100 Lake Couchinching ~童心に返って~

今日はLake Couchinching(カウチチン湖)に行ってきた。

ワキさん一家と行ったMusukoka(ムスコカ)でのフィッシングの帰り道、小さな湖へと立ち寄った。

湖畔の景色がカナダっぽくてすごく素敵だ。
c0211532_0425927.jpg

Musukoka(ムスコカ)での釣果がいまいちよくなかったので、ここで悪あがき。

まずは水辺をチェックする。
c0211532_0472151.jpg

いい感じ!
手の届きそうなところに礫があって、いかにも何かいそうだ!
竿を置いて、腕をまくって、夢中で水中の礫をひっくり返した。

予想的中!

いましたザリガニの仲間!
Rusty Crayfish (ラスティークレイフィッシュ)というアメリカザリガニ科の仲間で、北米のオハイオ州、ケンタッキー州、テネシー州原産の種。
オンタリオ州にはもともと生息していなかったのだが、釣り人が使う餌として本種の生体が利用され、一気に北米に広がっていったという移入種だ。

c0211532_0501962.jpg
 ■ Rusty Crayfish (ラスティークレイフィッシュ) Orconectes rusticus 2.5cm


c0211532_1171787.jpg
■ Rusty Crayfish (ラスティークレイフィッシュ) Orconectes rusticus 2.5cm

貝類もゲット。
c0211532_1182110.jpg
■ 腹足綱の1種 (Gastropoda) Gastropoda sp. 1.0cm

c0211532_1204081.jpg
■ イガイ科の1種 (Mytilidae) Mytilidae sp. 1.7cm

こういうのを貝類コレクターに売ったら高く売れるのになと一瞬魔が差したが、撮影後は水に戻した。

撮影がひととおり終わり、伸びをしながら湖を見ていると今度はCaspian Tern (オニアジサシ)が飛んできた。
今日はいろいろな生き物に出会えてる!
c0211532_1254135.jpg
■ Caspian Tern (オニアジサシ) Hydroprogne caspia

c0211532_127411.jpg
■ Caspian Tern (オニアジサシ) Hydroprogne caspia

飛翔中の姿が本当に美しい。

おっさんの姿をした子供が水辺で遊んでいる間にワキさんは船着場の方へ移動し、小さいミノーでブルーギル(Bluegill)をあげていた。
日本で見るブルーギル(Bluegill)とはどこか雰囲気が違う。
c0211532_131831.jpg
■ ブルーギル (Bluegill) Lepomis macrochirus 18.0cm

自分もがんばって何か釣ろうと小さなワームで粘ったが、極小のRock Bass(ロックバス)が釣れただけだった。
c0211532_134412.jpg
■ Rock Bass (ロックバス) Ambloplites rupestris 11.5cm

最後はすぐそばで無防備に水草を食べているマガモ(Mallrad)を撮影して終了。
c0211532_1354957.jpg
■ マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos

いろいろな生き物を撮影できて本当に幸せ。
最高の一日だった。
c0211532_1374366.jpg

ありがとうワキさん!
また行きましょう!


>>オンタリオ湖畔から


<撮影種一覧> 6種
<貝類>
■ 腹足綱の1種 (Gastropoda) Gastropoda
■ イガイ科の1種 (Mytilidae) Mytilidae
<甲殻類>
<魚類>
ブルーギル (Bluegill) Lepomis macrochirus
Rock Bass (ロックバス) Ambloplites rupestris
<鳥類>
マガモ (Mallard) Anas platyrhynchos
Caspian Tern (オニアジサシ) Hydroprogne caspia

[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-06 21:10 | Canada | Comments(0)

099 Muskoka ~巨大魚をみた~

今日はMuskoka(ムスコカ)に行ってきた。

今日はワキさん一家とToronto(トロント)の北にあるMuskoka(ムスコカ)へフィッシング遠征だ。
普段は起きないような早朝に目を覚まし、Toronto(トロント)から車で2時間かけてMusukoka(ムスコカ)へと向かう。
見渡す限りの平野から地形が変わり、ごつごつした岩があらわれた。
c0211532_0585970.jpg
初めて見る地形だ。
ちょっと日本っぽい。

そして街へ到着した。
c0211532_102561.jpg
Toronto(トロント)とは全く違う感じ。
おだやかで、ものすごく素敵な街だ。

気になったのがゴミ箱。
c0211532_17462448.jpg

これはカナディアンロッキーで見た、まさかのクマ仕様ゴミ箱じゃないか!
クマがいるんだ!
すごいぜMusukoka(ムスコカ)。

そして待望の釣り場へ到着した。
今日も釣りまくるぞ~!!!

天気はうす曇りで釣りには最高のコンディション。
c0211532_17421898.jpg

最年少の3歳児だけがいいテンポでRock Bass(ロックバス)をあげている。
すごいぜ3歳児!
自分も3歳児と同じ場所でコクチバス(Smallmouth Bass)を1匹あやかった。

それにしても渋い・・・
集中力が切れかけた頃、300mくらい離れたところで釣りをしていた兄ちゃんの竿が曲がった。
あの腰の入れ具合からして相当大きそうだ。
遠くから見守っていると、奥さんらしき人があわてて車の方へ走っていった。
ネットをとりにいったに違いない。

写真を撮るチャーンス!

竿を置き、重たいカメラバッグを抱えて走り寄る。
興奮気味の兄ちゃんがでっかいNorthern Pike(ノーザンパイク)を見せてくれた。
c0211532_16345020.jpg
でけ~!

大物を撮影するために用意しておいた特大撮影用マットをしき、
「写真を撮るから魚貸して!」
と勝手に撮影会を始めた。
c0211532_16573640.jpg
■ Northern Pike (ノーザンパイク)Esox lucius 92.0cm

90cmの魚なんて何年ぶりかに見た。
しかしよく見ると顔がなにやらおかしい。
c0211532_17222225.jpg
■ Northern Pike (ノーザンパイク)Esox lucius 92.0cm

下あごがパックリと2つに割れている。
恐らく昔釣られてしまって大怪我をしたのだろう。
なんとも痛ましい顔だ。
これほどの姿になりながらも90cmになるまで生き続けたパイク、そして釣り損ねた魚の待っている運命を思い、釣りがあたえる負のエフェクトもよく考えなければならないと改めて思った。

有名なパイクの鋭い歯。
c0211532_1726655.jpg
■ Northern Pike (ノーザンパイク)Esox lucius 92.0cm

小さくて鋭い犬歯がたくさんはえている。
タチウオのような牙を持っていると想像していたので、新しい発見だった。

それから一気にやる気があがり、パイクがかかるのをイマジンしながらキャストする。
もちろん釣れずに釣り場変更。

小雨の振る中コクチバス(Smallmouth Bass)をゲット。
c0211532_1752584.jpg
■ コクチバス (Smallmouth Bass) Micropterus dolomieu 26.0cm

タンニンを多量に含む茶色い水質のおかげで体色が茶色がかっている。
c0211532_17551299.jpg
■ コクチバス (Smallmouth Bass) Micropterus dolomieu 26.0cm

あまり釣果はよくなかったものの、Musukoka(ムスコカ)の美しい自然をたっぷりと満喫した。
c0211532_1757485.jpg

c0211532_1758323.jpg

Musukoka(ムスコカ)最高!

この後、Toronto(トロント)へ戻る前に楽しい寄り道が待っていた。


>>オンタリオ湖畔から


<撮影種一覧> 2種
<魚類>
Northern Pike (ノーザンパイク)Esox lucius
コクチバス (Smallmouth Bass) Micropterus dolomieu
[PR]

by takuyamorihisa | 2010-09-06 21:00 | Canada | Comments(0)