328 三次市作木町 ~森の宝石ブッポウソウ~

今日は三次市作木町(Sakugi, Miyoshi)に行ってきた。

最近、親父が一眼レフを買った。
最初はなんとなくカメラが欲しいという程度だったのだが、今では自分よりも鳥の撮影にはまってしまい、新しい鳥の写真を撮っては見せてくれるようになった。

そんな親父から作木町へブッポウソウ (Oriental Dollarbird)を見に行こうという誘いがきた。

ブッポウソウ (Oriental Dollarbird)は「森の宝石」とも言われるほど美しい鳥。
日本では個体数が少なく、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧IB類とされている希少種だ。

三次市の作木町は日本でも有数のブッポウソウ (Oriental Dollarbird)繁殖地として有名で、町をあげてブッポウソウ (Oriental Dollarbird)の保護に取り組んでいる。

親父とは道の駅で待ち合わせ。
自分の車で観察小屋へと向かう。

観察小屋は小川のせせらぎと小鳥の鳴き声が響き渡る美しい谷にあった。

c0211532_1135732.jpg

小さな小屋に入り先客にあいさつをすると、あそこにいるよと山の上を指差してくれた。

ちょっと遠すぎるが、初めて見るブッポウソウ (Oriental Dollarbird)!
デジスコでもなければ豆みたいにしか見えないほどの距離。
もちろん肉眼では鳥がとまっているくらいにしか見えていない。

c0211532_1138511.jpg
■ ブッポウソウ (Oriental Dollarbird) Eurystomus orientalis

いきなり2羽もいる!

ブッポウソウ (Oriental Dollarbird)は自分で巣を作ることができない。
木の穴などを見つけて巣として使う習性があるため、作木町の方達がいろいろな場所に巣箱をかける運動を行っている。

c0211532_11434568.jpg

巣箱に入っていったブッポウソウ (Oriental Dollarbird)を発見!
美しいっ!!!

c0211532_11574884.jpg
■ ブッポウソウ (Oriental Dollarbird) Eurystomus orientalis

オオルリ (Blue-And-White Flycatcher)と間違えて恥をかいたシジュウカラ (Japanese Tit)。
*オオルリは珍しい。シジュウカラは普通種。

c0211532_12101496.jpg
■ シジュウカラ (Japanese Tit) Parus minor

ミヤマカワトンボ (Miyama Kawatonbo)のメス。

c0211532_12211141.jpg
■ ミヤマカワトンボ (Miyama Kawa Tonbo) Calopteryx cornelia

ブッポウソウ (Oriental Dollarbird)が現れるまで何もすることがない「待ち」の撮影。
親父も自分も飽きそうな頃、電線にブッポウソウ (Oriental Dollarbird)がとまった。

シャッターチャーンス!

c0211532_12235823.jpg
■ ブッポウソウ (Oriental Dollarbird) Eurystomus orientalis

おお!
なんてきれいなんだ~。
松江から100kmも運転してきた甲斐があったぜ~!

目的を見事果たし、帰ることにした。

帰る途中で見つけたキセキレイ (Grey Wagtail) を見つけ、親父のセカンドカメラ Canon PowerShot SX50 HSを借りて撮影。
このカメラはデジカメながら1200mm相当のズームが可能。しかも手持ちOK!という夢のようなデジカメなのだ。
画質はそれなりだが4万円を切る価格なので、野鳥デビューを目指している人にはオススメの1台といえる。

c0211532_1244113.jpg
■ キセキレイ (Grey Wagtail) Motacilla cinerea

そのまま帰るのももったいないので、作木町の常清滝(Josei Waterfalls)に寄り道した。

c0211532_12325178.jpg
■ 常清滝(Josei Waterfalls)

トレイルでみつけたミヤマカワトンボ (Miyama Kawatonbo)のオス。
c0211532_12375067.jpg
■ ミヤマカワトンボ (Miyama Kawa Tonbo) Calopteryx cornelia

親父がみつけたカワガラス (Brown Dipper)。
暗すぎて真っ黒だった写真を加工して復活させたので画像が荒い・・・

c0211532_1239674.jpg
■ カワガラス (Brown Dipper) Cinclus pallasii

またしても親父がみつけた小さな蛇。
親父やるなぁ・・・

c0211532_1241137.jpg
■ ヒバカリ (Asian Keelback) Amphiesma vibakari

c0211532_12412073.jpg
■ ヒバカリ (Asian Keelback) Amphiesma vibakari

落ち葉の大きさと比べたら小さな蛇だということが分かる。
本当におとなしい蛇で、手で触っても全然逃げようとしなかった。

しかし昔は毒蛇だと思われていたようで、咬まれたら命がその「日ばかり」。から名づけられたらしい。
嬉しい初撮影種!!!

駐車場に戻る頃にはカメラを出したくないくらいに雨が降ってきた。
今日はいい写真も撮れたし大満足。

今まで親父と二人きりでどこかへ出かける機会もそうなかったので共通の趣味ができて嬉しい。
親父、また行きましょう!


<撮影種一覧> 7種
<昆虫類>
■ ミヤマカワトンボ (Miyama Kawa Tonbo) Calopteryx cornelia
<爬虫類>
ヒバカリ (Asian Keelback) Amphiesma vibakari
<鳥類>
ブッポウソウ (Oriental Dollarbird) Eurystomus orientalis
■ カワガラス (Brown Dipper) Cinclus pallasii
■ シジュウカラ (Japanese Tit) Parus minor
■ キセキレイ (Grey Wagtail) Motacilla cinerea
[PR]

by takuyamorihisa | 2013-06-01 21:00 | 広島県 | Comments(8)

Commented by おっしー at 2013-06-19 00:39 x
お~なんとあんな田舎までわざわざ行ったんやね!
旦那の親の田舎が作木で定期的に行くことがあるけど本当に何にもない。しかしブッポウソウだけは来る。
しかし私はまだ生で見たことないのでまた見たいな~。
ちなみに松江から30㎞程度のところでもブッポウソウが来る地域があります。作木よりは少ないと思うけど。
Commented by takuyamorihisa at 2013-06-19 12:10
作木町知ってたんだ!日本でなかなか見られない鳥がすぐに見られるのは魅力だよね〜!
詳しい人といろいろ回ったらもっといっぱい見れそう。
ブッポウソウ近くにもいるの???
今度教えてください!
Commented by 紅玉国光(富山市) at 2014-02-22 13:37 x
「姿の仏法僧」(「声の仏法僧=木葉ズク」と区別して……と云うのは、管理人様には文字通り「釈迦に説法」でしょうけれども)は、その昔、金沢市の旧制金沢医科大学(現・金沢大学)附属病院の大煙突の周りを飛び回っていた話を聞かされましたが、
今は立山山麓でも滅多にお目にかかれないとか……TT;

本当に美しい写真を有難うございました。正に眼福!!

あと、ついでに、蜻蛉や河鴉だけでなく、「ひばかり」にも偏見無くカメラを向けて下さって嬉しい限りです。
次は貴重な「高千穂蛇」に挑戦?……期待して?おります。
Commented by takuyamorihisa at 2014-03-10 17:52
紅玉国光様
いつもコメントありがとうございます。
2月はアメリカ、そして昨日まで香港へいたため返信が遅くなりました。申し訳ございません。

姿の仏法僧、声の仏法僧との呼び名があるのですね。美しい響きですね。
ブッポウソウ、やはり各地で近年少なくなっているのですね・・・
数十年後にどうなっているか、しっかりと今の現状を記録しておきたいと思います。

ひばかり、あのとき初めて見ました。
いろいろな生き物に目を向けると、身の回りには命が溢れていることに気付かされ、とても嬉しい気分になります。

タカチホヘビ!初めて名前を聞きました。
夜行性のヘビのようですね。なるほどこれは挑戦しがいがあります。
撮影できたらブログにアップさせていただきますね!!!
Commented by 紅玉国光(富山市) at 2014-04-26 15:28 x
そう言えば、「ひばかり」の学名の種小名

“vibakari”

どう見ても日本語の「ひばかり」ですが、この綴りは一体、何なのだろう?……本来の我が国語にV音が有る筈はありませんから、これは恐らく、命名者(多分、独逸人?)が「フィバカリ」と聞きなして、独逸語式の綴りで命名してしまった……のではないかと。
学名はシノニム(同名異種)が発覚しない限り不変が鉄則。「駒鳥」と「赤ひげ」の学名が、標本の取り違えの為に入れ替わっているのもその所為ですが……。今となっては、首を傾げたくなりますねぇ(苦笑)。

あと、「深山川蜻蛉」は全国ほぼ同一型で、地方型も殆ど無いのに、近縁の種「川蜻蛉」の方は、同じ地方でも平野寄りの低山帯(オオカワトンボ型)と山間渓流帯(ニシカワトンボ型/ヒガシカワトンボ型)で型が異なり、しかも後者は東西で違いがある(外見のみ。遺伝子的には殆ど同一とされる)……と云う、ちょっとした謎を含んでいるので、本当に何故でしょうかねぇ?
Commented by takuyamorihisa at 2014-04-26 16:13
紅玉国光様

いつも大変勉強になるご指摘ありがとうございます。
ヒバカリの種小名、全く気にしていませんでした。
確かにvibakari。ヒバカリからきていそうですね!!!
手元の図鑑には命名者がのっていなかったのでWikipediaで調べるとBoieさんになっていますね。
この人のことは分かりませんでしたが、紅玉国光さんのおっしゃるとおりかもしれませんね!!!

魚はある程度勉強したことがあるのですが、お恥ずかしながら昆虫に関しては全くのど素人です・・・
カワトンボ類についてはそのような背景があるのですね。
個人的感覚ですが、日本人は本当に分類するのが好きで、図鑑がこれほど市民権を得ている国も珍しいのではないかと思います。
その細かさ、違いを見つけることに妥協しない性格が技術大国と呼ばれる国を作ったのではないかなぁと最近思います。
紅玉国光さんのような、ディープな内容のコメントをいただけるのがとても嬉しく、励みになっております!!!
Commented by 紅玉国光(富山市) at 2014-04-27 22:53 x
すみません昨日慌てて書いたら自己添削を誤って

シノニムは「同種異名」でした(旧命名を有効とし後命名が失効する)……。 ぉばか~ で てぃのぅ~ な本性を曝してしまいました(恥辱TT;
Commented by takuyamorihisa at 2014-04-28 01:09
紅玉国光様

ご指摘されるまで、全く気付いておりませんでしたっ!
私の様な素人でも「シノニム」はかろうじて知っておりました。ほっ

タイプミスは私もしょっちゅうです!
タイプミスならまだしも、思いっきり同定ミスをしていたりすることも・・・