611 曽根干潟 ~カブトガニの産卵と夏の自由研究~

c0211532_14221244.jpg

今日は曽根干潟(Sone Tidal Flat)に行ってきた。

昨晩は夜遅くまでカブトガニ産卵の撮影をしたので朝起きるのが辛い。
がしかし、そうも言っていられない。

そのほとんどが夜の満潮時に産卵をするカブトガニだが、朝の満潮にやってくるものもいるのだ。

昨年は自分が観察していた浜の反対側が当たりで、透明度が高く最高の条件だったらしい。
今年は水中の様子を撮影できないかと、今回デジカメと水中ハウジングも持参してきている。

Google Mapを片手に航空写真とGPSから砂浜を歩いて探す。
こんなことが出来るなんて、15年前には夢のような話だった。今の世の中本当にすごい。
iPhoneに映し出される航空写真と全く同じの砂浜が姿を現したので、浜辺まで下りてみた。

いい感じの砂浜だが、明るすぎる。
こんなところへカブトガニが来るのだろうか???

c0211532_14221103.jpg


・・・

いない。

いる気配がない。

釣りでもなんでも、そう思うと負けで、急に勘が鈍くなってしまうもの。
産卵泡かなぁと思って近づくと、波が作った泡だったり・・・

やはり、初めて来る場所でカブトガニに出会おうとしても難しいんだろうなぁ・・・

と思っていると、海底に見える大きなシルエットがこちらへ向かってやってくる。

いた~っ!!!

「いないと思ったら負け」のジンクスをついにやぶったぜ~!

c0211532_14221244.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


立派なペアだ。産卵する場所を求めて移動している。
動きが遅いイメージのカブトガニだが、移動しているときの速さは結構速い。
例えるなら人間がゆ~っくり歩くときくらいの速さ。(遅いか・・・)

しばらく見ていると、ピタッと止まって前にいるメスの頭が砂に潜り始めた。
産卵を始めたようだ。

メスとオスの間くらいから盛んに泡が出始めた。
これは産卵泡と言って、産卵しているときの目印となる。


c0211532_14221385.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


よし。
産卵を始めた状態であれば、多少近づいてもカブトガニに悪い影響を与えない。
今回のメイン、水中写真を撮るぞ~!

水の上から見た状態だと透明度が高そうなのだが、水の中はとても濁っている。
全然写真が撮れないっ!!!

やっと撮影できたのはアップすぎてなんだかよく分からない写真になってしまった・・・

メスの様子。
砂に潜っている事が分かる。
特に水の中で撮らなくても、水の上からでも観察できる光景なのだが・・・


c0211532_14221314.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


オスの様子。
オスの前体前縁はきゅっとくびれていて、メスに抱きついてもしっくり収まるようになっている。
これも特に水の中で撮らずとも分かる特徴・・・


c0211532_14221498.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


カブトガニの産卵は、一度その場で始めると20分くらいはじっとしている。
このペアの写真は撮らせてもらったので、別の場所にいるカブトガニを探す事にした。

歩きながら水辺をのぞき込む。
カブトガニはみつからない。
真夏の九州、炎天下、かなりしんどい・・・

すると向こうから子供達とお母さんおばあさんのファミリーが同じ様な行動をしているのが目に入った。
なんとこのファミリーもカブトガニを探しているとの事。

これは嬉しいっ!
曽根干潟のすぐ近くにあるホテルの人たちに話しても、「そんなものがいるんですか~?」と悲しい答えが返ってくるくらい、カブトガニは地元の人ですら無関心なマイナーな生き物だというのに、家族総出で、しかもこの炎天下に観察に来ているとは~!!!

まだいてくれ~と願いながら先ほどみつけたカブトガニのところへ案内する。

いたぁ~!


c0211532_14221227.jpg
■ カブトガニ (Japanese Horseshoe Crab) Tachypleus tridentatus


子供達の嬉しそうな顔がたまらない。
夏休みの自由研究でカブトガニを調べているそうだ。偉い!おじさん嬉しい!

水中写真の失敗もどこかに飛んで行ってしまう程、ルンルン気分で自宅へと向かった。


<撮影種一覧> 1種
<カブトガニ類>




[PR]

by takuyamorihisa | 2017-07-27 21:00 | 福岡県 | Comments(0)