カテゴリ:島根県( 197 )

559 宍道湖自然館ゴビウス ~カワヤツメがみれた~

*この記事は2017年1月12日のものです。

c0211532_12470964.jpg

今年初のゴビウス。
家から30分で来れること、年間パスポートを持っていることから、ついつい時間があれば行ってしまう。

今日はどんな生き物がみられるかなぁ。

中海周辺ではとても美味しい魚として有名なめばることクロソイ (Korean Rockfish)。

c0211532_12470854.jpg
□ クロソイ (Korean Rockfish) Sebastes schlegelii


体側に胡椒のような斑紋を持つコショウダイ (Crescent Sweetlips)。

c0211532_12471047.jpg
コショウダイ (Crescent Sweetlips) Plectorhinchus cinctus

シマイサキ (Rhynchopelates oxyrhynchus)。


c0211532_13272830.jpg
シマイサキ (Rhynchopelates oxyrhynchus) Rhynchopelates oxyrhynchus


さかなくんの頭にのっていることで有名なハコフグ (Hakofugu)。
フグ毒ではないが、パフトキシンという粘液毒を持ち、これが他の魚を殺すこともあるので混泳させることができない。

c0211532_12471064.jpg
ハコフグ (Hakofugu) Ostracion immaculatus

コイ (Common Carp)。

c0211532_13272919.jpg
コイ (Common Carp) Cyprinus carpio

ウナギ (Japanese Eel)。
体表がとても滑らかで、顔もかわいい魚だ。

c0211532_12470813.jpg
ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica

カワヤツメ (Arctic Lamprey)。
この仲間はヤツメウナギと呼ばれるが、ウナギとは全く別の仲間。
ウナギとヤツメウナギよりもウナギとヒトとの方が近いくらい、全く別のグループになる。
これは海から産卵のために河川を遡上してきた個体だろう。海では他の魚の体表に食いつき、血液と筋肉を吸食するのだが、遡上後は全く餌をとらなくなる。残念ながら死ぬのを待つだけの状態なので、早く見に行こう!

c0211532_12470964.jpg
カワヤツメ (Arctic Lamprey) Lethenteron japonicum


北米から持ち込まれ、すっかり日本中に生息してしまったオオクチバス (Largemouth Bass)。
眼が出目金のように飛び出ているが、これはポップアイという病気。

c0211532_12471066.jpg
オオクチバス (Largemouth Bass) Micropterus salmoides


ハサミにふさふさとした毛が生え、英語では手袋ガニと呼ばれるモクズガニ (Japanese Mitten Crab)。

c0211532_12470981.jpg
モクズガニ (Japanese Mitten Crab) Eriocheir japonica


境港市周辺ではあかべと呼ばれるコナガニシ (Fusinus ferrugineus)。
この貝はオレンジ色の海綿類に覆われていることが多く、その海綿の臭いは凄まじく臭い。

c0211532_12471075.jpg
コナガニシ (Fusinus ferrugineus) Balylonia japonica

今日も楽しかったなぁ~!


<撮影種一覧> 21種
<貝類>
□ コナガニシ (Fusinus ferrugineus) Balylonia japonica
<甲殻類>
<魚類>
□ クロソイ (Korean Rockfish) Sebastes schlegelii
□ クロホシマンジュウダイ (Spotted Scat) Scatophagus argus
□ コショウダイ (Crescent Sweetlips) Plectorhinchus cinctus
□ シマイサキ (Rhynchopelates oxyrhynchus) Rhynchopelates oxyrhynchus
□ イトヨ (Three-spined Stickleback) Gasterosteus aculeatus
□ ヨウジウオ (Seaweed Pipefish) Syngnathus schlegeli
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica
<両生類>
□ カジカガエル (Kajika Frog) Buergeria buergeri
□ モリアオガエル (Forest Green Tree Frog) Rhacophorus arboreus
□ カスミサンショウウオ (Clouded Salamander) Hynobius nebulosus
□ オキサンショウウオ (Oki Salamander) Hynobius okiensis

□・・・飼育個体


[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-10 21:00 | 島根県 | Comments(0)

579 荒神谷遺跡 ~息子初めての虫かご~

c0211532_22492727.jpg


今日は荒神谷遺跡(Kojindani Remains)に行ってきた。

今日は息子と1日二人きりなので、最近興味を持っている虫とりをさせることにした。
ホームセンターで虫かごを買い、向かったのは荒神谷遺跡(Kojindani Remains)。

この遺跡は弥生時代に製造された銅剣がたくさん出土した遺跡。山の中にあって、子供を遊ばせるには絶好の公園なのだ。

c0211532_22492761.jpg

今日はニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)を2匹みつけ、触って遊ぶことができた。
そろそろ帰ろうかと思ったところ、足元に小さなハムシが飛んできた。
全身金属光沢があり、緑、赤、青の鮮やかな色。
まさに玉虫カラーだ!!!

この虫はアカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii)という虫で、ブドウの歯を好んで食べるため害虫として嫌われている虫。

c0211532_22492813.jpg
■ アカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii) Acrothinium gaschkevitchii

これは帰って撮影したい!!!

と思って捕まえようと思った瞬間、羽を広げて飛んでいってしまった。
残念・・・

それから足元を探すが全然見つからず。
もう諦めようと頭を切り替えた瞬間に、自分のズボンにとまっているのをみつけた。

子供の虫かごを借り、アカガネサルハムシを入れ、持ち帰って白バック撮影。

c0211532_22492727.jpg
■ アカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii) Acrothinium gaschkevitchii 体長6mm

綺麗な虫だなぁ。
意識を変えるだけで、周りには美しいものが山ほどいる。


<撮影種一覧> 1
<昆虫>
■ アカガネサルハムシ (Acrothinium gaschkevitchii) Acrothinium gaschkevitchii



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-05-03 21:00 | 島根県 | Comments(0)

574 家 ~ガガンボ科の1種~

今日は家(Home)で写真を撮った。

でっかい蚊のような昆虫がいる。
その名もガガンボ。
まさに蚊の大将のような印象を与える強い名前だが、血を吸ってくることはなく、人間には危害を加えてこない。(幼虫の農作物食害はあるが・・・)

これが家の壁で休んでいたので撮影してみた。
キリウジガガンボかな???

c0211532_00062649.jpg
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.


c0211532_00062663.jpg
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.


こういった虫もさくっと同定できるようになりたいなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<昆虫類>
■ ガガンボ科の1種 (Tipulidae) Tipulidae sp.



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-04-14 21:00 | 島根県 | Comments(0)

569 家 ~また現れたシロホシヒメグモ~

今日は家(Home)で写真を撮った。

キャーっ!とヨメの叫び声が家の中に響いた。
またもや家の中にクモが現れたようだ。

洗濯物のタオルについていたらしい。
どれどれとクモを捕まえると、10月にも現れたことのあるシロホシヒメグモ (Cupboard Spider)のオスであった。

c0211532_15190719.jpg
■ シロホシヒメグモ (Cupboard Spider) Steatoda grossa オス

このクモは元々日本には生息していなかった外来種。
いつの間にか生息域を拡大してきている・・・

c0211532_15190826.jpg
■ シロホシヒメグモ (Cupboard Spider) Steatoda grossa オス

オスの頭胸部にはくぼみがあり、腹部には白い特徴的な斑紋がみられる。

c0211532_15190726.jpg
■ シロホシヒメグモ (Cupboard Spider) Steatoda grossa オス

きっとこれからしょっちゅお目にかかるんだろうなぁ・・・


<撮影種一覧> 1種
<クモ類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2017-03-14 21:00 | 島根県 | Comments(0)

556 宍道湖西岸なぎさ公園 ~マガンとヒシクイ~

c0211532_21574834.jpg


今日も大先輩キーモンさんと鳥撮り!

この時期山陰で鳥を撮るならば、やはり宍道湖中海周辺になるだろう。
この2つの汽水湖は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地」としてラムサール条約に登録されている。

先月も撮影した筆者お気に入りのスポット、斐川平野へ。

まずはタゲリ (Northern Lapwing)。
角度によって色が変わる美しい背中、ちょんまげのような冠羽が特徴。

c0211532_21574705.jpg
■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus




■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus


c0211532_21574745.jpg
■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus

この時期斐川平野ではたくさん見られる マガン (Greater White-fronted Goose)。
実は国の天然記念物に指定されている。


c0211532_21574921.jpg
■ マガン (Greater White-fronted Goose) Anser albifrons


c0211532_21574798.jpg
■ マガン (Greater White-fronted Goose) Anser albifrons


冬季だけにみられる貴重な光景。
そしてそのマガン (Greater White-fronted Goose)の中に、1羽だけくちばしの色が黒い鳥が混ざっていた。
ヒシクイ (Bean Goose)だ!!!

初めてみる初撮影種だっ!
顔つきはちょっといかつい印象。

c0211532_21574834.jpg
■ ヒシクイ (Bean Goose) Anser fabalis


そして残念なことに急に大雨が降ってきた。
今日の撮影は中止することに。

帰り道、ズブ濡れになって困っていたトビ (Black Kite)を撮影。

c0211532_21574895.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans

今日はちょっと天気に恵まれず、不完全燃焼だったが、ヒシクイ (Bean Goose)の写真が撮れて大満足!


<撮影種一覧> 4種
<鳥類>
■ マガン (Greater White-fronted Goose) Anser albifrons
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-12-22 21:00 | 島根県 | Comments(0)

554 宍道湖自然館ゴビウス ~いつ行っても楽しい地元の水族館~

c0211532_20080379.jpg

宍道湖自然館ゴビウスは島根県出雲市にある小さな水族館。
ここでは島根県が誇る汽水湖宍道湖と中海に生息する水中生物を展示しており、派手な熱帯魚などは展示されていない。
ここがいいところで、逆に展示されていることが珍しい普通種が多くみられる。

淡水の流入河川、宍道湖、中海、境水道、全域でみられるウナギ (Japanese Eel)。
一度その可愛い顔を見てしまうと、食べるのがかわいそうになってくる。

c0211532_20222794.jpg
ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica

眼の上と体側の斑点にある青色が美しいマダイ (Red Sea Bream)。

c0211532_20225771.jpg
マダイ (Red Sea Bream) Pagrus major

マゴチ (Magochi)。
古くからよく知られた魚だが、実はまだ学名がついていない。
砂と見分けがつかないような体色をして、底でじっと獲物を待ち伏せする。

c0211532_20234257.jpg
マゴチ (Magochi) Platycephalus sp.2

ムラソイ (Murasoi)。
カサゴ (False Kelpfish)によく似ているが、体色が黒くカサゴほど大きくならない。

c0211532_20234332.jpg
ムラソイ (Murasoi) Sebastes pachycephalus

普段は砂の中に潜ってじっとしているのに、採餌タイムになると驚くほど元気に泳ぎ回っているホタテウミヘビ (Highfin Snake Eel)。

c0211532_20231223.jpg
ホタテウミヘビ (Highfin Snake Eel) Ophichthus altipennis

いつ見ても石のように動かないオニオコゼ (Oni Okoze)。

c0211532_20242222.jpg
オニオコゼ (Oni Okoze) Inimicus japonicus

2016年に島根県松江市で初確認されたタウナギ (Swamp Eel)。
中国地方にはもともと生息していないので、人為的な放流が原因だと考えられている。

c0211532_20242195.jpg
タウナギ (Swamp Eel) Monopterus albus

ヤマメ (Masu Salmon)。
だんだんと大きくなってきた気がする。

c0211532_20242144.jpg
ヤマメ (Masu Salmon) Oncorhynchus masou


ヒラスズキ (Blackfin Seabass)。
ここではスズキ (Japanese Seabass)と同じ水槽で展示してあるので、両種の違いをじっくりと観察することができる。

c0211532_20242018.jpg
ヒラスズキ (Blackfin Seabass) Lateolabrax latus


ソウギョ (Grass Carp)。
未だ島根県で見たことがないが、きっとどこかのため池かどこかに生息しているのだろう。
中国からやってきた外来魚だ。

c0211532_20242177.jpg
□ ソウギョ (Grass Carp) Ctenopharyngodon idellus

優雅に漂うカムルチー (Northern Snakehead)。
実はこの魚も外来魚。
英名のスネークヘッドの名前が指す様にまるでヘビのような頭をしている。

c0211532_20080379.jpg
□ カムルチー (Northern Snakehead) Channa argus

大きなコイ (Common Carp)。
精悍な顔つきだ。

c0211532_20242120.jpg
□ コイ (Common Carp) Cyprinus carpio

今日もしっかりと遊ばせてもらった。

一体1年間で何回通う事になるやら・・・


<撮影種一覧> 15種
<魚類>
□ ムラソイ (Murasoi) Sebastes pachycephalus
□ マゴチ (Magochi) Platycephalus sp.2
□ タウナギ (Swamp Eel) Monopterus albus
□ イトヨ (Three-spined Stickleback) Gasterosteus aculeatus
□ ソウギョ (Grass Carp) Ctenopharyngodon idellus
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica

[PR]

by takuyamorihisa | 2016-12-04 21:00 | 島根県 | Comments(0)

551 宍道湖西岸なぎさ公園 ~2年ぶりの斐川平野で~


c0211532_16572708.jpg

今日は宍道湖西岸なぎさ公園(Lake Shinji West Nagisa Park)に行ってきた。

午前中は大山でオシドリ (Mandarin Duck)の撮影をし、午後は斐川平野へ、最近めっきり鳥の写真を撮っていなかったのでここへ来るのは約2年ぶりだ・・・

まずはタゲリ (Northern Lapwing)を撮影。

c0211532_17004118.jpg
■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus

電柱で羽を広げているトビ (Black Kite)。
こんなに大きな鳥だったっけ???

c0211532_17034764.jpg
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans

田んぼエリアから水辺エリアへ。

c0211532_17051367.jpg
甲羅干しをするミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider)。

c0211532_17045136.jpg
■ ミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider) Trachemys scripta elegans


ハシビロガモ (Northern Shoveler)のオス。

c0211532_17062310.jpg
■ ハシビロガモ (Northern Shoveler) Anas clypeata


オカヨシガモ (Gadwall)のオス。
オスは派手な色であることが多いカモの仲間でも、オカヨシガモ (Gadwall)は地味なことで知られる。
個人的には高級感のあるとても素敵な羽色だと思う。

c0211532_17062802.jpg
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera


羽毛の手入れ中。

c0211532_17062974.jpg
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera


マガモ (Mallard)のオスとメス。

c0211532_17102377.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

頭部色は光の当たる角度によって深い青~グリーンに変わる。

c0211532_17102606.jpg
■ マガン (Greater White-fronted Goose) Anser albifrons


水に潜って水草を食べるオオバン (Eurasian Coot)。

c0211532_17123618.jpg
■ オオバン (Eurasian Coot) Fulica atra


c0211532_17123244.jpg
■ オオバン (Eurasian Coot) Fulica atra


宍道湖を泳いでいたコハクチョウ (Tundra Swan)。

c0211532_17142751.jpg
■ コハクチョウ (Tundra Swan) Cygnus columbianus

餌を探しているダイサギ (Great Egret)。

c0211532_17143254.jpg
■ ダイサギ (Great Egret) Ardea alba


ヌートリア (Coypu)を捕らえるためのトラップ。

c0211532_17143569.jpg
最後に田んぼエリアに戻って撮影したマガン (Greater White-fronted Goose)。

c0211532_16572708.jpg
■ マガン (Greater White-fronted Goose) Anser albifrons


c0211532_17170665.jpg
■ マガン (Greater White-fronted Goose) Anser albifrons

今日は一体何枚写真を撮影したのだろう・・・

早朝から夕方まで撮影三昧の1日だった。

キーモンさん、ありがとうございました!!!


<撮影種一覧> 10種
<爬虫類>
■ ミシシッピアカミミガメ (Red-eared Slider) Trachemys scripta elegans
<鳥類>
■ ハシビロガモ (Northern Shoveler) Anas clypeata
■ オカヨシガモ (Gadwall) Anas strepera
■ マガン (Greater White-fronted Goose) Anser albifrons
■ コハクチョウ (Tundra Swan) Cygnus columbianus
■ トビ (Black Kite) Milvus migrans
■ タゲリ (Northern Lapwing) Vanellus vanellus



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-11-18 21:10 | 島根県 | Comments(0)

548 宍道湖自然館ゴビウス ~さかなクンの頭の魚を~


最近とても頻繁にゴビウスに通っている。
実際に地元で漁獲された魚達が展示されているので見ていてとても面白い。

がしかし、何度も来ているので写真撮影は気になったものだけをiPhoneでパシャ。

今日の気になった魚はさかなクンの頭に乗っかっている魚、ハコフグ (Hakofugu)。

c0211532_21235731.jpg
□ ハコフグ (Hakofugu) Ostracion immaculatus

ハコフグ (Hakofugu)はフグの仲間だが、フグ毒として悪名高いテトロドトキシンは持っていない。
がしかし、パフトキシンという毒を持っており、ストレスがかかると皮膚から分泌される。
パフトキシンが出ると同じ水槽で飼育している魚が全滅してしまうので、単独で飼育しなければならないのだ。

続いてウナギ (Japanese Eel)。
あまり知られていないが、ウナギ (Japanese Eel)はとても愛嬌のある魚。
もし水族館で見かけたら顔をじっくりと観察して欲しい。

c0211532_21235878.jpg
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica

ニホンアカガエル (Japanese Brown Frog)。
それほど多くはないが、両生類も展示している。

c0211532_21235858.jpg
□ ニホンアカガエル (Japanese Brown Frog) Rana japonica

今日も楽しかったなぁ~。


<撮影種一覧> 3種
<魚類>
□ ウナギ (Japanese Eel) Anguilla japonica
□ ニホンアカガエル (Japanese Brown Frog) Rana japonica

□・・・飼育個体


[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-30 21:00 | 島根県 | Comments(0)

547 松江市 ~迷彩模様のアマガエル~

今日は松江市(Matsue)で写真を撮った。

朝会社に出勤すると、窓のサッシのところでアマガエルがじっとしていた。
よく見ると灰色に緑色の斑紋のある迷彩柄。
このパターンはあまり見たことがないと思って写真を撮った。

c0211532_12282781.jpg
■ ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog) Hyla japonica

ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)は周りの環境にあわせて体色を変化させることができる。
本人はどういう気持ちで体色を変えているのだろうか。
「今日はちょっとオシャレして緑も残してみようかな~」


<撮影種一覧>
1種
<両生類>



[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-24 21:00 | 島根県 | Comments(0)

541 家 ~クモを撮影~

今日は家(Home)で写真を撮った。

またもや家の中にクモが現れた。
いったいどこから入ってくるのだろうか。それにしても家の基礎のコンクリート周りには驚くほどクモが住み着いている。
きっとどこかの隙間からやってきたのだろう。

Twitterでシロホシヒメグモではと指摘され、後日「日本のクモ」で調べると、指摘通りシロホシヒメグモ (Cupboard Spider)だった。

このクモは屋内性のクモで、日本には元々生息していなかった外来種らしい。
Wikipediaで調べると、世界各地でみられると書いてあったので、もしかしたら古い時代に船などの人の移動と共に世界に広がっていった種なのかもしれない。

c0211532_14011664.jpg
■ シロホシヒメグモ (Cupboard Spider) Steatoda grossa オス

c0211532_14025545.jpg
■ シロホシヒメグモ (Cupboard Spider) Steatoda grossa オス

毒グモでなくてよかった~



<撮影種一覧> 1種
<クモ類>




[PR]

by takuyamorihisa | 2016-10-10 21:20 | 島根県 | Comments(0)