているのがスルメイカ (Japanese Flying Squid)だ。

そのアニサキスを撮影するため、本日購入したのがスルメイカ (Japanese Flying Squid)だ。

c0211532_23325852.jpg
■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


c0211532_23325897.jpg
■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


スルメイカの眼。
アオリイカ (Bigfin Reef Squid)などとは全然違う眼つき。
白目が少なくて、まるでダイオウイカ (Giant Squid)のようだ。
スルメイカの眼は透明な膜がなく直接眼がむき出しになっているので開眼と呼ばれる。

c0211532_23325864.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


体表。
赤く丸いものは色素胞で、それぞれの大きさが変わる事によって体色や模様を変化させることができる。

c0211532_23325975.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


足の付け根にあるのが口。
口の周りから足が生えているなんて、我々哺乳類からしたらびっくりするような身体の構造だ!
くちばし状の口で獲物をかじりとって食べる。その時に吸盤のある足がしっかりと獲物をホールドするのでとても便利そうだ。

c0211532_23325914.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


写真撮影をしたあとは、捌いてアニサキスを探す。
しかし残念なことに(普通なら幸運なことにだが)、アニサキスは見つからず、そのままイカ大根にした。

c0211532_23325764.jpg

■ スルメイカ (Japanese Flying Squid) Todarodes pacificus


今日はそれだけではなかった。
島根県の隠岐の島産、養殖イワガキ (Iwagaki)。

c0211532_23325833.jpg
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona


こちらは電子レンジでチンするだけの簡単シンプル料理。
これがまた最高に美味い!!!

c0211532_23325927.jpg
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona


子供の頃は牡蠣が上手いとは思わなかったが、大人になるとこの旨さがよく分かるようになる。
島根県は嬉しい事に、割と手軽にイワガキが手に入る。

食用の牡蠣にはマガキとイワガキの2種類があるが、この2つ、味は全然違う。
恐らく目をつぶって食べても、どちらか言い当てる事が出来ると思う。

さてどちらが美味しいのか。
それはこのブログに書いてある記事を読んでいくと分かるかもしれない!


<撮影種一覧> 2種
<貝類・頭足類>
■ イワガキ (Iwagaki) Crassostrea nippona




[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-13 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

578 鳥取県産 ~ホタルイカの美味しい食べ方に気が付いた~


c0211532_19475154.jpg

今日は家で写真を撮った。

ふと近所のスーパーへ立ち寄ると、また鳥取県産のホタルイカ (Firefly Squid)が売られていた。

春の風物詩ホタルイカ。
手に入るうちに食べておきたい。
という事で、今日もホタルイカを購入した。

まずは前回撮り損ねた標本写真を撮影だ。

c0211532_19475268.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans 外套長5.6cm


c0211532_19475273.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans 外套長5.6cm


熱湯でホタルイカを湯掻く。

c0211532_19475281.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


湯掻くと眼球がボコっと膨れ、水晶体が飛び出てくる。

c0211532_19475349.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


ものすごく異様な姿だ。


c0211532_19475154.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


今日はちょっと料理を工夫してみた。
食べるときに硬くて食感の悪い、眼の水晶体(白い球体)をあらかじめ取り除いてはどうだろうと。
幸い、飛び出てきているので手でむしり取るだけだ。

c0211532_19475370.jpg

そうして出来上がった茹でホタルイカ。

c0211532_19475360.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans


これは美味いっ!!!
硬い水晶体が気にならないのでいくらでも食べられるぞ~!!!

今度から目玉の処理は確実に行ってから食べよう!


<撮影種一覧> 1種
<頭足類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-27 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)

571 鳥取県産 ~春の味覚 ホタルイカ~

c0211532_13405948.jpg

今日は家で写真を撮った。

ふと近所のスーパーへ立ち寄ると、鮮魚コーナーである商材が目を引いた。
鳥取県産のホタルイカ (Firefly Squid)だ!

日本海側はこのイカの産地で、ありがたいことにスーパーでも生を入手することが出来る。
勝手な想像だが、産地以外ではこのような光景はないのではないだろうか。

c0211532_13405893.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans

早速湯掻く。
熱が通ると途端に赤っぽくなり、茹で汁にも赤い色がつく。

c0211532_13405888.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans

熱湯で5分くらい茹で、ザルにあげた。
白くて丸い球体はホタルイカの眼球。
これは魚の眼と同じように硬い。

c0211532_13405897.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans

熱々をつまみ食いすると・・・
あ~うま。
うますぎる・・・

c0211532_13405948.jpg
■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans

小さいので1匹そのまま口の中に入れて味わうのだが、硬い眼球がちょっと気になる。
手間でも眼球を外して食べる方が、3倍美味しくなるという事が分かった。

これほど美味しいのならまた買おうと思った。


<撮影種一覧> 1種
<頭足類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-03-17 21:00 | 取り寄せ・市場購入 | Comments(0)